CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年08月25日

第6回 里山フェスタ情報・12

関東並みの残暑が続いている里山・・。
それでもようやく朝晩は秋らしくなってきて、虫の音を聞きながら心地よく寝ています。
かと思えば、何だかまたもや台風の心配が出てきたようです。

昨日の作業日はスタッフ6名でフェスタ準備。
30度近い暑さと、物凄い湿度の中みんな頑張ってくれました。
帰りがけには、新しい駐車場のシミュレーションをすべく
各自、車を乗り入れての検討会。
フェスタ準備は、またもや駐車場に始まり駐車場に終わる模様・・。

それでもみんなで知恵を出し合って、一つずつ
困難を乗り越えていける。何とかしていける。
そんな瞬間が増えていくこともまた価値あるものだと思います。

さて、出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「Yoga Studio SOHAM  ヨガインストラクター 八重樫桃子です」

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「岩手県北上市藤沢12-34
 http://blog.livedoor.jp/soham108/

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「ハタヨガをベースに、いくつかのアーサナ(ポーズをとること)
 呼吸法とリラクゼーション。」

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「里山のみなさんが愛情をもってお手入れしている森や自然と、
 その自然の恵みと共存するシンプルで太陽や雨や風を感じるような日々の暮らしの中に
 1日だけ溶け込んで、色々な発見や気づき、冒険心のようなワクワクする気持ち、
 人が本来持っている本能的で直感的な生きる楽しみや幸せを
 里山とヨガのコラボレーションが感じさせてくれると思っています。」
*昨年やさし森の上の方で、樹々に囲まれ樹々を見下ろし大地の上で行われたヨガタイム。
 今年も参加いただきありがとうございます。
「お返事がぎりぎりになってしまいすみません」
*いえいえ。昨年はお子さんの運動会後に参加していただいたのですが、今年はフル参加していた だけて嬉しいです。

*お客様にメッセージをお願いします
「今年も里山でヨガができることになりました。ヨガが初めての方もそうでない方も、
 身体の緊張を解きほぐし、呼吸を深く感じて、心と身体の緊張やストレスを解消しましょう。
 自然の中でヨガをするのはとても気持ちが良いです。
 森・風・土、色や匂いや感触や、五感をフルに目覚めさせて「いま」を感じて
 心と身体をひとつに結んで集中力や柔軟性を高めましょう。 
 里山の自然は、それをスムーズに私たちに感じさせてくれます。
 どの時間帯でも初心者から経験者までどなたでも大丈夫です。
 動きやすい服装、食後は避けなるべく空腹の状態をおすすめします。」

レッスンスケジュール
@ 10:00-10:45
A 11:00-11:45
B 12:00-12:45
C 13:00-13:45
D 14:00-14:45

※1レッスン ¥1,000(レッスン後にハーブティをお出しします) 小学生は保護者同伴でご参加ください。小学生無料、中学生¥500
ソハム.jpg

*昨年はフェスタ前にやさし森に登られたももこ先生。
 当日は参加者さんを待っている間に、
 風景に溶け込んでしまいそうな雰囲気を醸し出していらっしゃいました。
 場所の持つ雰囲気・風・光をとても気に入ったとの言葉がよぎります。

DSC00398.JPG

 是非皆さんも解放された場所で、ご自身を開放する気持ち良さを体感しにいらしてください!
 当日は受付で時間予約できますので、予約をされてから他のブースをお楽しみいただくことを
 お勧めします!

2016年08月23日

第6回 里山フェスタ情報・11

猛烈な台風9号ですがみなさんのところは大丈夫でしたか?
高校生の体験学習は、予定を変更し半日はやめに終了し、
台風の影響で交通機関がストップしてしまう前に、それぞれ帰っていきました。
途中で延滞しながらも無事家についたようで安心しました。

農場は夜中に通過予定でしたので、布団に入るころは雨が強いね・・ぐらいでしたが、
一時半猛烈な風と雨で目が覚めました。
久しく感じることのなかった、恐怖を感じる風の強さに
どうか被害が出ませんように、と祈りました。

速度が上がっていたおかげで本当にひどいのは一時間弱。
後は嘘のように静まり返り、私たちも深い眠りにつきました。

北海道方面はまだこれからなのでしょうか。
大きな災害になりませんように。

さて、出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「やえはた自然農園です」

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「岩手県花巻市石鳥谷町八重畑9-20-5
http://yaehata,com/

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「農園で育てたお米・お野菜・麦・豆などの素材をいかしたお菓子やパン」
やえはた写真.jpg
*自然農で育てられたお米や野菜たちの元気な味をぜひ!
大切に育てられた作物たちを使って作るかおりさんのお菓子やパンは、
やさしい甘さに、力強いエネルギーが詰まっています。
しょうちゃんとはいろ〜んな会話ができると思います。
その場で袋を開けて、農園の味を楽しみながら会話も満喫してください!

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「農園で育てた玄米や小麦、大豆、小豆などを使い、自給率UPを目指しています。」
*かぁちゃんが手に入れたいと思っている小麦の製粉機とふるいを手に入れたかおりさん。
 たくさんのイベント参加を経てますます腕に磨きがかかっていて、羨ましい・・。
 
*お客様にメッセージをお願いします
「この時期だけのお楽しみ、農園の夏野菜をたっぷり使ったお菓子を用意して、
みなさまのお越しをお待ちしてます!」
前の週にオーガニックフェスタ出店のやえはたさん。
 失礼しました!今年は参加されないとのことです!
 どんなに忙しい日程でも、いつも二つ返事で快く出店OKしてくださるお二人の笑顔は
 いつもきらきらです。

2016年08月21日

第6回 里山フェスタ情報・10

残暑お見舞いの言葉がこんなにしっくりくる夏の終わりも珍しい岩手・・。
そんな中フェスタ準備はひとまずお休みで(夜のデスクワークは続いている・・。)
毎年恒例の「自由の森学園 体験学習受け入れ」
岩手の暑さに驚きながらも、実習と座学を頑張っています。

そして今日はフェスタでも参加いただく
安孫自然塾 蔦雄さんによる「オノオレカンバで作る箸作り」体験です。
蔦雄さん情報は「19日出店者情報・9」でご確認くださいね!

さて本日の出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「喫茶ミニヨンです」
ミニヨン2.jpg
*今回初参加ですね。ありがとうございます。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「岩手県奥州市江刺区大通り7‐22
営業時間10:00〜18:00(ラストオーダー17:30)定休日 毎週土曜&第2・第4日曜」
blog http://mignon324.exblog.jp/

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「ランチボックス・お菓子・お飲み物です」

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか
「地域の生産者の方々と当店が共に支え合っていけるよう、卵・野菜・はちみつ等、
より多くの地域素材を取り入れていきます。(現在も仕入れ先拡大中です!)
*店主智子さんのお人柄にひかれてくるお客様、
 娘聖子さんの丁寧な仕込みと丁寧な盛り付けには常連さんも多いと聞きます。
 お店自体の醸し出す雰囲気も素敵ですが、今回は初の屋外出店!
 どんな雰囲気を作り出してくれるか楽しみです。
ミニヨン.jpg

*お客様にメッセージをお願いします
「初めまして。喫茶ミニヨンは、創業1977年の小さな喫茶店です。
当店では、各種ソース・デザート、ケーキ・マヨネーズ・ドレッシング等、手作りのお料理をお出ししています。
卵はうたがき優命園さん、調味料は全て無添加のものを使用。
野菜等の地域素材も積極的に取り入れています。
今回、初めてお店を飛び出して、里山フェスタの仲間入りをさせて頂きました。
フェスタでは、よりいっそう地域に寄り添い、里山でのんびり楽しめるメニューをご用意します。
皆さまにお会い出来るのを、とても楽しみにしています。共に笑顔で過ごせますように。
素敵な御縁に感謝します。」
*毎週のようにフェスタのミニ打ち合わせをしています(笑)
 それだけお二人が様々なことを想定しながら、
ミニヨンさんらしい出店をしようといろいろ考えてくださっているのだと思います。
「無理しすぎないで自分たちも楽しみます。」



2016年08月19日

第6回 里山フェスタ情報・9



さて出店者さん情報です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「安孫自然塾&風蔵です」

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「葛巻町
ブログ:風蔵-KAZEKURA-(http://stm19.blog79.fc2.com/)」

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「つる細工、木のカトラリー、樹皮を使ったアクセサリーやかご、など」
*毎回丁寧な手仕事で、一つ一つの作品を作り持ってきてくださるお二人。
材となる木を育てるがごとく山の手入れをし、伝わる技術を再現し、
作品に仕上げることで次に伝えていく・・それを繰り返しているお二人です。
今回も無理しないで作れる数を大切に持ってきてくださいます。

風蔵ブログ.JPG

「ワークショップ紹介
▼麦わらの指輪
里山生活学校で生産された麦わらを使い、指輪を作ります。

*申し訳ありません。今回は中止になっております。
販売用は並ぶかもしれませんのでお楽しみに。
地歩ワーク.JPG

▼木の枝えんぴつ
自然のままの木の枝で、えんぴつを作ります。
木の枝えんぴつWS.JPG

◎ 木のえんぴつ立て」
えんぴつたてWS.JPG

*風蔵 地歩さんは毎回麦藁で新しい挑戦をしてくれて、こんなのできたよ!
と画像をメールしてくれます。今回の指輪も麦藁の輝きがやさしくて素敵です。
革ひもを通してペンダントトップにしても良さそうです。
安孫 蔦雄さんは山仕事でも素晴らしい技術をお持ちの上に、
山のものをワークショップでいろいろなものに変身させてしまう手技もお持ちです。
今回も山から生み出される素敵なものが作れちゃいます。
詳細は9月に入ってからのワークショップ一覧でご確認ください。
子供も大人も夢中になれるワークショップになりますよ。
受付にて実物がご覧いただけます。

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「葛巻町で「安孫・自然塾」を主宰する外久保蔦雄さんは、40年以上山仕事に携わる傍ら、山の資源を活かして楽しむノウハウを伝え続けてきました。「風蔵」の下天广は、そんな蔦雄さんの人となりや豊富な知識に感銘を受けてものづくりを始めました。物を作るために木を切るのではなく、山を手入れして出てきた副産物をうまく利用していくこと。それが私たちのポリシーです。」

*お客様にメッセージをお願いします
「身近に山の資源は豊富にありますが、私たちは販売目的で大量に生産しているわけではありません。
おそらく今回も小規模な出店となりますが、私たちの一番のウリは「蔦雄さん」です。
山仕事キャリア40年の蔦雄さんの、謙虚かつ説得力のある人柄を感じに来てください。」

風蔵.JPG

*山のことで知らないことないんじゃないかというほど知識も経験も豊富な蔦雄さん。
そんな蔦雄さんを心から尊敬し、師匠と慕う地歩さん。
お二人の作り出す山の物語が詰まったテントへぜひ足をお運びください。

2016年08月17日

第6回 里山フェスタ情報・8

終戦記念日に改めて、
戦争をしない国であることの深い深い意味を感じました。
そしてその日が過ぎて、少〜し暑さが和らいだで感じのする岩手です。
見上げる空も、真夏のそれから秋っぽい感じです。
でもまだまだ油断は禁物。残暑予報は9月まで・・・。
台風の影響みなさんのところは大丈夫でしたか?
岩手はこれからのようで、あまり被害が出ないことを祈ります。
午後からはスタッフ作業になっているので、予報通り午前中に台風が通過し
午後からフェスタ準備ができますように・・。

さて出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「トコトコカタツムリです」
ここ最近、続けて参加してくださっているトコトコのみなさん!

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「主にイベント出店で活動しています。
  ー Facebookページ 「トコトコカタツムリ」

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「○ワークショップ / 子供から大人まで楽しめる香りのアロマクラフト
*昨年はワークショップ担当あこさんが、前日の大雨による線路灌水で参加できず
とても残念でした。今年はまた違う形のワークショップで参加してくれるそうなので
とても楽しみです。
一回限りの開催ワークショップになりますのでお時間の確認忘れずに。

「○フード / 食べてほっこりする体に優しいお野菜のごはん、手作りの飲みもの」
*盛岡にお店も持たれているちえみさん。
目にも美しく食べるのがもったいないプレートは毎回人気です。

トコトコランチ.jpg

○小物 / 盛岡の職人さんの藍染布で作った小物・草木染めの布小物
地球にもからだにも優しい手作り石けんです」
*染の段階から丁寧に作られた作品たち。
手にするとその優しさが伝わってきます。

トコトコ藍.jpg

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか
「私たちにとって、地域の生産者さんや職人さんとの繋がりこそが地域資源だと思っています。 たくさんの生産者さん、職人さんと関わり、私たちのオリジナルを作っていくことで、地域のつながり、笑顔の輪が広がるといいなと思います。
*つながりが地域資源。本当にそれを感じる場がフェスタですよね。

*お客様にメッセージをお願いします
「今年もメンバー4人でフェスタに参加させて頂くことになりました。1年の中でも、4人それぞれのオリジナリティーが溢れるイベントです。皆さんにまたお会いできるのを楽しみにしています。
*毎年フェスタ前に丁寧なメールでやり取りしてくださいます。
フェスタではお客様とお話しできるのを4人のメンバーさんが本当に楽しみにしているそうです。
ぜひぜひいろんなこと聞いてみてくださいね。

2016年08月15日

第6回 里山フェスタ情報・7

お盆ですね。
地域の道路を車で走っていると、帰省中の他県ナンバーをよく見かけます。
盆と正月だけだとしても、
帰れる故郷があるという安心感。
故郷が変わらず在り続けている意味を
故郷を持たず、故郷を作っているかぁちゃんは考え続けていきたい・・。

さて出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「ナナツノツキノ」です。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「実店舗はありません。」
 HP:http://nanatsunotsukino.com/
 FB:https://www.facebook.com/nanatsunotsukino/
 Instagram:https://www.instagram.com/nanatsunotsukino/

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「ひとめぼれ(農薬・化学肥料不使用)、緑米(農薬・化学肥料不使用)
 野菜(固定種/農薬・化学肥料不使用)、甘酒、ポン菓子です」
*緑米、初めて聞きました!お米農家さんの作るお米農家さんらしい加工品楽しみです。

田んぼ収穫風景.まあこさん.jpg

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「自分たちで育てたお米から麹、甘酒を作っています。
売りのこってしまった古々米を使ってポン菓子を作っています。
糠や籾殻を利用して野菜用の土作りをしています。
実ったお米を最後まで使い切る、お米の可能性を学び、体感しながら暮らしています。
*野菜は固定種にこだわって作っているんですよね。
ぜひ固定種を作る意味、作ったお米を最後まで使いきることの大切さを
聞いてみてくださいね。

*お客様にメッセージをお願いします
「はじめまして。北上市和賀町でお米を作っているナナツノツキノです。
 生産者と消費者の顔の見える関係を大切に考え、直接お客様へお米をお届けしています。
 想いと共に作物についての情報をしっかりお伝えし、少しでも安心できる食生活のお手伝
 いが出来たらと日々考えています。里山フェスタでの新たな出会いと学びを楽しみにして
 います!

まあこさん.jpg

*地元の米農家にお嫁さんとしてきて、自身の得意分野を活かしつつ
新たな挑戦をしているまあこさん。
一昨年はお客様として、昨年はスタッフとして
そして今回は旦那様と一緒に出店です!




2016年08月13日

第6回 里山フェスタ情報・6

以前生活学校でスラックラインの講習会を開いたとき、
盛岡の先生が「地元奥州市にもインストラクターいるから連れていくよ」といって
連れて来てくださったのが青沼さん。パン屋さんとしての認識だったスタッフたちも
もう一つの顔にびっくり!
フェスタ当日は品物が売り切れたらスラックラインインストラクターに変身してくれるそうです!
そんな出店者さんは・・・

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「地粉の店 やどり木です」
*今回初出店していただきますね。よろしくお願いします。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「奥州市水沢区大鐘町1-3-2」

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「 パン・焼菓子、ジャム、その他オリジナル商品等」
*通常朝6時からお昼までの営業ですのでなかなかお店にいけないという声をよく聞きますね。
イベントならでは、店主青沼さんとの会話も楽しみながら商品をお求めください!

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「地元奥州および岩手で採れたもの、生産されたものを主たる原材料として
パン・焼菓子を製造販売しています。」
*店名に、地粉の店、とあるように原材料選びにはこだわっていますよね。

*お客様にメッセージをお願いします
「岩手県産小麦(ゆきちから・南部小麦)を使いパンと菓子を焼いています。
出来る限りの材料を地元産にこだわり、手をかけ愛情をこめ、ほんの少しの魔法をかけて(?)
つくったパン・焼菓子たちです。
大量生産にはない滋味を感じて頂けると思います。
卵・乳製品を使わないパンもあります。
ほっとしたいひとときに―
体調を整えたい時に―
ちょっとした手みやげに―
やどり木のパン・焼菓子たちが力を貸してくれます。」
*青沼さんのお人柄が現れているかのようなパンやお菓子たち。
きっと口にしたときしみじみと体にしみわたるものがあると思います。

やどり木 ロゴ .jpg

2016年08月11日

第6回 里山フェスタ情報・5

今年から本日11日は山の日になったそうだ。
山の日だから山を満喫!ということで、久しぶりの団体さん受入れになりました。
愛農かまどでピザ作り、と山あそび!
フェスタの駐車場準備の合間を縫って、こちらの準備も仙さんの活躍で何とか間に合いました。

さて出店者さんの紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「KOШKA(コシカ)」です。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「金ヶ崎町西根花館6 ギャラリー&アトリエあり、要予約制 」
ブログhttp://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=kosimachi
FBページhttps://www.facebook.com/kosikatarogu/

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「里山の素材を使って草木染めアイテムをつくるワークショップです」
*密かに魔女〜!と呼ばせてもらっているKOШKA(コシカ)さん。
今回は身近な植物で、普段使いできるアイテムに手軽に染め体験できちゃいます。
コシカ・チラシ&ブログ用写真.jpg

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「普段から身近な植物で草木染したり、ストーブの灰を草木染や焼き物の釉薬としても使っていますし、私の町内はかやぶき屋根カヤの産地で、カヤの屋根葺きに余った破棄する部分で釉薬や染物にならないか研究中で、染物は上手くいったので何かで役立てたいと計画中です。
里山フェスタでは実際生えてる木や草花を目にした後、草木染などする事で更に身近にお客様に
感じて頂けたら嬉しいです。」
*繰り返し打ち合わせしていく中で、どんどん里山らしいワークショップの形ができていくのは楽しかったですね。
「火を使わなくてもできる所もいいよね!」
*ある手法を使って二色になるのはびっくりでしたが、楽しそう!
「イラストを描くようにデザインができるのもオリジナリティーが出せるよね。
*ほんとに!じっくり作り上げるもよし、インスピレーションでうりゃ!ってやるのもよし。

*お客様にメッセージをお願いします
「普段目にしている草木花がいろいろ活用できるんだと言う事に気付いて貰えるきっかけになればいいなと思っています。」
*昨年はイベントが重なり参加できなかったKOШKA(コシカ)さん。
今年もフェスタ次の日が他のイベント参加という中でしたが、
かあちゃんのラブコールに快く参加を決めてくれました。
染め体験は二種類。
子供さんから年配の方まで幅広く楽しめて、毎日使える作品が出来上がります。
常時里小屋でやっていますのでぜひ体験してみてください。
詳細は後程ワークショップ一覧記事にて!
当日受付にいるかあちゃんが、お試しでやった作品を身につけていますので
気になる方はお気軽に声をかけてくださいね。

お気軽に

2016年08月10日

第6回 里山フェスタ情報・4

岩手県は昨晩から台風の影響で風が強くなり明け方からはそれに雨も交じっています。
予報ではこの後天気は回復し、今日も30度越えの真夏日です。
みなさんのところは台風の影響はいかがでしたか・・。
お天気はどうにもなりません。フェスタ当日の天気も気になるところです。
晴れ女晴れ男にかけましょう!

さて出店者さん紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「漢方アロマサロン Uta」です。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「北上市下江釣子
http://s.ameblo.jp/kanpoaroma-uta/message-board.html

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「 漢方アロマフットセラピー(足つぼ) 20分 ¥1,100」
*ヘッドやハンドなど変更も可能なんですよね?
「はい。遠慮せず希望をお伝えくださいね。」

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「里山の少し高台は涼しい風がきてとても心地よいです、そこにある木陰を利用してゆっくりと癒されていただきたいと思います。」
*毎年隠れ家的な木陰にリクライニングチェアーを置いて、木漏れ日の中風の音や樹々の揺らめきを感じながら受ける時間は贅沢ですよね。終わって降りてくるお客様の顔の変化が、本当にびっくりするぐらいすっきりされています。

*最後にお客様にメッセージをお願いします
「里山フェスタは毎回私自身も自然に癒されながら出店させていただいてます。
一緒に楽しみましょう。ぜひお待ちしております。」
*本当に隠れ家的で人目につきにくい場所で行います。受け付けで時間予約もできますので、
ぜひ里山ならではの癒しの時間を体感されてください。

うた.jpg

うた2.jpg

2016年08月07日

第6回 里山フェスタ情報・3

全国的に厳しい暑さですが、みなさんはいかがお過ごしですか。
里山は風さえ吹いてくれたら快適なのですが、
無風状態だと、草木の深い緑が力強い太陽に照らされ目がくらみ、
これでもか!というほどの必死のセミの鳴き声が響き渡り
くじけそうになりながらも、時間帯を選んで外仕事をこなしています。

さて出店者さんの紹介です。

*お名前 or お店の名称をお知らせください
「やまんば工房」若生 和江です。

*所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「岩手県奥州市江刺区梁川字舘下137」

*フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「里やまんばランチ」「完熟梅干し」など

16175537120BA0DD54.png

*ランチにはあの里山太巻きが入るのではないですか?
「ふふふ」
*やっぱり!里山で収穫したあのワラビ、今は塩漬けになって出番待ちですね! 

*地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「里山のアイガモ米やわらびを使った ランチBOXは、どこか懐かしいばあちゃん家の
お昼ごはん。身近な食材で、誰かのために作るごはんの楽しさや伝えたい思いを
おむすびと一緒に詰めてみました。
*今年の合鴨たちがフェスタ当日、みなさんを迎えることができるかどうか・・
昨年は大人気の合鴨コーナーでしたが。
「どうした!」
*今年は弱肉強食の厳しさを伝えようと思います( ;∀;)

*気を取り直して・・お客様にメッセージをお願いします
『手間・ひま・じかん』・・・もいいもんだ。

*岩手県の食の匠でもある若生さん。
いつもパワフル・いつも笑顔・そしていつもおいしい差し入れをしてくれます。
時間をかけてその手から作り出される”食”は時間をかけていただきたいものです。
ワラビの太巻きはよく見ると真ん中にワラビ模様が!お楽しみに!

14465498973D987DDE.png