CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2018年05月23日

続・ワラビの季節

5月上旬に収穫をした「やさし森」のワラビ群生地帯。
その後、ほかの雑草も生い茂りだして、
取り残したワラビも一斉に葉が開いてくる。

今年、花子さんの提案で、その雑草と展葉したワラビを
刈り払い機で刈り払ってみた。

P1310351.JPG

すると、1週間後の今日、またまた若いワラビがニョキニョキと!
1回目ほどの勢いや密度はないが、それでも十分な再収穫。

P1310355.JPG

そうか、このタイミングで一度刈り払えば、
もう1回収穫できるわけだ、という嬉しい再発見。

(今日の収穫分は、イベント用に塩漬け。
あく抜きがいらないのでひと手間省けるのだが、
ついつい塩をケチってしまうとあとで痛い目に合う。なので、塩はたっぷりと。)

P1310356.JPG

さて、「やさし森」ふもとの桑畑は、
6月から桑の実収穫が始まるので、そろそろ草刈り作業に入るのだが、
近年、やたらと増えてきた大きな葉っぱの植物がある。

これ、ウバユリ。
夏の花の時期に、この葉がほとんど枯れていて
「葉がない」→「歯がない」→「だから姥」でウバユリだとか。

根っこが食用になるというので掘ってみると・・・
確かにニンニク状のものがいくつかついてた。

ユリ科の根は有毒も多々あるので、慎重に確認してから食べてみよ。

   by 里山おやじ

2018年05月10日

ワラビの季節

ウコギ科の木の芽山菜に続いて、ワラビの季節到来。
今年は、発生が1週間近く早くて、
最初のピークがやや採り遅れてしまった。
(ちょっともったいなかった。)

P1310342.JPG

けれども、この春は意外にも、やさし森での群生地帯が、
かなり一気に拡大してきたので、まだまだ採れる気配。

天然ワラビの場合、
条件が整えば、地下茎が年々徐々に広がっていき、
ある年、一斉に発生を始めるということなのだろうか。

切り土地帯なので、養分不足のため、まだ軸は細いが、
開いたワラビの葉が秋口に枯れて堆積していけば、
少しづつ肥沃化していくに違いない。

手間があれば、鶏糞散布しても効果がありそう。
(でも、そうすると天然とは呼べないか?)

P1310344.JPG

この里山地域の粘土質土壌で育つワラビは、
特に粘り気が強いのが特徴の一級品。
一度食べた人からは毎年予約注文をいただく。

ので、あく抜きや束ね作業は、ちょっと忙しいプチ農繁期。

今年は生活学校のイベント用にも、
塩蔵ワラビを確保したいので、これも準備中。
塩が足りなくて大失敗した経験を活かして、今年こそ・・・。

  by 里山おやじ

2018年04月29日

ウコギ科の季節

里山に新緑の季節到来。
新芽の中には、この季節に食べられるものが目白押し。

野菜が豊富ではない時期だからこそ、とても重宝する。

P1310284.JPG

102種類の自生樹木の中で、
5種類あるウコギ科の新芽は、どれもみな山菜としておいしい食料。

タラ、ハリギリ、タカノツメ、ヤマウコギ、コシアブラ。
(残念ながらコシアブラは、まだまだ放射能が検出されているが…。)

P1310288.JPG

これに、コゴミやワラビも加えて、
豪華山菜ランチになる楽しい季節だ。

仮に、里山樹木樹木利活用図鑑の中で、
このウコギ科にオリジナルな名前を付けるとしたら「天ぷら科」だな。

   by 里山おやじ


2018年04月20日

里山花見

桜前線が岩手を縦断中。
良い季節になってきた。
100種を超える里山の樹木たちに目をやると、
花を咲かせ始めた樹木がちらほら目立ちだした。

P1310230.JPG

今はコブシ、ウグイスカグラ、イタヤカエデがそれぞれに
特徴のある花を咲かせている。

これに栽培種のウメ、サクランボ、を加えて、生け花に。
ふむふむ、なかなかの見ごたえ。

めじろ.jpg

そのサクランボの花には、
可愛いメジロたちがやってきた。

何とも微笑ましくて大好きな野鳥。
絵になるなあ。

さくらの観光名所は県内各地で大賑わいのニュース。
それはそれでいいことだけど、
身近な足元の里山にも、
面白い花はたくさん咲いていて、
動物や昆虫たちと強く結ばれた共存のストーリーは奥が深い。

28日の観察会では、そんなところも楽しみたい。

   by 里山おやじ


2018年04月16日

種まき桜

今日は、優命園の水稲種まき作業日。

将来自給的な田舎暮らしをしてみたいという
智君&美奈ちゃんが体験を兼ねてお手伝いに来てくれました。

今年は、例年より少し田植えを早めようと計画したので、
種まきも約1週間早め。
ので、ちょっと肌寒い中での種まき日になってしまいました。

P1310160.JPG

作業は、ポット苗に40グラム蒔きという方法で、
ポット穴一つに2〜4粒の種もみを播種したい。
ので、手道具を使いながらのめちゃめちゃ細かい仕事。
これで60枚の苗箱に播種。
たったこれだけで午前中いっぱいになりました。
もしかすると一年で一番細かい作業かもしれません。

午後から、天然プール育苗池に60枚を平置き。
トンネルをかけてビニールを張って、ようやくいっちょあがり。
(忙しかったのでほとんど撮影してる暇なし。)
これから約40日かけて、
丈夫で大きな苗を育てて5月末に田植えを迎えたいのであります。
予定通りうまくいきますかどうか。


続いてそのあとは畑にて、ジャガイモ植え。
キタアカリ、メイクイン、男爵の3種を約30キロ定植。
きっちりとラインを張って、
畝間40センチ、株間40センチという間隔を正確にとります。
数週間後に管理機という機械で土寄せ作業をするため、
この間隔は正確でないと後々苦労します。
そして作業自体は、穴掘り係と芋植え係を分担して手際よく行います。

P1310165.JPG

自給の暮らしの中で、
コメ、麦、芋など主食になる作物の栽培技術はとても重要。
丸1日で、その米と芋2つとも種まき体験できました。

P1310178.JPG

午後のティータイムは、サクランボの桜の木の下で、
お花見ティータイム。まさに今が見ごろのグッドタイミング。
蜜を吸いに来たモンシロチョウが寒さで固まっているところを狙って、
ちょっといい感じの4ショット撮れました。

P1310193.JPG

さて、仕事帰りにいのち森を歩いてみると・・・
コブシが満開。
「種まき桜」という別名通りに、
コブシの花と同時に米と芋が種まきできました。

花の開花を目安に農作業を行うという知恵も、
これもまた広い意味での樹木の利活用と言えるでしょうね。

   by 里山おやじ

2018年04月10日

第5回・開校日のお知らせ

ちょっと早いお知らせですが
今年最初の開校日「森まなび・山あそび・モノづくり」
を4月28日(土)に開催します。

昨年からこのスタイルで始めたので、通算で第5回。
と、数えることにしました。
ただし、今回は終了後にイラストレイターさんと図鑑編集会議が入りますので、
モノづくりはお休み。

樹木観察会と山あそびは昨年同様に同時進行スタイルで。
観察会の方は、岩大農学部4年生の智君がガイドを務めます。
大学でも観察会を開催している智君、
昨年フェスタでも木こりんと共にガイドをしてくれました。
この時期は、里山に自生するウコギ科樹木
の山菜としての利活用が楽しめる季節です。
観察会コースの山歩きをしながら、
そんな樹木たちの価値を再確認しましょう。

そして今回は、
図鑑づくりと絡めてのユニークなイラストを描いてくれている
岩大教育学部4年のⅯちゃんも参加予定。
何枚かの素敵なイラストはお披露目できそうなのでお楽しみに。
今回はヤングスタッフパワーさく裂します。

山あそびは、ツリーハウスや竹滑り台
そしてスラックラインを張って遊びましょう。
昨年フェスタ前に完成したジャングルジムも
その後1回しか使っていないので、
この機会にどうぞじゃんじゃん使って楽しんでください。

下は昨年の最初の開校日の写真ですが、
昨年より2週あとなので、
もっと暖かくて、里山の春を満喫できると思います。

P1280639.JPG

・4月28日(土)13時〜
・里山樹木利活用観察会
・山での手作り遊具あそび
・参加費(大人)650円(子供)350円


2018年04月03日

フクロウ

今年も、里山周辺の広葉樹林内から、
フクロウの声が聞こえています。
貴重な猛禽類の生息は、里山の豊かさの証でもありますし、
農家の天敵であるネズミを捕食してくれるフクロウは、
農家にとってはとてもありがたい里山の共存者でもあります。

P1310129.JPG

そのフクロウが昨秋、防鳥糸に絡まって不幸にも事故死してしまったので、
岩大の智君に剥製づくりを頼んでおりました。
(剥製づくりがどれだけ大変かも知らずに。)
その後、智君は大いに苦労して苦心してようやく完成させて
持ってきてくれました。(ありがとね。)
その躍動感あふれる雄姿を里小屋内に設置。
不幸なフクロウくん、半年ぶりに剥製となっての帰還でありまする。
(生まれ育った里山に戻ったので、どうか成仏しておくれ。)
そして、
音を立てずに飛べる羽の仕組みや、
クルクル回る不思議な首や、
恐ろしく鋭い爪など、
身近な教材として訪れる人が実物を通してじっくり学べると思います。
大事にします。(だからくれぐれも成仏してね。)

さてさて、そのフクロウの声がよく聞こえてきた
生活学校入り口付近の広葉樹林ですが、
この春、地主さんが一斉に伐採。
生活学校を訪れてくる人は、みな一様に驚きます。

P1310099.JPG

陽が入って一気に視界が開けてまるで別世界。
冬場、悩まされ続けた坂道の路面凍結も早く溶けてくれるかもしれませんし、
フクロウくんたちのネズミ狩りも見晴らしがよくなった分、
成功率が上がるかもしれません。

里山の広葉樹林の伐採は、決して自然破壊ではなく、
数十年単位の循環の一つのステージです。
植樹の必要なく、数十年で元に戻っていきます。

が、見慣れた風景のあまりの短期間での変化には、
やっぱり正直戸惑う日々であります。

多分フクロウくんたちも戸惑っていると思われますが、
とりあえず、別な森から声は聞こえてきていますので、
そのうち、慣れてくれるでありましょう。

   by 里山おやじ

2018年04月02日

春の図鑑編集会議

年度が新しくなりまして最初の図鑑編集会議。
前回から約2カ月。
この間に、Ⅿちゃんに実際のイラストを描き始めてもらい、
今日初めてメンバーで再確認。
素晴らしい!(ごめん、まだ公開しないよ。)
これなら、オリジナルないい図鑑ができる!と、手ごたえあり。
子供たちにも受けるものになりそうな予感。
この編集会議、さらに楽しくなってきました。

就活や卒論で忙しいⅯちゃんにどこまで頼んでいいものか、
気がかりでもあったのですが、やる気満々の返事ももらって、
この先、さらに頼むことにしたのでした。

P1310113.JPG

イラストと言えば、木こりんのイラストも本日デビューしました。
何かというと、
里山かあちゃんの「いただきますに続く道」という連載エッセイが、
本日から月1で、「岩手日日」で始まったのでありましたが、
その食事のイラストを木こりんがコラボで描いてくれることになって、
奇しくもこの日がその第1回目、掲載日。
こちらも、柔らかいタッチの素敵なイラストで、
とても心が和みました。

P1310110.JPG

そして、この日は、早くも来月掲載分の食事会も兼ねて、
かあちゃんが、そのたくましい腕を振るっての里山自給料理を写真撮影。
来月のイラストもお願いします。

ちなみに、この連載エッセイの題字とイラストを描いてくれたのが、
イラストレイターの戸田さちえさんで、
かあちゃんのプロフィール似顔絵のイラストを描いてくれたのが、
地元の高校生・美術部のNちゃん。

なんだか最近、イラストレイターとの交流が深まる
生活学校なのであります。

P1310125.JPG

そのイラストレイターのみなさんも、
ここへ来ると里山労働付きになるわけでありまして、
今日は、春の畑の畝立てや、藁マルチ作業などもがっつり
やってもらいました。

右手にペン、左手に鍬を持つ二刀流イラストレイター養成講座
随時受付中なのであります。
(岩手発二刀流はMLB初勝利、おめでとうございまする。)

   by 里山おやじ

2018年03月14日

図鑑用利活用写真撮影

ようやく雪も解け始めた里山。
先日は図鑑用の写真撮影会。

P1310062.JPG

この冬作り出したカトラリー、
数年前に作った木皿、
懐かしいペーターの木人作品、
ワークショップなどで講師先生に作っていただいたもの、
それぞれ樹種別に分けての撮影。

カメラマンは新米パパになった優介君。(本当におめでとう!)
一点、一点、きめ細かく、丁寧に撮ってもらいました。

P1310066.JPG

この図鑑づくりは、
当初、樹木に利活用に関わるオリジナルな名前を付けていく
という企画でありましたが、
実際始めてみると、それはとても難しいことが分かり、
大きく路線変更してオリジナルなイラストを多く採用することにしました。

利活用モノづくりと絡めて、この図鑑づくりが
今年の生活学校のメイン活動の柱の一つになります。

   by 里山おやじ

2018年03月06日

里山カトラリー

とりあえず、
この冬の地域資源利活用モノづくりは、
里山自生樹木カトラリーを中心として修行することに決めて、
せっせと修行に励む日々になった。

P1300850.JPG

とはいえ、数年(十数年?)に一度の大雪と低温続きの厳しい冬だったから、
雪かき雪下ろし凍結路面の破砕などの作業に追われて、
まとまった時間は思うように取れず・・・

毎日寸暇を惜しむようにひねり出した製作時間をつなぎ合わせて、
試行錯誤を記録しながら、少しずつ進んでいる感じだ。

やっているうちに必要な道具や治具もだんだんわかってきて、
一つずつ、確認しながらそろってきた。

カトラリー作りの場合、
使い手から絶対に求められる条件は、使いやすい形。

最終的にはオリジナルなものを作りたいが、
最初からそれを優先させて、使いやすさがないがしろになっては本末転倒。
まずは、参考文献の中のモノを真似て作る。
次に、実際の作家さんのモノを真似て作る。

これまでワークショップの講師として何度もお世話になった
安孫自然塾の外久保蔦雄さんの作品からは多くを学ばせてもらっている。

P1310058.JPG

何より蔦雄さんとは、
「地域資源の利活用」という共有している信念が一緒だし、
使いやすさの中にある優しいオリジナルな曲線が
とても美しくて、個人的にその感性が好きなのだ。

P1310054.JPG

蔦雄さんの作品に比べれば技術はもちろんまだまだ未熟。
でも、この農閑期は、とにもかくにも
数種類のカトラリーを、数種類の里山樹木から作ることができた。
モノづくりの物語は確実に一歩動き出したということ。
これが大事。
楽しいストーリーが生まれる手ごたえは十分にあり、だ。

P1310057.JPG

ところで、
昨年、樹木観察会用に生活学校で揃えたルーペ。
で、このカトラリーを覗いてみると・・・
表面の毛羽立ちが実によく見えてしまう。
(ハイビジョンアップ画像で顔のしわを見破られる中年女優
の悲しい気持ちがよぉぉく理解できた。)
手を抜かずに、
粒度の細かいサンドペーパーを何段階も、
根気よくかけなければ、と、肝に銘じたところ。

モノづくりは、なんであれ、本気になるほど
奥が深い領域にはまり込んでしまう。

夢中、没頭、達成感・・・この時間がいいんだな。

   by 里山おやじ