CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年05月25日

6月里山観察会のお知らせ

2016・第1回里山観察会、開催します。

・6月11日(土)13時〜

・テーマ「里山の蜜源樹」

・里山生活学校(奥州市江刺区広瀬字松館89)

・里山カフェ・・・愛農かまどの里山山菜ピザ

・参加費1500円(会員は1000円)・・・ご家族2人目からは、500円引き

・要予約(0197−36−3292まで)定員…先着20名程度

P1250276.JPG

里山生活学校の拠点である農場「うたがき優命園」では
2011年まで西洋ミツバチを飼育していました。

毎年のように植樹してきた様々な蜜源樹、
ニセアカシア、ユリ、栃、サイカチ、シナ、豆柿などと、
もともとこの里山に自生していた様々な蜜源樹、
エゴ、桜、ズミ、ミズキ、クリなどを合わせてじっくり見てみましょう。

また、春先寒い時期に花粉を出す
ヤナギやハシバミに共通する特徴を
蜂の視点から探ってみると、
花と蜂の興味深い共生関係が浮かび上がってきたりします。

里山の共生関係の一つのシンボルですね。

動くことは「できる」けれど、
光合成が「できない」昆虫と、
動くことは「できない」けれど、
光合成が「できる」樹木との絶妙な共生のハーモニー。

様々なシステムの行き詰まりに戸惑うばかりの現代社会において、
この共生システムには学ぶことが多々あると感じる日々です。

P1250275.JPG

「うたがき優命園」では、現在ミツバチを飼育していないので、
正直なところ蜜源樹の観察会は、
ちょっと寂しい気持ちもあるのですが、
この春、日本ミツバチの自然分蜂群がやってきて、
小屋の壁に巣を作り始めています。
(写真は分蜂群が飛んできたその日に壁に群がっているところ。
いまは、壁穴に入って中で巣を作っているので、これほど群がっていません。)
ちょうどいい機会なので、
この日本ミツバチの観察と合わせての
「里山蜜源樹観察会」にします。

P1200634.JPG

さて、カフェの山菜ピザ
(小麦、鶏肉ミンチ、ワラビなど材料のほとんどはこの里山農場産)
はもちろんこの愛農かまどで焼きたてを。
(ちなみにワラビは、
「やさし森」に放牧した羊との
これまた絶妙な「共生」によって育った逸品です。)

このかまどに興味ある方は、構造や作り方なども紹介できます。

※会員の方には通信で里山カフェの桑の実スイーツをお知らせしていましたが、
山菜ピザに変更します。

P1240706.JPG

それでもし、お天気よかったら、最後にこれもやっちゃおー!
せっかくなので「蜜源樹」の栃にラインを張ってね。


この記事へのコメント
コメントを書く