CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月11日

第6回開校日

今年2回目の第6回開校日。

「食べられる実のなる樹木」をテーマにした今回の観察会。
この時期の里山は、
ちょっとした”食べ歩き観察”ができるくらい
いろいろな形や色をしたナッツやフルーツが楽しめる。

まだ、食べるには早いものも
すでにディスプレイの色づきを始めているので観ていて飽きない。
そもそも、樹木たちは人(や鳥や獣)に食べてもらって
種子散布してもらうことを戦略として色や形を目立たせているわけだから、
人が樹木の実の姿形色に惹かれるのはごくごく当然のことなのだ。

今回の写真撮影は釜石からお越しいただいた小沢花さん。
風が強くて撮影対象の花や実が揺れて、かなり撮影には苦労しましたが、
なんだかとてもアートな写真をたくさん撮ってもらいました。

こうして改めて写真の画像でじっくり見てみると、
樹木たちの実はみなそれぞれに本当に美しい。

0D7C9069.JPG

サンショウ・・・この時期の実をとって醤油漬けに。

0D7C9117.JPG

ヒメクルミ・・・かわいいハート形の実ができ始め・・・

0D7C9030.JPG

クワ・・・いよいよ収穫間近、ジャム作りに追われる日々が始まる。

0D7C9233.JPG

モミジイチゴ・・・ちょうど今が食べごろでした。

0D7C9172.JPG

ハナイカダ・・・なんとも珍しくてかわいい葉の上の花。黒く熟せば食べられます。

0D7C9138.JPG

ウグイスカグラ・・・これも今が食べごろ。花は早春、ずいぶん早くに咲いてました。

0D7C9077.JPG

午前中、いつものごとく里山農作業にこき使われた講師の智君。
午後からは、美奈ちゃんのイラストを効果的に使いながらの樹木ガイド
(美奈ちゃん、力作の素敵なイラストをありがとう!)
・・・だけにとどまらず・・・

P1310488.JPG

ヒバカリという可愛いヘビを捕まえてきたり
(持って帰った子供たちはうまく飼育できるだろうか・・・)、

0D7C9223.JPG

スラックラインの大技を披露したりと、
(里山おやじ引退説が流れるほどの)大活躍でありました。

次回開校日は、7月29日でーす!

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く