CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年03月 | Main | 2019年05月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】4月19日(金) [2019年04月19日(Fri)]
4月19日(金)

7:15 財団着

8:00 「ダイバーシティー2020展覧会」打合せ

9:00 潮田政明 日本モーターボート競走会会長

10:30 浜中啓一 青梅市長

11:35 平成28年度笹川科学研究助成及び笹川スポーツ研究助成「研究奨励の会」挨拶

14:00 インドネシア教育大学日本語教師デウィ・クスリニ女史
     ブカレスト大学国語学部日本語学科博士課程 モカヌ・マグダレナ女史

19.04.19 クスリニさんとマグダレナサン(Sylffフェロー).jpg
クスリニさん(右)とマグダレナさん(左)


13:00 デレク・ミッチェル全米民主国際研究所所長

19.04.19 全米民主国際研究所 デレク・ミッチェル所長.jpg
ミッチェル全米民主国際研究所所長


16:00 韓国 社団法人・南北民間交流協議会 金弘傑理事長

18:00 山田憲典 山崎製パン最高顧問

22:15 羽田空港着、タイへ
「弾丸出張」―タイ、マーシャル諸島― [2019年04月19日(Fri)]
「弾丸出張」
―タイ、マーシャル諸島―


今夜の深夜便でタイに入り、ミャンマー少数民族武装勢力と会談。その日の夜、ハワイ経由でマーシャル諸島共和国に入り、ハンセン病制圧活動。

マーシャルは1954年、ビキニ環礁の水爆実験で大量の放射線を浴びた第五福竜丸事件で有名な国ですが、ハンセン病患者率が高い国でもあります。人口約6万1000人の島嶼国で、かつて日本の委任統治領でもありました。

ハワイでは、ハンセン病隔離施設であったモロカイ島のカウラパパ施設を訪問・激励。

4月27日帰国。この間、機中泊を含め7日間の予定です。


「誰に投票したらいいの?」―東京・世田谷区議選― [2019年04月19日(Fri)]
「誰に投票したらいいの?」
―東京・世田谷区議選―


4月14日に告示された統一地方選後半戦。私が住む東京都世田谷区では区長選と区議選が行われ、区長選には2人、定数50の区議選には75人が立候補、21日の有権者の判断を待つ。世田谷区には山梨、徳島、高知など7県を上回る91万人が住む。若年層の転入も多く、一時期全国ワーストを記録した待機児童問題など政策課題も多い。

前回投票率は42.8%と低く、より多くの人が区政に関心を持つよう期待するが、一方で私は50人の区議数、議員一人1300万円に上る“年収”は多過ぎる気がしている。今回の統一地方選は前半戦と同様、全国121町村長選のうち55町村、375町村議選のうち93町村が、立候補者が1人あるいは定数割れで無投票となっており、東京と地方の格差が大きすぎると思うからだ。

世田谷区の2019年度当初予算を一般会計で見ると、歳入は特別区民税1240億円を筆頭に特別区交付金、国庫支出金、都支出金など計3193億円。区議会関係の支出は議会費7億8700万円、議員報酬5億9800万円。区議会議員の議員報酬は条例で定められ、世田谷区の場合は現在月額61万3200円となっている。

今回の選挙にも出馬されている候補者が11年、「初めての議員報酬を頂きました」との書き出しで報酬額をブログに公開されているので、これを引用させてもらうと、当時の議員報酬は月61万6000円。他に期末手当が285万8240円あり、双方を合わせると1025万240円。これとは別に月24万円の政務調査費が支給され、合計すると1人当たり1300万円を超す。

もう一つ私には、将来の地方議会の形として、カナダや北欧の一部で始まっているように、議会開催を夕方以降にし、議員は定職を持ちながら低い報酬で議員活動するのが望ましい、という思いがある。併せて議員数を半減させれば、その分、競争も激しくなり、優秀な議員が集まる。世田谷区に限って言えば、区議のほかに8人の都議会議員もおり、区議の議席数を減らしても充分な陣容と判断する。

暴論と批判されるのを承知で勝手な提案をさせてもらったが、そうした大胆な発想が区議会、さらには日本の議会活動を活発にすると信じている。

合わせて最後に一つ。区議選一つとっても、将来に向け検討すべき点はこれほど山積している。しかし残念ながら告示から時間も短く、ブログなどネット活用が増えたせいか、候補者の顔がどうしても見えにくく、いざ投票となると迷う面がある。選挙制度も含め、抜本的な見直しを検討していただきたく思う。
【私の毎日】4月18日(木) [2019年04月18日(Thu)]
4月18日(木)

7:00 財団着

9:00 伊東高廣 ボートレース振興会常務理事

9:30 無人運行船セミナー 挨拶

13:15 「グローバルアピール2020」「マーシャル諸島出張」打合せ

14:30 18歳意識調査の会長と若手職員の勉強会 

15:30 小木曽麻里 笹川平和財団

15:50 荒川博人 日本ミャンマー協会理事

14:10 インパール出張打合せ

18:00 堀田宣彌 青山学院大学理事長
【私の毎日】4月17日(水) [2019年04月17日(Wed)]
4月17日(水)

7:10 財団着

10:00 紺綬褒章受賞者・褒章伝達式

13:00 天城 一 社会貢献支援財団専務

14:30 菅原悟志 B&G財団理事長

15:00 板野裕爾 NHKエンタープライズ社長

18:30 堀井昭成 キャノングローバル戦略研究所理事
「日本財団南米奨学金」―5カ国の卒業生― [2019年04月17日(Wed)]
「日本財団南米奨学金」
―5カ国の卒業生―


日本財団・日系人奨学生は、今年もめでたく11人が卒業した。

日本人としてのアイデンティティを持ち、祖父母や先祖の国で勉学に励みたいという素晴らしい若者に奨学金を提供している。期間も2.5年から5年と個々人の要望を受け入れ、卒業生、在校生、新入学生との緊密なネットワークも構築しており、将来が楽しみは若者たちです。

IMG_0652.jpg

以下、卒業生を紹介します。

無題.png

【私の毎日】4月16日(火) [2019年04月16日(Tue)]
4月16日(火)

7:15 財団着

8:00 「無人運航船セミナー」打合せ

10:00 理事会 

13:00 谷喜久郎 新東通信会長

15:00 日本財団パラアスリート奨学金
    「2019年度奨学生(第3期生)授与式] 於:日本体育大学

活躍に期待を込めて挨拶.JPG
活躍に期待を込めて挨拶

奨学生一人一人に証書を授与.JPG
奨学生一人一人に証書を授与

奨学生を囲んで集合写真.JPG
奨学生を囲んで集合写真

18:00 羅 怡文 ラオックス社長
【私の毎日】4月15日(月) [2019年04月15日(Mon)]
4月15日(月)

7:13 東京発

8:54 名古屋着

8:59 名古屋発

9:11 三河安城着

10:00 日本モーターボート選手会訓練所 
    青少年水上スポーツセンター竣工式 於:碧南市

11:30 レセプション・パーティー

12:32 三河安城発

12:43 名古屋着

12:57 名古屋発

14:33 東京着

17:00 Ziran Education Foundationと日本財団 寄付覚書の締結 
 
「広がるボートレーサーの被災地支援に感謝」―優勝賞金3500万円寄付も― [2019年04月15日(Mon)]
BSYLFFチーダーたちとの昼食会。ミャンマーのロヒンギャ問題などで盛り上がった.JPG
「広がるボートレーサーの被災地支援に感謝」
―優勝賞金3500万円寄付も―


東日本大震災と東電原発事故の被災地に2015年開校した「ふたば未来学園」=福島県双葉郡広野町=の中・高新校舎が完成、開校を前に併設された地域協働スペース「双葉みらいラボ」のオープンセレモニーが4月3日、行われた。

「みらいラボ」は3階建て高校校舎の1階部分に完成。生徒と住民が交流を深める異色の施設。日本財団は「東日本大震災支援基金」から1億500万円を支援し、セレモニーで遠藤智町長や生徒代表から丁寧なお礼の言葉をいただいた。引き続き4000冊の蔵書を持つ図書館の整備などをお手伝いすることにしている。

1億500万円のうち3500万円はボートレースの守田俊介選手からの寄付。東日本大震災の後、被災地を訪れ、あまりの被害の大きさに何もできなかった心残りから、最高ランクのSG競走(特別レース)に勝ったら賞金全額を被災地支援に寄付すると母親に約束。2015年10月、浜名湖ボートレース場で開催されたSG競走「ボートレースダービー」で優勝し、晴れて夢を実現した。

寄付は当時のスポーツ紙にも大きく報道され、全額、「みらいラボ」の建設費に活用された。守田選手は3日のセレモニーに笹川順平日本財団常務理事とともに出席、生徒とともに「みらいラボ」の将来について話し合い、大いに盛り上がったと聞く。

双葉みらいラボの地域協働スペースで生徒と記念撮影.jpg
双葉みらいラボの地域協働スペースで生徒と記念撮影


日本モーターボート選手会(上瀧和則会長)に登録される選手は現在1600人(うち女性230人)。選手会によると、東日本大震災後、被災地の支援活動に駆けつける選手が増え、その後の熊本地震(2016年4月)や常総市豪雨水害(17年9月)、西日本豪雨災害(18年7月)などを合わせると、参加人数は把握されているだけで計121回延べ1317人に上る。レースの日程上、現場に赴くのが難しい選手は賞金の一部を被災自治体や日本財団の災害基金に寄付するケースも増えている。

レースの合間を縫って1週間前後、一般ボランティアとして被災地に駆けつける選手が多く、災害対策の専門家である日本財団・災害対策チームの黒澤司アドバイザーが“相談役”“指導役”を務める。彼によると、ボートレーサーだけにトラックや重機の運転技術にたけた人が多く、大きな戦力になっているという。

岡山県・真備町の被災地で活動する選手たち.jpg
岡山県・真備町の被災地で活動する選手たち


笹川保健財団にも世界のハンセン病制圧活動費として1500万円(選手一人1万円、足りないところを選手会で補填)の寄付を頂いており、人的支援と寄付金支援は世界のプロスポーツ界でも抜きん出た存在である。

日本財団はモーターボート事業の収益金の一部を交付金として受け取り、国内外で幅広い事業を展開している。本業のモーターボートレースとは別に被災地支援に汗を流す選手たちの姿にあらためて感謝の思いを強くしている。

【私の毎日】4月12日(金) [2019年04月12日(Fri)]
4月12日(金)

11:00 財団着

12:00 Summit Financial Services Ltd オマール・カンディールCEO

15:00 田南立也 日本財団特別顧問

15:30 手嶋龍一 ニッポンドットコム理事長  

15:50 「パラアスリート奨学生」事業打合せ

16:40 2019年佐官級自衛官訪中研修結団式

18:30 甘利 明 衆議院議員・自由民主党選挙対策委員長