CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2016年12月27日

里山若者サミット

なんとなーく緩やかーに続き始めた「里山若者サミット」
を略して「SWS」(と、勝手に命名)。
気がつけば第3回になった先日は、
里山母ちゃんが(太くて逞しい)腕によりをかけた
「スペシャル里山ディナー冬バージョン」付き忘年会・・・付き大豆選別作業。
(って、結局仕事させるんかい、という次男の厳しい突っ込みは無視。)

P1280146.JPG

大豆は、唐箕がけから選別まですべて手作業でしたが、
師走の寒空の下、大人数なので
おしゃべりしながらも、一気に気持ちよくはかどりました。

P1280157.JPG

外での風選別と篩(ふるい)選別が終わると、
最終工程は、人の目による手選別。

今年は高温多湿気味の天候が長く続き、
粘土質土壌の優命園の大豆は根が湿害を受けたと思われ、
品質の悪いものもかなり混じってしまったため、
この目選別は、時間がかかりまして、まさに人海戦術。
でも、機械音に会話を遮断されることのない
こうした作業中のお喋りというのは、
実は最高に楽しい時間だったりするものです。

エコビレッジとか、コミュニティーファームとか
そういう共同体みたいなものを作ったとしたら
たぶんこんな雰囲気なんだろうな、と想像しながら、
若者たちと楽しい時間を(またまた)深夜まで共有しました。

P1280159.JPG

夕食は冬の里山食生活に即して、
ハムやらスモークやら角煮やら肉の加工保存食中心に、
今回はそれに合わせて思いっきりの洋食ディナー。
豊作だった小麦で、パンやフォカッチャに
スモークチキンスープを添えて、
デザートはシフォンケーキ。
せっかく作業してもらった豆料理は出せなかったけど、
まあ、それはまた次回、和食バージョンということで。

P1280161.JPG

参加メンバーはほとんどが
今年の「里山フェスタ」を手伝ってくれた若きボランティアスタッフ。
今年は、こうした若い世代との交流がぐんと深まって、
なにかと生活学校の長期展望に希望が見えた年になりましたが、
まさにそれを象徴する年末の楽しい「SWS」忘年会でありました。


そんなわけで、今年の生活学校のイベントはすべて終了。
2016年、様々な形で生活学校の活動を支えてくださったすべての皆様と、
このブログの読者の皆様に、
この場を借りて、心からありがとうございました。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

そして、来年もまた、
里山生活学校をどうぞ、よろしくお願いいたします。

   by 里山おやじ

2016年12月24日

里山保存食

山作業が終わった途端に、
里山にドカンと積もった大雪・・・

P1280115.JPG

うわ、これは早くも根雪だ、と覚悟してたら、
その後の高温で解けてくれたので、
冬の加工品作り真っ盛りの優命園としては大助かり。
雪かき作業とこれが重なるとかなり厳しいが、
今年は余裕をもってじっくり作業できるのがうれしい。

一年間いろいろなイベントで
参加者にかわいがってもらったブーちゃんは、
12月頭にこうして「♪ドナドナドーナ、ドーナ」。
ペットではないから、食べ物としておいしくいただく。

P1270787.JPG

クリスマスシーズンに作るロースハムはすっかり恒例。
自家製スープセロリ―の漬け込み液につけてから、
桜のチップで燻して完成。

P1280045.JPG

続いて、一年以上卵を産んでくれた鶏たちも、
このシーズンはこうしてスモークにして命をいただく。

こちらはシンプルな塩胡椒と醤油ベースの漬け込み液で。

P1280119.JPG

やっぱり桜のチップで燻して完成。

農繁期は田畑の仕事で忙しくてなかなかできないし、
冬の寒さは、肉加工に適した気温だし、
クリスマス、お正月を迎えるこの時期にぴったりの加工である。

P1280129.JPG

肉の燻製は、
もともと日本の保存食文化だったのかどうかよくわからないが、
地域資源を上手に活かせる里山生活の食卓の中に、
季節の食材としてすっかり溶け込んだ感がある。

そのうち狩猟罠免許取って、
農作物を有害獣から守りながら、
ジビエのスモークにも挑戦していきたいものだ。

   by 里山おやじ

2016年12月14日

森プロ日記・冬3

里山は雪が残る日もしばしば、という季節になりまして、
昨日、今日で森プロチームの山作業は仕事納め。

いのち森の森トイレは水仙球根の植え替え。
来年も‟スイセントイレ”咲かせます。

P1280060.JPG

杉の森からは、伐倒した杉材の運び出し。
これは製材してもらって、冬場に木工スペースの壁を張ろう。

少しでも寒さをしのげるスペースになれば、
冬場の「モノ作り」はきっと進むはずだし、
ベルトグラインダーなど木工機械には、
雪が吹き込んで濡れたらまずい。

P1280080.JPG

そして、あずまや、里小屋ともに冬仕舞いもしっかりと。

今日は最後に、先日届いた
秋の里山遠足に来たモミジ学童の子供たちからの、
素敵な写真とコメント、感想文を楽しく見せてもらいました。
こういうのって励みになりますね。

P1280109.JPG

あぁ、今年も春から毎週毎週の山作業、
スタッフのみんな、お疲れ様でした。

やさし森、杉の森、いのち森、
それぞれに,限られた時間の中で、できるだけの手入れはできました。

里山は、人の心のこもった手入れがあって初めて「里山」ですから。

P1280111.JPG

そしてこの冬は、モノ作り深めていきたいね。

生活学校のワークショップで様々な講師の先生に習ってきた
樹皮細工やわら細工や木工を少しずつ
自分達のものに育てていきたい。

伝統工芸は無理だけど、
軽薄な大量生産商品に負けることのない
確かな暮らしのモノ作りを、ふるさとの地域資源から生み出していこう。

   by 里山おやじ

2016年12月07日

森プロ日記・冬2

忘年会が終わっても、
雪に埋もれるまではまだまだ続く森プロ作業。

でもさすがに寒さが厳しくなってきました。
こんな日はかえって動き続けていないと凍えそう。

P1270902.JPG

まずは春に作る「新遊具」の材を、杉の森からいのち森へ。
力持ち女子コンビは、ふつーに丸太を担ぎます。はい。
いや、もう少し重そうに持ってもらわないと、
最近50肩が辛い身としては、立場上・・・
まあ、とにかく森プロ女子はみな力持ちであります。

P1270927.JPG

それから、クリクルミ牧区で、オーチャードグラスの種まき。
先週はクリエリア、今週はクルミエリアです。
何とか積雪前に間に合いました。

P1270931.JPG

この牧区は、猛烈な笹薮エリアがありまして、
大きいものはひとの背丈くらい。
茎も太く硬く、刈り払い作業は、かなり腰に来ます。
先週は日暮れまで頑張っても終わらなかったところでしたが、
それもやっと今日刈り払い終わりました。

いやー、師走に入ってから、雪まで、雪まで
と、合言葉のように唱えてきましたが、
どれもこれも間に合いまして、一安心。

P1270942.JPG

一安心してのコーヒータイムは、
またちょっと格別だったりします。
本日の話題は、樹皮細工ワークショップについて。
雪に埋もれたら、モノ作りシーズンスタートだからね。

   by 里山おやじ

2016年12月03日

スタッフ忘年会

今日は恒例の一品持ち寄り、スタッフ忘年会。
で、里小屋でのバイキング。

春巻き、チャンプルー、菊芋の酢漬け、サラダ、玄米おにぎり、
梅干し、生ハム、豚角煮、フォカッチャ、豚汁、カボチャスープ、
新米ごはん、サトイモ煮っ転がし、レンコン蒸し煮、ベリーパイ、カップケーキ、
サツマイモケーキ、干し柿・・・・
スタッフの手作り料理を豪華に並べての大宴会。

P1270863.JPG

久しぶりにロケットストーブにも火を入れて、
「今年一年、山作業に各種イベントお疲れ様でしたー! かんぱーい!」

とは言え、作業はまだ年内続くので、
硬い話は一切抜きにして、の大忘年会に。
とにかく心のこもった料理がおいしくておいしくて、感激。

P1270871.JPG

12月にしては暖かい夜で、
雪の心配も全くなかったので、
途中、又三郎さんにガイドしてもらっての星空観察会に。
今夜は素晴らしく晴れ渡った夜空で、
なんと流れ星を3度も見て、大騒ぎしました。

P1270876.JPG

さすがに冷え込んできて小屋に戻ってからは、
2つの薪ストーブに分かれて囲んでの女子会?と男子会?に。
火を囲んで語るって最高の時間です。

料理について、
里山周辺野生動物について、
シェアハウスについて、
米作りについて、
レンコン栽培について、
モノ作りについて、
フェスタ若者スタッフについて、
今年お世話になった仙さんや、岩大チームメンバーについて
日本映画について・・・・・・・

まあ、話題は尽きることなく、夜は更けて・・・。


P1270881.JPG

今年も一年この素晴らしき仲間と共に、
生活学校の地域資源利活用実践を深めることができました。

この一年で地域資源から生み出した価値(モノもイベントも)と
生み出そうと努力した時間の全てが、
失敗も、越えられなかったハードルも含めて、私たちの宝物であり、
積み上げた活動の全てがかけがえのない財産です。

と、そんなことを確かめられた夜でした、今年も。

   by 里山おやじ

posted by 里山生活学校 at 22:23| Comment(3) | 未分類

2016年12月02日

森プロ日記・冬1

師走突入。
雪前に、あとどのくらい森プロ作業できるだろうか。

P1270803.JPG

この日は、先週までに下草を刈り払ったクリ牧区に、
福田さんからいただいた牧草・オーチャードグラスを播種。

本当は地域資源として在来種のノシバを播種したいところだけれど、
ゆくゆく栗の木が大きく育ってきたら
やっぱり日陰に強いオーチャードということで、そこは妥協。

一人が熊手で落ち葉を掻きわけて、
一人がホ―で、地表面を削って、
一人が手で種まき。

という共同流れ作業で、およそ10アールに2キロを播種。
牧草のタネは軽いので、相当蒔いた実感があったのだが、
おわってみれば、たったの2キロ。

雪さえ積もらなければ次回来週は胡桃牧区にも播種できそう。

季節はいよいよ冬本番で、
日も短くなってきたので、日暮れまでは休みもとらずにノンストップ。

P1270831.JPG

おかげで汗ばむくらい頑張ったのだが、
日暮れ時には気温もぐっと冷え込んだので、
作業後はこうして
クラフトマンストーブに起こした火を囲んで、
コーヒータイムで極上のひととき。

冬の作業はこの時間がなんともいいねえ。

   by 里山おやじ

2016年11月23日

里山森遊び体験会

ことし最後のイベント、里山森あそび体験会。
初めての方も含めて、5家族の親子連れが訪れました。

P1270761.JPG

前回のあと、いのち森はお行儀の悪い羊たちを放牧したので、
ペーターパークには、あちこちに落し物が散乱状態。
うは、こんなに。
イベント準備作業は、そのお掃除から。
その間に、ペーター隊長はあっという間に、即席ブランコ設置。
はやっ!

P1270766.JPG

落とし物を掃除さえすれば、
この時期、いのち森は一面の落ち葉風景。
これはこれで、風情があっていいもんだ。


しかし、羊たちのお行儀の悪さはこれだけではなかった。
なんと、シーソーの支点の軸棒の下に頭を突っ込んで、
台を壊していたのでした。
んなわけで今日は、シーソーはとりやめ。
と、思いきや、

P1270770.JPG

ちびっ子たちは、軸から外したシーソーでも、
立派にシーソーあそびができるのでした。
何とも微笑ましい図で、思わずパチリ。

P1270768.JPG

それにしても、15度だった昨日とは打って変わって、今日は寒かった。
最初は元気に遊びまわっていた子供たちもだんだん凍えてきたようで…
断続的に雪もチラチラ・・・

ペーターは、ミズキの切り株から、エノキ発見。
さすが寒さに強いこのキノコ。
別名は、ユキノシタ。

しかし、エノキほど寒さに強くない人間たちは、
あまりの寒さにくじけて、今日は一足早くお開きに。


P1270780.JPG

今年も春から多くの人がいろいろな機会に訪れて、
楽しんでいってくれた「いのち森・ペーターパーク」。

遊具が増えてきて、だんだん狭く感じるようになってきました。
来年は、さらにもう一つ、もしかしたら二つ、
新しい大物が加わる予定。

来年のいのち森にもこうご期待。
今年一年ありがとね。

   by 森プロスタッフ一同

2016年11月20日

森プロ日記・秋4

一度積もったドカ雪も解けて、森プロ作業再開。

P1270651.JPG

これもまた大切な仲間との貴重な時間。

P1270701.JPG

立てた目標に向かって、日々黙々と、黙々と。

こうした手間と時間を経て、
はじめて「里山」という空間が存続していく。

にぎやかなイベントの陰には、
必ず、手間暇の積み重ねがあるということ。

   by 里山おやじ

2016年11月08日

森プロ日記・秋3

一気に寒くなってきました。
雪の前に、もうひと頑張りしたい森プロチーム。

P1270588.JPG

今日も、山作業に精を出しまする。

先月から整備している平坦な場に山栗をたくさん見つけたので、
ここを山栗林にすることにして、
思い切って、栗以外の雑木を除伐しております。

P1270619.JPG

そうなると、
てっちゃんとペーターのチェンソーコンビが大活躍。
「山栗林」という目標ができたことが
新鮮なモチベーションにもなってきました。

もともと2,3本あった山栗が成長して
成木になって落とした実を、
リスとかハタネズミが貯食用に運んだのでしょう。

P1270622.JPG

成木からかなり離れたところにも
こうして、苗木が10本以上育ち始めています。

この苗木をそのまま
周辺だけを整備して育てていこうと思います。

下草刈りでうっかり刈り払ってしまわぬように、
青いテープを巻き付けました。
そして、改めて数えてみると苗木を含めて30本以上の山栗。

ゆくゆくは大きく育った木の下に
オーチャードグラスを蒔いて羊を放し、
絶好の山栗(ひろい)林を育てていこうと夢が広がりはじめて、
いっそう作業に励むのでありました。


   by 里山おやじ

2016年11月06日

注連飾りワークショップ

昨年に引き続き、
今年は地元・広瀬地区婦人部から
「注連縄ワークショップ」の依頼をいただきました。
ありがたいことです。

P1270559.JPG

稲わらを使ったクラフトは、
地域素材にこだわる生活学校のワークショップとして、
麦藁細工と共に取り入れてきた一つですし、
この先ももっと深めていきたいものです。

P1270548.JPG

稲わら、松葉、松ぼっくり、唐辛子、椿の葉。
利活用できる材も少しずつ充実してきたし、
それを準備する手際も、かなり慣れてきました。

P1270540.JPG

講師役のかあちゃんと花子さんは、前日から
土台の注連縄作りを、何度もシュミレーションと練習をしたので、
この部分は、ばっちり伝えられるようになりました。

P1270557.JPG

だんだんと寒さも増してきた今日この頃、
里小屋は今年初めてロケットストーブとクラフトマンストーブに火入れ。

きれいに仕上がった注連縄土台に、
じっくり時間をかけて様々な材をグル―ガンで止めていく。
この時間が一番自由にオリジナリティが出せて、
みなそれぞれに楽しそう。

P1270576.JPG

スタートして3時間後、
次々とみなさんの作品が出来上がってきました。

お正月のお飾りとして、
自分の手で作った格別なものができたのではないでしょうか。

P1270571.JPG

地元に暮らす人たちと、
地元の地域資源をトコトン活用して、
地域に伝わる日本の文化を、自らの手と心で、
しっかり確認していくことは、
TPPをはじめとする吹き荒れるグローバリズムのなかで、
大切に残していきたいと、切に思ったのでありました。