CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« 2017年04月 | Main | 2017年06月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
5月31日(水) [2017年05月31日(Wed)]
5月31日(水)

7:20 財団着

8:30 財団発

8:50 羽田空港着

9:40 羽田発

11:00 鳥取着

11:40 鳥取県×日本財団共同プロジェクト顧問団との昼食会

13:00 鳥取県×日本財団共同プロジェクト顧問団会議

2.JPG
開会の挨拶
右は平井伸治知事

image1.JPG
様々な意見交換の場となりました

image3.JPG
各市町村長らが出席


14:45 障がい者が活躍してするアッセンブリー事業共同記者会見

image2.JPG
共同記者会見


15:40 リアルマック視察(買い物難民のためのカーゴ・マルシェ)

image4.JPG
買い物に出かけることが困難な方のために
三輪車に野菜などを積んで回るカーゴ・マルシェ


17:00 関係者との夕食

18:00 鳥取空港着

18:30 鳥取発

20:00 羽田着


「ハンセン病制圧活動記」その40―患者数が世界3番目のインドネシアを訪問− [2017年05月31日(Wed)]
「ハンセン病制圧活動記」その40
―患者数が世界3番目のインドネシアを訪問−


巴久光明園機関誌『楓』
2017年3月4日号

WHOハンセン病制圧特別大使
笹川陽平


 2016年12月12日から18日にかけて、インドネシアの首都ジャカルタ、西スマトラ州の州都パダン市、ジャワ島のスバン県、古都スラカルタ市(ソロ)を訪問した。インドネシアを訪問するのは今年2回目で合計すると16回目となる。

 インドネシアは2000年に世界保健機関(WHO)の制圧目標(人口1万人に1人未満になること)は達成したが、新規の患者数は毎年16,000〜19,000人の間を推移している。この数はインド、ブラジルに次いで世界3番目で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中では突出して多い。また、国レベルでの制圧は達成されたものの、ここ数年は患者数が減ることはなく、州ごとに見ると全34州のうち12州が制圧の数字を達成していない蔓延地域である。その理由は、アクセスが悪い島々に分散している州が多いことと、地方分権が進んでいることから、地方自治体ごとの首長の理解を得る必要があるためで、医療活動が思うように進まないのである。

 本格的な活動に入る前に、まずジャカルタにあるWHO事務所を訪問し、現状報告を受けた。HOの事務所には、ジハネ・タウィラWHOインドネシア代表を始め保健省の担当官も集まっていた。私はハンセン病担当官のリタ氏に政府の今年度のハンセン病対策予算について質問したところ、地方行政に任されており、正確なハンセン病の予算はわからないとのことであった。地方へ出張に行く予算をとることも難しいという。来年度は予算を必要なことに使ってもらうため各州の知事に会いに行きたいと申し出たところ、是非お願いしたいとのことであった。

@WHO代表のタワラ氏.JPG
WHO代表のタウィ氏


 WHOでの報告を受けた後にそのまま飛行機で2時間、ジャワ島の西隣の西スマトラ州のパダン市に移動した。スマトラ島は日本よりも面積の大きい巨大な島で、12月7日に大きな地震があったばかりだったが、スマトラから離れたパダンは大きな混乱はないようであった。インドネシアにはさまざまな民族が暮らす。この地域に住むのはパダン人(ミナンカバウ人)という民族だ。辛い郷土料理が有名で、世界でもあまり類を見ない「母系社会」である。「母系社会」とは「ある一族の系統が父から息子にではなく、母から娘へと受け継がれていく社会」のことを言い、結婚するときに男性側が女性側の家に入ったり(日本で言うと婿養子のような形)、母親側の姓を受け継いだり、財産は娘が相続したりすることが一般的だそうだ。移動を終えるとすでに日が沈んでおり、この日は飛行場から宿舎へ移動するのみで終えた。

 インドネシアは総じて朝が早い。翌日は朝8時から、パダン市で行われた西スマトラ州のハンセン病啓発会合に参加した。会議の中心となるナスルール・アビッド西スマトラ州副知事や保健局長らは男性だが、他の参加者に女性の姿が多いことが印象的だった。通常、同様の会合では圧倒的に男性が多いのだが、これも母系社会ということが関係しているのだろうか。
さて、会合の中で興味深かったことは、州の保健局がバイクタクシーの運転手を教育して啓発活動に参加させていることである。様々な場所でハンセン病に関する知識を広め、モスク(イスラム教寺院)や婦人会でキャンペーンを行う活動を展開しているとのことである。インプットという、早期発見の活動や精神的なダメージから回復するためのアドバイスなどを行う回復者団体についての紹介もあった。

Aハンセン病の啓発会合.JPG
啓発会合にてあいさつ


 会議場を後にし、次は最も新規患者数が多いパダン・パリアマン県に向かう。同県のエナム・リンクン保健所に到着すると、ハンセン病回復者や保健従事者ら約100人が我々の到着を待っていた。この時期のインドネシアは雨季だが、この日は快晴で、眩いくらいの青空だ。私は到着後早々にあいさつの機会をいただいた。「1人ではわずかなことしかできないかもしれない。しかし、束になれば大きなうねりとなる。回復者団体のペルマータやインプットと共に、権利や尊厳を主張していきましょう」と主にハンセン病回復者へ向けてメッセージを送った。

 この日、保健所では回復者たちによるセルフケア活動が行われていた。自分では後遺症で傷となった箇所が見えない場合もあるため、お互いの傷をチェックしあうというものだ。その中の男性の1人は、視力が低下し、指の後遺症が重かったが、手術をしたおかげで両方とも快方に向かっていると、嬉しそうに語ってくれた。手術の支援をしたのは、バスナスという財団だという。詳しく聞いてみると、同財団は住民の寄付機関で、国家公務員の2.5%を給料から天引きして集めたお金で運営されているとのこと。審査部があり、使途が明確であるために国民から信頼を得ている団体だという。西スマトラ州だけで500億ルピア(約5億円)の予算がある。大変素晴らしい制度で、日本でもこれを見習って寄付の文化を根付かせていただきたいものだ。

B手術をして指が伸びるようになったと喜ぶ男性.JPG
手術をして指が伸びるようになったと喜ぶ男性


 この話しを聞いて、昼食をとったレストランの入り口には、教育、子ども、老人、災害などとジャンル分けされた寄付箱が何箱もあったことを思い出した。同国は日本よりもよっぽど寄付文化が進んでいるのかもしれない。

 翌日はジャカルタに戻り、WHOが主催する世界各国の専門家が集まった戦略報告会に出席した。報告会の内容は、2020年までの5年間でインドネシア全州のハンセン病とイチゴ腫を同時に発見して制圧するというものだ。様々な戦略を立てて病気を制圧しようという関係者たちの熱意に、私もハンセン病の病気を制圧するために必要であれば1年に何度でもこの地に戻ってくることを約束した。

 モエロ・エク保健大臣との面談では、大臣から「制圧未達成の12州に対し、コミュニティを巻き込むとともに、家族に着目したアプローチを行っている」との発言をいただく。それに対して私からは「ぜひペルマータという回復者団体と連携してハンセン病対策活動を推進していってもらいたい。20年までに州県レベルで制圧をするという高い目標をお手伝いしたく、来年は年に何度でもこの地に戻ってくる」と決意を伝えたところ、大臣は私と共に地方を回ることを約束してくれたのである。

Cモエロエク保健大臣にハンセン病活動に対する更なる協力を要請.JPG
モエロエク保健大臣にハンセン病活動に対する更なる協力を要請


 ジャカルタに滞在している機会を利用して、インドネシアで最も大きいイスラム教の宗教団体の一つであるムハマディアの事務所を訪問し、副会長のマークス医師と面談した。同国は国民2億5,500万人(2015年)の約88%がイスラム教を信仰する世界最大のイスラム教国である。ムハマディアは学校教育を思想の柱としていることから、同国最大の私立学校ネットワークを持ち、幼稚園から大学まで含めた校数は1万以上あり、信者は約3,000万人いる。私は同教団の信者に対しハンセン病の正しい知識を広めていただくようお願いしたところ、マークス医師は快く協力を承諾してくれた。

 次の日はジャカルタを朝6時に出発し、西ジャワ州のスバン県に車で4時間かけて移動した。スバン県のハンセン病状況を把握するためである。この日もインドネシアの空は快晴で、青空と南国の青々とした木々のコントラストが美しい。しかし大渋滞の高速道路はクラクションが鳴り響き急ブレーキが掛かる。同行者の中には車酔いで気分が悪くなる者もいたが、私にとっては絶好の読書の時間でもある。インドネシアの渋滞の道路に私はすっかり慣れてしまった。

 景色を眺めながら、たまに読書をしていると、あっという間に人口10万人のスバン県に到着した。同県のハンセン病の状況についてはアフマドラ保健局長から説明を受けた。スバン県は西ジャワ州で特に患者の多い県で、医療従事者の不足と予防対策のための資金不足で患者発見活動が活発ではないとのことである。様々な苦労が見て取れるが、私からは激励の意味を込めて「世界の現場には、医者も、道具も、予算もないところが沢山ある。しかし、そういうところでも患者が激減している事例がある。もちろん経費はある程度は必要だが、一人一人が情熱を持って病気をなくすために努力をすれば、制圧することはできるはずである」と訴えた。

 私の到着に合わせて何人かのハンセン病回復者が集まってくれていた。その中のひとり、ユディさんという小柄な青年は、病気になって差別を受けたと感じたことはなかったが、自分に自信がなくなり、人と話すことが怖くなったという。徐々に自分の中の殻をやぶり、いまでは同じ病気の人のサポートをしているという。ユディさんのように殻をやぶって社会に戻れた人の話を聞けるとほっとするが、ハンセン病になった多くの人が自らを否定してしまうケースが少なくないのである。

Dユディ氏の自宅前にて.JPG
ユディ氏の自宅前にて


 最終日は6時にホテルを出発し、再びジャカルタを出て飛行機で1時間のジャワ島中部のソロに向かった。たまたま私の訪問と同じ時期に、ハンセン病回復者組織ペルマータの研修が行われていたので帰国の前に立ち寄ることにしたのである。私が到着した時は、3つの州にある27支部のリーダーたちが集まり、啓発、経済自立、教育などの活動について意見交換や報告を行っているところだった。若いリーダーが多く、活発な活動を行っているこの団体は、全インドネシアに3,000人の会員がいるという。私は「若く力強い団体に成長するところを見ることができとても嬉しい。1本の糸は弱いが10本の糸になれば強くなるように、みなさんの力を終結すれば大きな力になる」と激励した。

 世界で3番目にハンセン病患者の多いインドネシア。2020年に向けて州レベルでの病気の制圧を達成し、1人でも多くの人がハンセン病に対する正しい知識を持ち、偏見や差別のない社会を実現するために、私は各地を回って状況改善のために何度でもこの地に戻ってくることを硬く心に決めてインドネシアを後にした。

5月30日(火) [2017年05月30日(Tue)]
5月30日(火)

7:20 財団着

8:00 総務関連業務打合せ

8:30 福祉特別事業打合せ

9:30 星 岳雄 東京財団理事長

10:00 理事会

13:00 垣内俊哉 MIRAIRO社長

14:00 日本モーターボート競走会評議員会

15:30 羽尾一郎 国交省海事局長

16:00 評価委員会 

17:30 福本修二 全日本剣道連盟副会長

18:30 樺沢一朗 NHK国際部副部長
5月29日(月) [2017年05月29日(Mon)]
5月29日(月)

6:30 羽田着

12:30 財団着
    書類整理、打合せ

15:45 大野修一 笹川平和財団理事長

16:30 企画チーム業務打合せ

17:00 浅野直広 テレビマニュニオン・ディレクター

19:00 二階俊博 自民党幹事長
「お前は何しに来た?」―ミャンマーの停戦交渉― [2017年05月29日(Mon)]
「お前は何しに来た?」
―ミャンマーの停戦交渉―


「お前はここに何しに来た?」
ミャンマー少数民族の武装勢力の代表格の一つ、KNU(カレン民族同盟)ムー・トゥー・セー・ポー議長は冷ややかに私に言い放った。

タイ側のメーソットという街にある彼等の事務所は薄暗く、古びた四角いテーブルに木製の椅子が5脚ほどあるだけの粗末な部屋で、4人ほどの幹部と見られる男が迎えてくれた。議長のムー・トゥー・セー・ポー氏は写真のように、坊主頭ながら精悍な顔つきに骨太の骨格、ポロシャツからは二本の太い腕が出ており、握手の時の握力は力強く、とても80歳(当時)とは思えない若々しさを感じた。

Cムトゥ・セ・ポKNU議長.JPG
ムー・トゥー・セー・ポー議長と
今では心を通わせ、手を強く握り合う仲に


「俺が子どもの頃、日本兵が我々の村にも入り、親父はしばらくの間憲兵に連れて行かれ、恐い思いをしたことを今もはっきり覚えている。お前は俺の人生で出会った二人目の日本人だ!」

長年の紛争により苦労を強いられてきた紛争被害者への人道支援活動の説明をしても、70年近くもミャンマーの国軍と戦ってきた彼等は疑い深く、硬い表情を崩さない男たちとの最初の会談は30分ほどの儀礼的な挨拶で終わった。

あれから4年が経過した。主要少数民族武装勢力は通常15あるといわれているが、KNUのムー・トゥー・セー・ポー議長を代表格に8つのグループは2015年10月15日、全土停戦に応じた。全土停戦調印式は首都ネピドーで盛大に行われ、外国からは国境を接するタイ、中国、インドの3カ国の他には唯一、日本が証人として選ばれ、私は万年筆で二通の文書に署名した。その後、スーチー政権が誕生したが、残る未署名グループとの交渉はアヒルの水掻きで、鋭意汗を流しているところである。

本年3月10日、カレン州内のKNUが支配していた地域で、日本政府の10億円の資金による第一次日本財団復興支援事業で建設した帰還民のための住居の竣工式が行われた。この事業では1250戸の住居を始め学校やヘルスセンターを建設したが、これは武装勢力側が自主的に計画し、ミャンマー政府が許可したもので、このような地域で大規模な復興支援事業ができるのは今のところ、世界中の援助機関の中で日本財団だけである。引き続き30億円相当の支援活動を行なう計画であるが、いずれ日本政府の主力援助機関であるJICAが参加できるよう、日本財団はその尖兵の役割を果たそうと考えている。

D完成した住宅の前で歓迎してくれたカレン族の人々.JPG
完成した住宅の前で喜びを爆発させるカレン族の人々


ムー・トゥー・セー・ポー議長との会談内容は省略するが、私は会うたびに必ず「あなたは私に何しに来た。二人目の日本人だと言ったね」とひやかすと、「悪気があって言ったんじゃないよ」とテレ笑いし、私の手を強く握る仲になった。

4年に一度行われるKNU内の選挙で今月、ムー・トゥー・セー・ポー議長は再選された。日本財団は停戦した彼等の地で復興事業を加速させ、住民が喜ぶモデル事業を作ることにより、停戦に未署名のグループに平和の果実を実感させて大いに刺激したいと考えている。
5月28日(日) [2017年05月28日(Sun)]
5月28日(日)

5:30 ホテル発

6:00 バルセロナ空港着

8:00 バルセロナ発

10:00 フランクフルト着(空港待機約2時間)

12:10 フランクフルト発、羽田空港へ
5月27日(土) [2017年05月27日(Sat)]
5月27日(土)

7:00 朝食

8:30 表彰式まで時間、市内を観光

@あと何年で完成するのか、サクラダファミリア.jpg
あと何年で完成するのか
サクラダファミリア

A.jpg
アメリカ大陸を発見したコロンブスの記念碑
私が指す方向がアメリカ大陸(のはず)です!

B市場にはクオリティーの高い食品がずらり!.jpg
市場にはクオリティーの高い食品がずらり!

Cウィットに富んでます!?.jpg
ウィットに富んでます!?

D��わたしゃー名所や旧跡よりもここがいい♫.jpg
わたしゃー名所や旧跡よりもここがいい♫


11:30 関係者と昼食

16:15 ホテル発

16:40 オリンピック公園の中にある会場(Palau Sant Jordi)に到着

E開会式の会場となったPalau Sant Jordi.JPG
開会式の会場となったPalau Sant Jordi


18:00 ヨルダンのフセイン王妃とシャミアンICN会長に挨拶

Fフセイン王妃(中央)とシャミアンICN会長.JPG
フセイン王妃(中央)とシャミアンICN会長


18:30 国際看護師協会(ICN)総会開会式

Gまるでオリンピック開会式のように各国の代表者が入場。華やかでした。JPG.JPG
まるでオリンピック開会式のように、華やかに130以上の国の代表者が入場

H自国の入場で盛り上がる観客席.JPG
自国の入場で盛り上がる観客席


19:30 保健人権大賞表彰式

Iパク副会長から賞状を手渡される笹川会長。右はシャミアン会長.JPG
パク副会長から賞状を手渡される
右はシャミアン会長

11)受賞後のスピーチJPG.JPG
受賞後のスピーチ

12)134カ国の代表と招待客合わせが1万人以上の前でのスピーチとなった.jpg
130カ国以上の代表と、招待客合わせて1万人以上の前でのスピーチとなりました


21:00 関係者との夕食

23:00 ホテル着
5月26日(金) [2017年05月26日(Fri)]
5月26日(金)

7:15 ジャン・フレモン氏(笹川アフリカ協会理事)と朝食

@フレモン氏.jpg
フレモン氏


9:00 笹川健康賞授賞式
    (今年の受賞者は長く肝炎の分野で活躍するモンゴルのリンチン博士)

A笹川健康賞授賞式でスピーチ.JPG
笹川健康賞授賞式でスピーチ

B毎年WHO総会中に授賞式が行われます.JPG
毎年WHO総会中に笹川健康賞の授賞式が行われます

Cツォグツェツェグ保健大臣(右から2人目)が代理で出席.JPG
ツォグツェツェグ保健大臣(右から2人目)が代理で出席


12:30 笹川健康賞受賞者のお祝いの昼食会
    (マーガレット・チャンWHO事務局長、次期WHO事務局長のテドロス氏も列席)

D受賞者のお祝いの昼食会で挨拶.JPG
受賞者のお祝いの昼食会で挨拶

Eお祝いに駆けつけたチャン事務局長.JPG
お祝いに駆けつけてくださったたチャン事務局長

F3日前に次期事務局長に選任されたテドロス氏.JPG
3日前に次期事務局長に選任されたテドロス氏


14:30 ネパール代表団

GネパールのバンデラールWHO代表.JPG
ネパールのバンデラールWHO代表


15:00 インドネシア代表団

Hインドネシア代表団.JPG
インドネシア代表団


15:30 国連欧州本部発

15:45 ジュネーブ空港着(空港待機約3時間)

19:05 ジュネーブ発

20:15 スペイン・バルセロナ着

22:00 ホテル着
「中国の小話」その125―製豚機?― [2017年05月26日(Fri)]
「中国の小話」その125
―製豚機?―


朝鮮半島情勢が緊迫する中、北朝鮮の中国に対する強硬発言が伝えられると、中国国民の反朝鮮感情が高まっている。

とりわけ、北の指導者キム・ジョンウン氏を題材にしたブラックジョークが巷で流行っている。

たとえば、このような傑作がある。

2010年、キム・ジョンウンは父のキム・ジョンイルに同行し、ピョンヤンにあるソーセージの加工工場を視察した。

一頭の豚がベルトコンヤーに載せられラインの片端から加工機械の入り口に入り、立派なソーセージになって出口から出てきたのを見たジョンウンは、驚きを隠せなかった。

好奇心旺盛な彼は、早速父のジョンイルに
「父さん、豚からソーセージを作る機械はあるけど、逆はありませんか?
つまり、ソーセージが片端の入口から入り、豚となって出口から出てくる機械は?」

すると、ジョンイルは笑って答えた。
「君の母ちゃんがそのような機能を備えているよ」

※この秀れたジョーク、お分かり頂けたでしょうか?
5月25日(木) [2017年05月25日(Thu)]
5月25日(木)

0:20 ヤンゴン空港着

1:50 ヤンゴン発

5:00 ドバイ着(空港待機約3時間半)

8:30 バイ発

13:15 スイス・ジュネーブ着

14:00 国連欧州本部着(空港から直行)

14:30 シン・ヨンスWHO西太平洋地域事務所(WPRO)事務局長

@シン・ヨンスWPRO事務局長.JPG
シン・ヨンスWPRO事務局長


15:30 プーナム・シンWHO東南アジア地域事務所(SEARO)事務局長

AシンSEARO事務局長.JPG
シンSEARO事務局長


16:00 フランシスコ・べセラWHOアメリカ地域事務所(AMRO)事務局長

BべセラAMRO事務局長.JPG
べセラAMRO事務局長


16:30 コンゴ民主共和国代表団

Cコンゴ民主共和国 代表団.JPG
コンゴ民主共和国代表団


17:00 インド代表団

Dインド代表団.JPG
インド代表団


17:30 ダース・エンゲルスNTD(顧みられない熱帯病)担当局長

EエンゲルスNTD担当局長.JPG
エンゲルスNTD担当局長


18:00 ミャンマー代表団

Fミャンマーのミン・トウェ保健大臣.JPG
ミャンマーのミン・トウェ保健大臣


20:00 在ジュネーブ邦人(WHO、厚生労働省)との夕食会

21:45 ホテル着
| 次へ