CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月30日

続・田植え

「昭和の田植え」2日目。
助っ人部隊第2陣が来てくれました。

ポット苗に40グラム蒔きという疎植で、
有機質培土に45日かけて育てた苗は、
4葉以上の丈夫な大苗で、手植えにはもってこいです。

P1310405.JPG

「尺角植え」なので、畝間、株間ともに間隔は十分広いため、
この人数で、一斉に始めると、本当にぐんぐんはかどります。

曇り空だったので、陽射しも弱い分体力も楽々。
時折聞こえてくるツッツクピー、ツッツクピーという
キビタキの美しいさえずりを聞きながら、
余裕の作業でありました。

P1310417.JPG

ワタクシは、マンガと呼ばれる道具で、
田んぼに碁盤の目のマスを線引きする作業に追われて、
田植えはほとんどできないくらい。

10時のティータイムまでに1枚の田んぼが植え終わり・・・
12時のランチまでにもう1枚が植え終わり・・・

初日と合わせても、わずか1日半で、今年の田植えは、気持ちよく完了です。

P1310399.JPG

おかげで午後からは、
ひまわりの種まきや、
ジャガイモの芽かきや、
キッチンガーデンの草取りも手分けしてやってもらいましたし、
3時のティータイムの後は、山菜採りも。

丸一日、里山農作業めいいっぱいの2日目でした。
大人数の食事は楽しいし、農繁期の仕事もはかどって言うことなし。

今年もまた助っ人のみなさんのおかげで
心に刻まれるいい田植えが2日間できました。
みなさんありがとう!



   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く