CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月01日

「第9回里山フェスタ」情報・7

「森あそびは例年通りよね」
「うん、変わらず。でも昨年出来なかったことができるようになって
 嬉しそうに帰っていく子供たち、毎年見かけるね」
「できなかったことができると嬉しいのは大人も同じよね」
「特にこのスラックライン!」

スラック.jpg

「うんうん。ただ木と木の間に張られてる幅広のロープの上に・・なぜか立てない!」
「産まれたての小鹿のようにフルフルしちゃう」
「最初は横に差し出される手を頼るんだけど、
 だんだん一人で立ちたい願望が強くなる」
「そうそう。難なくスッて立ててるの見ちゃうとね。」
「しかも上級者になるとこんな風に座れるんだよ」

fes2017-194.JPG

「こ、ここまでは無理だけど昨年は片足5秒はクリアしたから
 今年は逆足5秒に挑戦する!」
「頑張って」
「ツリーハウスからのパチンコ的当ても、当たるまでやりたくなっちゃうよね」
「うんうん。簡単に見えて難しい」
「これまた大人もはまるよね」

パチンコ.jpg

「お父さんが見本見せてやるよ!・・あれ?・・もう一回な!・・ってね」
「親子で競争してたり、仲良く親子で一緒にパチンコ握ったり」
「パチンコやったことない子もいるよね」
「教えてあげるとみんなすぐできるようになるけど!」
「球の持ち方とか、離し際とかお父さんの方が詳しかったりもするね」
「ジャングルジムのてっぺんのネットは子供限定なので、
 登った後は、お父さんもういいよ!降りるとき呼ぶから!って会話も聞こえるね」

ジャン.jpg

「3種類のブランコはそれぞれ楽しめるけど、一番人気はこの三角ブランコだね」
「予想不可能な揺れ方するし、体重のバランスによって
 ぐるぐる回り出したりもするしね」
「大揺れが好きな子供たちの時は、スタッフも張り切って揺らしてる!」

三角.jpg

「竹の滑り台、今年は新調したよ」

fes2017-63.JPG

「竹を切り出すところから?」
「そう。ペーターの指導のもと、みぽりん、春樹、東農大の女子二人が
 張り切って一日でペーターパークの補修も含めやりきったよ」
「ペーターとみぽりんは今年もクライミング?」
「うん。子供に人気!」
「クライミングは一番達成感が得られるもんね」
「そうだね。クライミングの時は付き添いの大人は、頑張れ!もう少し!って
 声をかけてあげることしかできない」

クライ.jpg

「そうそう。そしてクライミングで上まで上がりきる人だけが鳴らせる
 クラクションの音!森から駐車場まで聞こえるんだよね。
 それを鳴らせた子供たちの喜ぶ顔が見えるようだよ」
「クライミングは大人の方もできるので是非!」

ク.jpg

「森の入場料は小学生以上550円
 家族一人追加につき100円プラス。未就学児は無料です」
「クライミングは保険料込で一人550円です」
「受付で時間予約もできますので、まずは受付で
 空いている時間の確認をお願いしますね」
「森の入場料は来年のフェスタ開催費となります。
 みなさまご理解のほどよろしくお願いいます。」
「森では子供たちの元気な声とパチンコのマトに当たるバチン!ていう音が
 飛び交ってます。駐車場スタッフには申し訳ないのですが
 木陰の涼しい中でのんびりといい時間が過ぎてる感じです」

「クイズラリーは今年も実施します」
「問題は全部で9問」
「受付で用紙とペンをもらってきてね」
「好評の触って当てよう!里山の生き物!今年は何かな?」

448.jpg

「全問正解でお土産をゲットしてね」
「そういえば、今年も企画ものはあるんだよね?」
「ありますよ〜」

続く
この記事へのコメント
コメントを書く