CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年02月22日

第5回・里山若者サミット・ディナー編

さて、午後。
外は白い雪の中、それでもいろいろな作業やってもらいました。

里山生活には、農繁期には手が回らない仕事が
この時期結構あるものなのです。

P1280363.JPG


昨年、ログビルダーの戸田さん (http://nofuzo-log.com)
にいただいた桜のテーブル板の皮むきや、
近くの神社で伐倒した銀杏の玉切りと運搬。
(プロのきこりの木こりんに大活躍してもらいました。)

P1280365.JPG

さらには、その銀杏玉切り材の皮むきなども。
伐倒時期が冬場だと皮がむきづらく時間かかりますが、
人海戦術でどんどんはかどりました。
いずれ、何年か乾燥させて、お皿など作っていく予定なんであります。
皮さえ向いておけば、害虫が入らないので一安心。
寒い中、ティータイムまでお疲れさまでした。

P1280370.JPG

そして、ティータイムの後は、あずまやで夕飯の飯炊き。
今日は、新アイテム・ヌカ釜でのご飯炊きであります。

試運転を3回やってきたので、
だいぶこの道具の使い勝手が分かってきたところ。

ちょっと自信をもって着火したんであります。
そこまではよかったんですが、
羽釜を火にかけてからどうも様子がおかしい。
炎が見えないし、やたらと煙ばかりが出ます。
過去3回こんなことはなかった…と、首をかしげていたんですが、
ブクブクと音だけはしてきました。
が、前回十数分であっという間に炊けたときの火力はまるでなし。

うわー、こりゃあ、失敗だ。
今から台所の薪ストーブで炊きなおそう、
ということになりまして、全員あずまや撤収。

やばいなあ、絶対に失敗したくなかったんだよ、今回だけは。

P1280359.JPG

なぜかというと・・・
今回炊いたお米は、一昨年からフェスタに出店してくれている
これまた素敵な若手夫婦農家
ナナツノツキノ・ジェイ君が、午前中にわざわざ届けてくれた
無農薬栽培の希少品種・「いのちの壱」なのです!

しかも、鶏解体中にやってきたジェイ君とは、
その場で、鶏肉とお米の物々交換成立という、
即興物語付きのお米だったのです!!

ところが。ところが。ところが。
台所でいざ羽釜のふたを開けてみると・・・
なんと、立派に炊けていたんであります。

良かったあああああ!!!

これだけ燻ったのでおそらくヌカ釜燃焼としては失敗なのですが、
とにかく、ご飯としては焦げもせず、上手に炊きあがりました。
原因はおいおい探るとして、今日はこれで十分です。

P1280375.JPG

そして、実際、この「いのちの壱」、粘り豊かな実においしいご飯でした。
(この日さばいた鶏料理をおかずに。)
先日、ごちそうになったときは味付きご飯だったし、
おしゃべりに夢中だったんで、
白米としてのこのおいしさ、把握できずにいました。
ご飯の好みは人それぞれですが、わたくしの一推し。
もちもち系の食べ物好きな人は絶対好きになるご飯の味でした。

それもうなづけるのは、この「いのちの壱」は、
過去に3回(2007,2008,2010)も
「おいしいお米コンテスト」で最優秀賞をとっているんですね。

さらにもう一つの特徴は、とにかく粒がでかい。
ジャポニカ米としては最大で、コシヒカリの1・5倍!
味も形も、何かと目立つ米なんですね。
ぜひぜひ一度は食べてみてちょうだい。

そして、実はジェイ君、もう1種類の「亀の尾」も
持ってきてくれてたのでした。
こちらは、土鍋で、薪ストーブで母ちゃんが炊き上げました。
酒米として有名ですが、白米の味も評価高いです。
この米は、でんぷんを構成しているアミロースが高く、
アミロペクチン(米アレルギーの原因)が低いため、
米アレルギーの方も食べられる可能性が期待されているそうです。

わたくし、「いのちの壱」食べ過ぎで、この日亀の尾食べられず・・・
炊き立ての感想書けません、ごめんなさい。
でも、翌朝、残りの亀の尾食べたら、冷めても十分うまかった。

普段、何気なく食べているお米だけど、
作り手さんのいろいろなこだわりを感じながら食べるのはまた格別です。

この日の里山ディナー、
11人で実に1升3合のご飯を食べ尽したのでありました!

ちなみに、北上在住のナナツノツキノさん、
大きなマルシェなど企画運営しているから、知名度抜群でありながら
北上はもとより、盛岡まで毎週お米や麹の配達に行っていることは、
意外と知られていないんですね。
これらのお米、食べてみたい人、直接連絡してみてはいかがでしょ。

3合の小分けパッケージもあるから、とっても買いやすいよ。
おしゃれなデザインパッケージに入っているから、
お土産、贈り物、お歳暮、お中元にもとってもよさそう。

090−9308−3677(ナナツノツキノ)

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
そうか、じぇい君はひらがな表記が正解ですね。今年は、イベントで、じぇい君のコメとうちの卵で、卵かけごはんとかコラボ企画やりたいね。いのちの壱や亀の尾、あさひとか、炊き立てご飯の食べ比べとかもいいかも。また、話し合いましょ。
Posted by 里山おやじ at 2017年02月22日 18:03
ありがとうございます。
お米、氣にいっていただけて嬉しいです。
物々交換の鶏肉も身がしっかりしていて臭みも少なくて美味しいです。
今度は鶏肉の会にも参加したいです。
Posted by じぇい at 2017年02月22日 07:57
コメントを書く