CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2014年09月02日

自由の森学園・体験学習その2

農作業の方は、「米、豆、麦」のおしごと体験。
何しろこれが自給生活では、一番大切な作物だからね。

4日間という限られた時間の中で体験できることはわずかだけど、
生活者が真剣に育てている作物を一緒に世話する体験は、
いくら本を読んでも、話を聞いても伝わらないから
やっぱり実際の体験で感じてほしいもの。

今回は鋸鎌を使って、大豆畑の畝間の草刈り作業や、

P1160742.JPG

稲刈りに備えて、畔の草刈りと集草。

毎日食べたご飯とみそ汁がここから生まれているということ。

P1160875.JPG

作業の合間には、
有機農法で苦労する害草3種、コナギ、クログワイ、ヒエの観察と
除草剤に頼らずにどう対処しているかという苦労も話しました。

P1160874.JPG

可愛いこの合鴨君たちも
決してペットで飼っているわけではなくて、
害虫や害草を退治してくれた
米作りを共にした相棒くんなのです。
そして最後は、お肉としていただくという関係でもあります。

P1160747.JPG

最終日は、雨も降ったので
家庭用電動石臼を使って、小麦の粉ひきと粉ふるいも体験。

P1170009.JPG

(早速挽きたての小麦で、
かあちゃん作のワッフルとクッキーを食べました。
わずかにフスマの混ざった粉は香ばしくておいしかったでしょ。)

P1170014.JPG

挽きたての小麦を見るのは…というより
小麦の粒を見ること自体初めてなんだよね。
この体験、大事にしてほしい。
普段食べているパンやお菓子やうどんが、
命としてどんな形のものなのか
それを育てたり加工したりすることに
どんな人の手や気持ちがかかっているのか。
単なる知識ではなくて、
それを手に残る感触として
ぜひ自分の中に残していってほしいからね。

  by  里山おやじ
  

2014年09月01日

自由の森学園・体験学習その1

今夏も埼玉の自由の森学園(通称・自森)から
3人の高校生が夏休み体験学習にやって来ました。

(自由の森学園は、テストや校則のない学校として
ユニークな教育で知られる中高一貫の私立学校です。
興味ある方は検索してみてください。)

8月25日から3泊4日の期間に、うたがき優命園で、
様々な里山生活の体験メニューと座学をこなしていきました。

熊本の「ぽこわっぱ農場」に行ってきたという
高3のSちゃんは、農業の勉強できる大学に行くのが希望。

建築に関心があるという
高2のYちゃんは、初めての体験学習参加。

「林業」という選択授業を取ってから、
将来は林業を学びたいという
高2のTちゃんは、昨年に続いての参加。

3人3様。今年もユニークな顔ぶれがそろいました。

P1160707.JPG

今春から、すっかり「チェンソー製材」にはまって
地域の杉材をいかして
生活学校のツリーハウスや森トイレ作り
に追われてきたワタクシにとっても
林業や建築に関心ある子は、
とてもいいタイミングでの受け入れになりました。

それで、今回は・・・
農的作業に加えて、こんなメニューもやってみました。

チェンソー製材のデモンストレーションや

P1160687.JPG

バールや真鍮ブラシを使っての
杉丸太原木の皮むきと丸太磨き作業体験。

P1160717.JPG

作業の合間には、
木口の年輪や、杉の材としての特徴の勉強。
3人ともとても熱心でした。

P1160721.JPG

チェンソーで製材した材のカンナがけ体験。
(この材で、これから「あずまや」を建てようと思っています。)

P1160737.JPG

さらには出来立ての森トイレや里小屋のスケッチをして、
土台、柱、桁、梁、棟、母屋、垂木・・・などなど
在来工法の基本的な構造なんかも勉強しました。

P1170024.JPG

それにしても自森の生徒は
みなスケッチが上手です。
学校でずいぶん鍛えられているのかな。
絵に限らず、
何かを表現する意欲がとてもよく育っているんですね。
これってとても大切な資質だと最近よく思います。

こういう子たちが、将来
各地域の林業に新しい風を吹かせたり、
地域の材をふんだんに使う建築に携わってくれたら
本当にうれしいことですよね。

P1160888.JPG

さて、生活学校の建物は
ほとんど柿渋を塗料として塗装しています。
3日目、フェスタで柿渋染色ワークショップをしてくれた
コシカさんに頼んで、柿渋染め体験もしました。
採りたての柿渋で。
柿のタンニンは、8月終わりが一番含有率が高いとのこと。
ベストタイミングでした。
食料だけでなく、塗料と染料になる柿。
初日の観察会では、蜜源樹であることも紹介しましたが、
実に幅広い用途のある里山の資源なんですね。

つづく。

   by 里山おやじ

2014年08月30日

第4回里山フェスタ報告・7

里小屋内は一日ワークショップを開催。
暮らしの中に里山を取り入れていただけるよう
講師の方々は、地域素材を取り入れた様々な「作る場」を開いてくれました。
お客様のアンケートでもワークショップは大変好評でした。
売る・買うだけでは得られないものを皆さん実感されていたのではないでしょうか。
koyanai.jpg

木陰のベンチは、暑い一日を通して存在感をアピール。
ここでしばし、時の流れる音に耳を傾けたり
汗をかいた体を吹き抜ける風の心地よさに目を閉じてひたっていたり
いつもより柔らかい声で子供たちと語っていたり・・
kokage.jpg

ホウの木に包まれた繭の様なツリーハウスは
訪れた皆様をやさしく包み込むように見守り
turi-.jpg

田んぼで役目を終えて帰ってきていた合鴨たちは
思いのほか子供たちの人気者になり
kamo.jpg

当日の朝に完成した森トイレはたくさんの人に運だめしをしてもらい
toire.jpg

かぁちゃんは小さなメッセージと共に心もめ〜いっぱいこめてお弁当を作りました。
DCIM1375.JPG

今回もたくさんの仲間とフェスタを迎えられ、たくさんの想いを共有できて
そして来年のフェスタに向けて動き始められたことが本当に幸せです。
出店者さんの中には今回、
自分のフェスタでの関わり方が見えてきた!
作り手としてお客様に伝えるものが見えてきた!
地域素材の利活用提案の方向が見えてきた!
などといった感想が寄せられ、これもまたうれしいことです。

お客様アンケートの中ではスタッフに向けた感謝のお言葉をたくさんいただきました。
特にも駐車場係は本当にみんな気持ちよく対応してくれていて・・
(笛の代わりに、一日中指笛を響かせていたK君にはみんな感心(笑))

まだまだな部分ももちろんありますが、
一歩ずつ、みんなで里山生活学校らしいフェスタにしていけたらいいと思います。
その歩みの中で、みんなと共有していけるものが生活学校の財産となり、
エネルギーになるんだと思います。

地域に暮らす人がいなくなればそこは荒れていってしまいます。
自然に還るとはちょっと違い
自然と共に生きている人々の暮らしがあって初めて
自然はその力を活かされ、畏敬の眼差しを向けられ、
共に生き続けていける環境を作り出すことができるのではないでしょうか。

フェスタでの収益は全て、次回のフェスタ開催費にあてています。
ここでの体験やお買い物をした時に支払ったお金は
形を変え来年のフェスタの場に現れます。
フェスタに来て感じるあの空気・空間をつくっているのはスタッフだけではありません。
自分の払ったお金の流れが見える、そんな場にもなったらいいな・・と思います。

P1160680.JPG

関わってくれたたくさんの方々に心からの感謝を込めて
ありがとうございました。

スタッフはまた日々の山作業をしながら
来年のフェスタでみなさまにお会いできるのを楽しみに
色々なチャレンジをしていきます。

By 里山かぁちゃん

2014年08月29日

第4回里山フェスタ報告・6

「わとな自然農園&てしごとやWatona」伊藤ファミリー
野菜やジャム、お菓子、パン等を販売。
就農したばかりですが、きれいな野菜がたくさん!お客様にも丁寧に説明されてました!

P1160620.JPG

「ALFIORE」のみなさんは仙台から。
加工品が中心でしたが、オープンサンドとモモジュースが大人気!
直前まで和歌山のイベントに参加していた目黒シェフ!タフですね〜。

P1160616.JPG

「てご舎」の伊東さん達。ご家族の体調の関係で直前までどうなるかわかりませんでしたが
無事参加。まごどさ(菜種油)をはじめ、おこわや紫蘇巻などを販売。
チラシ掲載間に合わなかったので、まさかの出店に大喜びしていたお客様もいました。

P1160602.JPG

「ミトン」の看板娘あいちゃん!(右側)
お母さんが徹夜で作っているのと、それらをせっせと切って袋詰めしているお父さんを
見てきただけあって、売り子さんにも気合が入っていました!

P1160618.JPG

「ローズマリー」さん。鉢物販売が中心でしたが、天然の虫よけスプレーが一番人気だったそうです。そういえば、ずーっと漂っていたいい香りはこれだったのかもしれません!

P1160614.JPG

「やえはた農園」の藤根夫妻。
自然農法で育てた野菜と、自家制味噌を使ったお菓子やパンを販売。
受付の目の前だったので合間合間にエコトイレ談義(笑)

yaehata.jpg

「Serendipity」の熱海君たち。初の古本販売&木陰で読書でした。
本との出会いも一期一会。手に取ってくださったお客様はまさにそれを感じたようです。
おやじは無添加住宅(水沢区にある工務店)の本を目ざとくチェック!
そしてなんと!無添加住宅の社長夫妻もいらしてくださり、おやじと長く語ってました。
(ゆびこびと、優子さんの旦那様はそこにお勤め・・繋がってますね〜)

P1160622.JPG

「ナチュラルハウス」雄二さん。二トン車に石窯を乗せての登場!
煙をモクモクさせながら、石窯についてミニワークショップ・試食付き。
石窯の作り方も奥が深い!

P1160660.JPG

「トコトコカタツムリ」のみなさん(って!みなさんが写ってないよ〜(泣))
里山カフェを開いてくれました。メンバー4人が揃うのは久しぶりとのことでしたが
息もぴったり!それぞれの担当を手際よくこなしていました。
ランチは早々に完売。ドリンクも好評。石鹸もさわやかな香りに包まれて、ラッピングも
可愛かったです。

P1160611.JPG
rannti.jpg

「ミズサキノート・及川りんご園・JP-STYLE」及川ファミリー。
お菓子やリンゴジュース、木工品までがセンス良く並んでいました。
しかも傍らではネームプレート作りまで開催!
大人気でいつ覗いても誰かしらコンコンやっていました。

P1160667.JPG

「anuenue makani」さん。
草木で染められた色とりどりの前掛け・靴下・ストールたち。
想像していた通り、緑の中で風になびいている作品たちは気持ちよさそうでした。
お客様たちも目移りしてましたね〜。

anue.jpg

駆け足紹介となりました(汗)
それぞれ出店者さん達もブログやフェイスブックなどで
当日の様子を紹介してくださっています!
そちらもご覧くださいね!

By 里山かぁちゃん

2014年08月28日

第4回里山フェスタ報告・5

今日からはランダムにご紹介!

まずは「和一郎のはちみつ」あいちゃん
「観察用の巣箱あるんだってね〜」とつぶやいたかぁちゃん。
次に会ったときあいちゃんは言いました「買ったよ〜」
それがこれ!
木の枠に入っていてガラス張りになっているので、普段は近づけない距離までいって
みつばちについて説明を聞けます。
あいちゃんは、消費者のみなさんにもっともっとみつばちの事を知ってもらいたい!
と、常々思っているのです。
今回もワークショップでみつろうを使った何かができないか相談していたのですが、
「何かをつくるより絶対こっち!」と。
みつばちも生き物ゆえに、天候やら人ごみやらでどんな反応を示すか分からなかったので、
今回は端っこでこっそり、おためし観察会を、それでもたくさんのお客様に
丁寧に説明してました。
お客様の反応もGOOD!
そしてあいちゃんの手ごたえもGOOD!GOOD!
来年のワークショップをお楽しみに!

P1160662.JPG

「ボディーバランス ヒーリング」ブースは今回大きな桑の木の横。
聞きなれない言葉ですが、自然の中で自然の力に包まれて体内のバランスを整えます。
ってことのはず・・事前打ち合わせで聞いた説明でかぁちゃんなりに理解した結果・・
アーユルベーダ―のマッサージや薬膳スープ、カラー診断までついて盛りだくさん。
前日は雨の中、真っ暗になるまでテント設営していた智子さんの旦那様おりさんとちとせさん。
そんなバタバタが嘘のように当日お客様は癒しの世界に浸っていらっしゃいました。

P1160626.JPG

「漢方アロマUta]さんはひっそりとやさし森でマッサージを。
布で天幕をつくり、森の隠れ家・・というより秘密基地っぽい空間です。
三年物のドクダミエキスをお分けしたので、それをさらに調合した物を使用して
ゆったりと椅子に寝そべっていただき、ヘッドマッサージ!
時折吹く風、セミの声が木陰の癒しを盛り上げてくれていました。(あぶの羽音は・・・)
終わった後は目の奥がすっきりしたとか!毎年人気のマッサージです。

P1160669.JPG

By 里山かぁちゃん

2014年08月27日

第4回里山フェスタ報告・4

出店者さんの様子は以下のブログでも紹介されています!
皆さんの写真の素晴らしさといったらもう!!

ミズサキノートさん
なんと!スライドショーでご覧いただけますっ。
由希子さんの力作です。
里山フェスタ2014【スライドショー】

KOШKAさん
ご自身のワークショップの様子を中心に
マーケット会場の様子など!
http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=kosimachi#entry_1152

anuenue makaniのかと先生
マーケット会場の様子です。
http://blog.livedoor.jp/hakukotori/archives/8505009.html

モリーちゃん
う〜む・・いろいろ・・さすがです。
http://moryhananohi.blog46.fc2.com/blog-entry-875.html#cm

今回カメラをぶら下げて会場を練り歩いていた里山おやじ。
期待して画像を開くも・・
ひいて撮りすぎですから!
(全体の様子がわかる方がいいよね・・By里山おやじ)

P1160666.JPG

P1160603.JPG

P1160659.JPG

枚数だけはいっぱいあり・・
出店者さんは・・作品は・・・・
お〜あるじゃない!

ゆびこびとさんの里山羊の羊毛で作った「里山羊」(あれ?早口言葉みたい・・)

P1160624.JPG

明日は数ある写真の中から
選りすぐりの何枚かをご紹介します。

By 里山かぁちゃん

追記
「おれもいろいろ対応に追われてて、どこ撮ってたか分かんなくなっててさ!」
って、デジカメなんだから途中でチェックしようよ〜(泣)



2014年08月26日

第4回里山フェスタ報告・3

さて、続いては、ワークショップ。
今回は、里小屋をワークショップ会場といたしました。

残念ながら、どれも詳しく見る余裕がなかったので、
写真と簡単な説明のみですが・・・。

まずは、初参加の「トコトコカタツムリ」さんの
ハチミツ練石鹸ワークショップ。
利用している地域資源は、
出店者・佐藤あいさんの「和一郎のはちみつ」。
石鹸素地に蜂蜜を練りこみ、
お好みで香りと色を混ぜひたすらこねこね。
お好きな形に仕上げていきます。
先生の美貴さんは、
とても丁寧に準備から説明、指導をしてくださいました。
3カ月の赤ちゃんを連れての参加で、ちょっと心配でしたが
何とも素敵な旦那様が、
ずーっと笑顔を絶やさず子供たちを見ていてくれました。
(旦那様、ハチの巣も見つけてくれてありがとうございました。)

P1160606.JPG

続いてお馴染みの千田優子さんの麦藁細工。
ストロースター。
里山で栽培している麦藁を使ってもらっています。
麦の収穫から手をかけて材料を準備。
「麦藁細工」の響きが固かったのか参加者さんは少なかったのですが
出来上がりの繊細さに大満足して大事にお持ち帰りしてました。
出店テントは娘さんたちに任せてのワークショップ。
こちらも家族の協力でワークショップ無事終了!

P1160656.JPG

コシカさんは、今回柿渋染め。
前日に里山で採りたての青柿が素材です。
染めは時間がかかるし火を使う・・のイメージを一新!
おろし金ですりおろしてその液を利用します。
マスキングテープや型を使いながら模様をコースターに付けていきます。
時間と共に変化する色合い。
昨年ワークショップを増やすことに決めた時
真っ先に声をかけさせてもらいました。
コシカさんも今回のワークショップで何かをつかんだ様子です!

P1160607.JPG

そのお隣では、初参加のモリーさんによる
スクラップブッキング。
春から素材となる草花を押し続けてきたモリーさん。
朝の準備は小屋内に入り込んでしまったあぶ退治から(笑)
センスの良さは指導にも表れ、みなさん素敵に仕上げていました。

P1160648.JPG

JPスタイル・ケンジさんは
木製スプーン作り。
材料は、里山のクルミ材。
削って・・やすりがけ・・の単純作業なのですが
出来上がりには個性がはっきりと。
本当は丸木を半分に割るところからやってみたかったとケンジさん。
時間の関係でかないませんでしたが、いつかはぜひ!

(この子の完成作品素晴らしかった!
    でも名前聞くの忘れちゃった。)

P1160671.JPG

出店テントでは薄くスライスした木に文字を焼いて、
穴を空けてお好きな紐を通して作るネームプレートが大人気でした。

リース.JPG

出店で初参加のローズマリーさんは、
ワークショップもしてくださいました。
材料のリース台蔓、栃の殻は里山から。
メインに使うのが土がなくても育つエアープランツ。
帰りに受付で見せてくださったお客様のリースの出来栄え・・
写真にとれなくて残念でしたが、とてもいい雰囲気でした。
「人のばかり良く見えて・・」とおっしゃっていましたが
センスの良い仕上がりでしたよ!

   

  by 里山おやじ

2014年08月25日

第4回里山フェスタ報告・2

今回もいのち森体験は盛況でした。
クライミングチームは、
秋田からも助っ人スタッフをお願いして、
あとから北上の高橋さんも駆けつけてくれて7人体制で。

P1160585.JPG

ここのスタッフは早朝の準備から
ほとんど休み時間なく丸一日の長丁場。
お疲れ様でした。

おかげで、参加者は
1人1時間近くたっぷりと楽しめる体験ができたようです。

余裕のある子は、登ってる途中でスタッフが下からぶら下がって
大きく揺らす「空中ブランコ」や
ギヤを前後逆につけてブランコする
「スーパーマン」なども体験していたと後から聞きました。

P1160653.JPG

それからツリーハウスのマザーツリーであるホオノキにも
はじめてロープをかけてみました。
そのロープで、ペーターがツリーハウスの屋根に上っていた!
と、誰かが言っていましたがホントでしょうか。
(たぶんホントでしょう。)

P1160638.JPG

ただ、ひとつ、予定していたツリーモックがかけられなくて、
楽しみにしていた人いたら、ごめんなさい。

P1160635.JPG

そのツリーハウスでは、
今回も手作りパチンコのシューティングゲームをやりました。
かなり遠くの的にも命中させた人いたそうです。
弾は、乾燥したトチの実。
的のラミネートに命中する音は、「バチン!」
結構な迫力です。

P1160631.JPG

もう一つ定番になってきたスラックラインも3本張りました。
結構高いラインも張りましたが、
補助ロープを伝って
上手にバランスを取っている子が何人もいました。
今年の甲子園出場校で、
このスラックラインを練習に取り入れている学校もあるそうな。
体幹バランスということで、野球もうまくなるのでしょうかね。

P1160639.JPG

これがツリーハウスから見た風景。
久々に強い陽射しが出て、
30度を超す気温と高い湿度で暑苦しい一日でしたが
森の中は、やはり木陰で涼しかった。
夏は、この木陰が何よりの地域資源だと
改めて思いました。

P1160583.JPG

初登場の「注文の多い森トイレ」は大活躍というか、
一時は行列になってしまったそうですみません。
(でももう一つは作れないなあ。)
評判も上々。
そしてなにより
「注文」通り、とてもきれいに使っていただき
ありがとうございました。
いつかやってみたいエコトイレサミット!

   by 里山おやじ

2014年08月24日

第4回里山フェスタ報告・1

うわっ、昨日のブログアクセス数1550!
(今まで一度も1000を超えたことなかったのに。)
フェスタ当日の記事を期待されていたんだろうな。

すみません、昨晩は、フェスタが終わって
肩の荷が全てまぶたに移動いたしまして
死んだように爆睡いたしました。

と、いうわけで、今日から第4回里山フェスタの報告です。


前日まで、連日の雷雨で、今回の会場準備は、
事前に何もできずホントに苦労しました。

P1160581.JPG

出展者さんのテント張りは、ほとんどが当日の朝。

今回はいのち森にも
受付やシューティングゲームの仕掛けがあるし、
クライミングやスラックラインなどの準備も、
前日には一切できなかったので、スタッフは朝が大変でした。

P1160589.JPG

一方、目標の森トイレは、
トイレットペーパーホルダーやおがくずや
「注文の多い森トイレ」という看板などなど
細かい部分は当日の朝にようやく完成。

P1160583.JPG

「うん」だめしすることなく、
「うん」は天に任せてフェスタを迎えました。
(結果的にこのトイレはとても好評で
嵐のような日々の努力は報われました。)


さて、今回は、草地の駐車場が
ところどころぬかるんでしまい、
あちこちでタイヤがスタック。

P1160594.JPG

人力で車を押す事になった駐車場係りの皆様は、
炎天下の下、相撲部屋の稽古のような一日になってしまいました。
とにかくとにかくお疲れ様でございました。

これが野外イベントの辛さ、難しさですね。

それでも、当日に雨が降ることなく
晴れた空のもとで、
スタッフ含め340人の参加者で、
第4回の里山フェスタがにぎやかに開催できました。
まずは、お天道様に感謝であります。

つづく

  by  里山おやじ

2014年08月22日

森エコトイレ作り・その9

フェスタ直前が、この記事でいいのか、
という問題はこの際置いといて。

森トイレは完成に向かってまっしぐら。

P1160543.JPG

正面の中古引き戸も何とか取り付けました。
雨続きでぐちゃぐちゃのアプローチも整備完了。
建物自体はこれでほぼ出来上がりでございます。
屋根のトタンは、あとで張りますが。

これだけでも、よくここまで間に合ったものだと
我ながら感心しているのでありますが、
今回はトイレ。
建物だけではありません。

P1160555.JPG

便座も便器も木製手作りなのです。
特に便座は苦労しました。
座り心地がどうもよくない。
何人もの人に座ってもらってはナイフで改良、を繰り返し、
やっと、いい感じになってきました。
毎日何気なく座っていた便座というものが
いかに良くできた形であったか
ということを思い知りました。

P1160559.JPG

でも、まあ、試行錯誤を繰り返して
ようやくできた便器と便座。
出来栄えは上々です。
急遽思いついた便器内側の畔波シート。
これは結構ヒットでした。

P1160563.JPG

ドライコンポストと
地下浸透方式を組み合わせたトイレですので
コンポストの方は、こうして便槽(漬物ダル)を交換します。

途中何度もフェスタには間に合いそうもないと
諦めていた森エコトイレでしたが、
連日の助っ人と
毎日日没までの嵐のような怒涛の追い込みで
こまごまとやり残したところはあるものの
これで何とか、フェスタに間に合いそう・・・。

(あ、「小」テストと「うん」だめし、まだしてないや。)

それで、この場を借りて、
当日参加される方に、当トイレ使用上のお願い。

・@木製便座を汚さないために、男性も座ってご使用ください。
 A使用後は、用意したおがくずを振りかけてください。
 B使用したトイレットぺーパーは、ゴミ箱へ捨ててください。

なんだか、「注文の多い森トイレ」ってな感じですが
岩手だけにそれもいいのでは。

エコトイレがエコトイレであるためには
作る人と使う人の力が合わさって
初めて実現するものだと思うので、
なにとぞご協力お願いいたします。

あー、疲れたー!
あとはフェスタ楽しむぞー。

   by (フェスタ前に燃え尽きた)里山おやじ