CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年02月 | Main | 2018年04月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
3月23日(金) [2018年03月23日(Fri)]
3月23日(金)

7:00 朝食

12:00 昼食

17:00 ホテル発

17:30 障害者芸術祭会場着 会場内の展示物見学

@会場内の展示物を見学.JPG
会場内の展示物を見学

Aバイクで移動することで行動範囲が広がる.JPG
広い館内をバイクで移動

Bかつて国連海洋法会議議長を務めたトミー・コー氏から芸術品を贈呈される.JPG
かつて国連海洋法会議議長を務めたトミー・コー氏から芸術品を贈呈される


20:00 障害者芸術祭

C芸術祭でオープニングスピーチ.JPG
芸術祭でオープニングスピーチ

技術の高いパフォーマンスを堪能
D技術の高いパフォーマンスを堪能.JPG


E.JPG


F.JPG


G.JPG


H.JPG


Iフィナーレ.JPG
フィナーレ

11)芸術祭にはヤコブ大統領(筆者右)もご臨席いただく.JPG
芸術祭にはヤコブ大統領(筆者右)にもご臨席いただく


23:00 関係者と夕食
「世界のハンセン病対策」―グロ−バル・アピール宣言― [2018年03月23日(Fri)]
「世界のハンセン病対策」
―グロ−バル・アピール宣言―

毎年、1月の最後の日曜日は「世界ハンセン病の日」である。

私は今も世界各地を回り、ハンセン病の制圧活動に従事している。しかし世界は広く、私の力量のなさを考えて、毎年、世界の指導者や多くの国際的な組織・団体の協力を得て、世界ハンセン病の日に「グローバル・アピール宣言」を発表している。

A約250人が参加JPG.JPG
約250人が参加


今年は国際組織である障害者インターナショナルの協力を得て開催された。インドのラーム・ナート・コーヴィンド大統領は、世界各国から参加したハンセン病回復者を壮大な官邸にお招きくださり、親しく労わりの言葉を掛けてくださった。

I大統領にグローバルアピール2018宣言文を贈呈.jpg
大統領にグローバルアピール2018宣言文を贈呈


以下は私の挨拶文です。

*****************

「グローバル・アピール2018宣言式典」挨拶

皆さま、第13回目のグローバル・アピール宣言式典にようこそお越しくださいました。2006年にインドで最初の宣言を発信しました。インドでは今回で4回目のグローバル・アピール宣言式典の開催となります。この意義深い機会をご参加の皆さまと世界の皆さまに共有するために、今年、再びこの地で開催できることを嬉しく思います。

私は、ハンセン病に対する社会の意識に変革をもたらすことを目指してグローバル・アピールをはじめました。この12年間、私は世界の法曹界、医療、看護の専門家、経済界など様々な分野のパートナーと共に活動してきました。私たちの目的は、ハンセン病患者、回復者に対するスティグマ(社会的烙印)や差別を撤廃することでした。

本日、障害者インターナショナル(Disabled Peoples’ International:DPI)と共にグローバル・アピールを発信することになりました。私たち、DPIと日本財団は、全ての人の権利が尊重され、社会参画できるインクルーシブな社会を目指すという共通のゴールに向けて一緒に活動することを約束しました。

ハンセン病は長い間、誤解されてきた病気です。社会に根付いた病気への誤解のため、多くのハンセン病患者、回復者、家族の方々は、今なお、差別にさらされています。

今なお、多くのハンセン病患者、回復者が、ハンセン病は業病であると信じ、希望を失いかけています。彼らは差別を受け入れ、差別に耐えながら生きることに慣れてしまっています。中には、誰もが持つ人間としての権利すら知らない人もいます。彼らは人間性も否定されているのです。

ある時、ハンセン病を患ったことで、住んでいた村から追い出され、一人離れて暮らしていた男性と話をしました。彼は孤独を当然のように受け入れていたようでした。私が彼にあなたは村から追い出されている状況を受け入れる理由はないのだということを話しても、彼は私の言っている意味がわからないという様子でした。この出来事はインドのある場所で私が実際に経験したことです。

私がDPIの代表を務めるアビディ氏にこのインドでの経験を話した時、彼は障害者運動の大部分において、ハンセン病に関することが見過ごされていたことに気付いた、と私に語ってくれました。さらに、障害者の権利を議論する際、彼らの懸念することが取り上げられてこなかったことについても認識されたようでした。そして彼は、私たちと共に活動すべきだと提案してくれました。

私は、アビディさんこそが障害者の権利を主唱する世界のリーダーだと思います。私は、よりインクルーシブな社会の実現に向けた彼の献身的な姿勢に感銘を受けています。さらに、彼がハンセン病のスティグマと差別の撤廃を共に目指そうと力強く表明してくれていることに勇気付けられています。

ハンセン病回復者たちも、スティグマの撤廃に向けた闘いにおいて、力強く主唱するようになってきています。本日は、このあとスピーチをするインド・回復者協会のナルサッパさんや世界各地で活動する回復者の方々に集まっていただいています。

冒頭で、私はハンセン病に対する社会の意識に変革をもたらすために、グローバル・アピールを始めたと申し上げました。これを機に、ハンセン病に対するスティグマと差別の撤廃に向けた私たちの責務を再確認しましょう。

最後に、このように双方にとって意義深い活動を共に取り組む機会をくださったDPIの皆さまに感謝を申し上げたいと思います。また、インド政府、世界保健機関、ササカワ・インド・ハンセン病財団、このグローバル・アピールにご協力くださった全ての皆さまに深く御礼申し上げます。
3月22日(木) [2018年03月22日(Thu)]
3月22日(木)

5:45 ホテル発

6:20 パル空港着

7:20 パル発

8:45 ジャカルタ着

12:30 国会議員との面談

15:00 ジャカルタ空港着

17:00 ジャカルタ発

19:45 シンガポール着

21:00 ホテル着
3月21日(水) [2018年03月21日(Wed)]
3月21日(水)

7:00 朝食

8:45 ホテル発

10:20 ハンセン病に関する関係者会議

@ハンセン病に関する関係者会議に出席.JPG
ハンセン病に関する関係者会議に出席

A.JPG
「全ての人が年に1度体をチェックするような対策を
保健省、教育省が協力して行って欲しい」と訴えた


11:45 ジャンゴラ州知事

Bジャンゴラ州知事.JPG
ジャンゴラ州知事


12:10 メディアインタビュー

12:45 昼食

15:00 ラジオ番組出演

C1時間のラジオ番組に生出演。.JPG
1時間のラジオ番組に生出演


16:00 啓発ビデオメッセージ撮り

17:00 メディアインタビュー(ditek.com、Compas)

18:30 関係者との夕食
3月20日(火) [2018年03月20日(Tue)]
3月20日(火)

7:00 朝食

8:00 ホテル発

8:30 中部スラウェシ州 マディジド保健局長

@マディジド保健局長.JPG
マディジド保健局長


9:40〜10:20 シギ県 イルワン県知事

Aイルワン県知事(筆者右)と関係者たち.JPG
イルワン県知事(筆者右)と関係者たち


10:50 ビロマル保健所(Biromaru health Center)にてハンセン病状況についての情報共有会合

Bビロマル保健所で行われた会合.JPG
ビロマル保健所で行われた会合

C (1).JPG
「スマホが普及してるのに、ハンセン病についての正しい知識が伝わらないのはなぜ?
すぐには解決しないが努力しなければ・・・」と現場の人々を激励


13:00 保健局スタッフたちと昼食

13:50 Liputan(ネットメディア)インタビュー

Dネットメディアのインタビューに答える.jpg
ネットメディアのインタビューに答える


17:00〜18:00 TVトークショー出演 於:TVRI Palu

1.JPG
テレビの生番組に出演し「体に斑紋がないか調べて欲しい。
もしあったらすぐに病院に行って」と訴える


18:30 関係者と夕食
3月19日(月) [2018年03月19日(Mon)]
3月19日(月)

7:00 朝食

8:00 ホテル発

8:50 ゴア県のムクリス副市長面談

@ムクリス副市長から記念品をいただく.JPG
ムクリス副市長から記念品をいただく


9:10 ハンセン病に関する関係者会議

A関係者会議であいさつ.JPG
関係者会議で挨拶

B保健センターや各行政局の代表が出席.JPG
保健センターや各行政局の代表が出席

11:30 マカッサル空港着

14:00 マカッサル発

15:20 パル着

16:20 ホテル着

18:00 投球練習

19:00 関係者との夕食
「ちょっといい話」その90―インドで財布が戻る― [2018年03月19日(Mon)]
「ちょっといい話」その90
―インドで財布が戻る―


ハンセン病制圧活動で、2月の底冷えするインド東部ジャルカンド州を訪れた時のことである。その日は州都ランチーから車で3時間あまり離れた場所にあるハンセン病の回復者たちが住むコロニーを視察した。ところが同行の常務理事が、途中で休憩したレストランにかばんを置き忘れてしまったのである。

ちなみに彼は、去年夏に大手マスコミを40代で退職して財団に来た人で、ワシントンやバンコクで特派員を経験した海外経験豊富な国際ジャーナリストである。しかし、魔が差したのか、かばんの中にはパスポートのほか現金300ドルが入っていたそうで、私は「気の毒に、パスポートの再発行で一週間程デリーで謹慎ですね」と冗談を言った。

あわてて休憩したレストランに戻った彼は、1時間あまりして笑顔でかばんを携えて戻ってきた。聞けば店の人たちが保管しておいてくれたそうで、中身も健在だったという。

「インドも捨てたものではない」と少々温かい気持ちになった。ところが、彼の乗った帰りの車が渋滞の中で追突された。幸いけがはなかった。

まさしく中国の古典「史記」の「禍福は糾える縄の如し(かくふくは あざなえる なわのごとし)」である。

(注)幸福と不幸は、より合せた縄のように交互にやってくる。
3月18日(日) [2018年03月18日(Sun)]
3月18日(日)

6:00 朝食

7:00 ホテル発

7:20 ラジオ局着

8:00 GAMSI FMラジオ局 生出演

@視聴者からの質問を.JPG
視聴者からの質問を受ける形のラジオ番組に出演。
「正しい知識があれば偏見がなくなる」とリスナーに話しかける

Aラジオの.JPG
ラジオのパーソナリティーの女性と出演者
(後方中央はペルマータのアル・カドゥリ副会長)


9:40 旧日本軍人慰霊碑訪問

B旧日本軍人慰霊碑を参拝.JPG
旧日本軍人慰霊碑を参拝

C87歳になるマリア ・ラトゥラニさんと息子さんが慰霊碑を守ってくださっている。.JPG
87歳になるマリア ・ラトゥラニさんと息子さんが
慰霊碑を守ってくださっている。


11:30 関係者との昼食

13:00 ハンセン病回復者組織ペルマータ(南スラウェシ州支部)会合

Cペルマータ(南スラウェシ州支部)会合.JPG
ペルマータ(南スラウェシ州支部)会合

D世の中には.JPG
世の中には間違えた考えを持つ人が多くいる。
そういう考えをなくしていくために、今後もみなさんの活動に期待すると激励

E本日の一投!(このフォームはいかがでしょう!?).jpg
本日の一投!(このフォームはいかがでしょう!?)


18:30 関係者との夕食
3月17日(土) [2018年03月17日(Sat)]
3月17日(土)

7:00 朝食

8:30 ホテル発

9:10 南スラウェシ州・ゴワ県・バロンボン郡にあるカンジロ保健センター訪問

@ (2).JPG
カンジロ保健センターでの啓発活動に参加

A「村人にハンセン病についての正しい話しをして、偏見をなくてしほしい」と伝える.JPG
「村人にハンセン病についての正しい話しをして、偏見をなくてしほしい」と伝える。

Bどこへ行ってもスマホで”自撮り”されます!.JPG
どこへ行ってもスマホで”自撮り”されます!


11:30 ハンセン病の治療中というお宅2軒訪問

C.JPG
左からサミングさんとサユさん母子。
二人に加えてサユさんの3人の息子のうち一人も治療中とのこと。

D治療中のラハマワティさん(左端)と両親.JPG
治療中のラハマワティさん(左端)と両親


12:30 州保健局ハンセン病担当者、ハンセン病回復者組織ペルマータらとの昼食

15:00 TVRI テレビ番組生出演

E「テレビを見た方は.jpg
「テレビを見た方は、家族の体にパッチがないか、調べて欲しい」と視聴者へ訴えかけた。


18:30 関係者との夕食
3月16日(金) [2018年03月16日(Fri)]
7:00 関係者との朝食

8:00 WHOインドネシア代表のパラニエタラン氏(Dr. Paranietharan)との会合

@WHOインドネシア代表のパラニエタラン氏.JPG
WHOインドネシア代表のパラニエタラン氏


11:40 関係者との昼食

12:30 ホテル発

13:00 アヌン疾病対策局長(Dr. Anung Sugihantono )との会合

Aアヌン疾病対策局長.JPG
アヌン疾病対策局長



15:30 空港着(空港待機約3時間)

17:00 世界海事大学(WMU)笹川フェロー(2007年卒業)のサルトト氏(Mr. Magen S. Sartoto)に空港でばったり

B筆者を見つけて声をかけてくれたサルトト氏。公安局局長として活躍している。.jpg
筆者を見つけて声をかけてくれたサルトト氏。港湾局局長として活躍している


18:45 ジャカルタ発

22:00 マカッサル着

23:00 ホテル着