CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月30日

第7回・開校日(前編)

第7回・開校日。

いや〜、暑かった、暑かった。
「ここは本当に岩手なのか!」と怒鳴りたくなるほど。
もう、連日なので驚きゃしませんが・・・。
早朝から2時間、地域の草刈り作業のあったワタクシは、もう朝から汗だく。

午前中に到着した若者サミットメンバーは、
この中で干し草の切り返しや
ジャガイモ堀を2時間みっちりやってもらいました。
時折吹く心地よい風が、わずかな救いではありましたが・・・もう汗だくだく。
(ちなみに過去最高とも思えるニジュウヤホシの大発生で、
7月前半に葉を食い尽くされたジャガイモの収量は過去最低。泣)

P1310772.JPG

そのメンバーのランチを薪ストーブで作るかあちゃん
(の、たくましい腕)は、さらに汗だくだくだくでありました。
(あまり汗をかけないかあちゃんにも今年の暑さは別なのです。)
この日のメニューは、
ジャガイモ堀にちなんでのスコップコロッケ、
ビーズのコールドスープ、
鶏ササミフライ、
ナス、ズッキーニの素揚げに、
おにぎりとみそ汁。

恒例の「里山自給プレート」大好評でありました。

P1310776.JPG

さて、若者メンバーでワイワイとその汗だく早ランチをしているところへ、
本日のメインイベント「サンショウ蒸留ワークショップ」講師の川村さんが到着。

ワークショップは午後1時開始ですが、
蒸留には3,4時間かかるので、午前中から装置をセッティングして
蒸留をスタートさせるためです。

P1310778.JPG

持ってきてもらったサンショウの枝から葉をはさみで切って、
15万円もするという蒸留装置のステンレスの鍋に
ぎゅうぎゅうと入れていきます。
そこいらじゅうにサンショウのよい香りが充満。
季節がらウナギが食べたくなる気分・・・。

P1310784.JPG

このグラハム冷却管という装置に冷却水を循環させて、
沸騰して出てきた蒸気を冷やし、
蒸留水が点滴となって落ちてきたものをオイルセパレイターに集めます。

学生の頃にやった理科の実験の授業をかすかに思い出しました。
若者サミットメンバーはほとんどが理系学生なので、
この装置自体に鋭く食いついておりました。

そうこうしているうちに参加者が続々と集まってきて開校日スタートです。

          by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く