CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« 2013年10月 | Main | 2013年12月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
11月29日(金) [2013年11月29日(Fri)]
11月29日(金)

8:00 復興関連事業打合せ

9:00 福祉事業打合せ

9:30 工藤栄介 海洋政策研究財団顧問

9:40 海野光行 日本財団常務理事

13:00 ザルツブルグ・グローバルセミナー 開会挨拶

DSC_0211.JPG
ザルツブルグ・グローバルセミナーで挨拶

DSC_0221.JPG
セミナー風景


18:00 ザルツブルグ・グローバルセミナー・レセプション
    於::オーストリア大使館
「海外旅行と病気」―エチオピアのダニ― [2013年11月29日(Fri)]
「海外旅行と病気」
―エチオピアのダニ―


筆者の海外活動領域は主に発展途上国であるため、そこには様々な感染症の危険が存在する。

原因不明の下痢は一般的である。かつて、インドで高熱と共に激しい下痢に襲われて三日間ベッドから動けず、その後のチェルノブイリの原発事故の支援活動では、渋る腹を抱えながらロシア、ウクライナ、ベラルーシを訪問。スープだけで10日間過ごしたことがある。

途上国での最大の問題は蚊の対策で、マラリア、デグ熱、日本脳炎、黄熱病などには最大限の注意はするものの、早朝の活動や夜の野外の夕食会などは、蚊の活動が活発化する時間帯の仕事もあり、多少運任せのところもある。

恐ろしい熱帯性の病気は数々存在するので、ジャングルや山岳地帯、水辺のある土地は特に注意が肝要だが、水や氷、食器類から感染する肝炎にも注意が必要だ。

前置きが長くなったが、先般、エチオピアの地方で展開するササカワ・アフリカ協会の農業プロジェクトやハンセン病回復者の施設を訪問。世界遺産であるラリベラ教会群のある小じんまりしたロッジに宿泊となった。

ササカワ・アフリカ協会・エチオピア事務局の徳末明子さんが、JICAから5000万円拠出していただき共同で行っている草の根事業で、未亡人たちが農産物加工組合を作り、小麦粉で小さな油菓子を作って販売する現場や本部も訪問した。

1.JPG
未亡人の方々が入れたコーヒーでほっと一息


3年がかりの事業は9ヶ所で展開しており、エチオピアでの成功例の一つとして評価されている由。このプロジェクトに参加したアルマズさん(25歳)が徳末さんのインタビューに答えた『声』を紹介します。

「私の家には布団も台所用品もなく、家の畑は2人が食べていくには小さすぎました。私は蚕の世話をする仕事をしていましたが、収入は月に100ブル(約540円)だけ。学校へ行きたかったけれど、そのお金がありませんでした。私の村では、ほとんどの子供たちが、文房具や交通費がないために学校に通えないのです。
 だから私はいつも、どうやったら貧困から抜け出せるのか必死に考えていました。そんなとき、村にできた農産物加工組合のことを知ったのです。
 私はすぐに入会し、10日間の研修を受けました。村でとれる農作物をつかって、粉やスパイス、パンなどを作る方法を習ったのです。そして作った菓子を、組合のお店で売るようになりました。
 収入は以前の4〜5倍になり、生活は一変しました。初めに手にしたお金で私はまず、母や自分に新しい洋服を買いました。そして次に生活必需品を揃え、今は大学に行くためにお金を貯めています。私たちはもう食べ物に困りません。時には遠くの街にお洒落をして出かけることもできます。母もとても喜び、私のことを誇りに思ってくれています。
 最初に私が組合に入ったとき、親戚や近所の人の中には、私が時間の無駄をしていると悪く言う人たちがいました。貧困から抜け出すなんてできっこないと、みんな思っていたのです。でも今はそんなことを言う人はいません。
 研修を通じて、私は農産物品加工の技術だけでなく、衛生や栄養に関する知識、ビジネスについても学ぶことができました。皆で共同作業することの大切さも知りました。組合の活動を通じて得た一番大きなものは、お金ではなく、希望と、自分に対する自信です。」

徳末さんはエチオピアの遠隔地をよく知っており、「この小さなロッジはダニが多く、多い時には40数ヶ所も咬まれたことがあります。十分注意してください」とのこと。

ウガンダで活躍する三人の海外青年協力隊のメンバーを加えて一行10人。筆者は旅の話題作り話と考え「明朝、もっともダニに食われた人に賞金を出すことにしよう」と提案したところ、一行、悪乗りして衆議一決、実行となった。

真っ白なシーツは清潔そうであるが、その間にはさまっている毛布は若干気になる。早朝、体のあちこちをボリボリと掻きながら食堂に集まった面々。何ヶ所咬まれたかの自己申告では財団の小澤、富永はゼロ。徳末と音声の幸田さんは15ヶ所。何と! 筆者が19ヶ所のトップであった。

2.JPG
トップの筆者と2位2人で記念撮影


「エチオピアのダニは見る目がないなぁ。ピチピチした女性を咬まずに年寄りの私を咬むなんて!!」と言いながらも、痒みは全身に広がり、タワシでこすりたいほどであった。

3.JPG
どこにいてもかゆい!

4.JPG
日干しがいいと言われ、部屋の外に干してはみたが・・・


車の移動、会議の最中もボリボリ ボリボリ。血が滲むほど掻いても痒いのである。面白いことに、ダニの被害ゼロの小澤と富永が、帰国後に咬まれ、小澤は病院に治療に行く始末。母国(エチオピア)に飽きたダニが、衣服に潜んで日本行きを希望したに相違ない。九州ではダニによる死亡事件もあったというのに、呑気なことを発案して、現在反省しきりである。

エチオピアの首都アジスアベバで主催した『ハンセン病と人権』に関する国際会議は、エチオピア首相の出席もあり大成功で終了したが、事前準備のため数ヶ月前に出張した某君は、尻に何か引っかかるものを感じて引っ張ったところ、ずるずると40〜50センチのサナダ虫が現れたという。サナダ虫は長いものでは10メートルもあるらしい。聞けばエチオピアで生肉を食べたのが原因らしいという。剛気なものである。

筆者は腸内に残ったサナダ虫が成長してまた出てくることを密かに期待している昨今である・・・と書いたところで、また新情報!

期待が通じてしまったのか、またサナダ虫が出てきたそうで、今度はビンに採集して大学病院の検査に出したいとのこと。サナダ虫の頭部の判明は難しいそうだが、頭部が排出されない限りまた成長するそうである。ただ、健康管理(ダイエットや膠原病、難病、アトピー、成人病の防止)のために名前をつけて腸内で飼育している大学教授の話題もあったので、命に別条ないものの、気持ちの良いものではなかろう。

一日も早く某君の悩みが解消することを願っている。

11月28日(木) [2013年11月28日(Thu)]
11月28日(木)

8:00〜9:00 「語り場」日本財団職員との対話

9:00〜10:00 「語り場」日本財団職員との対話

10:00 理事会

11:00 canpan運営に関する打合せ

12:00 読売新聞東京本社新社屋竣工パーティー

13:00 評価委員会

14:00 喜多悦子 笹川記念保健協力財団理事長

14:30 スティーブン・サルヤー ザルツブルグ・グローバルセミナー理事長

DSC_0190.JPG
スティーブン・サルヤー理事長


15:00 荒木光彌 国際開発ジャーナル代表取締役

16:00〜17:00 「語り場」日本財団職員との対話

19:00 ミャンマー トゥラシュエマン下院議長

DSC_6581.JPG
トゥラシュエマン下院議長

DSC_6779.JPG
レセプション出席者と記念撮影


「朝雲」―究極の名器― [2013年11月28日(Thu)]
「朝雲」
―究極の名器―


 世の中、大抵のものは時代とともに進化するが、そうでない世界もあるらしい。バイオリンの世界もそのひとつであるようだ。17、18世紀にイタリア・クレモナで活躍した名工アントニオ・ストラディバリとグルネリ・デル・ジェスの作品を頂点に、以後、これを上回る作品はできないのだという。

 姉妹財団の日本音楽財団は1994年から将来性豊かな世界の若き演奏家に無償貸与するため楽器収集に乗り出し、チェロを含め2人の作品21挺を保有、「世界の文化遺産」と言われるまでになった。

貸与している演奏家に聞くと「とにかく音が違うのだ」という。その秘密をめぐり、さまざまな研究が続けられているが、有力視されていたニス説について独仏両国の専門家チームが最近、否定する研究結果を公表するなど科学的な論争も続いている。

専門家によると、楽器製作者の間には「2人の作品は究極の名器、改良すべき点が見つからない」、「その後300年間、真のバイオリンといえる作品は作れていない」といった声まであるそうだ。

 ストラディバリは生涯に約1100挺の弦楽器を製作し、うち700挺が現存するといわれるが、市場に出るのは珍しく、演奏家にとっても収集家にとっても垂涎の的。億単位で取引されている。

 東日本大震災の後、音楽財団が震災復興支援に向け、極め付きの一挺であるをロンドンのオークションに出し、過去最高の875万ポンド(約11億5千万円)で落札された。

英国が生んだ偉大な詩人バイロンの孫娘で「遍歴のアラビアーベドウィン揺籃の地を訪ねて」などの著作もあるレディ・アン・ブラントが、1864年から約30年間所有したことから、この名で呼ばれる。

売却代金は全額、日本財団に寄付され「地域伝統芸能復興基金」として、大津波で流失した山車や太鼓、神輿や獅子頭などの補修に充てられている。仮設住宅や故郷を離れて暮らす被災者が、復活した祭会場で再会、笑顔で絆を確かめ合う姿を見ると、名器がもつ不思議な力さえ感じる。

レディ・ブラントはストラディバリ晩年の作で、製作後、既に290年経つ。ほとんど未使用で原形を忠実にとどめ、バイオリン製作の貴重な教材、究極の名器として今後も歴史の中で生き続ける。100年、200年後の名声を想像するだけで楽しい思いがする。
(ささかわ・ようへい=日本財団会長)

Lady Blunt front.jpg
今後も歴史の中で生き続けるであろう名器レディ・ブラント


*10月24日、自衛隊の週刊新聞「朝雲」に掲載されたエッセーです。



11月27日(水) [2013年11月27日(Wed)]
11月27日(水)

10:45 渡邊秀央 日本ミャンマー協会会長

14:00 羽生次郎 笹川平和財団会長

19:05 ブロガー・ミーティング 挨拶
「新聞に見る日本語の乱れ」―外来語の氾濫 その2― [2013年11月27日(Wed)]
「新聞に見る日本語の乱れ」
―外来語の氾濫 その2―


前回、11月17日(日)の読売新聞、産経新聞の朝刊に記載された外来語を紹介した。今日は同日の朝日新聞、毎日新聞に掲載された外来語を記載します。

外来語のカタカナと日本語のカタカナ、例えばクサイ、ノボリ、ヒト、アイガモ、クリ、コメ、ナガイモ、アイガモ等々が同一文章の中にあり、非常に読みにくいことも指摘しておきたい。

また、産経新聞の歌舞伎批評欄にコンビ、エネルギッシュ、ラブシーンとあったのはいただけない。

日本語だけで十分理解できるのに、わざわざ下記の如く両方を記載しているのもどういうものなのだろうか?
日本語だけで十分だと思うのだが・・・
明治時代の人々の翻訳の苦労を、いま一度思い起こしてみてはいかがであろう。

読売新聞
カルテ(診察録)
カタストロフィ(破局)
レセプト(診療報酬明細書)
SP(警護官)
リェゾン(連絡役)
トリガー(きっかけ作り役)
メガソーラ(太陽光発電)

産経新聞
スクランブル(緊急発進)
ポスティングシステム(入札制度)

毎日新聞
サスティナビリティー(持続可能)

朝日新聞
センシティビティー(重要項目)
コンプライアンス(法令順守)
コーポラティズム(談合主義)
リバタリアン(自由至上主義者)
マーキング(標識)

新聞には、時々記事に対しての識者による紙面批判欄が掲載されるが、外来語とその略語についての意見を読んだ記憶はない。しかし、もっとひどいのは広告欄で、筆者にもわからぬ外来語が多く、極端な例では、写真の通り、掲載した広告が英字新聞の広告ではないかと思われるようなものもある。ある全国紙に掲載された広告で、一文字も日本語がないのには驚かされた。

バレリーナ2.jpg
新聞に掲載された日本語のない広告


確か新聞社には広告倫理委員会なるものも存在していたと思うのだが、広告の中の外来語は特に酷い。美しい日本語で表現したら更に効果があるのではと思うのは既に時代遅れの証(あかし)だろうか。

「ハブ空港」などは、毒蛇のいる空港と早とちりする人がいるに違いない。

最後に老人川柳の一句
デジカメは どんなカメかと 孫に聞き

*****************


「朝日新聞 11月17日(日)
アイデア          アイデンティティー     アクション
アクセス          アセスメント        アーティスト
アフロアメリカン      イメージ          インタビュー
ウィルス          ウルトラジャンボ      エッセイスト
エネルギー         エピソード         エール
エロチシズム        エンジニア         オープン
オリジナリティー      オリジナル         ガイドライン
キッチンカー        キャッシュカード      キャッチ
キャッチフレーズ      キャラ           キャンセル
クライマックス       クラブカルチャー      クリエーター
グループ          ケース           ゲーム
コマ            コラボレーション      コラム
コンサート         コンサルタント       コントロール
コンパクト         サイエンスナビゲーター   サイズ
シェフ           システム          シナリオ
シニア           シビア           ジャーナリスト
ジャンボサイズ       ジャンル          ショットガン
ショップ          シリーズ          シール
スクリーンスタッフ     スタッフ          スーツケース
ステージ          ステップ          ストーリー
スーパージャンボ      スペース          セリフ
センサー          タイミング         タブー
タブレット         タンク           チェック
チーマー          チームメイト        チャンス
テーブル          テーマ           テンプレート
ドキュメンタリー      トップ           トップアスリート
ドラマ           ナレーター         ニヒリズム
ネットオークション     ノウハウ          ノルマ
パイオニア         バイオハザード       ハイテンション
パターン          パーティー         ハードル
ヴァーチャル        ハプニング         バラエティー
パンフレット        ファストフード       ファミリータイプ
フードビジネス       ブーム           プライド
プライバシー        プラカード         プラン
フリーライター       フレーズプレゼン      プレゼント
ブレーン          プログラム         プログラムピクチャー
プロヂェクト        ベストバランス       ベール
ペンション         ポイント          ポジティヴ
ポートフォリオ       ボランティア        マイルド
マジック          マニュアル         ミュージシャン
メッセージ         メリット          モチーフ
モノクローム        ユニーク          ユニバーサルデザイン
ゆるキャラ         ライブ           ランキング
リスク           リストラ          リズミカル
リフレッシュ        リベラル          ルール
レイプ           レッテル          ワイドショー

「毎日新聞」11月17日(日)
アドバイザー        アートマネージメント    アニメ
アピール          アンケート         イデオロギー
イノベーション       イベント          イメージ
イラスト          インタビュー        インフラ
ウェブ           ウォータースポーツ     エアコン
エキサイト         エネルギー         エリア
オーナーシェフ       ガイドライン        カバー
キャリア          キャンセル         キャンパス
グラウンド         グループ          クローズアップ
コミュニケーション     シニア           シリーズ
ステップ          ストーリー         ストレス
スーパーマーケット     スピーカー         スピード
スマホ           セミナー          スモッグ
センス           センター        
ソーシャル・ネットワーク・サービス           タイトル
ダイビングスクール     タイミング         ターゲット
タブレット         ダメージ          ターン
ダンス           チェック          チームワーク
チャレンジ         チャンス          デザイン
データ           テーマ           ドキュメンタリー
トークショー        トップアマ         サービス
ドッキング         トラブル          ナレーター
ニーズ           ノウハウ          バイオテクノロジー
バイク           ハイブリッド        パート
パートナーシップ      ハードインフラ       ハードル
バービー人形        ビザ            ビジネスチャンス
ビジネスパーソン      ビジョン          ヒット
ヒヤリング         ヒント           ファーマーズマーケット
フォーラム         プチリゾート        プラス
ブルジョア         フルタイム         プレゼント
プロジェクト        プロデューサー       ペア
ヘイトスピーチ       ベビーカー         ベール
ボイラー          ポーズ           ポータルサイト
ホームパーティー      ボランティア        ボランティアサークル
マイノリティー       マスタープラン       ミステリー
メッセージ         メリット          モデル
Uターン          ユニット          ライフプラン
リスク           リストラ          リゾート
リタイア          リーダーシップ       ルール
レストラン         レーン 

11月17日の新聞以外でも、ちょっと見みただけで次のような難解な言葉がありました。
アップストア        アートディレクター
アパルトマン(スーパーマンの兄弟か?)         アレンジ
イノベーション       インターシップ       インテリジェンス
オープンソース       オーラルケア        オールシーズン
カタリスト         キッチンスタジオ      ギャラリートーク
クラスター         クリエイティビティ     クリエーターケアーフード
ゲージ           コアインフレ        コーディネート
コミュニケ         コモディティー       サイエンスライター
シンパシー         スキル           ストレージボックス
セルフマネージメント    ソリューション       ダイレクトアクセス
データーウエアハウス    データサイエンティスト   データーマイニング
テラバイ          ナレッジ          ネットパトロール
ハードル          パフォーマンス       ビッグデータ
ピュアレスト        ブランディング       プレミアムアイテム
フレーバーノート      プレミアムリッチ      ボビン
ミニマムアクセス      メカニズム         メルヘン
モニタリング        モノトーン         ライフステージ
ラインナップ        リスクテーク        リーフレット
リリース          レビュー





11月26日(火) [2013年11月26日(Tue)]
11月26日(火)

ヤンゴンより
6:45 成田着

14:30 財団着
    書類整理・打合せ

11月25日(月) [2013年11月25日(Mon)]
11月25日(月)

7:30 朝食

10:30 United Nationalities Alliance(統一民族同盟)

12:15 United Nationalities Alliance関係者との昼食会

14:00 National Brotherhood Federation(民族同胞団連合)

15:30 アウンサン・スー・チー女史

17:00 共同通信社取材

18:00 Peace Support Center会議
    《援助国(イギリス・アメリカ・スイス・オーストラリア・日本)並びに
            国際機関(世銀、国連難民高等弁務官事務所、その他)会議》

19:30 88世代コーコージー氏らとの夕食会

21:00 ヤンゴン空港着

22:10 ヤンゴン発、成田空港へ
「新聞に見る日本語の乱れ」―外来語の氾濫 その1― [2013年11月25日(Mon)]
「新聞に見る日本語の乱れ」
―外来語の氾濫 その1―


語学な苦手な筆者ではあるが、日本語の表現の豊かさは、世界に37,000以上の言語があるといわれている中でも、世界屈指ではないだろうか。碩学の白川静先生の「字通、字統、字訓」の三部作は何よりの証拠で、色を表す言葉だけでも数百はあるだろう。

写真.JPG


かつての日本人は、洋書を翻訳する時、言葉の造語に苦労した。明治時代の脱亜入欧の息吹の中で、福沢諭吉や西周(にしあまね)などは、翻訳のための造語作りに呻吟した。

共産主義、労働者、資本家、哲学、美術、文化、芸術等々。現在中国が使用している約1,400語といわれる日本の造語なくして、現代中国の社会科学系の本の出版は勿論のこと、学問の進歩もあり得なかった。

共産主義、社会主義に関する中国の書物は、ほぼ日本で出版されたものの翻訳である。中国の学生に「中華人民共和国の漢字は中国語ですか?」と問いかけるとほぼ全員が頷くが、実際は、人民、共和、国は日本語である。

日本には漢字、ひらがな、カタカナが存在し、特に外来語には表音文字としてカタカナの使用が便利で、三通りの表現方法の文字を持つのも日本だけではないだろうか。

最近、会話における日本語の乱れが識者によって指摘されており、尊敬語や謙譲語の使い方だけではなく、略語や若者だけに通用するような言葉もあるらしい。NHKにも外来語が多用されて理解不能とのクレームがあったと報道されたことがあるが、正しい日本語、美しい日本語を守る使命は新聞にもあると思うのだが、最近の新聞の外来語の乱用は少し考えものである。

11月17日(日)の読売新聞、産経新聞、朝日新聞、毎日新聞の朝刊から外来語を拾ってみた。スポーツとテレビ欄は含まれていない。新聞社はよく「知る権利を主張する。正論ではあるが、有料である以上、読者には「読む権利」があることも理解してほしい。

新聞の読者は平均年齢が50歳をはるかに超えたといわれている。各紙の外来語や略語を見ると、顧客(読者)無視の商品(新聞)といわざるを得ない。

******************


「読売新聞」11月17日(日)
アイデア          アイドルコンサート     アドバイザー
アドバイス         アピール          アンケート
イノベーション       イメージ          イヤホン
インタビュー        ウィット          エキサイト
エチケット         エネルギー         エピソード
カード           カバー           カフェ
ケース           キャラクター        キャリア
キャリアセンター      キャンペーン        ケース
ケーブル          コイル           コスト
コンサルティング      コントロール        サイト
サイドカー         サービス          サブチーム
サミット          サロン           システム
シナリオ          シール           スクラム
スタイル          スト−リー         ストレス
スーパーコーディネーター  ゼネラリスト        ダイナミック
タイトル          タスクホース        チェック
チャレンジ         チャンス          ツィッター
デザイン          テスト           データベース
デビュー          テロ            トップ
トピック          トラブル          ニーズ
ニュータウン        ネット           ネットワーク
ノンフィクション      パイオニア         バイク
ハザードマップ       バッグ           パネル
バランス          パワーバランス       パンク
ビジネス          ビジネスマナー       ブーム
プラス           プラン           プリズム
フルネーム         プロ            プロジェクト
ベクトル          ページ           ベテラン
ペーパーカンパニー     ベビーカー         ベランダ
ポイント          ホーム           ホームページ
ボランティア        マナー           マネージ
マネジメントサポート    マネージング・ディレクター ミステリー
ミニマム・アクセス     メス            メカニズム
メリット          メール           メールアドレス
メンタリティー       メンバー          リスク
リストアップ        リーダーシップ       ルール
レセプトコンピューター   レトロ           レベル 

「産経新聞」11月17日(日)
アイドル          アウトドア         アーティスト
アップダウン        アトバイザー        アプローチ
アールデコ         イズム           イベント
イラスト          インサイダー        インターナショナル
インタビュー        インテリゲンツィア     インフラ
ウェディングイヤー     ウェディングドレス     エネルギー
エンディングテーマ     オーディション       オープニング
オープン          オンパレード        カット
カップル          カテゴリー         カバー
ガバナンス         キーホルダー        キャッシュカード
キャリア          キャンペーン        クーデター
クリア           グループ          ケージ
ケース           コスト           コミュニティー
ゴールイン         コンサート         コンパクトカメラ
コンプレックス       サイバー          サブカルチャー
サブキャップ        サプリメント        サンプル
シェア           シニアアナリスト      ジョギング
ショップ          シリーズ          シンプル
シンポシウム        シンボル          スクープ
スケルトン         スタイル          スタート
スーツケース        ステージ          ステッカー
ストレス          スピーチコンテスト     スピード
スペシャル         スポット          スマホ
スローガン         ソフトカバー        タイトル
タレント          タンカー          チェック
チケット          ティーンエイジャー     デジカメ
データ           デビュー          テーマ
テロリスト         テンポ           トライアングル
ドライバー         ニューカラー        ニュースサイト
ノウハウ          ノンフィクション      ハイキング
パターン          パート           ハードル
パネル           バラエティー        バランス
バリエーション       ビジネス          ピース
ピッチャー         ヒット           ヒットメーカー
ヒント           フェリー          フェンス
ブース           ブーム           ブラックホール
プリズン          フルタイム         フルーツ
ブレーキ          プレゼント         ブロック
フロンティア        ペース           ベストセラー
ベルトコンベアー      ポスター          ポストカード
ポピュリズム        ホーム           ホームページ
ボランティア        ボランティアガイド     マイナス
マイナスイメージ      マーケティング       メカニズム
メディア          モデル           ライフプランニング
リストラ          リーダー          リニア
ルート           ルール           レパートリー
マンネリ          メディア          メディアリテラシー
メニュー          メロディー         モダニズム
モデル           ユース           ランチタイム
リサイクル         レイアウト         レシピ
レトロ           ローテーション       ロードマップ

(つづく)

11月24日(日) [2013年11月24日(Sun)]
11月24日(日)

8:00 朝食

10:30 アウン・ミン大臣

13:30 記者会見

16:00 88世代コーコージー氏らとの面談

18:00 関係者と夕食会
| 次へ