CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年09月18日

2016フェスタ報告・その7

地域資源、地域素材を利活用した
様々なワークショップが体験できるのも、フェスタのお楽しみ。

6年目にして初出店できた生活学校ブースでは、
クルミ樹皮のストラップ作り。
昨年来、安孫自然塾の蔦雄さんに習ってきたものです。

P1260734.JPG

その安孫自然塾さんでは、
蔦雄さんがオノオレカンバやエンジュの木肌を生かした
品のいい鉛筆立てづくりのワークショップ。

P1260733.JPG

戸田さっちゃんの素敵な作品が並ぶ里小屋内では、

P1260729.JPG

トコトコのアコさんが、
アロマクラフト バームづくりのワークショップ。

P1260691.JPG

そして、コシカさんのヌルデや柿渋の染色ワークショップと並んで、
モリーさんは、今回も葉っぱスタンプワークショップ。
朝、里山のフキやシナノキやユリノキの葉っぱを集めての即席利活用。
それに参加した智君の感想が届いています。

〜〜〜〜〜〜〜〜

森の妖精こと(やまみさん曰く)飯塚智崇です。
スタッフとして、いのち森の滑り台を担当させていただきましたが
「子供たちと一緒に遊びました。」
くらいのレベルでしか書ける気がしなかったので
休憩時間に参加した『葉っぱワークショップ』について書こうと思います。
農学部に所属していて葉っぱについて勉強することはあっても
それを用いたアートは全く経験することはありません。
どうも感性が鈍っているように感じていた私の目には
ブログに載せられた葉っぱスタンプワークショップの見本が輝いて見えました。
こんなの作りたい!
休憩時間が始まってすぐに向かいました。
テンションの高い出展者さん(笑)の指導のもと
フキの葉などを駆使して一枚の紙を彩りました。
「ここには赤がほしいな…いや、黄色?」ちらっと出展者さんを見る。
「こんな葉っぱあるよ!スタンプもこんなのあるよ!」
楽しくコミュニケーションをとることができました。
そんなこんなで完成がこんな感じです。

とも.jpg

だいぶ見本をまねさせていただきました笑
ご指導ありがとうございました。

素敵な環境で素敵な人が集まり素敵な物、サービスがある。
この環境からこれが生まれたんだ。
この人の魅力からこれが生まれたんだ。
それを目で、肌で感じることができました。

来年もスタッフとして参加したいと思います。
その時にはもっとスタッフの皆さんや
出展者の皆さん、お客さんと交流したいです。
またよろしくお願いします!ありがとうございました!
この記事へのコメント
コメントを書く