CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域に暮らす私たちが、地域資源の魅力に気づき、
楽しく活用するしくみづくり

2019年01月16日

サシバ田んぼプロジェクト・1

昨秋、岩大の東先生が連れて来てくださった有名化粧品会社・
ラッシュジャパンのバイイング(原材料調達)チームスタッフの方から
このサシバ保護プロジェクトのショートムービーが公開されたという
連絡をいただきました。

とても素晴らしい内容ですし、
映像アートとしても実に見事な作品になっています。

サシバ研究の第1人者・東先生はもちろん、
てっちゃんと私も谷津田の米生産者として登場しております。
ぜひ、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=6B9IrWflJl8

昨秋に買ってもらった米や米ぬかを化粧品フェイスマスク
(商品名・ドントルックアットミー)に利活用してもらったほか、
藁は、包装用紙に使ってもらいました。

一方、ラッシュジャパンとこの活動を共に取り組んでいる
自然保護協会のサイトにもこのプロジェクトの記事が紹介されています。
こちらもぜひ読んでみてください。

https://www.nacsj.or.jp/media/2019/01/14262/

P1310417.JPG

今年は、このサシバ田んぼプロジェクトを出来る限り深めていきたい!

   by 里山おやじ


2019年01月03日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

年末年始、里山は例年通りの雪、雪、雪。

P1330317.JPG


雪かきから帰って来ては餅をたらふく食べて・・・

P1330318.JPG

年賀状を書き書き、お節を心行くまで平らげ・・・

そして、箱根駅伝の名勝負を聞きながら、
(東海大初優勝おめでとう!)
木工部屋に閉じこもった正月でありました。

P1330324.JPG

と、いいますのも、
年末から試行錯誤を繰り返しているものがありまして、
これ、今年の生活学校のモノづくりのメインにしたいものの一部なんですが・・・
なかなか思うようにいきませぬ。

P1330337.JPG

まぁ、だからこそ、
こういうはじめての試行錯誤は、
ちょっとゆるめの正月気分の中で、
ゆとりを持ちながらやるのがなかなかいいもんであります。

今年は、樹木利活用図鑑の完成という大目標と合わせて、
モノづくりをがっつりと進めていきます。

そんなわけで、節目の10年目を迎える里山生活学校、
本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

posted by 里山生活学校 at 16:34| Comment(0) | 未分類

2018年12月27日

神社しめ縄

どうやらこの冬は,
とことん稲わらにご縁のある流れらしい。笑
今年は、地元熊野神社の世話人の役(10年に1回くらいかな。)
が久々に回ってきて、
年末の神社大鳥居にかける大きなしめ縄づくりに
初めて駆り出されて
貴重な体験をさせてもらってきた。

P1330267.JPG

興味津々で一人カメラまで持参。

まず、3本の土台を藁で形作る。
中央が太く、両端が細く、なめらかな曲線になるように
バランスを調整しながらの作業だ。

続いてその土台にびっしりときつめに縄を巻き付ける。
神事はすべて左巻きが習わしということで、
間違わぬよう慎重に気を配る。
全長9メートルもあるので、
単調な繰り返しとはいえ、これが結構時間がかかる。
しかもそれが3本である。
(8時半から集まって午前中では終わらず、昼をまたいでの大仕事だ。)

P1330272.JPG

ようやく縄が巻き付けられた3本は、
一年間の風雨に耐えられるように、全てサランラップを巻き付ける。
(これはちょっと近代風アレンジ?)
最後に数人がかりで力を込めてぐいぐいとよっていく。
まず2本。さらにもう1本を加えるのだが、
何せ太いので力仕事だ。特にもっとも太い中央部は力が必要。

P1330282.JPG

そうして出来上がったしめ縄は、
皆で、脇に抱えて歩いて大鳥居まで運ぶ。

P1330291.JPG

一年間吊るされていた古いしめ縄を大鳥居から下ろし、
出来立ての新しいものを吊り下げた。

新年を迎えるための大変な手間である。
これが、農村の伝統。
米がとれた後の稲わらを無駄にすることなく見事に利活用している日本人。
人と自然の調和を尊ぶ心がとてもよく表れている気がする。

これも大きな藁細工の一つの形だ。
来年は生活学校としてこの稲わらにみっちり関わっていきたいものだ。

そんなわけで、これが今年最後の記事になります。

みなさま、どうぞ、良いお年をお迎えください。

   by 里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 18:53| Comment(0) | 未分類

2018年12月20日

稲わら細工見学

まだまだ続く稲わら細工ネタ。

今日は、先週稲わら細工ワークショップでご指導を受けた
小野寺先生のご実家を訪ねて、色々見学させていただいた。

なんと、なんと、こんなに近くに稲わらの先生が!
車でほんの5分。いや、3分か。
しかも、毎週、優命園の卵を産直でで購入いただいてた、と。
なんと、なんと、びっくりの連続。

P1330224.JPG

さてさて、まず、見せていただいたのが、一番気になる藁の乾燥と保管。
収穫後、すぐにこうした日の当たらぬ場所に吊り下げる。
日焼けしたものは、表面の肌がよろしくない。
出来ればビニルハウスではなく、小屋などの中が良いとのこと。

P1330228.JPG

続いて、藁すぐりの実際作業も見せていただいた。
ポイントは、このお馴染みの畑道具。
これで、髪を櫛でとかすように藁元を梳く。
なるほど、これは早くて便利だ。

ちなみに優命園産の稲わらも梳いてもらってみたところ、
藁がかなり太いので、かご作りには難しく、
むしろ、草鞋作りに向くそうだ。

P1330226.JPG

そうして、藁すぐりしたものを、この藁打ち機にかける。
いいなあ、こういうノスタルジックな昭和!という機械。
宮崎アニメに出てきそうな雰囲気が実に良い!

P1330230.JPG

次に、現在制作中のパン籠の作業工程も
ていねいに説明しながら見せて下さった。
なるほど、なるほど。
この試作は、かなり青みが強く残る藁が使われていた。
これは意識的にそんな藁だけを選んでおられた。

P1330235.JPG

最後に見せていただいたのが、
イグサで作るミニチュア草鞋。
これはかわいい!
そしてよくできてる。

わずか1時間半で、次から次にいろいろなものを見学させていただき、
こちらの山のような質問に答えて下さり、
有り難い学びをたくさん持ち帰ってきた。

何度も言うが、こんなに近くに、こんな先生が・・・。

農山村の奥深さをまた一つ垣間見た気がする。

   by 里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 22:25| Comment(2) | 研修

2018年12月15日

稲わら鍋敷き

先週に引き続いて、
稲わらワークショップの2回目。
今回は花子さんも参加。

各自宿題でなってきた縄を使っての鍋敷きづくりです。

P1330207.JPG

編み方自体は先週習ったのですが、
本物の稲わらでは、
先週練習したビニール縄の様にスムーズにいかんのです。

1時間以上、無言でみっちりひたすらに編み込んで、
よ~~やっと完成したのが、これ。

人生初の稲わら作品。
達成感はあり。
紫黒米の稲わら模様もそれなりの味わいはある。
家では使うよ。
使うけどさ・・・・

P1330212.JPG

まあ、なんというか、当たり前な事ではあるが、
小野寺先生の作品と比べると、とにかく武骨でワイルド。
繊細さのかけらもない。

手先の技巧の差はもちろんであるが、
それ以前に第1の原因は、宿題でなってきた縄の差である。

私を筆頭に、みな縄が太すぎるのである。

P1330214.JPG

そこで先生に頼んでもう一度、縄ないの手本を見せていただく。
百聞は一見に如かず。

ふむふむ、なるほど。
どうやら一番の違いは、なっていく際の材料の藁の選び方だ。
なるべく節のない部分を選んだり、
あったとしても、節は外して、ない込まないようにしている。

P1330220.JPG

素人はついつい節の方が丈夫に見えてしまうのだが、むしろ逆。

そうか、わかった。
ここを改善すれば、繊細な縄がなえそうだ。

「家でやってみてください。」と、
先生から提供していただいた紫黒米の稲わらを持ち帰り、
冬場の特訓を心に誓ったのでありました。

ワークショップとしてはこれで終わりかもしれませんが、
今後も希望者にはご自宅で指導して下さるということで、
農閑期にぜひお尋ねしてみようと思います。

2週にわたってご指導いただいた小野寺先生、
大変ありがとうございました。

    by 里山おやじ

   
posted by 里山生活学校 at 17:52| Comment(0) | 研修

2018年12月08日

稲わら細工

なにかと、稲わらのご縁が続きます。

今日は地元地区センター開催の
「稲わらワークショップ講座1回目」に参加してきました。

P1330178.JPG

最初ということで、まずは基礎的な縄ないから。
ま、これさえも初めてだったワタクシなんぞ、
写真撮る余裕全然なくて、あっという間に時間が過ぎました。

P1330176.JPG

生産者として興味深かったのは、
稲わら用の古代米栽培。(写真左の紫色の藁。)
ただし、刈り取り直後の陰干しというのは、
量が多いだけに簡単ではなさそう。

P1330181.JPG

講師先生の小野寺さんは地元出身の方で、
とても丁寧に細かいコツを次々と教えて下さりました。

おかげさまで、
ワタクシのような素人にも、なんとか縄と呼べるものがなえたのであります。

P1330190.JPG

このあと、ビニル縄で、鍋敷きづくりトレーニング。
こちらは縄ないよりもかなりてこずりました。涙

農閑期に、暖かい畳の部屋で車座になっての手作業というのは、
農村ならではの、とてもほっとする光景です。

来週までに、8メートルくらいの縄をなってくるという宿題をもらって、
本日はここまで。

次回はその縄を使って、鍋敷きづくりに挑戦です。

   by 里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 17:46| Comment(0) | 研修

2018年12月06日

猫ちぐら

先日、藁すぐり作業にわざわざ葛巻から来てくれた
風蔵の地歩さんから、ニャンとも素敵なプレゼントが来たあ!

P1330155.JPG

作業中、甘え上手な特技をいかんなく発揮して、
地歩さん一家のハートをわしづかみにしたサラに、
最高級の稲わら猫ちぐら。

藁すぐりの大変さがよーくわかっただけに、
この手間暇を想像すると、感激。

大喜びのサラちゃん!
この一足早いクリスマスプレゼントを機に、
そろそろネズミの1匹でも捕ってほしいんだけどなあ・・・。

   by 里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 21:06| Comment(0) | 未分類

2018年12月01日

サシバ田んぼプロジェクト(仮称)

藁細工工芸に利活用してもらう稲わらをとりに、
今日は遠路はるばる葛巻から風蔵さん一家がやってきた。

フェスタでも毎年のように、
素敵な樹皮細工や藁細工を作って出店し続けていただいてる地歩さん。

DSC_1427.JPG

今、優命園の稲わらで作っていただいているのがこの素敵な藁かご。
ぬくもりがあって、とても味わい深い籠だ。

今日はこの材料の藁を取りに来ていただいた、というわけ。

P1330060.JPG

稲わらの束から材料にできる良いものを選び取る作業をわら選りと言って、
「これが作業の半分以上」と聞いていたので、
一緒に体験させてもらうことにした。

わざわざ葛巻まで材料を運搬するにしても、
わら選りしてから運べば、ロスが大幅に減るし、
という軽い気持ちだったのだが・・・。

しかーし。
実際にやってみて、この手間に驚いた。

ランチを挟んで大人4人で3時間。

細いもの、折れたもの、変色したものなどをはじいて、
さらに必要な場合は袴という部分をはがして、
長さをそろえて切る、
という手仕事を、
冷たい北風吹く中、鼻水すすりながらがんばって、
やっとそろったのがわずかにこの量。

ざっと見て最初の5分の1くらいか。
これで作れるかごは、わずかに2つ程度だという。

P1330067.JPG

来春から生活学校では、
「サシバ田んぼプロジェクト」(仮称)なるものを始めていく予定。

これは、サシバ研究者の岩手大・東先生が、
サシバ保全活動に取り組む「自然保護協会」さんや「ラッシュジャパン」さんを
生活学校に連れてきてくださったのがご縁。

それで、風蔵さんの藁細工もぜひその輪の中に入ってほしくて、
乾燥から脱穀後まで、この稲わらは、
いつになく丁寧に扱ったつもりだったのだ。

が、今日初めてわら選りしてみて、よくわかった。
わら加工まで視野に入れた稲作にするには、
まだまだ工夫が必要だということ。

まずは初めてそれが分かっただけでも良しとしよう。
プロジェクトの第1歩、である。

   by 里山おやじ


2018年11月17日

森プロ日記・秋3

ようやく秋の農繁期も終わり、
毎週連続で森プロ作業ができる季節になった。

P1320613.JPG

この秋は暖かくて、岩手の11月だというのに、
夢中で作業を続けていくと汗ばむこともしばしば。
これだけ暖かいと体も楽で、作業もはかどり、楽しい。

とはいえ、先日は、初霜、初氷。
厳しい冬はもうそこまで来ている。
気がつけば、美しかった紅葉もみな散り去っている。

P1320685.JPG

図鑑づくりで、すっかり美しいショットを探す癖がついてしまい、
この秋は、作業中によく手が止まる。

P1320637.JPG

花も実も葉も、
それぞれがみな独自の姿形や色をコトバとして、
静かに誰かにひたすらに伝え続けているんだろうな。

P1320642.JPG

生活学校が現在作っているのは、
樹木の利活用図鑑なので、例えばこうした美しさは、
「花材」としての利活用があって初めてカウントしている。

20181021-1U0A2875[1].jpg

けれども、里山には、利活用として数えられない美しさも、
あちこちにちりばめられているわけで、
それをすべて図鑑に拾い上げられないことがもどかしい。

P1320711.JPG

おっと、いかん、いかん、脱線した。
作業に戻らねば。



   by 里山おやじ

2018年11月12日

若者サミット・秋・4

里山の秋の収穫、残るは柿とカボチャ。

カボチャは鶏たちの冬場の貴重な緑餌で、
毎年600個以上収穫する予定で作付している。

今年は嬉しい誤算の大豊作なので、
受験目前の次男も休日の昨日は、(半強制的に)お手伝い。

P1320705.JPG

露に濡れた足元に「滑らぬよう」
コンテナに詰めたカボチャを「落とさぬよう」
頑張って、2時間で300個近くの収穫と収納完了。
今年は1000個いけそうだ。
が、とりあえず日も暮れたのでここまで。

そういえば先週は、暗い中、
このあたりでヒロ君スマホをみんなで探したっけなあ・・・。
まぁ、ヒロ君も昨日新しいスマホ買ったって聞いたから、
諦めもついたんだろうけど・・・
今回の教訓は、スマホ持って農作業するときはカラスに要注意!
ってことだよな。


んでもって本日。
次男がカボチャ収穫し終わった畑の草刈りをしていると・・・
刈り払い機に、何かがかすって、カチッ!という金属音がした。

ん? なんだべ? え? あああああああ、
これは、なんと、1週間前に遭難したあのヒロ君スマホではないか!!!

もはや息はない。
が、家に戻って充電という名の心肺蘇生をすれば、復活するかもしれない。
しかし、今確かに、カチッとぶつかったぞ、カチッと。
大丈夫なのか!

それにしても、
正確な発見場所は、
ヒロ君が落としたはずだと言った3本の柿の下ではなく、
(この3本の周りはくまなく探したのだ。)
一番離れた田んぼ寄りの柿の木のそばだった。

これは一体どういうことだろう、ワトソン君?

そして、何よりも、声を大にして言いたいのは、
あのGPSが表示した1キロ先の田んぼはいったい何だったんだー!!!
と、いうことである。
カラスくんには無実の罪をかぶせてしまった。

これはいったいどういうことだい、ジョブズ君?

GPSは自信満々に、さも偉そうにピンポイント情報を表示してたぞ。
暗闇の中ライト付けて、しかも他人の田んぼを
なにやら捜索していた集団は、周りからさぞ怪しげに見えたに違いない。

今回の教訓は、
ジョブズ君のおもちゃは、そんなに信用してはダメよ!
ってことではないか。

P1320708.JPG

現在スマホ君は、心肺蘇生中・・・。



   by(いまだのジョブズ君のおもちゃを持っていない)里山おやじ