CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年04月16日

種まき桜

今日は、優命園の水稲種まき作業日。

将来自給的な田舎暮らしをしてみたいという
智君&美奈ちゃんが体験を兼ねてお手伝いに来てくれました。

今年は、例年より少し田植えを早めようと計画したので、
種まきも約1週間早め。
ので、ちょっと肌寒い中での種まき日になってしまいました。

P1310160.JPG

作業は、ポット苗に40グラム蒔きという方法で、
ポット穴一つに2〜4粒の種もみを播種したい。
ので、手道具を使いながらのめちゃめちゃ細かい仕事。
これで60枚の苗箱に播種。
たったこれだけで午前中いっぱいになりました。
もしかすると一年で一番細かい作業かもしれません。

午後から、天然プール育苗池に60枚を平置き。
トンネルをかけてビニールを張って、ようやくいっちょあがり。
(忙しかったのでほとんど撮影してる暇なし。)
これから約40日かけて、
丈夫で大きな苗を育てて5月末に田植えを迎えたいのであります。
予定通りうまくいきますかどうか。


続いてそのあとは畑にて、ジャガイモ植え。
キタアカリ、メイクイン、男爵の3種を約30キロ定植。
きっちりとラインを張って、
畝間40センチ、株間40センチという間隔を正確にとります。
数週間後に管理機という機械で土寄せ作業をするため、
この間隔は正確でないと後々苦労します。
そして作業自体は、穴掘り係と芋植え係を分担して手際よく行います。

P1310165.JPG

自給の暮らしの中で、
コメ、麦、芋など主食になる作物の栽培技術はとても重要。
丸1日で、その米と芋2つとも種まき体験できました。

P1310178.JPG

午後のティータイムは、サクランボの桜の木の下で、
お花見ティータイム。まさに今が見ごろのグッドタイミング。
蜜を吸いに来たモンシロチョウが寒さで固まっているところを狙って、
ちょっといい感じの4ショット撮れました。

P1310193.JPG

さて、仕事帰りにいのち森を歩いてみると・・・
コブシが満開。
「種まき桜」という別名通りに、
コブシの花と同時に米と芋が種まきできました。

花の開花を目安に農作業を行うという知恵も、
これもまた広い意味での樹木の利活用と言えるでしょうね。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く