CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年06月14日

第2回「森まなび・山あそび・モノづくり」A

一方こちらは山あそびコース。
前回は子供たちの参加が多く、
山あそびスタッフのかぁちゃんとふみえちゃんは大忙しだったのですが
今回は学生さんをはじめとした大人の参加が多く
ほとんどが観察会へ行ってしまったので、のんびりムードのペーターパーク。

P1290301.JPG

スラックラインもこのようにお父さんやお母さんに支えられての体験に。

P1290298.JPG

小さいお子さんばかりだったので
三角ブランコや大ブランコはちとハードルが高かったようです。
ツリーハウスにも登っていたけど、パチンコをひく力がやっぱりおぼつかず、
パチンコ担当で予習ばっちり、命中率を上げて待ち構えていたテスト中の里山次男は
腕前を披露することなく、一人的当てに没頭。
「ばち〜ん!ぱぁっん!」とクルミで作った球の音が静かな山に響き渡っていました。

同じく山あそび担当の男子学生二人は
大人も夢中になる三角ブランコに歓声を上げ
パチンコにも挑戦して
後はひたすらスラックラインに没頭!
時折やってくる子供たちを優しいまなざしで見守り
いなくなると表情を引き締め、何とかものにしようと奮闘!
かぁちゃんは、フェスタでのスタッフ養成時間と心得て
当日デモンストレーションができるまでになってほしいと
あれやこれやと指示を出し・・・。
高校時代スポーツマンだった二人は体幹のバランスも素晴らしく
みるみる上達していきました。

そんな二人の周りを、ただ駆け回ることが楽しくなって
延々とお父さんと楽しそうに走り回る3歳女子、
ウグイスカグラの実が気に入ってひたすら食べまくっていた5歳女子。
そして後半のワークショップの材を探しに山に入っていったふみえちゃん親子。

それぞれに過ごしながら観察会グループとの合流を待ちました。

合流してからはみんなスラックラインに夢中。
特訓の成果を披露する男子学生k&kコンビには
女子大生達からも感嘆の声が!
思いがけず疲労感いっぱいで夕方からの農作業に響いたことは
内緒にしときますね!

親子グループ、遠方グループはここで解散。
学生グループは農作業へ。
残った里山女子スタッフで、モノ作り「フェスタ出店者さんたちの看板づくり」へ。

P1290307.JPG

木の実や小枝を使ってお店をイメージして・・。
枝のカーブや、つるの巻き具合をいろんな方向から眺めて
文字にしていきます。
ひらめきやセンスがモノをいう時間でした!
フェスタ当日は各出店者さんのテントに掲げますし、
ワークショップも開催しますので、ぜひ9月のフェスタにお越しいただき
実物を見て、作品作りにも挑戦してくださいね!

P1290308.JPG

参加者さん、スタッフのみんな!いい時間を一緒に過ごせて楽しかったです!
ありがとう!
次回の開校日は8月20日です!

by 里山かぁちゃん


この記事へのコメント
昨年から、せっせと種子を採取保存してくれていた花子さんのおかげで、このタネアート、小枝アートは、一気に進化しております!
Posted by 里山おやじ at 2017年07月03日 17:54
看板いいですねきらきら
参加できないのがすごく残念あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)さみしいあせあせ(飛び散る汗)
Posted by rikagonn at 2017年06月26日 12:32
コメントを書く