CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月03日

冬場のモノづくり

里山は数年ぶりの大雪に見舞われている。
全国的に大雪の年なのだからまあ仕方ない。

モノづくりは農閑期が勝負なのだが
雪かき、雪下ろし作業に時間を奪われて、
なかなか冬場のモノづくりが進まない。

それでも、正月からモノづくり小屋の整備を頑張ったので、
少なくとも昨年までよりは
スペースができたのだから、着実に前進はしている。

P1300827.JPG

今年は
これまで、色々な講師の先生に教えていただいた地域資源ワークショップから、
生活学校のオリジナルなモノづくりが
一つでも二つでも生み出せるように、
じっくり挑戦していきたい。

まずは過去のワークショップをおさらいしながら、
実際に作りながらの試行錯誤だ。

P1300842.JPG

桑のジャムスプーン、
胡桃のデザートフォークに、スープスプーン、
欅のこけし・・・

P1300845.JPG

と、まずはこんなところから始めている。

小さくて構わないから、
里山発の確かな物語と結びついた味わい深いモノづくり、
これが目標だ。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く