CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ブックマーキング of ぶっくま〜くす

アマゾンをはじめ、世の中に本を紹介するものは無数にあるし、あるいは既に出来のいいサイトがあることを承知でこのサイトを立ち上げました。あくまで私的な読書記録として気の向くままに書いていきたいと思います。


<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Web2.0 BOOK [2006年06月22日(Thu)]
「Web2.0」今、IT業界やビジネスでおおはやり、おおモテなこの言葉。新聞や雑誌にも最近取り上げられることが多くなりました。でも、一体ウェブ2.0って何なんだ?といった時に、トータルに説明してもらえる便利な本、それがこの「Web2.0 BOOK」です。本屋さんに行くと山積みになっていて、しかも結構売れているっぽいので、あまり宣伝するのも癪なのですが、最近のネット業界の動向を概括的につかんでおくのに、大変便利な本なので、ご紹介します。

本についての詳しい紹介はこちらです。↓
http://home.impress.co.jp/reference/2226.htm
韓国インターネットの技を盗め! [2006年05月26日(Fri)]
先日、会社の先輩から薦められて読んだこの本、かなりおもしろかったです。2001年に出版された本なのですが、今でも全く新鮮さを失っていません。むしろまだまだ参考になりそうなネタがいっぱい詰まっているようにも思えました。
ここでは、韓国の先進ITビジネス企業20社をケーススタディとして取り上げ、いかにして成功したか、課題点はどういった所にあるのか、といったことについて、分かりやすく紹介されています。各事例が大体2〜3ページで纏められているので、さくさく読み進むことが出来ました。特におもしろいなぁと思ったのは、「フリーチェル」というチャットを中心としたコミュニティポータルサイト、「マイゴング」という共同購入サイトなどです。日本ではまだコミュニティ型のサイトはヤフーやミクシィなど限られたサイトにとどまっているように見えますが、韓国ではかなり爆発的に、しかも早い段階からこうしたツールが使われているようです。これは本書の中でも指摘されているように、韓国の民族性にもよるところが大きいのかもしれません。
それにしても韓国、熱い国だねぇ。キムチパワーはやはり凄かったか・・・。

本書の詳細はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756138578/250-1456680-8775437?v=glance&n=465392
ブログ道場(エコロジーオンラインのお話) [2006年04月28日(Fri)]
私の関わっている公益コミュニティサイトの中で、その中身をより多くの人に知ってもらう目的で「ブログ道場」と呼ばれるセミナーを定期的に開催している。今回はその3回目で、環境活動問題に取り組んでいる「エコロジーオンライン」代表の上岡さんに登場していただきました。
上岡さんは、もともとソニーミュージックで様々な音楽のプロモーションを手がけてられていたそうです。お話とってもおもしろかったです。
環境問題というと、結構難しくって、何だか眉を吊り上げた人が多そうだなという私の個人的な偏見をくつがえすような、全くフレッシュで軽くっておしゃれな感じの人でした。
何より自然と音楽が好きな自分にとっては、これからますます活動が楽しみな人です。
ウェブ進化論 [2006年04月08日(Sat)]
最近Web2.0という言葉をよく耳にする。
現在ネットの世界では、一方向的な情報発信をするサイト
だけでなく、双方向での情報交流を促すようなサイトが
活発化してきている。
ヤフーなどが基本的に一方向での情報発信サイトであるのに
対し、グーグルなど、最近の新興サイトには、ネットサーファーの
能動的な行為を促すサイトになってきている。
特に今私が書いている、こうしたブログや、ミクシィなどは、
その具体的な形だ。
本書では、そうした新たな動きについてビビットに報告しているが、
一番興味深かったのは、筆者が事例紹介の中で書いている、
ネットを使った問題解決の手法だ。
リナックスをはじめとするオープンソースについては、
今やネットの世界では常識になりつつあるが、
これを、社会問題を解決するツールとして使いうる、ということについて、
コレラの蔓延を防ぐというテーマで取り組んだ事例が紹介されていた。
公益事業に携わる者として、問題解決手法の一つとして、
是非取り入れていきたいと思う。

本についての詳しい紹介はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062858/503-5480261-7829529
プロフィール

日本財団 木田さんの画像
日本財団 木田
プロフィール
ブログ
最新コメント
小林董信
北の大地の熱い人達 (08/21)
日本財団 木田
「良心ある企業」の見分け方 (08/29)
海もんもん
無線機を買いました (06/30)
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/satosato/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/satosato/index2_0.xml
Google