CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« 2017年04月 | Main
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その82―首相と乞食の食事― [2017年05月24日(Wed)]
「ちょっといい話」その82
―首相と乞食の食事―


3月18日から20日までインドのオリッサ州に入り、ハンセン病制圧活動と、コロニーといわれるハンセン病回復者が集団で生活する地域を訪問し、劣悪な環境を改善するようオリッサ州の指導者やメディアに集中的に働きかけた。

オリッサ州は人口約4,400万人と韓国並みの人口と面積があり、インドでも貧困州の一つである。ハンセン病患者の発見は勿論のこと、コロニーに山積する問題、例えば土地、電気、水道の確保、定期診療のための医師の派遣、乞食をやめるための特別手当の支給などの多岐にわたる要請を、州知事(これはイギリス統治時代からの名誉職)、州首相、保健大臣、主席事務次官、障害者問題委員会委員長、社会保障・障害者問題担当次官等々に、1日半で精力的に働きかけた。

日本財団が10年前に設立に尽力した「インド・ハンセン病回復者協会」は、インド全土から約850のコロニーが参加しており、会長のナルサッパ氏は、一昨年の訪日の折天皇皇后に拝謁し、両陛下より指の欠けた手をやさしく包むように両手で握られ、「家族からも触(さわ)られたこともないのに・・・」と涙を流した男である。

オリッサ州のリーダーは、写真のように明るい性格のウメシュさんである。彼は「今まで20回以上も問題解決のために各役所を訪問したが、「係りのところで陳情はストップして進まない」と嘆き、「今回は笹川さんのおかげで高官に直接要請できるので、昨晩から準備と興奮でよく寝られなかった」と、紅潮したおももちで肥満の体を左右に傾けながら語る。オリッサの94ヶ所のコロニーの代表として重い責任を痛感してか、玉のような汗をかきながら寸暇を惜しんで私に実情を説明してくれた。

Aウメシュ・オディッシャ州リーダーとは2年ぶりの再会.JPG
ウメシュさん


私はいつも彼らに「あなた方が問題解決の主役ですよ」とハッパをかける。会談ではまず私が簡単に状況を説明し、その後ナルサッパさんや州リーダー、今回はウメシュさんに説明してもらうことにしていた。いつも大きな声で快活におしゃべりをするウメシュさんだが、政府高官を前に、借りてきた猫のように玉の汗を拭きながら小さな声で説明する。指が欠けていることもあるが、準備してきた書類も緊張のあまりなかなか出てこない。「もっと大きい声で説明しては」と促すが、今まで雲の上の存在であった首相や大臣への説明なので無理からぬことではあった。

インド各州を廻っていつも思うのだが、どの州でも話は真剣に聞いてくださり、決して予算がありませんとはいわないのは日本の役所と大いに異なる点である。私の作戦は、まず首相をはじめ関係大臣や担当責任者との会談、その後の記者会見で多くの新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアに一斉に報道していただき、ハンセン病問題が大きな話題となることにより問題解決への大切な一歩とすることである。

4〜5年前、オリッサ州ではハンセン病患者が州議員に立候補して当選したが無効の判決となり、インド最高裁判所も「ハンセン病患者は立候補ができないというルールがある以上、悪法でも法律があるかぎり原告敗訴」となった州である。勿論、その後我々関係者の陳情が屈いたのか、このような差別法は解消されたのは当然のことであった。

好感触を得て帰国後、嬉しい連絡がきた。首相がウメシユさん(苦しいときは乞食をしていたこともある)を自宅に招いて夕食を共にしたという。謹言実直な首相を前に、玉の汗を流しながら州リーダーの責任を果たすために懸命に首相に説明する姿。きっと緊張のあまり何をご馳走になったのかもわからず、食べ物も喉を通らなかったであろう。興奮冷めやらず思いで帰路に着くウメシュさんの満足した足取りが目に浮かぶようだ。

こういう知らせが入ると、次の訪問地ウエストベンガル州でも大いに頑張らなくてはと、気分は昂揚してくる。「どんな困難なことでも第一歩を踏み出さなければ物事は始まらない」とダライ・ラマ師に反論した責任の重さをかみしめている。

溢れる情熱、どんな困難にも耐える精神力、問題解決まで諦めない継続性こそ、私の行動哲学である。

5月23日(火) [2017年05月23日(Tue)]
5月23日(火)

7:15 財団着
    書類整理、撃ちあわせ

11:45 財団発

12:50 成田空港着

14:30 成田発 
       
18:30 ミャンマー・ヤンゴン着

19:30 樋口建史 ミャンマー大使主催・夕食会

22:00 ホテル着
5月22日(月) [2017年05月22日(Mon)]
5月22日(月)

7:20 財団着

8:30 「ソーシャルイノベーションフォーラム分科会」打合せ

10:00 助成事業打合せ

10:30 浅野直広 テレビマンユニオン・プロデューサー

14:00 スピーチ打合せ

15:30 オーシャンイノベーションコンソーシアム総会


「ミャンマー、スイス、スペイン出張」 [2017年05月22日(Mon)]
「ミャンマー、スイス、スペイン出張」


明日からミャンマー、スイス、スペインに出張いたします。

ミャンマーでは「第2回パンロン会議(和平会議)」に日本政府代表として出席します。

スイスでは、ジュネーブで開催されるWHO総会で、第33回「WHO笹川健康賞」の贈呈式に出席します。今年の受賞者は、モンゴルでB型肝炎の研究並びに世界で最も早く乳幼児へのB型肝炎の予防接種導入に成功したアースラン・リンチン博士が受賞されます。

スペインでは、135カ国が参加する国際看護師協会(ICN)の総会席上で、4年に一度、一人の民間人に授与される「保健人権大賞」に選ばれ、授与式に出席します。

帰国は29日です。


「私の青山(せいざん―死に場所)」 [2017年05月22日(Mon)]
「私の青山(せいざん―死に場所)」


私は社会人になって以来、常に死を意識する生活をしてきた。

この世に生を受けた全ての人間は、絶対平等である死に向かって行進している。地球上の全ての生物、地球、あるいは広大な宇宙ですら、いずれ死を迎えるであろう。一回限りの与えられた人生を如何に生き抜くか。シェイクスピアの言葉ではないが「終わりよければ全てよし」は、人生に通じる言葉でもある。

王侯貴族であれ絶対権力者であれ、どんな華やかな人生を送った人でも、終末が惨めであればその人の人生は悲劇に相違ない。私は貧しい人のため、苦しんでいる人のために働いているとは一度たりとも考えたことはない。私自身の人生を心豊な満足をもって死を迎えるための自分自身のための活動であり、その結果として若干でも人様のためになれば幸いであると考えている。

78歳の私に「何で世界の僻地を巡り、この年齢までハンセン病患者・回復者の救済とその偏見・差別との闘いに立ち向かい、過酷な活動を続けるのか」と問う人がいるが、人生について高邁な思想や哲学がある訳ではない。ただ人生を深く考え死を考える時、溢れる情熱、どんな困難にも耐える忍耐力、そしてよりよい成果を得るまで努力を続ける継続性こそが、死に向かう私の行動哲学なのである。

私は「世界中到る処青山あり」で、どこで死んでも悔いはない。一切の延命治療はなしで、臓器はすべて、一刻も早く必要とする方に提供すること。海外の場合でも現地で火葬し、骨の一片を同行者に持参してもらい、妻をはじめ、肉親には迎えに来るなと厳しく伝えてある。

ただ、願わくば富士山麗にある30年経過した山荘で死を迎えられたら幸運である。山荘からは雪を頂く神秘的で壮麗な富士山を眺めることができるからである。

私にとっての山荘での一日は、朝日に輝く富士山を目にすることから始まる。刻々と変化する雲の流れの中、早朝の日の光に輝く富士山は、やがて夕日を浴びて赤富士に変わり、壮大なパノラマは時間と共に暗闇の中に消え、小鳥もねぐらで静かな眠りに入ることだろう。早朝の小鳥のさえずりを聞きながら、時々双眼鏡でその姿を観察し、萌いずる新緑に感動する。つかの間の夏は、全ての動植物が躍動する。時には鹿、猪、むささびまでもが遠慮がちにご機嫌伺いにそっと顔を出すこともある。

山荘より富士山を望む.JPG
山荘より望む早朝の富士山


二階の居間にベッドを出し、悠久の富士山を眺め、対話しながら死を迎えたいものである。そうなるか否かは神のみぞ知るではあるが、私は決して死を恐れないであろう。多分・・・という疑問符がつくことではあるが・・・。

5月19日(金) [2017年05月19日(Fri)]
5月19日(金)

6:30 羽田着

12:10 財団着
    書類整理、打合せ

16:30 木村知躬 アサガミ(株)会長
「中国の小話」その124―余剰経費の使途は?― [2017年05月19日(Fri)]
「中国の小話」その124
―余剰経費の使途は?―


大型プロジェクトが竣工し、経費は当初予算より少なくてすんだ。
省の党委員会は会議を招集し、余った予算の使い道について議論した。

小学校、中学校の教育現場の条件改善に使う、刑務所の環境改善に充てるという二案の意見があり、なかなか結論が出なかったが、最後にベテランの常務委員の一言で使途が決定した。

「皆さん、よく考えてみてください。あなた方がこれから小学校、中学校に入学するチャンスがあるのでしょうか?!」

この発言を聞いた途端、会場は急に静かになり、結論が出た。

「刑務所の環境改善に充てよう!」

※蛇足―官僚の大多数は汚職の経験があり、刑務所への有資格者なのです。



5月18日(木) [2017年05月18日(Thu)]
5月18日(木)

3:30 ホテル発

3:45 クラコフ空港着(空港待機約2時間半)

6:10 クラコフ発

7:45 ドイツ・フランクフルト着(空港待機約4時間半)

空港での待ち時間はいつも職員の荷物番です。せめてこのくらいは。。。.JPG
空港での待ち時間はいつも職員の荷物番です
私に出来るせめてもの感謝の気持ち?


12:20 フランクフルト発
5月17日(水) [2017年05月17日(Wed)]
5月17日(水)

7:00 朝食

10:00 ヤゲロニア大学 笹川良一ヤングリーダー奨学金制度(SYLFF)25周年式典(スピーチ)

@SYLFF25周年式典に出席.JPG
SYLFF25周年式典に出席

A式典で挨拶.JPG
式典で挨拶

B多くのフェローが出席.JPG
多くのフェローが出席

CAula Collegium Maiusという由緒のある会場で行われました.JPG
式典はAula Collegium Maiusという由緒のある会場

D松富重夫駐ポーランド大使にもご出席いただく.JPG
松富重夫駐ポーランド大使にもご出席くださいました


11:30 SYLFF奨学生プレゼンテーション

13:00 ヤゲロニア大学(JU)メダル授与式(スピーチ)

Eノヴァク学長からJUメダルを授与.JPG
ノヴァク学長からJUメダルを授与

F.JPG
伝統的な民族衣装に身を包んだ男女に祝福されました
(右からマニアSYLFF運営委員長、キストリン副学長、ノヴァク学長)


15:30 日本研究科 訪問

G日本研究科のみなさんと.JPG
日本研究科のみなさんと


18:00 SYLFF25周年式典レセプション

Hレセプションで乾杯の挨拶.JPG
レセプションで乾杯の挨拶



産経新聞【正論】豊洲と福島の「安心」を醸成せよ [2017年05月17日(Wed)]
豊洲と福島の「安心」を醸成せよ

産経新聞【正論】
2017年5月1日

 東京・築地市場の豊洲新市場への移転をめぐり「安全・安心」の議論が盛んである。東京電力福島第1原発事故でも1ミリシーベルトの除染基準をめぐる同様の議論が、発生から6年を経た現在も続いている。

 「安全であれば安心」。それが本来の姿である。ところが豊洲新市場では安全に問題がないと思われるのに不安ばかりが先行し、福島の除染では、どの基準が安全なのか分からないまま被災者の不安が膨らんでいる。

 ≪築地市場の老朽化こそ問題だ≫
 豊洲新市場問題では、地下水から環境基準の79倍のベンゼンが検出されたことなどから昨年11月に予定されていた移転が見送られ、今後の展開は今も見えていない。

 問題となった地下水の環境基準は2リットルの地下水を毎日、一生飲み続ける場合を仮定して設定されており、現実に有り得ないケースを基にした数字で健康への影響を論じても意味はない。

 それ以前に豊洲新市場では、地下水の飲用水利用を予定しておらず、地下水の基準値オーバーをそのまま市場の安全性に結び付けるのは筋違いである。

 しかも、こうした土壌汚染は東京ガスの跡地である豊洲を移転先に選んだ時点で織り込み済みだったはずで、今、問題にすべきは、開場から80年以上経て老朽化が目立つ築地市場の安全性との比較であろう。

 万一、災害が発生すれば、発がん物質であるアスベストの飛散なども懸念されている。将来にわたり安全かつ安定的に食材を提供する市場をどう確保するかが、移転問題の本質である。

 豊洲移転はそうした点を総合的に判断して決定されたはずだ。石原慎太郎・元東京都知事ら関係者には、その経過を自信を持って説明してほしいと思う。メディアに対しても、地下水の環境基準の性格や飲用水としての利用が予定されていない点を分かりやすく報道するよう望みたい。

 移転問題は築地市場の老朽化に加え、既に6千億円もの資金が投入された経過もある。現在の状況が続けば不安ばかりが高まる。都としての結論が早急に示されなければならない。

 一部で指摘されるような都議選を視野においた政治的思惑があるとすれば、都民にとって迷惑な話でしかなく、政治に対する信頼が一層、揺らぐことにもなる。

 ≪被災地に募る住民の戸惑い≫
 一方、東電原発事故に伴う除染問題の経過も混乱を極めた。当時の民主党政権は当初、国際放射線防護委員会(ICRP)が2008年に打ち出した原子力災害時の年間被曝(ひばく)線量基準「1〜20ミリシーベルト」を基に、年間5ミリシーベルトを目標にしたが、より厳しい数値を求める被災地の声を受け、最終的に1ミリシーベルト以下を採用した。

 この数字に関しては、当のICRPの学者や国際原子力機関(IAEA)などからも異論や疑問が出され、環境省の除染情報サイトも「『これ以上被ばくすると健康に影響が生じる』という限度を示すものではありません」「『安全』と『危険』の境界線を意味するものでもありません」と記している。

 一方で避難指示解除の目安は「年間20ミリシーベルト以下」に設定され、世界平均で年間2.4ミリシーベルトに上る自然の放射線と事故で放出される放射性物質と放射線との関係や甲状腺がんとの因果関係など、難解なテーマがあまりに多い。

 避難指示が解除された地区の帰還率は大半が20%以下にとどまり、日本財団がICRPや福島県立医科大などと協力して被災地で開催している住民対話でも、「安全と思うが不安だ」といった戸惑いが多く聞かれる。

 除染作業の全体的な遅れと、安全を実感できる基準値の不在が、被災者の不安といらだちを高め、福島に対する偏見がなくならない一因もここにある。

 ≪早急に除染基準の見直しを≫
 除染は国の作業が一部の帰還困難区域を除きほぼ終了した。しかし国の予算で市町村が行う除染実施区域はまだ多く残され、推定2200万立方メートル(東京ドーム18個分)にも上る廃棄物の中間貯蔵施設の整備は緒に就いたばかりで、用地確保は依然、難航している。

 1ミリシーベルトの除染基準について、当時の民主党政権の責任を問う声もあるようだが、ここは政権党が野党の協力も得て早急に見直すよう求めたい。それが被災地復興を加速させることにもなる。

 世界は何が起きてもおかしくない激動の時代を迎え、混迷の度を深めている。社会の不安は大きく、少しでも安心を醸成するには、科学者ら専門家の的確で分かりやすい分析、冷静でバランスが取れたメディアの報道、政治家の責任感と覚悟が欠かせない。

 しかるに双方の経過を見ると、安心を醸成する上で政治がその役割を果たしているとは、とても思えない。政治に対する信頼なくして社会の安心は育たない。そのためにも政治家には、ポピュリズムに流されることなく、党利党略を排し、自信を持って自らの信念を語る勇気を持ってほしく思う。

(ささかわ ようへい)


| 次へ