CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

さんの画像
リンク
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/satotakahiro/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/satotakahiro/index2_0.xml
月別アーカイブ
最新トラックバック
佐藤孝弘、怒涛の読書日誌@東京財団
名前佐藤孝弘
性別
誕生日1975年9月30日
星座てんびん座
血液型A型
都道府県北海道函館市出身
職業東京財団研究員兼政策プロデューサー
マイホームページhttps://blog.canpan.info/satotakahiro
E-mailsato@tkfd.or.jp
1975年北海道函館市生まれ。小学校卒業後、父の仕事の都合で東京へ転居。

東京都立日比谷高校、東京大学法学部卒業後、経済産業省に入省。経済産業省では中小企業庁にて税制改正、会社法・会計関連制度改正への提言のとりまとめ等に携わる。
退官後、自営業(飲食店経営)、日本経営合理化協会勤務を経て、現在、東京財団研究員兼政策プロデューサー。

学生時代は北岡伸一ゼミ第一高等学校・東京大学弁論部に所属。
兄は昆虫彫刻家の佐藤正和重孝

東京財団のプロジェクトでは、会社の本質と資本主義の変質研究(岩井克人主任研究員)、税と社会保障の一体化研究(森信茂樹上席研究員)等を担当。

関心事項は、雇用政策、年金制度、医療制度、地域再生、地方行財政改革、企業法制、税制の抜本改革、建築法制、学校選択制、会計基準、政治システム改革等。

これまで関わった東京財団での政策提言
「株式会社の本質と敵対的買収 ―敵対的買収ルールに関する東京財団案―」
「住宅市場に“質の競争”を 〜建築基準法の本質的欠陥と改正提言〜」
「新時代の日本的雇用政策〜世界一質の高い労働を目指して〜」
「日本のIFRS(国際財務報告基準)対応に関する提言」
「中小企業向け無担保資金繰り環境の整備―『現場の声』からの問題提起―」
「“住宅難民”の発生を防げ 住宅買い上げ制度創設の提言」
「納税者の立場からの番号制度導入の提言」
雇用政策に関する提言(第1弾)「緊急雇用対策に1兆円の前倒しを」
雇用政策に関する提言(第2弾)「就労インセンティブ機能の創設と労働需給構造改革を」

著書
「M&A国富論」岩井克人氏と共著、プレジデント社2008年9月
第三回M&Aフォーラム賞正賞を受賞
「学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ」安田洋祐編著、NTT出版2010年3月。第一章「日本における学校選択制」を執筆。
「IFRSに異議あり 国際会計基準の品質を問う」岩井克人氏と共著、日本経済新聞出版社2011年5月

雑誌・新聞等
「敵対的買収を考える 良い経営者選抜の手段に」日本経済新聞「経済教室」2008年2月6日→「日経経済教室セレクション」(日本経済新聞社編)2008年12月、所収
「内需拡大の柱、住宅の質向上 耐震基準強化を最優先に」日本経済新聞「経済教室」2009年2月16日
「会社の付加価値を高めるM&Aルールを ロナルド・ドーア氏に応える」「世界」2009年6月号所収
「建築基準法の本質的欠陥と改正提言」「建築雑誌」2009年5月号、所収
「建築基準法“安全幻想”と自治体の役割」「地方自治職員研修」2009年6月号、所収
「鳩山政権の雇用政策の基軸 技能蓄積と生産性向上に的を」日本経済新聞「経済教室」2010年3月19日
「「頑張れば正社員」の期待持たせる有期雇用の問題点」「週刊エコノミスト」2010年6月1日号所収
書評「国会議員の仕事―職業としての政治」(中公新書)」「正論」2011年7月号所収