CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2019年10月15日

台風19号・その2

台風19号の被害ですが、全国でも
岩手県内でも、あとからあとから大変な状況が報告されています。

なにか今回は特に報道の遅れが目立つように感じます。

被災された地域の状況を発信して、
少しでも的確な支援に繋がるよう、
もし、何かありましたら、
このブログのコメント欄などもお使いください。

P1350574.JPG

里山は冠水した田んぼの水も引き、脱穀の準備中です。
が、田んぼに続く農道に、3本の倒木がありました。

いずれも松くい虫にやられて弱っていたアカマツで、
19号の暴風に耐えられなかったのでしょう。
本日はチェーンソーでそれを撤去しました。

岩手県内での被害映像が少しずつ報道されるようになりまして、
心配のメールやメッセージをいくつもいただきましたが、
ここの里山は、この程度の被害で済んでおり、大丈夫です。
心配ありがとうございました。

※銀河のU君、S君、コメントで心配ありがとね、うれしかったです。
 事情あって、グリーンツーリズムの記事をすべて削除せざるを得なくなりました。
 (せっかく書いてもらったコメントも消えてしまうので、ごめんなさい。)
 あっという間でしたが、楽しい時間でしたね。
 また、このブログに遊びに来てください。
 元気でね!

2019年10月13日

台風19号

超大型台風19号で被災された方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

里山も猛烈な雨と風で、心配の一夜を過ごしましたが、
前日取り組んだ台風対策がことごとく成果あって、
最小限の被害で済みました。

P1350547.JPG

ごうごうと水が流入した田んぼも、
幸いほんにょが倒れたのは1本だけでした。

P1350555.JPG

この時期にこんな風景になったのは初めてですが、
畦が決壊しなかったことが何よりの救いです。

サシバたんぼプロジェクト、
ゴールの脱穀まであと一息です。

    by 里山おやじ

2019年09月29日

図鑑づくりラストスパート

里山フェスタが終わって、ほっとしたのも束の間、
今年は、製作3年目を迎えている
「里山樹木利活用図鑑」の完成がノルマの年なので、
あとはこれを最大の目標としてゴールまで走り続けなければなりません。

フェスタ4日後には、もう会議の開催。

P1350356.JPG

主力メンバーであるT君とⅯちゃんは、
わざわざ福島から駆けつけてくれました。

100ページを超える大作だし、
どのページも丁寧な手描きのイラストが描かれている力作。

なので残り時間を考えれば、
早くもラストスパートをかけなくてはならない状況であります。

やっと、完成の全体像が見えてきた今、
メンバー一人ひとり、確かな手ごたえを感じてる一方、
生みの苦しみってやつも出てきています。

でも、この苦労は楽しいやりがいもあるし、
苦労した分、必ず図鑑として多くの人に受け入れられる
唯一無二のオリジナリティとクオリティの高さを表現してみせる!

ゴールまで、あともうひと踏ん張り、ふた踏ん張り。

2019年09月24日

第9回里山フェスタ報告・最終回

 毎年スタッフさんたちのこうした言葉が積み重なっていきます。
 フェスタは仲間に支えられてお客様を迎えることができます。
 今年もたくさんの感謝とともに・・・

今回、私たちはフェスタ10日前からお手伝いとして河内山家にお世話になりました。
フェスタ前の作業は色々ありましたが、主だった仕事は、草刈り、草集めでした。
草刈り、草集めはフェスタに向けた重要な作業です。
駐車場スペース、出店スペース、森までの道。
この作業無くしてフェスタは開催できない!と言えるくらい重要な作業です。
毎年のことながら草の重さには驚かされます。
一本、一本はあんなに軽いのに、集まったらなんであんなに重いのか…。

P1350192.JPG

遊具作りでは、壊れてしまったすべり台の竹の加工を行いました。
以前の竹の撤去、森の下から新しい竹の運び出し、溝をほってすべり台と竹との固定など、
ペーター監修のもと、私ができるだけのお手伝いをさせていただきました。
慣れないのこぎりとなたを使い、1cm程度の溝を作るのですが、
初めてのなたは使い勝手がよくわかっておらず、
のこぎりも次の日から握力をもっていかれてしまいました笑
でも子供たちが「もう一回!もう一回!」と何度も滑ってくれたので嬉しかったです。

P1350240.JPG

P1350244.JPG

4年連続の里山フェスタ。今年ももちろん駐車場係を志願。今年は下の駐車場。
みんなで駐車位置を確認し、それぞれの持ち場へ。
スタッフさんたちによって綺麗に草刈りがなされ、
適切にロープやパイロンが設置されていましたし、
連日の好天でぬかるむ心配がなかったことで、不安もなく車の誘導ができました。
好天に恵まれたこともあってか、押し寄せる来園者。
駐車場に入りきらないのではないかという緊迫した場面もありましたが、
絶妙のタイミングで帰られるかたもいらっしゃって、
駐車場のキャパでお客さんにご迷惑をおかけすることがなかったのは幸いでした。

7732.jpg

P1350285.JPG

おひさまサンサン、晴天のフェスタ!
空の青、くもの白、森の緑のコントラストがあざやかな里山。
フェスタスタートとともに、「おはようございまーす」とお客さんが。
あっという間に森がにぎやかに。
今年は、山の下の受付と森の中の受付と二つで予約を受けていたので、
ダブルブッキングしないように枠を確認しなければなりませんでした。
そこで大活躍してくれたのが、『伝書鳩』という役割の子どもたち!
山をかけおり、また登り・・・とっても早く連絡をつないでくれました
どうもありがとう〜!
今は携帯電話がある時代だけれど、
こうしてやり取りするのは大変だけど、
便利な方法はいくらでもあるけれど、
里山らしい、方法だな〜と思いました。

森受付.jpg

今年はあずまやのまわりに丸太の長椅子もかなり増えていてよかったと思います。
ワークショップ中のご家族を待つために、飲食するために、休息するために、
何よりも心地よい風を感じられる場所になっていたと思います。
暑い一日でも、ここが一番心地よかったのかもしれません。

P1350261.JPG

P1350276.JPG

今年もヌカ釜ごはんのおふるまいをしました。
うたがき優命園の合鴨米を、
まやごやの久仁江さんが日常使ってるヌカ釜で炊いたごはんです。
燃料は籾殻です。
「米を米で炊くって感じだよね、あははー」と久仁江さんが誰かと話していました。
お客さんが次々集まって来て、一升炊いたごはんは、あっという間になくなりました。
光子さんが作った里山わらびの漬け物も人気でした。
世の中、いろいろとおいしいものが溢れているけれど、
ヌカ釜ごはんと光子さんの漬け物は最高だなと思いました。

今回で2回目になる
「振る舞わらび」
里山の春の味を楽しんで貰う為の段取りも、時期を逃さず塩漬けして置くことでした。
今年は量が少なく充分振る舞えなかったので、
来年は振る舞わらびの塩蔵をしっかりしたいと思います!

P1350320.JPG

1日まるごと森の中で子供たちと遊びました。
子どもたちだけでなく、親御さんたちもツリーハウスの二階に上って、
一緒に楽しんでいる様子が何度も見られて、
2年前はこんなにアクティブな大人たちがいたかなぁ…?
と嬉しくなりました。
印象に残ったのは、剥製、毛皮への参加者の食いつきぶり。
子どもよりも大人のテンションが上がってました。
里山は奥山と人里の間にある場所です。
里山フェスタは、自然と人をつなぐ、
人が自然やその中の動物たちを知るきっかけになるという意味でも、
ステキな時間だと思いました。

毛皮2.jpg

里山フェスタ、天気も良かったし、スゲー気持ち良かったね!
いやー、フェスタのあの空間っていうか、空気感。
まるでみんなの想いがぎゅっとつまったみたいで、
あそこに居るだけで楽しくなっちゃうよな。
豪華景品の当たる里山の謎解きクイズラリー、どお?みんなやってくれた?
俺、ツリーハウスで毛皮当てクイズやってたんだけど、面白かったな〜。
何がってさ、大人も「えー!何それ生きてるの!?」って興味津々なんだよ。
たまに「クマ、うちにもあるよ」とかビックリ発言もあったりして。
ご家庭それぞれにクマの敷物ありますって、江刺すげー所だな。
でもやっぱ一番嬉しかったのは、子どもたちの驚いたときの表情。
目がさ、本当にキラキラしてて、何ていうか…
「生きてる」って感じがびんびんに伝わって来るんだよね。
あの目を思い出しただけでもう、ウキウキしちゃうよ。

毛皮.jpg

来年の里山フェスタ、なんと記念すべき第10回目だってよ。
きっと超豪華バージョンになってるぜ。
俺が予想するに、たぶんペーターが竹を組んで大観覧車を作ってくれると思うな。
やっぱペーター、達人だわ!
俺も毛皮のバージョン増やしとくから楽しみにしててくれよ。

そんじゃまた。
みんな、また来年も来てくれよな。
待ってるぜ!

そしてその夜・・遠方組の反省会・・

打ち上げ.jpg

そしてそして可愛い置き土産・・

置き土産.jpg

(スタッフの感想全文は生活学校通信にて会員のみな様にお届けしています)

2019年09月18日

第9回里山フェスタ報告・5

あずま屋横ではミズサキノートさんとやまんば工房さんが出店。

P1350325.JPG

その前に設置した丸太のベンチは常にいっぱい!

P1350315.JPG

今年も人気だったミズサキノートさんのカキ氷!
やっぱり今年も口にすることなく完売・・。
最後の一つが伝書鳩で一番飛び回っていたわとなさんのつむぎ分。
これはこれで神様が御褒美として残しておいてくれたに違いない・・。

三羽の伝書鳩

伝書鳩.jpg

伝書鳩2.jpg

来年はさらに活躍してくれることでしょう!

恒例のフェスタ後スタッフ&出店者さんの一言リレー
ここで聴ける数々の言葉が財産です。

IMG_2676.JPG

IMG_2677.JPG

IMG_2678.JPG

最後に記念撮影(用事があって帰ってしまった方々もいますが)

IMG_2674.JPG

スタッフはまた一年、整備しながら、アイディアを出しながら
みなさんとフェスタでお会いできるのを楽しみに頑張っていきます。

今は・・フェスタの感想文と格闘中のスタッフ!
こちらは会員さんに送る通信用ですが、なかなかの力作なので
次回一部抜粋してお届けする予定です。お楽しみに・・。

最後に
台風15号の影響で未だ停電や断水が続いている地域がありますね。
一日も早く日常の生活が戻るよう心からお祈りしています。

2019年09月14日

第9回里山フェスタ報告・4

あずま屋では昨年から企画ものとして好評の「ヌカ釜炊きご飯の実演」
もみ殻を燃料にご飯を炊き上げます。

おふるまい3.jpg

今年はスタッフのお昼用とおふるまいと二回炊きました。

おふるまい2.jpg

炊き上がりを待つ間も興味津々に入れ替わりでお客様が集まってきます。
毎日ヌカ釜でご飯を炊いている久仁江さんが、その都度説明をしてくれていました。

おふるまい.jpg

今年のおふるまいにも里山ワラビを花子さんが煮つけにしてきてくれたので
ちょこんと添えて。
加えて出店者のやまんば工房さんが200円でおふるまい用に夏野菜カレーを
オプションで付けられるようにしてくれて・・
あっという間になくなりました!

あずま屋の一角では物販もしていました。
今年の物販担当スタッフは熱く語れるスタッフだったこともあり
説明に聞き入るお客様の姿も多かったと聞きました。

風蔵さん 
ゆびこびとさんコーナー

P1350322.JPG

光子屋&生活学校コーナー

P1350321.JPG

そして今回密かに人気のコーナーというかイチオシ作品というか・・
中三男女のこちら!
先ずは中三男子・大地の一刀彫

大地.jpg

そして中三女子・つむぎの切り絵

切り絵販売.jpg

フェスタはスタッフもそうだけど
年々若い子の参加が増えてます!

つむぎは午前中スラックラインスタッフで山に。
午後からは切り絵のワークショップ講師に変身でした!

切り絵3.jpg

初級 中級 上級と三種類あったのですが
一番人気はやはり上級者編のサシバ!でした。

切り絵2.jpg

帰りに見せに来てくれて顔出しオーケーもらいました!

切り絵4.jpg

こちらも人気でした!苔玉づくり
待ち時間に材料の植物を探しに山へ行かれるお客様も。

P1350316.JPG

完成品を見せてくれて、顔出しオーケーのみなさま。

あずまや_190914_0007.jpg

苔玉2.jpg

なかでもこちらの小学生の男の子は、森で遊んだ際に見つけた青竹の切れ端を手に
「これに作りたい!」と。
何て素敵な発想でしょうか!!
きっと竹の滑り台の補修で使った切れ端。
スタッフにも忘れ去られていたその存在。
この男の子に見つけてもらえただけでなく
利活用されちゃいましたよ!

P1350334.JPG

その様子を受付で楽しそうに話してくれて、それを聞いて
何だかウルウルしてしまう最近年を感じる里山かぁちゃんでした。

もう一つの木の実のプレート作りは
熱心に取り組むお客様をとり忘れ・・みなさんゴージャスにデコッていかれましたよ。

あ、一枚だけ撮っていたのでした!

木の実ワーク2.jpg

わとなさんの長女このは作。屋号をプレートにしてくるなんて!
さすが今年の受付で、里山かぁちゃんの最強の片腕っぷりを発揮しただけのことはあるね!

2019年09月12日

第9回里山フェスタ報告・3

里小屋ブース外の出店者さん

里山ダリアさん

P1350298.JPG

プチフォレット衣川さん

P1350328.JPG

カネコさん

P1350299.JPG

中では

雨の宿さん

P1350293.JPG

KOШKA&anuenue makaniさん

コシカ.jpg

とださちえさん

P1350291.JPG

中では同時にワークショップも開催
一番人気は柿渋染め体験
早々にお弁当バッグはなくなり、コースターのみに

P1350297.JPG

P1350295.JPG

つむぎちゃんによる切り絵づくりは上級者編のサシバに挑戦する人ばかり

つむぎ.jpg

切り絵2.jpg

里小屋テラス前にはブルーシートで下屋を出し日陰の休憩スペースを作りました。
暑い一日だったのでここも人気のスポットに。

テラス前.jpg

森へ行くコースとは反対側にあったので
ここは一日ゆったりのんびりムード。

マーケットブース横にある木陰ベンチももちろん人気。
樹の下なので風が吹いて心地よく

Trush worksさんは出店の合間に自作のドラムをベンチ前に設置して演奏!

P1350290.JPG

向きを変えて設置したらお母さんと娘さんが気に入ってくれたようで
ずっと演奏してくれてました。

ドラム.jpg

2019年09月11日

第9回里山フェスタ報告・2

入口スタッフは目立つTシャツで目印代わり。

7732.jpg

「ここのシフトは、最初にお客様を迎えられて、最後のお見送りが
 できていいんだけど、会場からは離れてるからちょっと孤独・・」

今年はスタート時間からどんどん車が上がってきて
駐車場に車が並んでいきます。

P1350300.JPG

「今回の駐車場スタッフもベテラン揃いだったし、ぬかるところが全くないから
 いつもより楽に誘導できたなぁ・・」
「日影がなくてすんごく暑かったけど・・」
「ある程度駐車場が埋まってからは、青空見上げる余裕もあって
 気持ちよかったし・・」
(その頃山のスタッフはてんてこ舞いだったことは後から知る・・)

受付では里山かぁちゃんと伝書鳩スタッフの三人が
長蛇の列を作っていたお客様の対応に奮闘中。
里山かぁちゃんは初めて受付でテンパりそうになるも・・
右横では絶妙なタイミングで先着プレゼントの桑の実ジャムを差し出す空!
左横ではワンデイ地域通貨の説明をしながら販売しているこのは!
更にその奥で飛び立つ準備万端で満面の笑みをたたえたつむぎ!
一人じゃない!という思いが、かぁちゃんの心を落ち着かせる。
(当然そこを写真に収める余裕のあるスタッフはいやしません!)
受付横のボードに張られたペーターパークの写真や説明をチラ見しながら
受付を終えた親子はどんどん森に続く道に消えていく。

そんな親子を見送るマーケットブースのみなさん

わとな自然農園&てしごとやわとなさん

P1350288.JPG

ヤサイノイトウさん

P1350303.JPG

やえはた自然農園さん

P1350307.JPG

豆蔵さん

P1350306.JPG

LOCABOREさん

P1350331.JPG

木陰のベンチで朝一ワークショップをするTrush worksさん

P1350310.JPG

受付では早くも樹木クライミングの予約がいっぱいになり始め
ワークショップの時間予約も入り
伝書鳩は森やワークショップ会場の里小屋、あずま屋と受付間を
飛び回り大活躍!
(当然飛び回っているので写真に納まることはありません)

2019年09月09日

第9回里山フェスタ報告・1

真夏のような気温の中で、第9回里山フェスタ開催しました。
雨にたたられた昨年とは打って変わって、
10時のオープン直後から、
本当にたくさんのお客さんに足を運んでもらいまして、
広げた駐車場も入れ替え含めて100台満車。
里山会場のキャパ目いっぱいの賑わいで、
駐車場、受付スタッフも大忙しでした。
(慣れた駐車場スタッフの機転で、
うまく誘導してもらったおかげで、路上駐車もゼロ。
課題の駐車場は、100点満点の一日でした。)

P1350301.JPG


こうして午前中から続々と来てくれたお客さん。
今回は特に親子連れの参加者が大変多く、
そのほとんどがまっすぐ「いのち森ブース」へ。

手作り遊具やツリーハウス、スラックライン、パチンコ、
クイズラリーなどを存分に満喫してもらいました。
中でもフェスタで人気のクライミングは、
初めて予約満員打ち止め状態の大盛況でした。

190908 里山フェスタ_190909_0018.jpg

森の入場者が200人超え、
クライミング予約者も30人超え、
これはいずれも過去最高であり、
同時に森ブース会場の広さやスタッフ人数のキャパとしてもほぼ限界。
9回目にしてマックス到達でもありました。

P1350336.JPG

(これは嬉しい悲鳴でしたが、
森スタッフ、特にクライミング担当は後継者も育成せねば・・・。
ペーターとみぽりんには今年も休みなしで、
またまた大きな負担がかかってしまいました。
でも、後継者候補は何人かの若者脈ありでありまして、
これはこれでとても楽しみ!)

190908 里山フェスタ_190909_0015.jpg

メンテナンスで新調した竹滑り台や三角ブランコも大活躍。
準備作業頑張った甲斐がありました。

P1350337.JPG

認知度が上がってきたスラックラインも安定した人気。
生活学校として贅沢を言えば、
インストラクター的な実力スタッフが育ってほしいところ。
(そしてこれもちょっと脈あり・・・。)

里山フェスタ99_190909_0008.jpg

30組以上が参加してくれたクイズラリーは、
親子で夢中で問題を考える光景を何度も観ました。
ちょっと難しかったかもしれないけど、
たくさん考える時間があった方がきっと印象に残るよね。
クイズ最後の1問は
木こりの木こりんが用意してくれた動物の毛皮クイズ。
実物だけに大いに受けていました。

P1350341.JPG

ツリーハウスのパチンコは、
3年くらい前から拾った玉をバケツで釣り上げる工夫が誕生。
これが何とも微笑ましくて。
9回を重ねることで生まれた一コマでした。

昨年は土砂降りで、
あえなく中止にした森ブース。

そのせいか、いっそう楽しくにぎわって見えました。
そして何より猛暑の中だっただけに、この木陰のありがたさを
地域資源としてしみじみと実感できたのではないでしょうか。

   by 里山おやじ

2019年09月07日

「第9回里山フェスタ」情報・最終回

「いよいよ明日だね」
「いろんな所でいろんな人がお天気になるよう祈ってくれてるのが
 本当にありがたいと思ったよ」
「お金はかけられないけど、たくさんの人の思いが詰まったイベントだよ」
「ぎりぎりで完成しましたと連絡くれたのがLOKABOREさん!」

S__47226882.jpg

「ブルーベリースムージーは昨年もあったよ?」
「色は同じでも中身が全然ちが〜う!桑の実ラッシーだって!」
「へぇ〜」
「里山の桑の実と岩泉ヨーグルトのコラボ!」
「ラッシーといえばカレー」
「カレーといえばやまんば工房さん!」
「やまんば工房さん?」
「何てタイミングなのかしら。
 今年はお弁当ではなくて地元のナスとトマトをたっぷり使った
 夏野菜カレーを出すんだよ」
「ナイスコラボ!」
「ぜひセットで!」
「桑の実といえば、ミズサキさんのクレープにも入ってるね」
「そうそう!フェスタ限定クレープだよ」
「クレープは子供に人気だね」
「子供といえば中三女子のつむぎちゃんから、
 切り絵の初級者編 羊と、中級者編 クローバーの見本が届いた」

つむぎWS.jpg

「はあぁ・・ため息出るね」
「しかも、上級者編のサシバは野鳥の会の会長さんがちょこっと
 アドバイスしてたとこが修正されてるよ」
「私は不器用だからワークショップ参加より見ていたいなぁ」
「そういうお客様のこともちゃんと考えてたつむぎちゃん!」
「えっ?」
「つむぎちゃんが切り抜いた羊のお腹の部分に、お好きな色紙を入れて
 栞にして販売してくれます」
「それいいね!」
「こちらは受付であらかじめ注文していただけますので、ご利用ください」
「ワークショップで作った作品もラミネートして渡してくれるそうなので
 安心してお持ち帰りいただけます」

あれもこれもと考えたらきりがない準備。
あーすればこーすれば・・と考えだしたらきりがない準備。

人一人ができることには限界があって
だけど仲間とならできることがあって
それでもやっぱり限界がある。

限界はあきらめるためにあるんじゃなくて
身の丈を知るためにあるのだと思う。

続けることで道ができて
その道を仲間と共に歩んでいける。

フェスタ当日はそんな道のりを見返す時間になる。

今年も無事開催できることに感謝して・・。

スタッフ、出店者一同、みな様のお越しをお待ちしています。

by 9回目にして初めて「明日に備えて寝る」という言葉を知った
  里山かぁちゃん