CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年01月23日

森のゼミナール

1月14日、盛岡市アイーナで開催された「森のゼミナール」で、
生活学校の活動報告をしてきました。

P1280215.JPG

パソコン入院中だったこともあって
久々に紙資料での発表になりましたが、
たまにはこんなスタイルも悪くないな、と思いました。
どうも、パワポプレゼンは実態より立派に見えすぎる傾向がありそうで…。

仲間とともにこつこつと積み上げて育ててきた小さな活動ですが、
こういう場での報告を依頼されるようになったということは、
7年目になる生活学校も、
ようやく年数通り「中学生」くらいにはなってきたのかもしれません。
その7年間の実践を約1時間で報告してきました。

さてさて、ゼミナール終了後の余興で、
司会の川村さんが持ってきてくれた樹木トランプの神経衰弱を
参加者で輪になっやったのですが、
これが面白かった!

P1280218.JPG

本物の30種の樹木で作られた集めのカードがワンペアずつ60枚。
裏にして木肌だけを見てペアを見つけるという遊びで、
参加者全員が本気で集中してのガチンコ勝負。
大いに盛り上がりました。

これがこの日一番の収穫!
今度、川村さんにお借りしよう。

   by 里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 22:37| Comment(2) | 研修
この記事へのコメント
カルタは、見た目と肌触りと、重さで判断でしたね。フロア材で作るの面白いと思いますよ。
Posted by 里山生活学校 at 2017年02月21日 07:20
いまごろ読んでました。おもしろそうな樹木のカルタですね。
見た目と触り心地でわかるものですか?
無垢のフロア材の見本でつくちゃおうかなあ・・とふと思いました。12mmじゃ、ぶ厚ですかね(笑)

Posted by rikagonn at 2017年02月15日 13:05
コメントを書く