CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ブックマーキング of ぶっくま〜くす

アマゾンをはじめ、世の中に本を紹介するものは無数にあるし、あるいは既に出来のいいサイトがあることを承知でこのサイトを立ち上げました。あくまで私的な読書記録として気の向くままに書いていきたいと思います。


<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
『1,2,3で、施設商品』 [2009年12月03日(Thu)]
今日は、私の働く日本財団のCANPANプロジェクトチームメンバーの山田さんが発案された「1,2,3で、施設商品」の日というわけで、福祉施設で作られている商品を紹介をさせていただきます。

私が紹介するのは、「おかし屋ぱれっと」さんです。

■おかし屋ぱれっと
http://www.okashiya-palette.or.jp/

いつかお店の方に行ってみたいな〜と思いつつ、まだ足を運べていないのですが、では何故こちらのお店を紹介するかといいますと、実は結婚式の2次会で、参加していただいた方への粗品として、ぱれっとさんで作られているクッキーをお渡しさせていただいたのです。

もちろん私自身も食べましたが、とてもしっとりとしていて、優しい味だったのを今でも思いだします。いらしていただいたお客さんにもとても喜ばれました。

この場をお借りして、改めて御礼させていただきます。
本当に有難うございました!笑顔
鳥インフルエンザ情報 [2008年04月30日(Wed)]
十和田湖で、毒性の強いH5N1ウイルスに感染したと見られるハクチョウの死体が発見されたというニュースが、今朝方、各報道機関で伝えられた。

一方で、国や行政も、新型インフルエンザ発生に備えたワクチンの開発や、緊急時の避難対策等を急ピッチで進めている。

以前より、新型インフルエンザの脅威と、それに対抗することの難しさは、様々な書籍や報道により伝えられていたが、ひとつ我々市民ができることとしては、日頃から、どこにいけば確実な情報を得られるのか、ということを可能な限り把握しておくことだろう。

基本的な情報は、厚生労働省のサイトや各保健所のサイトで入手できる。
今後必要とされるのは、いざ新型インフルエンザの発生が確認された際に、どこの医療機関に行けば適切な情報を得られるのか、といった情報だろう。

国民がほぼ一人一台携帯電話を所有する時代にあって、例えば、自分が現在いる地点から、最寄の医療機関が検索できる、などといった、市民に即時に情報がいきわたるようなしくみづくりも必要となるだろう。

以下参考情報

■厚生労働省のページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html

■小樽市保健所勤務の外岡氏のサイト
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/index2.html

※外岡氏のサイトは、海外の最新動向なども逐次入手し、アップしている。
 個人のサイトとしては、情報の量と質において、圧倒的に優れたサイトだと思われる。 
プロフィール

日本財団 木田さんの画像
日本財団 木田
プロフィール
ブログ
最新コメント
小林董信
北の大地の熱い人達 (08/21)
日本財団 木田
「良心ある企業」の見分け方 (08/29)
海もんもん
無線機を買いました (06/30)
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/satosato/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/satosato/index2_0.xml
Google