CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年08月28日

桑の樹皮細工

8月26日、樹皮細工のワークショップを開催しました。
今回の材料は珍しい桑の皮です。

和紙の原料であるコウゾと同じ科に属している桑。
これはきっと、樹皮細工に使えるのではないかと、
6月、葛巻で樹皮細工をされている風蔵の地歩さんがいらしたときに、
桑の樹皮で作品が作れるかどうか試作を頼んだのですが、
嬉しいことに、「いいものができました。十分使えます。」
という写真付きメール。

それ以来、丸椅子の脚材として桑の皮をむく際、
樹皮細工の材として丁寧に樹皮を剥いで、乾燥させておいたのです。

P1210677.JPG

前日に水で戻して、
当日午前中に選別と洗浄。
こうして準備を重ねて、この日のワークショップを迎えました。

P1210680.JPG

今回の講師は、風蔵・地歩さんの師匠、外久保蔦雄さん。
はるばる葛巻から地歩さんと共にお越しいただき本当に感謝、感謝です。

林業歴40年を超える蔦雄さんのもう一つの経歴は、
樹皮細工、木工芸、山菜栽培、樹液採取などなど多岐にわたる
活動歴12年の葛巻・安孫自然塾代表。
つまり、地域資源利活用をテーマとする生活学校の大先輩なのです。

P1210690.JPG

今回の参加者は、
優命園で体験学習中の埼玉・自由の森学園高校生5人に混ざって、
生活学校スタッフも加わりました。
高校生にとっては、もちろん初めての体験。
スタッフにとっては、ぜひ体得したい技。
9月12日のフェスタでもお二人には、
この樹皮細工ワークショップを開催していた抱くのですが、
フェスタでは、裏方として忙しく、
ワークショップに参加できないスタッフにとってはうれしい体験。

P1210688.JPG

この日使用する小道具もすべて持ってきていただいたのですが、
はさみ以外、木型、重り、編み棒などは
蔦雄さんのステキな手作りや廃品利活用。
それでいて、スタイリッシュ!

P1210702.JPG

蔦雄さん、ご指導の下、今回作るのは壁掛け小物入れカゴ。
長短8本の桑樹皮で、木型に巻くように編み込んでいきます。
均一ではない様々な樹皮で出来上がる作品は、どれもオンリーワン。

P1210711.JPG

最後に、桑の枝にカゴを編みつけて作品記念撮影。
高校生も、元高校生も、女子はみな野の花を挿して、
2時間の労作に文字通り花を添えました。

蔦雄さん、地歩さん、素敵なワークショップ体験、
本当にありがとうございました。

   by  里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く