CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年02月21日

第5回・里山若者サミット・ランチ編

またまた開催しました若者サミット。
ほぼ、月1になってきました。

P1280358.JPG

今回は、遠野のネクストコモンズという
地方創生プロジェクトを始めた団体からも、
カフェシェフの藤田さんはじめ、3人の若者が参加。

午前中、初参加の3人も恒例の鶏解体をみっちり体験、研修した後、
いつにもましてにぎやかになった昼食テーブルを
ぎゅうぎゅう詰めになって一緒に囲みました。

P1280362.JPG

この日の里山かあちゃんランチは、
鶏の出汁カボチャスープや
暮れに作ったロースハムに加えて・・・

紫波町の「わとな」さんの絶品ハードパン「農夫のパン」や
農薬、化学肥料を一切使わないで育てた野菜と
その野菜で手作りした自家製ドレッシング3種。

わとなさんは、新規就農の年にスタッフとして
夫婦そろって里山フェスタを手伝ってもらい、
翌年は出展者としてフェスタに参加してもらいました。
野菜作りの由和君と、加工品担当のめぐみさんは、
いわゆるuターンの若手脱サラ新規就農夫婦です。
フェスタは出店に忙しすぎるので、
いつか、生活学校でワークショップなど開催して
じっくりお話を聞く機会など作れたらいいですね。

なので、今回はぜひとも若者サミットメンバーと
わとなさんの生産物を出会わせたいと思ってのランチ企画。

天然酵母で、ユキチカラという県産小麦の特性を見事に生かした
ハード系のパンは本当に絶品でおすすめ。
(ご飯党のわたくしは、あまりパンに反応しない人間なのですが、
先日ごちそうになったとき、これは、久々にうまい!と感動。)
参加メンバーにも好評で、
前回さばいた鶏のレバーペーストなどを添えて舌鼓。

3色のカラフルさが素敵なドレッシングは、
どれもそれぞれオリジナルな味があって、
サラダ1皿を文字通り3倍、3回楽しめました。

「根菜しょうゆ」は、一番スタンダードで
誰もが、どのサラダにも、程よく合いそうな風味。
根菜類の味もよく出ています。

朱色鮮やかな「トマト&リンゴ」は、切れ味あるさわやかな酸味で、
肉料理にも、ばっちりマッチして楽しめそう。

黄色鮮やかな「カボチャ&大豆」は、
隠し味のたまねぎのおいしさが際立って、
粒々感を残した大豆はクルミのような触感で、これもいい。

ためしに、ドレッシング投票してみよっか、と言ってみたら、
「それぞれの良さは比べられないから、投票できない」
と、いうことに。
なるほど、確かにそうだよな。
政治家の選挙じゃないもんな。
そういう若者感性もいいな、と。

ちなみに、意外にもあまり知られていませんが、
わとなさんは、盛岡、北上地域は毎週配達してるし、
その他の地域は発送もしているから、
食べてみたい、と思う方は連絡してみてはいかがでしょ。

090-8782−6909(わとな自然農園)

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
きっと農家はいつまでたっても山あり、谷ありの連続だよね。でも、どんな時も農家として「地道にコツコツ」だけは得意でありたいね。そのうちまた、食事会やりましょう。
Posted by 里山おやじ at 2017年02月21日 21:30
わとなのサラダとパン、ドレッシング、ご試食頂いてありがとうございました!
どんな感想があったのかなぁと気になっていましたが、好評頂いたようで安心しました〜
就農してから山あり谷あり峠ありでしたが、少しずつ少しずつより美味しいものを作ろうと自分達なりに地味にコツコツやってきました
こうやっていろいろなご縁を頂いて、たくさんの方に召し上がって頂いて、美味しい!と言われることが何よりも嬉しいし励みになります
そして耕さんにこうして取り上げて頂いて嬉しいです
これからもよろしくお願いいたします!
Posted by わとな自然農園(伊藤めぐみ) at 2017年02月21日 18:57
コメントを書く