CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月08日

第8回里山フェスタ情報・1

今年も9月8日(土)10時から
「第8回里山フェスタ」を開催します。

毎年多少のメンバーの入れ替えがありながらのフェスタスタッフと
fes2017-4.JPG

出店者の仲間と
fes2017-216.JPG

みな様をお待ちしています。

今年の出店者さんは・・

<たべもの>
ミズサキノートさん
・・自家製ジャムのスペシャルクレープ 
・・自家製シロップのかき氷
及川りんご園さん
・・りんごジュース
わとな自然農園さん
・・無農薬有機栽培の旬のお野菜達
てしごとやWatona
・・天然酵母パン
・・自家製野菜のドレッシング
・・手作りジャム他
ナナツノツキノさん
・・無農薬、減農薬栽培米
・・無農薬栽培米麹&甘酒他
やまんば工房さん
・・里山弁当他
豆蔵さん
・・お弁当
・・お漬物他
CLASSICOさん(キッチンカ―)
・・カレー ベーグルサンド ドリンク他
農村民宿まやごや
・・ヌカ釜米炊き実演
・・おやつ他

<クラフト>
家具工房JP-STYLEさん
・・木工小物
風蔵さん(ワークショップ有)
・・稲わら&樹皮細工
里山ダリアさん
・・ダリアと里山植物のブーケ
・・古布小物他
Olea Treesさん(ワークショップ有)
・・手作り石鹸他
ゆびこびとさん(ワークショップ有)
・・羊毛&麦藁細工
魔女の店さん
・・ドライハーブ他
とださちえさん
・・里山のイラスト&ポストカード他
光子屋さん
・・古布小物
・・布草履
・・麻紐バッグ他
里山生活学校(ワークショップ有)
・・木工品
・・苔玉
・・ガイドブック他

今年は新しく
「先着プレゼント」と「おふるまい」をします!

<先着プレゼント>
10時のスタートに合わせて来ていただいた20名様に
「里山の恵み」をプレゼントします。
何かな?何だろう?
甘くて美味しいものだよ!

<おふるまい>
今年初参加の「農村民宿まやごや」さんによる
ヌカ窯で炊くうたがき優命園産の合鴨米に里山ワラビを添えたものを
お配りします。
ヌカ窯とは、もみ殻を燃料にした移動式のかまどのこと。
災害などで電気やガスが止まるといった状況の中でも力を発揮し、
いま再び注目を集めています。
12時より点火し、炊きあがる様子もご覧いただけます。
「これでご飯が炊けちゃうの?!」
お子様と一緒に驚きの体験をぜひ!

<恒例のスタンプラリー>
買い物 ワークショップ 森
3つのブースのご利用時にスタンプをもらいます。
3つ全てのブースご利用で帰りにお土産をもらえます。
例えば
飲食してスタンプゲット
ワークショップで手作りしてスタンプゲット
森で遊んでスタンプゲット
帰りにお土産をもらえま〜す!

<ビンゴ付き観察会>
11時からと14時から
各一時間ガイド付きで里山観察会をします。
観察会終了後、観察会にちなんだビンゴ大会を行います。
賞品も準備しています。
親子で、カップルで、お友達と対戦してみてはいかがでしょうか。

<江刺25歳祝連のみなさんによる演舞>
13時から
地元の若者たちの元気いっぱいのパフォーマンスを間近でご覧ください。

<ワークショップ>
詳細は次回!!



2018年08月05日

フェスタフライヤー完成

9月8日に8回目を迎える里山フェスタを開催します。

今年もそのフライヤーが完成しました。
昨年に続いて、
出店者でもある風蔵の地歩さんにデザインしていただき、
とても素敵なフライヤーになりました。

告知宣伝はもちろんですが、
写真は前年のフェスタから掲載しているので、
なんだかフェスタアルバムのような感じで嬉しいです。

P1310863.JPG

県内以下の所に置かせていただいているので、
見かけた方は手に取ってみてください。

<奥州市>
・ミズサキノート
・クラシコ
・喫茶ミニヨン
・zプラザアテルイ産直
・ローズマリー
<北上市>
・リフォームの鬼
・マルショウ
・ケーキの国アリス
・ビストロfelice
・たかはし動物病院
<花巻市>
・おいものせなか
・蔵
<盛岡市>
・ちいさな野菜畑
・つながる台所Tane

2018年07月26日

砂利敷き

猛暑続く中、
連日フェスタの準備作業。

まずは1回目の駐車場草刈りと草集め。
フェスタの大きな課題だった駐車場だけど、
こうして年々手入れが積み重なり、確実に良くなってきた。
今年も100台とめるぞー。

P1310694.JPG

つづいて入口道路わきの草刈り、灌木や笹薮の伐採。
この春から周辺広葉樹が伐採されたので、まるっきり風景が変わって、
ちょっと寂しいくらい。
でも、見晴らしは良くなって、フェスタでの車のすれ違いや往来は楽になる。

P1310684.JPG

そして、今年も若生さんに手配していただき、砂利敷き。
この日は、てっちゃんがダンプ運転に来てくれて、10往復。
路の凸凹はかなり改善された。

P1310728.JPG

途中で重機が故障してしまい、まさかの手作業するはめに。
高校野球最後の大会が終わった里山次男も駆り出されて、
フェスタに向けて、最初の重労働作業が完了。

それにしても、暑い、暑い、暑い。
夕方4時でも30度を下回らない日ばかり。
8回目にして過去最高気温の中で準備作業している気がするなぁ・・・。

   by 里山おやじ



2018年07月21日

第8回・里山フェスタ準備作業・2

フェスタ準備真っ只中でありまして、
先日は、葛巻から風蔵・地歩さんに来ていただきまして、
第8回のフライヤー(チラシ)作成に関する入念な打ち合わせ。

P1310659.JPG

ちなみにテーブル上方に吊るしたのは、
今回、地歩さんがワークショップで作る杉玉。
(当日ワークショップの詳しい情報は後日連載します。)

P1310661.JPG

里山ではいま、花子さんが数種類のコケを採取しながら、
これも、あらたなワークショップを模索中。

コケを地域資源として利活用できるかどうか、
そしてこれがフェスタに間に合うかどうか…。

さてさて、
ちょっとフェスタ準備から離れて、
5月、6月に若者サミットメンバーのみなさんに
農作業してもらった農場の様子を報告しますと・・・

P1310669.JPG

これが、田植えしてもらった田んぼ。
イネも順調にこれだけ分ケツしているし、
その後放した合鴨のヒナたちはこんなに大きくなりました。

とはいっても、何者か天敵に捕られて、
23羽いたヒナは現在残り15羽・・・

P1310670.JPG

草取りしてもらったひまわり畑では、
夏の日差しを浴びて、ぐんぐんと力強く背丈を伸ばし始めました。

P1310671.JPG

集草してもらったカボチャ畑では、
定植した苗が蔓を一気に伸ばし、こちらも元気いっぱいに広がっています。

そんなわけで真夏の里山、
農作業もフェスタ準備も真っ盛りの暑い日々・・・。

2018年07月13日

第8回・里山フェスタ準備作業

西日本豪雨、本当に大変な災害になってしまいました。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回の災害の画像を見るたびに
3・11を思い出さずにはいられません。
自然の猛威のすさまじさと災害大国ニッポンを改めて実感し、
日ごろからの災害シュミレーションの重要性を痛感します。



そんな中ではありますが、生活学校は
2か月後(9月8日)に迫ってきた、第8回里山フェスタの準備スタートです。


P1310644.JPG

出店者さんが出そろい、
様々なワークショップも決まり、
今回のフェスタの全体像がやっと見えてきたところ。

あとは、これにいろいろな企画を肉付けしていきます。
クイズラリー、スタンプラリー、ビンゴゲーム、パチンコ・・・
今回はちょっと面白いおふるまいも企画中。

これからは、それらを実現していくための具体的準備作業に入ります。

そして、今回は特にチラシにも力を入れようと、
いつも以上にチラシ作りは入念な打ち合わせ。

というのも、昨年地歩さんに作っていただいたチラシが
これまでにない大大好評だったので、
これは単なる宣伝アイテムというだけでなく、
毎年のフェスタのシンボルや記録として残すもの、という認識で
今年は数もかなり多く刷ることにしたのです。
(もちろん今年も地歩さんにお願いします。
     今年も里山の産物との物々交換で。ハート

これまで説明不足だった点を洗い出して、
一つ一つのワークショップやいのち森ブースに関しては、
初めての人にもわかりやすい説明文章を入れることに。
完成をどうぞ、お楽しみに。



さて、当日ボランティアスタッフの募集もスタートです。
フェスタだけは、生活学校スタッフだけでは回せない規模のイベントなので、
毎年今頃からいろいろな方々に声をかけていきます。

fes2017-4.JPG

昨年は本当に素晴らしい若者メンバーに集まってもらい、
フェスタをいろいろな方面で支えて、盛り上げてもらいました。
(なにしろ、わたくしめが最年長。)

また、こんな楽しいメンバーで開催できたら最高です。
この日はそのリストも作りました。

P1310647.JPG

そして、恒例の駐車場草刈り作業もスタートです。
背丈の伸びた草は、刈り取り後が凸凹になってしまうので、
なるべくこまめに何度も刈り取る予定。

 と、言うわけでいよいよフェスタに向けてスタートです!

2017年12月06日

フェスタ後の出店者さんとのコラボ活動

今年は度重なるネットの不具合で、
ブログも更新できない期間がかなりありまして、
旬のネタではありませんが、
フェスタ後の出店者さんたちとのコラボ活動ショットを何枚か・・・。

10月末には、今年もナナツノツキノさんがリーダーシップで主催している
町分マルシェにうたがき優命園として
ミズサキノートさんやわとな自然農園さんややえはた自然農園さんら
とともに出店。

P1300277.JPG

ここで、フェスタに出店してもらっていた
風蔵さんの稲わら細工も販売。

P1300305.JPG

11月上旬には、水沢のホテル・プラザインでの「農園ランチ」試食会に、
ミズサキノートさん、わとな自然農園さん、ナナツノツキノさん、ゆびこびとさん
に来ていただいて、様々なアドバイスをしてもらいました。
当日は、みなさんの生産物や
やまんば工房さんに作ってもらったクロモジ茶も提供。

11月23日には、ゆびこびとさん主催の収穫祭に呼ばれて、
ナナツノツキノさんとともに対談企画に参加。
ランチは、ソハムさんの発酵食ランチ。

P1300409.JPG

11月25,26は、ミズサキさんにて恒例のリンゴのお祭りに、
今年は初めてナナツノツキノさん、わとな自然農園さんと共に
コラボランチを提供。

この日は、コシカさんで冬ごもり展も開催。
樹皮細工のワークショップで参加していた風蔵さんが、
ランチに寄ってくれました。

P1300414.JPG

そして、11月末には、里山ダリアの哲ちゃん宅へレンコン掘りのお手伝い。
これは10月にお手伝いしてもらった稲刈り作業との力力(りきりき)交換。

2年目を迎えた哲ちゃんの有機レンコン栽培(多分県内唯一)は、この冬場が収穫期。
掘りたてのレンコンは、今絶賛販売中。
粘りがあってめっちゃうまいよぉ。
(その分、収穫作業は、めっちゃ腰がいてぇよ。泣)

と、まぁこんな風に、
フェスタ出店者さん同士で様々なコラボ活動をしています。

規模はどうあれ、みんな小さな企業家同志、
持ちつ持たれつの良きコラボ仲間なのであります。

   by 里山おやじ

2017年10月04日

第4回「森まなび・山あそび・モノづくり」のお知らせ

10月15日(日)23時より今年最後の開校日です。

今回、モノづくり企画はありませんが、
いつも通り、里山樹木図鑑づくり観察会(おもに大人対象)と
いのち森・ペーターパークの遊具あそび(おもに子供対象)を同時並行して行います。

・里山樹木利活用図鑑づくり観察会コース(おもに大人対象)
  102種類の自生樹木のタグ付け
 
   講師・菊池智久さん(森林インストラクター)

・いのち森・樹木遊具あそびコース(おもに子供対象)
  スラックライン、ジャングルジム、
  ツリーハウス、竹滑り台、ブランコ

フェスタに来たけど、観察会も山あそびも逃しちゃったという方、
この機会にぜひ、いかがですか。

450.jpg

<参加費>
・650円/おひとり(小学生以下350円・3歳以下無料)

※会員はそれぞれ50円引きです。

<要予約>
・参加希望される方、事前にご連絡ください。
・申し込み・お問い合わせ 0197−36−3292

2017年10月01日

第7回里山フェスタ報告・13

パソコン不調で最後の報告が遅くなってしまいましたが、
今年も東京から前泊助っ人スタッフが2人も来てくれました。
もんちゃん、ともみちゃん、共に2年連続で。
特にともみちゃんは1週間前から
会場準備を延々と手伝ってくれました。
本当にお疲れさま。
最後に、お二人の感想を持って
第7回里山フェスタの報告を終わりにします。
ご協力いただいたすべてのみな様、ありがとうございました!

P1290899.JPG

青空と森の緑のコントラストが綺麗な
いのち森の高いところからの景色と、
里山フェスタに集まるみなさんの雰囲気が好きで、
昨年に引き続き今年も東京から参加させていだたきました。
お買い物も楽しいですが、
ここでのんびり時を過ごすだけでも、とても心が満たされます!
(森の中でのアロマセラピーとヨガ、
絶対気持よい!といつか行くのが夢です、笑)
感想を書いていて、里山フェスタの一番の魅力は森なのだなぁ、と思います!
また来年も参加したいです。

(もんちゃん)

P1290863.JPG

私はフェスタ6日前の月曜日の朝から、
お手伝いに行かせてもらいました。
日中の主な作業は草刈り機で刈られた草刈を集め、
フェスタの日に邪魔にならないところまで草を運ぶ作業です。
1日目は「草を運ぶなんて楽勝でしょ!」と舐めてかかっていました。
草なんてそんなに重くないしと…。
しかし、実際に作業すると…、
「集めて山盛りになった草ってこんなに重いのか!」
と痛感しました。
しかも草、一本一本は繋がってないから歩くたびに落ちていって、
集めているところに着く頃には…、
「あれ?こんな少なかったっけ?」と振り向けば、
通った道に散らばる草…。超!辛かったです。
後、少し遠くの場所に草を運ぶ時、
軽トラに一回山盛りに積んで、積んだのを下ろすのも辛かった。
自分の腰より高い軽トラの荷台に乗せるのも、
軽トラの上で絡まりまくった草をその高さから下ろすのも、腰が…。
正直「なぜに運ぶんだ?置いといても同じ緑色じゃん…」
と最初は思いましたが、運び終えるとなんかスッキリ、
綺麗になった気がして、達成感があって楽しかったです。
草刈り機で刈れないフェンス際の草刈りも大変で、
フェンスに絡まったつる性の草をとるのは骨が折れました。
朝顔なんかを見ると衝動的にフェンスから引き剝がしたくなります。
去年のフェスタはもう綺麗になった状態だったので
気がつかなかったのですが、
フェスタの土台になる空間の整備も、大切なことですよね。

(ともみちゃん)

P1300096.JPG



2017年09月26日

第7回里山フェスタ報告・12

やどり木さん
fes2017-136.JPG

やまんば工房さん
fes2017-133.JPG

花子さん
P1300033.JPG

生活学校ワークショップ
P1300051.JPG

ミズサキノートさん
fes2017-84.JPG

マッサージ ミトンさん
P1300028.JPG

ヨガのSOHAMさん
DSC00398.JPG

出店者でしたが、今年は森を楽しむぞ!と心に決めてました。
今年こそ、仕事半分、楽しむこと半分で参加できました!
(いつも仕事85%でしたから)。
ただ一つ、お買い物を全店クリアできなかったのが悔やまれます
スタンプラリーのカード、私も欲しかったです・・・。

森の整備も行き届いていて、ツリーハウス見学以来の私からからすると、
ココはどこ?というくらいとーーっても素敵な空間でした。
とくに光の入り方が最高!童心に帰るって、
口では言えてもなかなかできません・・・。
でもこの森はそれを許してくれて。
だからこそ、ちょっと大きくなった子供たちさえも
キラッキラな笑顔で安心して遊ぶことができたのだと思います。

去年は森に行かなかった娘。
だからか今年は手伝う気満々で。店よりも森ばかり気にしてました。
そしたら今年の反省会で「来年は森のスタッフになりたい」とか言うし、
できたらクライミングの免許欲しいとか、そんなことも言ってました。

私もお姉さんに負けないようにスラッグラインに乗れるようにがんばります。(違うか)
(ミズサキノート)


2017年09月24日

第7回里山フェスタ報告・11

ミトンさん
fes2017-26.JPG

里山ダリアさん
P1300021.JPG

喫茶ミニヨンさん
P1300022.JPG

風蔵さん
P1300023.JPG

KOШKAさん
P1300025.JPG

ānuenue makaniさん
P1300024.JPG

とださちえさん
fes2017-91.JPG

要望が多かった飲食の出店者さんを増やしたおかげか、
里小屋内のログテーブルも楽しげに語らいながら
おいしいものの香りに包まれる時間が多かったようです。
P1300039.JPG