CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年07月27日

コブビルディング

3年前にロケットストーブの蓄熱ベンチを作った時に、
情報収集をしていると、
「コブビルディング」や「コブハウス」なる言葉を初めて聞いた。

要するに土の建物、土の家、という意味なのだが、
世界には、実に多くのコブビルディングがある。
日本の蔵などの伝統的な土壁も、もちろんその一つ。

最も身近にある地域資源の土を使ったコブビルディング。
慣れてくると、かなり自由なデザインも可能で、
アートな表現で人を引き付ける作品は、たくさんある。

そこで、生活学校のあずまや内にも
ちょっとしたコブを作ってみようと
これは、あずまやの設計段階から計画していた。

P1210050.JPG

まずは、麻袋に土を詰めて、1段ずつ積む。
1段ずつ間にはバラ線を挟んで、ずれを防止する。

P1210054.JPG

また、1段ずつ掛合で麻袋を叩きながら、入念にレベル調整。
これで本体は出来上がり。
地震対策としては、鉄筋を突き刺しておく。
さらにこの本体に粘土を塗り付けていくために、
メタルラスもかぶせておく。

P1210385.JPG

塗りつける材料は、身近な粘土と、割れ防止用の砂と、消石灰を、
3:2:1の割合で混ぜて、
表面ひび防止用の麦藁と水を加えて練り上げたもの。

P1210395.JPG

これを鏝を使いながら、左官工事で、ていねいに塗り込んでいく。
石灰が入っているので手袋をしていても
手の平は結構、ボロボロに荒れてしまう。
が、いわゆる粘土遊びの延長で、実に面白い。
ついつい童心に帰って、はまってしまう楽しさがある。

P1210394.JPG

今回はわずか1メートルほどの土壁コブベンチだったが、
要領はつかんだ。
身近な材料で、実用的でアートなコブベンチ。
なかなかいい出来栄えだ。

またひとつ、
身近な地域資源の利活用。


この記事へのコメント
これ、慣れてくればほんと、手軽にできるもんです。それなのに、広まりそうで広まらない技術ですねえ。
Posted by 里山おやじ at 2015年08月04日 19:02

ご無沙汰している間にまたまたたのしそうなことを・・・^^
立派なベンチです!!
Posted by rikagonn at 2015年08月04日 17:40
コメントを書く