CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月10日

ワラビの季節

ウコギ科の木の芽山菜に続いて、ワラビの季節到来。
今年は、発生が1週間近く早くて、
最初のピークがやや採り遅れてしまった。
(ちょっともったいなかった。)

P1310342.JPG

けれども、この春は意外にも、やさし森での群生地帯が、
かなり一気に拡大してきたので、まだまだ採れる気配。

天然ワラビの場合、
条件が整えば、地下茎が年々徐々に広がっていき、
ある年、一斉に発生を始めるということなのだろうか。

切り土地帯なので、養分不足のため、まだ軸は細いが、
開いたワラビの葉が秋口に枯れて堆積していけば、
少しづつ肥沃化していくに違いない。

手間があれば、鶏糞散布しても効果がありそう。
(でも、そうすると天然とは呼べないか?)

P1310344.JPG

この里山地域の粘土質土壌で育つワラビは、
特に粘り気が強いのが特徴の一級品。
一度食べた人からは毎年予約注文をいただく。

ので、あく抜きや束ね作業は、ちょっと忙しいプチ農繁期。

今年は生活学校のイベント用にも、
塩蔵ワラビを確保したいので、これも準備中。
塩が足りなくて大失敗した経験を活かして、今年こそ・・・。

  by 里山おやじ

この記事へのコメント
コメントを書く