CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年04月04日

森プロ日記・春1

里山のフクジュソウがきれいに咲いて、
ネコヤナギやハシバミ、ツバキ、オオイヌノフグリに
ミツバチたちがぶんぶんと元気に群がって、いよいよ春本番。

P1280533.JPG

ミツバチたちのお仕事に合わせるように、森プロチームも始動。

まずは、4月16日の春の開校日に向けて、
いのち森・ペーターパークの手作り遊具修理作業から。

ということで、
今日は午前中からペーター隊長と、花子さん、ミポリンのトリオで、
ご近所からモウソウダケをいただいてきて、いのち森に運搬。
そして、冬を越えて古くなった竹滑り台をリニューアルしました。

P1280591.JPG

試運転してみると、いい滑り!
やはり新しい青竹は違います。
山遊びに来る子供たちも喜ぶことでしょう。

さて、モノはついでというか、
突然思いついたというか、
午後、スタッフトリオが余ったモウソウダケで
夢中になって作り始めたのが、これ。
流しそうめん・・・

P1280576.JPG

では、なくて・・・「鹿威し」。

P1280598.JPG

もうすぐ始まる優命園の水稲育苗の
苗代から流れ落ちる水を利用して
あっという間に見事な鹿威し完成。

二ホンシカの深刻な増加に悩む岩手県内里山地域で、
果たして効果は期待できるのか、と問われれば、
図々しいシカどもに多分ほとんど効果はなさそうですが・・・
とりあえず、
「カコン、カコン」というきれいな乾いた音は、
とても風流で、いい感じなのであります。

   by 里山おやじ

この記事へのコメント
コメントを書く