CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月28日

久々、里山若者サミット

2月も終わろうかというのに、
真冬のど真ん中のような里山にて、本当に久々の里山若者サミット開催。

鶏の解体や大豆の選別作業をがっつりとしましたが、
寒くて寒くて脳みそ凍結につき、写真撮ることも忘れ・・・・
室内に来てからやっと思い出したので、たったの2枚。

P1310010.JPG

以下、参加したⅯちゃんの感想報告文から一部お借り。

「個人的に久々の里山生活学校で今年初の活動でもあったので、
いつもよりわくわくしてました。
去年から経験したいと思っていた鶏の解体、(中略)
普段スーパーで買っている胸肉、ささみが
どんな風に自分の手元に届いているのか
昨日まで生きていた鶏が段階を踏むごとに
生き物から食べ物に変わっていくことを
いろいろ考えながら貴重な経験ができたと思います。

小中高の理科の授業で解剖はしたことなかったけれど、
解剖という手段は、グロテスクではあるけれど、
生き物の体の仕組みとか、命を学ぶのに
てっとり早い方法だなあと感じました。

出来立てのひき肉もいただいたので
早速シュウマイを作ってみようと思います。

夕食が作られてておいしそうな匂いの中で
大豆の選別作業は眠たいしお腹もすくしで大変でしたが、
可奈さんの作る料理は安定して美味でした。
苦手なはずのレバーもなぜか食べれて、
不足がちの鉄分を摂取できてよかったです。(後略)」


P1310012.JPG

体験作業と食事がリンクするように
いろいろ工夫しているかあちゃんの思いがとてもよく伝わっていて
嬉しい感想(と、食欲(笑))でした。

P1310013.JPG

さて、話は変わってというか、
この日のサミットでも話題に上がったこの本
「未来の年表」をご存知でしょうか。

目の前に迫っている少子高齢化社会の現実を
冷静な数値で表すとこうなります。

私自身、里山農山村地域は、
深刻で猛烈な少子高齢化が進んでいると感じていましたが、
どうやらそれは都市部でも変わらない現象だと認識を改めました。

経済予測などと違って
人口予測というのはほとんど外れないわけで、
この減少に歯止めがかかる希望が全くないところが
この問題を深刻にしていると言われています。

これからを担う日本の若者たちにぜひとも読んでもらいたい1冊です。

   by 里山おやじ

【里山生活奮闘記の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く