CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年03月26日

第7回・里山フェスタ出展者会議

昨日は、今秋9月10日(日)に第7回目を迎える
里山フェスタの出展者会議でありました。

生活学校スタッフと、当日ボランティアスタッフと、出展者さんの
3グループで作り上げていくイベントの顔合わせでもあります。

子供さん含めて29人のメンバーが集まってくれました。
嬉しいのは、早くも若い世代の当日ボランティアスタッフが、
高いモチベーションをもってこの場にいることです。
(若い世代がほとんどいなくて疲弊ばかりが目立つ地域集落の集まりと
なんと対照的なことか!)

P1280452.JPG

今年のテーマは、
「地域資源の利活用が日常へ続くイベント、未来へ続くイベント」です。
(何やら、中学校や高校の文化祭の標語みたいですが・・・。
まあ、ここも考えてみれば一応「学校」なので。)

特に、出展者さんの日常の生産活動の応援になる仕組みや、
このイベント自体が来年の開催に繋がっていく仕組みづくりに
知恵を絞って力を注いでいこうと思っております。

P1280457.JPG

嬉しい差し入れがいっぱいありました。

やまんば工房・食の匠の若生さんから五目おこわと漬物とクロモジ茶。
クロモジ茶は、昨年のワークショップで森林インストラクターの
川村さんを招いてアロマオイルを抽出した時のものです。
香り高く、独特な香ばしさがあり、食後などに毎日でも飲みたい味でした。
(フェスタでも飲みたいな。)

その川村さんは今、楓の樹液を採取しておりまして、
その中で、ウリハダカエデの樹液を届けていただきました。
ほんのりした上品な甘みが実においしかった。
コーヒーなどもこれで淹れたら最高でしょう。
(これから煮詰め作業もやって、メイプルシロップ作ってみます。
なんともたのしみだー!!!)

さらに、ナナツノツキノさんからは、甘酒。
この日、東京青山の(盛岡青山じゃないよ)
ファーマーズマーケット出店で忙しい中、
前日深夜に(車で東京に向かう途中に)届けていただきました。
(正確には、深夜未明爆睡中に届けてもらっていたことに、朝、気づきました。)
米作り、麹生産販売に燃える若手農家夫婦の甘酒は、
この日もあっという間に飲みつくされておりました。
これもフェスタでぜひとも飲みたい。
寒かったので、薪ストーブにかけてホットで飲みましたが、
実は冷たいのもめちゃおいしいのです。
フェスタでは森ブースで、汗かいたところでがいいかもしれない。

P1280464.JPG

そして、わとな自然農園からはコラボクリームパン。
優命園の卵と山地酪農牛乳で作ったクリームがはいった
県産小麦ユキチカラの天然酵母パン。
甘さ控えめのクリームも、しっかりしたパン生地も美味。
生産段階での物語もうれしい。

フェスタでは、このようなコラボが出展者さん同士の中で
たくさん生まれてほしいと願っています。
そしてそれが、日常の生産や販売に繋がっていくような、
そんなフェスタの在り方が理想的です。

それにしても、
差し入れだけで物語や学びがなんと豊かに詰まっていることか。
実は準備段階のこんなささいな一コマに
このイベントの底力を垣間見た気がします。
きっと、それを感じ取ってくれた参加者も多いはず。
この日、口に入ったものはすべて
生産者や調理者が生産・調理過程で夢中になって、
これが作りたいという熱いモチベーションから生まれたものですから。
(食べ物への感謝や敬意は
作り手のモチベーションがあって初めて生まれるもの。
効率最優先のオートメーション化された食料生産過程では、
そうしたモチベーションは生まれる隙間さえありません。
「子供たちに食育を」
という前に感謝や敬意を持てる食べ物が少なすぎると思うのです。)

そんなわけで、
今年もフェスタに向けて長い道のりがスタートです。
歩き始めると、様々なハードルが出てきますが、
このモチベーションあふれるメンバーの力を集めて、
そんなハードルを一つずつ
バリバリと音を立てて踏みつぶしていこう!
と、元気の出る一日になりました。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
とってもいい出展者会議になりました。フェスタに向けて最高のスタートです。今年は4回の開校日も早々に日程を出したので、都合つけばよろしくお願いします。
Posted by 里山おやじ at 2017年03月29日 18:42
欠席すみませんでした。フェスタとともにみなさんとのつながり、関わり方が どんどん進化していきますね。それなりに頑張りますパンチ
Posted by rikagonn at 2017年03月28日 10:33
コメントを書く