CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2014年08月22日

森エコトイレ作り・その9

フェスタ直前が、この記事でいいのか、
という問題はこの際置いといて。

森トイレは完成に向かってまっしぐら。

P1160543.JPG

正面の中古引き戸も何とか取り付けました。
雨続きでぐちゃぐちゃのアプローチも整備完了。
建物自体はこれでほぼ出来上がりでございます。
屋根のトタンは、あとで張りますが。

これだけでも、よくここまで間に合ったものだと
我ながら感心しているのでありますが、
今回はトイレ。
建物だけではありません。

P1160555.JPG

便座も便器も木製手作りなのです。
特に便座は苦労しました。
座り心地がどうもよくない。
何人もの人に座ってもらってはナイフで改良、を繰り返し、
やっと、いい感じになってきました。
毎日何気なく座っていた便座というものが
いかに良くできた形であったか
ということを思い知りました。

P1160559.JPG

でも、まあ、試行錯誤を繰り返して
ようやくできた便器と便座。
出来栄えは上々です。
急遽思いついた便器内側の畔波シート。
これは結構ヒットでした。

P1160563.JPG

ドライコンポストと
地下浸透方式を組み合わせたトイレですので
コンポストの方は、こうして便槽(漬物ダル)を交換します。

途中何度もフェスタには間に合いそうもないと
諦めていた森エコトイレでしたが、
連日の助っ人と
毎日日没までの嵐のような怒涛の追い込みで
こまごまとやり残したところはあるものの
これで何とか、フェスタに間に合いそう・・・。

(あ、「小」テストと「うん」だめし、まだしてないや。)

それで、この場を借りて、
当日参加される方に、当トイレ使用上のお願い。

・@木製便座を汚さないために、男性も座ってご使用ください。
 A使用後は、用意したおがくずを振りかけてください。
 B使用したトイレットぺーパーは、ゴミ箱へ捨ててください。

なんだか、「注文の多い森トイレ」ってな感じですが
岩手だけにそれもいいのでは。

エコトイレがエコトイレであるためには
作る人と使う人の力が合わさって
初めて実現するものだと思うので、
なにとぞご協力お願いいたします。

あー、疲れたー!
あとはフェスタ楽しむぞー。

   by (フェスタ前に燃え尽きた)里山おやじ




2014年08月21日

第四回里山フェスタ・21

朝一番のトコトコさんによるワークショップ情報!

はちみつ入り練り石けんworkshop

子供も大人もこねこねこねこね…
みんなでたのしくケーキ石けん作ろう♬

トコトコw.jpg

そして当日販売の石鹸たち!

炭とよもぎの3色石けん
雫石の白炭と、青森のよもぎ。
すっきりとした、さわやかな香り。

とことこ.jpg

アロエ石けん
フローラルの香り。
ほんのり優しいピンクは、自家製アロエの自然な色。

トコトコA.jpg

素材選びから丁寧に作られている様子が伝わってきます。
盛岡から小さいお子さんを連れての参加です。

ワークショップもカフェも石鹸も楽しみ♪たのしみ♪

By 里山かぁちゃん

第四回里山フェスタ・20

今年の里山カフェは盛岡の「トコトコカタツムリ」のみなさんハート
ランチメニューやドリンクメニューが届きましたのでお知らせします。

☆トコトコランチ 各850円

・車麩と人参とじゃがいもの照り焼き丼
・モロヘイヤ・おかひじき・白ウリ・茄子・オクラ・黒トマト・ビーツを使った
 夏野菜丼

☆トコトコドリンク 各400円

梅ソーダ
紫蘇ソーダ
ジンジャーミントソーダ
(OODさん直伝!)
アイスコーヒー
(nagasawa coffee!)

里山カフェ.jpg

調味料にもこだわり体に優しいランチです。
暑かったり寒かったりで今一つすっきりできない体を労わってくれそうです。

そして残念なお知らせ・・
盛岡の「小さな野菜畑」さん
奥州市の「やまんば工房」さんは参加できなくなってしまいました。
お二方とも「来年はまた参加しますよ〜」とのことです。
楽しみにしていてくださったお客様、一緒に来年を楽しみに待ちましょうね!

それにしても梅雨の様なお天気で、
準備の段階でこんなにも雨に泣くフェスタは初めて・・

作業中突然の雨に何度も中断され
時にはずぶぬれになりながら
それでも少しずつ形になっていくモノたち
心に刻まれていく出来事。

P1160438.JPG

悪天候ゆえに得られる様々なことも
確かにあって
スタッフと一緒にそれを感じられることは幸せだと思う。

P1160467.JPG

By 里山かぁちゃん

2014年08月20日

森エコトイレ作り・その8

この時期、これだけトイレ作りに集中できるのは、
農作業や草刈りを
手伝いに来てくれる人たちがいるおかげです。
毎週何日も来てくれるMちゃん。
お盆に来てくれた大学生のMちゃん。
Mちゃんと共に2カ月ぶりにまた来てくれたM君。
ホント、助かる。

P1160517.JPG

お盆が明けて、
スタッフの援軍も復活。
で、この日から壁はり。

P1160500.JPG

農作業嫌いの夏休み二男も
大工仕事は結構手伝う。

10代、20代、3・・・もとい、ちょっと飛んで40代と50代・・・
一緒になって一つの物をつくる時間っていいもんだね。
出来たモノの価値よりも、
仲間とシェアしたこの時間こそ財産だ、とつくづく思う。

P1160451.JPG

うん、今日は作業も進んだ。
ついにあべ、はんせい・・・? もとい、ついに壁、完成。
勢いづいて、床にも着手。

P1160510.JPG

フェスタにトイレ使用が間に合うかどうかは別にして、
やっと建物自体の完成は見えてきましたね。
エコな感じは充分醸し出してるでしょ。

  by 里山おやじ

2014年08月19日

森エコトイレ作り・その7

連日、森トイレに追われる日々。
へとへとで、ブログが追い付かない。

これは何日前だったか、雨の中、
甲子園のラジオを聞きながら次男と屋根はり。

P1160424.JPG

耳はラジオ、
心は甲子園、
手には鋸、の二男は、
結構、鋸の使い方が上達したんではないかい。


P1160426.JPG


何しろ、電気のない森の中、電動工具は使えない。
鋸の握れる猫の手があれば借りたい、というときに
貴重な戦力だ。

おかげで、ルーフィングまで張れて、
これでやっと道具や材料が、
雨に当たらずに済むようになった。
連日、悪天候に泣かされてたから一安心。


P1160482.JPG


ところで、電気がないということは、
このトイレは明り取りの窓がないと真っ暗だ、
ということに壁を張り出してから気づいて、
あわてて中古の窓サッシを入れることに。
(あぶねえ、あべねえ、気付いてよかった。)
裏切り政府・・・じゃなかった「ぎりぎりセーフ」ってやつだ。

  by 里山森トイレおやじ

2014年08月18日

第四回里山フェスタ・19

追加お知らせです。

<ワークショップ>
ナチュラルハウスさんによる
「石窯ってなんだろう?」

時 間:11時〜と14時〜各回10名ぐらい
場 所:里小屋脇
内 容:石窯の仕組みについて写真や実物を見ながら学びます。
参加費:500円(試食付き)

楽しく学んで、実際に石窯で焼いたピザを食べてみます!

<マーケット>
ALFIOREさんが超多忙な日々の合間をぬって今年も参加です。
今回は販売のみ。人気のこだわり加工品などを持ってきてくださいます。
なかなか直接手に入れるのが難しいので、この機会にぜひ!

By 里山かぁちゃん



2014年08月17日

第四回里山フェスタ・18

ワークショップ訂正のお知らせです。
KOШKAさんのブログより

チラシには型染め2000円となっていますが・・
たくさんの方に体験して頂くため色々変更して500円です!!
今しか出来ないっ、フレッシュ染め☆
クルミか柿渋を使って

P1250994 (1).jpg

↑のコースターの型染めをします。
薄黄緑でも白のコースターでも
お好きな方1枚500円でできちゃいます!!

簡単なラッピングもしますので
お友達へのお土産なんかにもいかがでしょうか〜♪

クルミor柿渋の
「コースター型染め」
里山WSの小屋にて随時できます。
所要時間:15分程度、、
会費:500円(コースター1枚)

と、体験しやすい設定にしてくださいました。
只今クルミか柿かどちらが採りやすいか思案中です。
当日来てからのお楽しみです。

そしてアーヌエヌエの作品たち!
草木染でここまでカラフルに染まった靴下と

靴下.jpg

ストール

ストール.jpg

かぁちゃんはブルーとグリーンが気になります!

By 里山かぁちゃん





2014年08月15日

第四回里山フェスタ・17

昨年まで、生活学校があるこの山の中へ
どうやってお客様をすんなり道案内できるか
頭を悩ませていた。

もちろん地図は何回も書き直してみた。
ヤフーの地図を使いながら案内図を出してくれた方もいた。

ナビに住所を入れても
山の中で「目的地周辺です」といわれるばかり・・

そんなこんなで今回は
ゆびこびとの優子さんがチラシの地図をより詳しくしてくれてこれは好評!

そしてなんと今回は!
P1160370.JPG

JP-STELEのけんじさんの協力により、こんなのぼりを作製しました!
当日は国道456号線からの入り口で皆さんをお待ちしています。

文字とイラストはおなじみのさっちゃん。
自身の個展で忙しい最中、快く引き受けてくれました。
「ありがとう」

そしてけんじさん
打ち合わせで色々アドバイスいただき
パソコンでの校正という
かぁちゃんには難攻不落の部分全てを担っていただきました。
「ありがとう」

今回もかぁちゃんは
あーしたい、こんな感じにしたいと口にして
周りの仲間が実現してくれるという幸せを感じたのでした。

「ありがとう」連発のフェスタ準備も大詰めです。

By 里山かぁちゃん

2014年08月14日

森エコトイレ作り・その6

トイレ作り、いよいよ追い込み。
本日一応棟上げ。

なので、盆休みもないよ。
部活が盆休みの二男は、「お手伝い」の犠牲に。

P1160372.JPG

昼休み・・・も、ないよ。
午後、里山生活を取材に来た澄川さんも
やはり、「お手伝い」の犠牲に。

P1160394.JPG

おかげで、ここまでできました。
やっと、小屋の形が・・・。

P1160399.JPG

もし、フェスタまでにトイレにならなかったら、
今年は、あずまやとしてお使いください。
便座付きの。

   by  里山おやじ

2014年08月13日

森エコトイレ作り・その5

里山フェスタという名の
森エコトイレタイムリミットが迫ってきた。
尻に火ならぬ、尻にトイレである。
これは、語呂的になんだか相性はよさそうだ。

などとのんきなことを言っている場合ではない。
週1回の森プロ作業ではとても間に合わない。
ので、もう連日だ。

P1160314.JPG

かあちゃんはこの日、地下浸透溝の埋め戻し。

P1160317.JPG

わたしゃ、タンクに合わせた根太のほぞ刻み。

と、ここでまさかのゲリラ豪雨!
作業途中で無念の撤退。

最近は、このパターンが多い。
それでなかなか進まぬエコトイレ。

P1160323.JPG

翌日、配達のかあちゃんの代わりに
次男と緑ちゃんが埋め戻し続き。

果たして、間に合うか、どうか。

フェスタまで秒読み・・・厳しいなあ。


   by 尻に火おやじ