CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月16日

第4回「森まなび・山あそび」

10月もそろそろ下旬だというのに、優命園は、稲刈り真っ最中。
8月からの多雨、日照不足で、イネは登熟不良、田んぼは泥沼。
26回目の稲づくりにして過去最悪のコンディションで、
バインダーは全く使えないので、2反丸々の手作業。

質も量もかなり悪い予想の中で、過酷な作業が続いているが、
ありがたいことに連日、いろいろな人がお手伝いに来てくれて、
7日目にして、ようやく終わりが見えてきたところ。
4日目から悲鳴を上げていた腰は、
もはや痛みを通り越して、なんだか快感になりつつある感じ。
まぁ、こんな年もある・・・。

P1300233.JPG

10月15日、まさか、稲刈り中に迎えることになるとは思いもしなかった
今年最後の開校日でしたが、
嬉しいことに、講師の木こりんや喜多君が午前中から
この稲刈り作業を手伝ってくれて、ずいぶんはかどったのでした。

P1300200.JPG

午後からの開校日は、いのち森を開放しての森あそびと、
里山樹木利活用図鑑づくり観察会。

観察会では、葉に焦点を当ててきたこの一年の締めくくりとして、
観察会コースで見られる樹種にタグをつけて、葉の写真を撮影。

前回と合わせて、自生種の8割以上の樹種にタグつけを完了しました。

木こりんはこの日もまた、ニガキという初確認の木を発見してくれて、
これでリストの自生種は103です。

P1300229.JPG

今年は計4回の開校日。

いのち森・ペーターパークにはジャングルジムという大型新遊具が完成。

杉の森の観察会コースも、素晴らしく整備されて、これで3コース。
スタートした図鑑づくりとマッチした
深い観察会が常時できるようにしていきたいと思います。

ご参加してくれた、みなさま、ありがとうございました!





この記事へのコメント
リカゴン様
お久しぶりでした。
木こりの木こりん、森の達人です。山の木は、幼木含めてほとんどすべてわかるんだろうな。「山のキウイ」は、サルナシと言います。別名、コクワ。アケビと並んで、最高の森のフルーツですね。
Posted by 里山おやじ at 2017年10月21日 21:00
今年初めての開校日参加でした←やっとあせあせ(飛び散る汗)
木こりんにやっと会うことができました(o^―^o)その道のプロのお話についつい、引き込まれてしまいました。ほんと楽しいひと時ありがとうございました。耳できくなまえ、漢字でみる名まえ、触ったり、かじったりする植物・・・まだまだ森の中には楽しいことがいっぱいなんだなあ、と改めて思うのでした。ところで、キウイの味のする【●●なし】名まえはなんというものできたか?なし・・だけ聞いてましたあせあせ(飛び散る汗)
Posted by rikagonn at 2017年10月18日 11:57
コメントを書く