CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月28日

ワラビ群生地整備

4月を間近に、厳しい寒の戻りに見舞われている里山ですが、

P1330831.JPG

花粉症のくしゃみを連発しながら、
フクジュソウのこの姿を見ると、
いよいよ春を感じます。

P1330840.JPG

もう一つ、密かなる春のお告げは、これ。
ニワトコの芽。
「野生のブロッコリ」と呼んで、
春先だけの山菜として食べています。

P1330857.JPG

このタイミングで採ると、
パスタなどに炒めるだけで全くあくなくて、
柔らかな食感を楽しめます。

P1330837.JPG

今日は花子さんと、
やさし森ワラビ群生地の手入れを半日かけて頑張りました。

ワラビの群生場所にはびこるノイバラやカヤの藪刈り、
と急斜面の歩道づくりです。

5月5日の山菜イベントをスタートとして、
そのあと数週間今年は山菜取り体験を呼びかけます。

参加者の方々が足を滑らせぬように、
急斜面の足場を少しずつ、きちんと作っていこうと思います。

なにしろこの急斜面に、太い良いワラビが出ますんで。

   by 里山おやじ
この記事へのコメント
コメントを書く