CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月04日

ツリーハウス建設・7

午後、トタンの屋根張りです。

トタンは屋根にあげる最中に
強風にあおられると折れてしまうこともあり
特に慎重に中継して手渡ししていきます。

P1140938.JPG

「唐草」と呼ばれる材を屋根周辺に打ち付けてから、
いよいよトタン張り。
今度は、命綱もきちんと勾配に対して直角に張りました。
トタンは屋根の低い方から順に張っていきます。
戸田さんも普段はやらないであろう板金仕事。
ペーターは初の板金仕事。

P1140950.JPG

そして予想通り、幹が貫通するこの場で苦労しました。
「丈夫で長持ちするツリーハウス」が目標なので、
雨仕舞は、しっかりしたい。
しかし、屋根を貫く幹を生かしながら
雨が木材に当たらぬように・・・これは難しい。

P1140968.JPG

屋根の上と下から二人がかりで
四苦八苦しながら、ようやく「淀」や「唐草」を取り付けて
何とか雨仕舞できました。



P1140975.JPG

トタンの両サイドは、専用工具を使って
「唐草」を包むように折り曲げていくわけですが、これが固い。
かなりの握力が必要なのです。

それでも、腰痛を抱えながら「半日鈑金屋」を
大車輪でこなしてくれたペーターのおかげで、
いよいよ折り曲げ作業も片付き、
屋根も張り終わるか、
と思われたのですが・・・最後に落とし穴。


P1140981.JPG

最後の1枚で、屋根の端が、
ちょうど運悪くトタンの継ぎ目の折り返しに当たってしまったのです。
どこで計算が狂ったのか、これには参りました。

ほとんど日暮れまで悪戦苦闘したのですが、
どうにもトタンを折り曲げられない。

後日、建材屋さんに道具を借りることにして、この日は断念。

まあ,それでも
最後のトタンが収められなかったことを除けば、
何とか屋根までは出来上がった。
これでもう、雨が降っても大丈夫。

あとは、階段と手すりを残すのみ。


続く。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く