CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年10月04日

ロケットストーブ試運転

14日のメインは、羊たちの林間放牧の調査観察会ですが・・・
もう一つのメニューがロケットストーブデモンストレーション。

いくつものワークショップを重ねて、この夏には蓄熱ベンチも完成。

果たしてストーブの熱がうまく伝わるかどうか、
14日の本番に向けて、今日初めての試運転をしてみました。

結果は大成功です!

もちろん蓄熱ベンチへの熱の移行もうまくいきましたが、
今日1番感激したのは、課題だった煙の逆流を
一気に解決できたことです。

考案者・戸田さんに教わったある裏ワザが決め手になりました。
(14日までは内緒。黒ハートこれから製作してみたい人は必見です。)

そしてこのストーブ、なんと薪の消費が少ないことか!
いつも驚かされます。

P1110406.JPG


思いおこせば、昨年及川一さんを講師に招いて、
ロケットストーブワークショップを開いてからちょうど丸1年。

福島原発事故以来、
持続可能なエネルギーへの関心が大きく高まる中、
里山生活学校として、提案できる一つの答えが出せた気がします。


この40年、この国の産業界は、多くの省エネ技術革新で
化石エネルギー消費を減らしてきました。
(もちろんそれでも、最大消費分野ですが。)

一方、家庭の化石エネルギー消費は増え続けています。
そして、その大半を、
家庭内の水・空気・食べ物を暖めることに使っています。

薪ストーブの有効活用は、その消費を大幅に減らせますが、
中でもロケットストーブの面白さは、その暖め方です。

空気や水を暖めると同時に、蓄熱体を暖めて、
それに人が肌をくっけて温まるという発想。
これは、オンドルなども同じですが、素晴らしい熱効率を生みます。



と、まぁ、14日は、こんな話を、
ロケットストーブを囲みながら、
あったかい飲み物とスイーツで楽しみましょう。

ロケットストーブや自然エネルギーに興味ある方、
ぜひ、来てみてください。

参加予約お待ちしてます。

この記事へのコメント
コメントを書く