CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

高橋聡美さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
グリーフを支える仲間たち
最新記事
http://blog.canpan.info/satomilab/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/satomilab/index2_0.xml
最新コメント
高橋聡美
父の命日 (10/16) 小林昭雄
父の命日 (10/11) 小林昭雄
父の命日 (10/11) 高橋聡美
悲嘆講座in 仙台のお知らせ (10/08) 千葉由美子
悲嘆講座in 仙台のお知らせ (10/08) 西村洋子
亡き母へのメッセージ 〜母の日プロジェクト〜 (05/11) 高橋聡美
移動のお知らせ (05/03)
移動のお知らせ (05/03) 高橋聡美
セルフケア  (04/26) 高橋聡美
移動のお知らせ (04/26)
最新トラックバック
Jimmy (05/08)
scr8888 (03/29)
高橋聡美の研究室
名前高橋聡美
性別女性
誕生日1968年1月14日
星座山羊座
血液型O型(典型)
都道府県出身:鹿児島県→東京→千葉→宮城→スウェーデン→仙台→東京
詳細住所防衛医科大学校
職業看護学科 精神看護学 教授
E-mailsatomiit114@gmail.com
趣味旅行 釣り 料理 Pokémon GO
故郷鹿児島に恩返しをすること  
特技没頭
長所思い立ったらすぐにやる
短所やらないと気が済まない
家族構成夫と娘2人
好きなもの富士山、東京タワー、パンダ
桜島、東シナ海、加世田
最近気になっていることTwin Soul
今欲しいもの 温泉旅行 こもって本を読む時間
最近ハマっていることお散歩
愛について祈りあるところに愛が宿る
愛してるもの自分の名前
故郷:鹿児島
スウェーデン
おもな活動子どものグリーフサポートの全国展開
子どもの自殺予防教育(SOS出し方教育)
自殺予防教育(学校での授業)
【大事にしている想い】  
誰かの心に居させてもらえることはありがたいこと。

<職歴など>
1989年〜自衛隊中央病院(精神科・神経科)
1993年〜国立精神・神経センター国府台病院(精神科・心療内科・内科 付属看護学校講師兼任)
2003年〜2005年 スウェーデン在住
2006年〜宮城大学 (看護学科 精神看護学 助手)
2009年〜仙台青葉学院短期大学 (看護学科 精神看護学 講師)
2012年〜つくば国際大学(医療保健学部 看護学科 教授)
2014年〜 防衛医科大学校 (看護学科 精神看護学 教授)

学位:博士(医学)
   


<著書>
『グリーフケア死別による悲嘆の援助』
メヂカルフレンド社(編著)2012年5月
『ひとりじゃない ドキュメント震災遺児』
NHK出版社(共著)2012年11月
『子どものグリーフを支えるワークブック〜場づくりに向けて〜』
梨の木舎(監修・共著)2013年6月
『死別を体験した子どもによりそう―沈黙と「あのね」のあいだでー』
梨の木舎(共著)2013年6月


<社会活動>
・NPO法人子供グリーフサポートステーションアドバイザー 2013年〜
・東日本大震災子ども支援ネットワーク アドバイザー 2011年〜
・学校危機メンタルサポートセンター 共同研究員 2011年〜


<研究テーマ>
・精神科領域における在院日数の短縮
・精神障害者のQOL
・精神科病棟の火災について
・自死遺族支援体制の構築
・犯罪加害者家族の心のケアについて
・遺児のためのグリーフサポート


<助成金・科研費>        
2005年  勇美記念財団在宅医療助成 
「精神科領域におけるQOL」

2007年  文部科学省科研費若手(スターター) 代表
〜2008年 「死因に焦点を当てたグリーフケアのあり方の検討」

2009年  社会安全財団研究助成  
「犯罪加害者家族の支援体制の構築に関する研究」

2010年〜2012年 文部科学省科研費(基盤C) 代表
「統合失調症の入院期間に関する研究」 

2012年〜2014年 文部科学省科研費(基盤B) 分担
「東日本大震災における遺族への心理社会的支援プログラムの開発と検証に関する研究」

2014年〜2016年 文部科学省科研費(基盤C) 代表   
「死別を体験した子どもの心理・社会的サポートの構築と検証に関する研究」

2015-2018 文部科学省科研費(基盤B) 分担
「東日本大震災後の喪失悲嘆に対する中長期の心理社会的支援プログラムの開発と検証」

2017年〜継続 文部科学省科研費(基盤C) 代表
「子どものグリーフサポートの実践 〜死因とレジリエンスに焦点を当てた検証〜」