CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年09月09日

フェスタ会場準備追い込み作業

いよいよ目前に迫ってきた7回目の里山フェスタ。

最後のフェスタ情報として、
この1カ月半、必死に準備を続けてきたスタッフの奮闘ぶりを紹介します。

P1290808.JPG

まずは、スタッフ顔負けで、
今回のフェスタ準備作業この人無しに語れないというほど、
駐車場からいのち森まで、ありとあらゆる会場の
草という草を汗だくになって刈りまくってくれた仙さん。
言葉にならないほど助かりました。
ありがとうございました。


P1290741.JPG

この草刈りとそれに続く集草作業は、フェスタの会場準備の中でも、
最も時間と労力のかかる仕事です。
8月の開校日には、若者サミットメンバーにも
この集草作業やフェンス際の手鎌草刈りを手伝ってもらいました。

P1290863.JPG

そしてフェスタ1週間前から泊まり込みで、
今年も東京から駆けつけてくれたともみちゃん。
あどけなかった高校1年の体験学習から5年連続、フェスタは3回目。
今年は大学生になっての参加で、
ずいぶんたくましく、仙さんの刈った草を黙々と集めてくれました。
毎晩、かあちゃんとともに延々と続く細かい内職作業もお疲れさまでした。

P1290689.JPG

毎年苦労する駐車場整備は、
1か月前に砂利を敷き詰めて重機で踏み固めました。
バックホーのプロ・てっちゃんのおかげです。

今年は、当日恒例の、車押し作業をしなくて済むことを祈ります…。
(とにかく、晴れてくれええええ!)

P1290763.JPG

もちろんスタッフも毎週、駐車場整備を頑張りました。
1月に2回、多いところは3回の草刈りと集草。
雨が多かったせいか、草の伸びも早くて参りました。

P1290803.JPG

最後の仕上げはてっちゃんのハンマーナイフモア。
体調を崩した中で来てもらいました。
しかも、途中から土砂降りで、2日間に渡っての作業でした。
(その分フェスタは晴れてくれえええ!)

P1290874.JPG

いのち森・ペーターパークでは、
昨年からペーターが考案して、5月から戸田さんにも来てもらって作り始めた
大物新遊具・里山ジャングルジムが、フェスタ前の完成目指して、あと一歩。
生きたミズキの立木を活かした遊び心満載のオリジナルジャングルジム!

P1290821.JPG

お手伝いプロの辻君が修行中の灯流少年とともに来てくれたおかげで、
立ち木を生かした難しい屋根もつけられたので、
自慢の屋根付きジャングルジムになり、
急な雨の時はいのち森の雨宿りスポットです。
(でも、降らないで晴れてくれえええ!)

P1290860.JPG

隊長・ペーターのロープワークで、
天然丸太をふんだんに生かした工夫を凝らし・・・
残るは仕上げのハンモック取り付け。
どうやら前日ギリギリの完成になりそう…。
今回のフェスタがお披露目です。


2年続けて、前日に雨ふりだったため、
水が流れて課題だったいのち森の入り口周辺には、
2か所に流れを渡る丸太橋を設置。
これなら、少々の流れも大丈夫。
(とは言え、当日は晴れてくれえええ。)

P1290780.JPG

当日、来られないスタッフも縁の下で様々な作業をしてもらいました。
リカゴンさんは、出店者さんや岩大チームのクイズ問題を
ラミネート加工してもらいました。
今年は、特にクイズ問題や景品にも力を入れたので、
こちらもお楽しみに。

P1290879.JPG

今年も、こうした多くの人の地道な作業の積み重ねに支えられて、
全てが手作りのフェスタが開催されます。
本当になんと手間暇のかかるイベントだろうと思います。
でも、だからこそ、華やかな当日のイベント以上に、
こうしたひとの手作業の一つ一つを、
共に汗を流した仲間の一人一人との時間や思いを、
大切に胸に刻みながら7回目のフェスタを迎えたいと思います。

  by 里山(フェスタ直前へとへと)おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く