CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年06月12日

6月観察会

11日に恒例の6月里山観察会を開催しました。
今回のテーマは、蜜源樹。

この里山に自生している樹木は、
現在確認できているもので84種。
(先日、岩大の菊地さんのガイドのおかげで一気に8種も増えました。)
植樹してきたものを含めると104種。
この先、まだもう少し増えそうですが、
約100種のうち、この日は1時間半かけてリストを見ながら30種を観て歩きました。

P1250512.JPG

事前に参加者に、ミツバチが蜜や花粉を集めている樹は、
「30種のうちいくつあるだろう」
という予測を立ててもらってから出発しまして、
途中、小屋の壁の板の節穴から出入りしている日本ミツバチも観察。

この日、観て歩いた樹種のうち、
ユリ、ニセアカシア、エゴ、ハクウンボク、サイカチ、トチ、ノイバラ、
シナ、クリ、クマノミズキなど蜜を集める樹種と
カラコギカエデ、ハシバミなど花粉を集める樹種を合わせると、
実に20種もの樹木をミツバチたちが利用していました。
30分の20!
もちろんこの数は意識的に蜜源樹を中心に植樹してきた結果ですから、
里山自然界そのものの割合ではありませんが、
それでも、
蜜源樹を知ることは
里山の豊かさを知ることの一つだと思います。
30度近い真夏のような気温の中、
やさし森コース一回りはちょうど程よい距離でした。

P1250537.JPG

あずまやに戻ってきて、
樹木リストを確認しながら
冷たい梅ジュースとアイスコーヒーでのどを潤していると、
愛農かまどから特製山菜ピザが焼きあがって、おやつタイム。
(このピザはすっかり定番化しました。
ワラビは、木曜日に花子さんがやさし森でとってきてくれたもの。
小麦、鶏ミンチ、味噌、ワラビ・・・つまりチーズ以外は里山産。
里山のシンボリックなメニューです。)

P1250545.JPG

あずまやは完成してからまだ2年目ですが、
木陰から冷たい自然の空気が流れ込んでくる設計は大成功で、
こういう暑い日は本当に快適です。
(この夏には、一部壁板も張りたいところ。)

P1250590.JPG

さて、おやつタイムの後は、久々のスラックライン。
今回は斜面の多いのいのち森ではなく
やさし森手前の平らな場所を選んで、
30年生の栃の木にラインを張りました。
この春、スタッフは、
インストラクターの川村さんや青沼さんに2回ご指導いただきましたので、
昨年までとは一味も二味も違う時間を提供できるようになり、
みんな時のたつのも忘れて夕方まで夢中になりました。

なにごとも「進歩への筋道」があるということは、
人を夢中にさせますね。

それにしても、
千田家の子供たちのスラックラインセンスは素晴らしくてびっくり。
(この子たちが「体育は苦手」と聞いて、2度びっくり。
「速い」「高い」「強い」などしか評価できない学校の体育の貧しさ
を垣間見た気がしてしまいました。)

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
rikagonさん、
次回、ぜひ、かならず。
樹木リストが充実してきて観察会とてもやりやすくなってきました。参加者にとって、最初にリストを見て全体の樹種数を確認できるのがいいのだと思います。草花は数がケタ違いなので、とりあえず最初は樹木から。
Posted by 里山おやじ at 2016年06月16日 07:24
千田家のお子様たちはバランス感覚が自然と身についている、ということなのでしょうか!!すごいです。
それにしてもこんなに樹木の種類があるとは改めてびっくりです。
草花まぜたら、里山植物図鑑は何冊になるんだろうか・・・

みればみるほど、行かずに残念あせあせ(飛び散る汗)
シンボリックな食べ物って表現もいいなあ・・・


Posted by rikagonn at 2016年06月15日 18:59
コメントを書く