CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月01日

サシバ田んぼプロジェクト・9

今年は、サシバが絡まる事故を避けるために、
防鳥糸ナシでの合鴨農法を実践中。

P1340760.JPG

防鳥糸がないと、
カラスやトンビに襲われるリスクは当然高くなり、
頻繁な見回り、あるいは、意識的に田んぼ周辺での作業時間を増やすなど
やってみるとやはり大変だ。

田に放す時間もどうしても短くなる。
そのせいか、まだ稲水ゾウムシも食べ尽せてはいない。

田んぼ周辺の作業としては、
若者サミットで設置した止まり木周辺の草刈りを徹底。

それでも結局、今シーズン、サシバを観たのは上空を旋回した3度だけ。
中々努力が報われない。

P1340695.JPG

そして、こうした作業はちょっと不本意だ。
これでは、まるで「保護のための保護」活動。
目指したいのは、ひとの「生産活動の結果としての保護」だ。
それでないと真の共存とは言えないと思う。

だから、ここで生産できるものを検討していきたい。
6,7月、合鴨が田んぼにいる期間に
それを見守りながら収穫できる産物がベストだ。

    by 里山おやじ
この記事へのコメント
ボランティアについてのお問い合わせ
がメールで送りしました、ご確認をお願い致します。
Posted by at 2019年07月02日 10:44
コメントを書く