CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月10日

6/6 開校日・その4

さて開校日の2限目は、
場所を里小屋からあずまやに移動しまして
「愛農かまど」お披露目会
を兼ねた里山カフェタイム。

P1200633.JPG

5月の山菜体験会でもさっとしたお披露目はしましたが、
その後一か月、さらにかあちゃんは、
師匠の野呂さんと連絡を続けてご指導を仰ぎながら、
このかまどの試行錯誤を繰り返し、
羽釜のごはん焚きから、
オーブンを使っての様々なパン、ピザ、ローストチキンまで、
次々と、まるで親の仇のような猛烈な速さで
「愛農かまど」を駆使して
これを「my技術」にしていったのであります。
まあ、もちろん20年以上にわたる薪ストーブ調理
の下地があってこそだけど。
(なにしろ東先生がサシバの研究をする以前からだからね。)

P1200681.JPG

だからもう、かまど調理の説明は
1か月前と比べたらかなり自信満々。
特に今回は、ピザを焼くのでオーブンの説明に重点を置いて。

・かまど調理でできた燠を活用しながらのオーブン利用
・オーブンに必要な180〜200度という温度の作り方、
 と測り方(なんと素手で!)
・愛農かまど特有の熱効率の良さ(使用する薪の消費量の少なさ)
・蓄熱利用型の石窯との違い
・熱や煙の流れによる各部分の温度の差とその有効利用

などなど、一気にまくしたてながらも
実際にオーブンで焼いて出てきましたのが、これ。

P1200688.JPG

特製・里山山菜ピザ
(小麦、鶏ミンチ+豚の背脂、新玉ねぎ、全卵マヨネーズ、ワラビ、と
それを焼く燃料の薪とかまどまですべて里山産でそろえることができました。)
トッピングのワラビは花子さんの塩漬け里山ワラビ。
このワラビの塩漬け保存法は、あく抜きの手間がなく参加者の方々が
興味津々でした。

P1200686.JPG

まだ脚が未完成の銀杏の5メートル一枚テーブルにて、舌鼓タイム。
チェンソー製材で苦労してたてたあずまやも、
イベントのたびにフル活用であります。
こうしていい仲間が集って、
素敵な時間を生み出せる空間になりました。

   by(まだ愛農かまどで調理したことのない)里山おやじ
この記事へのコメント
リカゴンサン

久しぶりにかぁちゃんの手技をお見せできて嬉かったです!
生きて行くのに必要な
水、火を操れると生き強さを実感できます。
普段できなくても、このカマド利用で実感できる時間をみんなで持てたらいいですね。
Posted by 里山かぁちゃん at 2015年06月11日 17:46
里山かあちゃんはほんとにすごい!!
素手で温度を測るってやはり、
常に炎とともに生活していているからわかること^^

どんどん達人になっていく母ちゃん
素敵です〜

伝授してほしいけど
ロウソクの(←仏壇)炎をみる、触れるしかない自分
の生活です^^;

Posted by rikagonn at 2015年06月10日 12:41
コメントを書く