CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月23日

第7回・開校日のお知らせ

7月29日(日)13時より
「第7回・開校日」開催します。

今回は、盛岡の森林インストラクター・川村さんをお呼びして、
ハーバルウォーター(芳香蒸留水)と、
エッセンシャルオイル(精油)を採取するワークショップを行います。

川村さんには2年前に、クロモジの葉を蒸留してもらいましたが、
今回蒸留してもらうのはサンショウです。

P1260046.JPG

これは2年前の写真ですが、
このような専用の「蒸留器」なるものを使って蒸留します。

川村さんによると、
これまで蒸留を試してきた樹種は、
クロモジ、サワラ、アブラチャン、アカマツ、タムシバ、
ヒノキ、ヒノキアスナロ、ホオノキ、カツラ、カリン・・・・

サンショウは今年に入って初めて蒸留してみたそうですが、
やってみたところ、間違いなくこれまでの5本指に入る
「さわやかで大変好ましい香り」だそうです。
(ただし、ウナギの食欲をそそる香りじゃないよ、とのこと。)

里山にもたくさん自生しているサンショウ、
いったいどんな香りなのか、それはぜひやってみたい!
ということで早速、お願いしたのです。

ちなみに25リットルの蒸留窯いっぱいに
ぎゅぎゅう詰めされたサンショウの若葉を蒸留して、
採れるハーバルウォーター(芳香蒸留水)は1リットル、
エッセンシャルオイル(精油)は2cc位という程度の量ですが、
参加者で分けましょう。

蒸留にはかなり時間がかかるので、
川村さんには午前中からスタンバイしてもらいますし、
蒸留中には恒例の樹木観察会を行います。

講師は今回も岩大・4年生の智君。
この日の主役であるサンショウを始め、
今年のテーマである里山樹木の花・実を中心に観察しながら
山道コースを歩きましょう。

・参加費(大人)650円(子供)350円

・お問い合わせ0197−36−3292


この記事へのコメント
コメントを書く