CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月16日

第10回開校日「森まなび・山あそび」

海の日に、山で、記念すべき?通算10回目の開校日開催しました。

今回は本当に久しぶりに優命園の農場見学がメイン。
ちびっ子もたくさん来てくれました。

S__286679048.jpg

観察会は森へは入らずに、農場の樹木を中心に。
梅、プルーン、クルミ、柿など、
いま優命園で取り組み始めた切り上げ剪定という、
従来の方法とはかなり変わった剪定を紹介しながら歩きました。
(常識的な剪定をされている方にとっては、
 とても受け入れがたいと思いますが・・・これも実験です。)

S__286679051.jpg

田んぼでは、やっぱり大人気の合鴨君たち。
今日は子供たちにおとなしく抱っこまでされちゃいました。

ほぼ毎日、脱走を繰り返して手こずらせているというのに、
なんという外面の良さでしょう。
飼い主に似たんでありましょうか。

S__286679057.jpg

ところで、写真こそ撮れませんでしたが、
このタイミングでサシバが止まり木に止まっているのを
今年初めて見たのであります。
合鴨君たちと大騒ぎしてたので、すぐに飛んで行ってしまいましたが、
春からスタートしたサシバたんぼプロジェクトが、
ちょっと報われた気がして、とても感激です。

S__286679059.jpg

田んぼから帰って来てからは、いのち森に直行。

S__286679066.jpg

この年代の子供たちには、ペーターパークはパラダイスだ。

S__286679064.jpg

ツリーハウスからはいつものパチンコ的当て。

S__286679067.jpg

たっぷり遊んで、汗もかいて、あずまやへ。

見学してきた梅や柿の利活用を込めた軽食タイムです。

メニューは、
・梅ジュース
・梅サイダー
・柿の葉茶
・梅おにぎり
・柿酢のがんづき

S__39567372.jpg

そして、この日は、「えっ、こんなもん食えるの?」
と、題しまして、2種類の雑草の試食もしました。

田んぼからは強害草のコナギ。(お浸しを柿酢醤油で。)
畑からは鶏が好んで食べるアオビユ。(ナムルで。)

どちらも大変好評でした。
ほんとに普通に美味しい、まるっきり野菜レベルなのです。

ただし、コナギの場合は、洗ったり、根っこ取ったり、結構下処理大変ですが。

それにしても里山の田んぼは豊かです。
コメを育むだけでなく、
サシバを呼び、
合鴨が育ち、
子どもたちがはしゃぎ、
雑草も楽しめる。

労働生産性が低いから、
コストパフォーマンスが悪いから、
どんどん日本中の地域から激減していますが、
お金だけでは測れない、お金には測れない多様な価値があるのです。

選挙間近、その価値を深く理解して守る力のある政治家を
心の底から望んでいます。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く