CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
少数民族・ムルシ族 [2010年08月20日(Fri)]

大きなお皿を口にはめたムルシ族


「エチオピア訪問」その6
―少数民族・ムルシ族―


エチオピアの首都・アジスアベバから9人乗りの軽飛行機で800km南部のオモ渓谷に住む少数民族・ムルシ族(約5000人)とハマル族(約30,000人)の村を訪問した。

エチオピアで「ササカワ・グローバル2000」の名称で貧しい農民に食糧増産の農業指導を開始して24年。メレス首相の農業への理解もあって、プロジェクトは大いに成功。慢性的な食糧不足から解放され、1997年、「今日、ケニアに向けて食糧輸出船第1号が出航した」との感動的な書簡を頂戴した。

しかしその後、南部では豊作でありながら北部では旱魃で飢餓が発生したことがある。サブサハラ諸国では、一、二本の幹線道路以外、日本のような道路と呼べる道は存在しないといっても過言ではない。特に雨期の激しい降雨は簡単に道路を破壊。泥水は道路を遮断して通行止めとなることも多い。したがって、同じ国内でありながら、南部の食糧を北部へ輸送することが困難で、飛行機からの食糧投下以外に方法がなく、被害を拡大してしまう結果となる。

軽飛行機で南部の主要都市・ジンカまで約1時間半。眼下に見える田畑は雨期の恩恵を受けて川や湖の水量は十分。豊作が期待できそうだ。

飛行場とは名ばかりの草原に無事着陸。日本語で「こんにちは」「名前は?」と、四、五人の男性が寄ってくる。秘境の入口であるジンカの町のイメージはすっ飛び、落胆この上ない。

迎えの四輪駆動で移動開始。ドライバーのブルハンの親切な説明を聞きながら、オモ川流域に広がるマゴ国立公園を横断する。

象、ライオン、チーター、キリンなども生息するというが、ケニアのマサイマラやタンザニアのンゴロンゴロ国立公園と異なり見通しが悪く、道路脇に出でてくる若干の猿やインパラのような動物と鳥を数種類を見ただけだった。恐ろしい眠り病のツェツェバエの生息地と聞きびっくり。降車することなくマゴ国立公園を通過。

約2時間で特徴ある写真のような女性が生活する40〜50人の村に到着。目的地の村は更に先だが、ガイドのジョセフが「銃声が聞こえたので危険」と判断。急遽、この一族の集団を見学することになってしまった。

ムルシ族は気が荒く戦闘的な部族で、午後は稗(ひえ)ととうもろこしで製造した75度の強烈な酒を呷って男女とも微睡む習慣がある。当初の訪問予定地ではすでに酒が入り、ソ連製カラシニコフの発砲音が聞こえたとのことで訪問中止となったわけである。

この一族の集団はかなり観光客に馴れているようで、「写真を写せ」と老若男女が前後左右から強引に擦り寄ってくる。写真一枚に値段があるようで、写すたびにガイドのジョセフが紙幣を渡している。

カメラ担当の富永夏子が自然体の被写体をとシャッターを切ると、目撃した住民が「ブル、ブル」と手を出してくる。ブルとはエチオピアの通貨のこと。日本円で、男性グループは70円、女性35円、子供14円の撮影料と、かなりの高額であり、観光ずれしていることがわかる。

ムルシ族の女性は、唇に「デヴィニヤ」と呼ばれる土器で作った皿をはめ込む。数百年前、奴隷として捕えられ新大陸に送られた悲しい歴史があり、自分を醜く見せることにより商品価値を無くし、捕えられないようにしたことが始まりだと言われているが、現在では大きな皿をつけているほど美しい女性とされ、結婚する時の結納に交わされる牛の数も多くなるという。

写真のように顔の大きさほどの皿をはめている女性もおり、通常男性の前では外さないことになっているが、皿を外した唇はまるで七面長の顎のようにしわしわで、醜い形となる。皿が歯に接触するためか、前歯の上下二本つづを抜いている女性が多い。

男性は前歯の上一本か二本を抜いている人が多い。サブサハラでは前歯の間が空いている、いわゆるスキッ歯の状態の人は幸運との言い伝えがある。日本では死後水で唇を濡らす習慣があるが、サブサハラでは死人に水を流し込む習慣があり、生前に前歯を抜くことがあるようだ。

ササカワ・アフリカ協会のチャド出身のデボラは、サブサハラの農業大学の人材養成プログラムの責任者で、すでに1300人余の人材養成に成功した熱い情熱の持つ主で、その上、紳士。日本人妻との間に可愛い娘が一人いる。彼は前歯が一本スキッ歯になっており、アフリカでは幸運の持ち主といわれている。

「日本で歯医者に行くと、スキッ歯の所に義歯を入れてやるとうるさくて困る。スキッ歯は幸運の印だよと説明すると、医者は不思議そうな顔をする」と言うと、デボラはスキッ歯をあらわに、人なつっこい顔で大いに笑う。

ムルシ族が気性の荒いことはすでに述べたが、同行の笹川アフリカ協会の横山陽子は、ムルシ族の女性にいきなり両手でシャツを広げられ胸をのぞかれるハプニングもあった。

ムルシ族の男たちは、常食の稗(ひえ:ソルガム)の収穫後、「ドンガ」という2メートルほどの杖で他の村人と戦う「スティックファイト」と呼ばれる習慣があり、この戦いに勝利することは一族の尊敬を集め、また、自分の好みの女性を娶るチャンスでもある。

しかし、現在は簡単にロシア製カラシニコフが手に入り一発で絶命してしまうが、今でも「スティックファイト」が行われているのか、残念ながら聞き洩らした。





(次回8月23日は、「少数民族・ハマル族を訪ねて」です)
エチオピアの海運事情 [2010年08月18日(Wed)]

エチオピアの海運業界の将来を担う若者たち


「エチオピア訪問」その5
―エチオピアの海運事情―


エチオピアの首都・アディス・アベバは標高2300メートル。7月は雨期の終りに近く雨模様で気温は14〜15度。肌寒いくらいであった。

ボーローグ・シンポジウムの合間に、世界海事大学(スウェーデン・マルメ市)を卒業した笹川奨学生2人が訪問してくれた。2005年卒業のSebhatu氏と2007年卒業のFesena氏である。

私はどこの国を訪問しても、各種笹川奨学生と面談することを常としている。世界中で活躍している笹川奨学生達との絆を強化する絶好の機会と考えているからである。

Sebhatu氏から自分たちの働く会社をぜひ訪問してほしいとの要請を受け、彼らの活躍の場を視察することで奨学制度の効果を実感できると思い、翌日訪問することを約束した。

彼らの働くETHIOPIAN SHIPPING LINES S.C.は操業45年、エチオピア政府財務経済開発省管轄の国営企業であるが、近々一部を民営化し、株式上場の予定と聞く。

会社の玄関では、世界海事大学一期生の専務取締役とIMLI(マルタにある国際海事研究所)の奨学生が出迎えてくれ、同社所有船第一号「シバの女王号」の模型が飾られている部屋に案内してくれた。

2〜3年前にコンテナ船(1400個のコンテ―積み積載量2万8000トン)を9隻発注。2隻は中国、他の7隻は英国、デンマーク等の欧州の造船所に発注。1隻2250万ドルであった。

現在も7隻(1800個コンテ―積み積載量2万8000トン及び4万1500トン、3630万ドル)と2隻のタンカーを、15年間8%の金利で中国、韓国、日本に契約発注しているとのこと。

エチオピアでは、現在、ダム及び工業施設建設のため鉄鋼需要が高く、船も大型化している。他のアフリカ諸国で多くの船会社が倒産する中、優秀な社員と優れたモラルで、アフリカ最大の船会社として発展していると、専務取締役は胸を張る。航路は主にインド、湾岸諸国、黒海、トルコとのこと。

しかし最大の問題は、この国には港がないことである。かつて港のあったエリトリアが1993年5月にエチオピアから独立し、今は犬猿の仲。現在は隣国のジプチの港を使用しており、船員教育は首都から40キロ離れたエチオピア最大の湖を使用して行っているので不便はないという。

ソマリアの海賊問題に話が進むと、理由は不明だが、アメリカの監視に真剣さが足りないと批判。

しかし、当社の船は絶対に襲われることはないと断言した。理由を聞くと、万一エチオピア船を襲ったら、エチオピアの軍隊が即刻ソマリアを侵略することは海賊も承知だからと、笑って答えた。

訪問した国で笹川奨学生の活躍に接することは、私にとって、旅の疲れを癒す何よりの妙薬である。



(次回8月20日は、「ムルシ族」です)
8月16日(月) [2010年08月16日(Mon)]
8月16日(月)

 07:50 書類整理、決裁等

 09:30 笹川記念保健協力財団・紀伊國献三理事長

 11:40 東京財団・佐々木良昭上席研究員

 13:00 国土交通省・久保成人鉄道局長

 13:30 国連人権理事会諮問委員会・坂元茂樹委員

 16:00 退室


笹川アフリカ協会 [2010年08月16日(Mon)]

農業プロジェクトで飛び回る宮本常務(写真・右)と筆者


「エチオピア訪問」その4
―笹川アフリカ協会―


笹川アフリカ協会は設立24年。会長は設立当初からノーベル平和賞受賞者のノーマン・ボーローグ博士であったが、昨年6月に逝去。その後は空席である。

協会の目的は、アフリカにおいて、近代的な農業技術や貯蔵技術、農産物加工技術等に関する指導を対象各国政府と協働し、小規模農業従事者に、より効果的な農業改良技術を普及することで、農家の生産・加工・流通の向上を支援することである。

設立以来、サブサハラ・アフリカを中心とした延べ14カ国において、食糧増産や新しい農業技術の普及、及び政府首脳から小規模農業従事者までの各レベルにおける農業に対する認識の改善まで、幅広い支援を展開してきた。

常務理事は宮本正顕とクリス・ダズウェル(アメリカ)を中心に、タンザニア、ドイツ、フィリピン、セネガル、チャド、ケニア、日本の農業科学者を中心とした多国籍メンバーである。

メンバーの出身国は歴史も文化も異なり、合意形成に困難を伴うこともあるが、ボーローグ博士の「Never Give Up 」の精神を基本に、農民支援を優先にした議論は多少の時間を要しても必ず収束すると、協会設立以来の同士・宮本正顕は自信を持って語る。

24年間にわたり試行錯誤を繰り返しながらアフリカでの貧農救済を続けてきた「ササカワ・グローバル2000」も、近年大いに評価が高まり、ビル・ゲイツ財団、JICA、国際農業開発基金、国連世界食糧計画、ナイジェリア政府などからも資金が流入。向こう4年間で最低でも1,205万ドルの資金獲得が確定しており、更にパフェット財団、モンサント社、デュポン、シンジェンタ財団からの支援資金も有望で、ビル・ゲイツ財団は580万ドルのトライアル資金の効果を判定して更に大幅な資金供与の可能性があると、嬉しい報告をしてくれた。

笹川アフリカ協会には、今年2名の日本人女性スタッフが参加した。2人は日本財団がコスタリカの平和大学と協力して設立した平和教育の修士課程の卒業生である。

横山陽子さんは、慶応大学から三菱商事を経て平和大学で修士課程修了。東京事務所で事務の全てを取り仕切る。

徳末明子さんは東京大学卒業。会社勤務を経て平和大学修士課程修了。エチオピアでの勤務となり、既に現地スタッフと共に、日夜農民と共に汗を流す生活を開始した。

年配者の多い農業科学者の中では娘のような存在で、職場は急に明るくなった雰囲気ではあるが、どこまでも実力の世界であることに変わりはない。健闘を祈りたい。

ところで、ジェントルマンの宮本正顕が、エチオピアでのノーマン・ボーローグ国際シンポジウムの最中、出席者の中に私の好きな名前の人がいたと、わざわざ紙切れを渡してくれた。

「ナーナ・アゲマン教授」
ガーナのケープコースト大学学長とある。

「男性でアゲマンは戴けないね」
「いや、女性のアゲマン教授です」と、宮本は真顔で答えた。

宮本は5月24日のブログ、「世界の珍名・地名」を読んでいたらしい。



(次回8月18日は、「エチオピアの海運事情」です)


ハンセン病の現況 [2010年08月13日(Fri)]

ハンセン病リハビリテーションセンターを訪問


「エチオピア訪問」その3
―ハンセン病の現況―


ノーマン・ボーローグ博士追悼国際農業シンポジウムの合間を利用して、ハンセン病制圧活動に従事した。

WHOのエチオピア代表・ナフォトラオレ博士は西アフリカのマリ出身の女性。私へのブリーフィングのため、祖国での休暇を中断して帰国してくれた。

「1983年の年間新規患者は8万人を超えていたが、特効薬のMDT(多剤併用療法)の導入により年間の新規患者数は約4000人とこの10年間横ばい状態である。新規患者のうちの重度障害率が7%と低くないことが問題であり、エチオピアの人口の75%は電気、水道もなく、道路も劣悪な地域に住んでいるためアクセスが悪く、新患発見や治療のためのフォローが難しい状況が続いている。

各村に一年間研修を受けたヘルスワーカーを2人配置し、ハンセン病を含む住民の健康管理にあたっているが、エイズや結核、マラリヤに比べ患者の絶対数が少ないため、ともすれば対策が疎かになる可能性が強く、10年間患者数が横ばいであることは如実に対策の遅れを物語っている」とのこと。

この状態を打破するためにも、保健大臣に更なる努力を要請することが、ハンセン病制圧特別大使としての私の大切な役割の一つである。

アドハノム(Adhanom)保健大臣は、最近エイズ、結核、マラリヤ対策のグローバルファンドの議長に選出されたばかりで、多忙の中、かつてジュネーブでの国連人権理事会へのキャンペーンに招待した仲間であるエチオピア・ハンセン病回復者組織代表・ベルハネ(Berhane)と共に、私の訪問を受け入れてくれた。

エイズ、結核、マラリヤに比べ患者数の絶対数が格段に少ないハンセン病ではあるが、古来より激しい差別を伴う病気であり、病気の絶滅と病人・回復者やその家族への差別撤廃のための更なる格段の尽力を要請した。

大臣は「保健省にとってハンセン病撲滅は優先課題の一つであり、回復者組織と共に活動し、住宅問題や少額融資制度を行っている。ハンセン病に対する社会の理解を深めることや回復者の社会復帰を促進することは重要である」と述べた。

保健大臣との面談後、アディスアベバ近郊の全アフリカ・ハンセン病リハビリテーション研修センター(ALERT)を訪問。ALERTは1965年エチオピア政府・アディスアベバ大学、世界ハンセン病団体連合が中心となって、診断治療、外科、眼科、リハビリテーションの専門機関として、社会の厳しい差別に晒されたハンセン病患者の施設として設立され、現在、エチオピア及び英語圏アフリカ諸国の専門家のトレーニングに大きな役割を果たしてきた。現在は政府に移管され、総合病院としてハンセン病もその中に統合されている。

外来患者は一日に約300人、入院患者200人の半分は障害のあるハンセン病患者である。私は各病棟を回り、入院している一人ひとりと握手して激励をした。

次に訪問した全エチオピア・ハンセン病回復者協会(ENAPAL)は1996年に設立。私が設立・支援したインドの回復者全国組織(ナショナル・フォーラム)より早く組織化され、患者、回復者の諸権利の保護、社会に対する啓発活動、社会的経済的自立の支援を目的として活動しており、国内9州の内8州に63の支部を持つ世界一の回復者組織である。

ALERT周辺には治療を求めて全国各地から集まってきた回復者による自然発生的なコロニー(定着村)が形成され、現在は回復者とその家族、流入した住民を含め5000人の一大コミュニティーになっている。回復者は織物、刺繍、油搾、ローソク作りなど、自立した生活のために汗を流していた。

訪問した一軒の老婆の家では、奥の狭い部屋で乳牛が草を食み、糞尿の臭いが充満していたが、「子供5人を育て、(内二人は養子)、孫も生まれ、夫とは結婚以来喧嘩もなく、毎日神に感謝しながら祈りを捧げている」とにこやかに話してくれた。

幸せの条件は人によって異なるが、私はこの老婆に真の幸せとは何かを教えられた。


幸せについて教えられた老婆



(次回8月16日は、「笹川アフリカ協会」です)
8月12日(木) [2010年08月12日(Thu)]
8月12日(木)

 08:00 書類整理、決裁等

 09:50 国土交通省・井手憲文海事局長

 11:00 海上保安庁・石指雅啓総務部参事官

 11:30 国土交通省・福本啓二海事局次長

 14:00 退室

 ハンセン病募金 12件 40,000円の礼状書き
8月11日(水) [2010年08月11日(Wed)]

南京から上海への移動は高速鉄道


8月11日(水)

 08:30 ホテル発 南京駅へ

 09:45 南京発 高速鉄道(時速約350km/h)で上海空港へ

 13:50 上海発

 17:40 羽田空港着 自宅へ
エチオピアの叙勲式と大統領 [2010年08月11日(Wed)]

写真は右から筆者、大統領、カーター元大統領


「エチオピア訪問」その2
―エチオピアの叙勲式と大統領―


ボーローグ記念シンポジウムの合間に、サプライズのエチオピア大統領メダルの叙勲式が大統領官邸で行われた。

25年にわたるエチオピアでの「ササカワ・グローバル2000」農業プロジェクトの功績が評価され、受勲者はカーター元大統領、故・ノーマン・ボーローグ博士と私の三人である。

午後4時30分に大統領官邸必着の指示であった。しかし困ったことにダークスーツを持参していない。普段私はその国の民族衣装を着用している。相談の結果、やはり背広にネクタイに決定したが、ネクタイとワイシャツがない。ワイシャツは職員の間遠さんが買いに走り、ネクタイは笹川アフリカ協会の宮本常務理事から拝借。上衣とズボンが異なる恰好で参上した。

待つこと暫し、カーター大統領もおいでになったが、大統領の到着が遅れているとのことで30分以上も待たされる。やっと案内人より声があり、待合室の反対側の部屋に案内された。正面に肥満の老人が座っている。

よっこらしょとやっと立ち上がって我々と握手したが、また座ってしまった。これがギルマ・ウォルドギオルギス・ルチャ大統領であった。儀典長らしき人は背広の前ボタンもかけず、ボソボソと挨拶文を読み上げ、大統領は手渡されたペーパーをつっかえつっかえ、弱々しい声でやっとのことで読み終えた。

通常、厳粛なセレモニーの多い叙勲式の中で、実にしまらない異例の展開の極めつけは、メダルを紙包みのまま左手に1個、右手に2個持って、まるでみやげでも渡すように我々に手渡された。カーター大統領もいささかの苦笑い。

その後、祝いの長方形の大きなケーキが出てきてナイフを入れろとのことで、仕方なくカーター大統領と二人でケーキ入刀と相なった。長年の付き合いで、出発時間の迫ったカーター大統領のいらだちがよく分かる。なんともしまらない叙勲式で早々に退散した。


カーター元大統領とお祝いのケーキ入刀


叙勲式といえば、ノーマン・ボーローグ博士と二人で叙勲したアフリカのマリでの式典は厳粛であった。大統領官邸の式場で礼服に威儀を正した儀典長がオペラのテノール歌手そこのけの美声で朗々と勲記(フランス語でさっぱり意味不明だが)を読み上げ、大統領が勲章を首にかけて下さり、祝意の言葉があり、答礼の謝辞となった。

先般、スウェーデンから頂戴したときは、一枚の書類にサインを要求された。これがなんの書類か、外務省の儀典担当者でもわかるまい。正解は、死亡したときは勲章を国王に返納せよとの書類であった。さすがスウェーデン王国。我が家を調査の結果、当事者死亡の折は勲章が古道具屋に売られる懸念があると判断されたに相違いないと冗談を飛ばしているが、遺言書を作成し、その旨をはっきり残さないと売られる可能性大かも知れない。

とは申すものの、この種の名誉は日本財団や関連組織の代表として頂戴したものなので、全て日本財団で管理保管されているので心配ご無用である。

マレーシアの場合は、式典当日、海外出張で出席できず、大使館での授与を願い出たところ、一年に2、3回、国王が主催される式典があるのとのことで、夫婦で出席が授与の必須条件とのこと。未だその機会はない。

ところで余談になるが、大統領には3種類あることは読者で高承の通りである。

@国民の直接選挙で選ばれた大統領で、首相のいない国―アメリカ
A国民の直接選挙で選ばれた大統領で、主に外交軍事を担当し、内政は首相を任命して担当させる国―フランス
B議会で選任された首相が実権を持ち、大統領は象徴的存在の国―エチオピア、インド、ドイツ


エチオピアではメレス・ゼナウィ首相が絶対的権力を保持している。



頂戴したメダルは写真のように、いくら見直しても骸骨の図柄である。大統領メダルにしては不吉な気もするが、これは1974年にエチオピアで発見されたアウストラロピクデクス猿人の化石人骨(通称“ルーシー”)の図版であり、さらに昨年にはルーシーを遡ること100万年前のラミドゥス猿人の全身骨格(通称“アルディ”)が見つかるなど、エチオピアは人類(ホモ・サピエンス)発祥の地ともいわれている。

したがってこのメダルのデザインは、自国が人類発祥の地域であるというエチオピア人の誇りの表われであり、不吉どころか当然のことなのかも知れない。



(次回8月13日は、「ハンセン病の現況」です)
8月10日(火) [2010年08月10日(Tue)]

出版発表会で挨拶


8月10日(火)

 07:00 ホテル発
※ 北京空港に到着したら、当初予定した9時発の国内線が、急きょキャンセルのため、航空会社を変更し南京へ

10:30 北京から南京へ

 12:30 南京着

 13:15 南京大学出版社 左健社長と昼食会

 16:00 南京大学での「現代日本図書翻訳出版発表会」挨拶

 18:00 南京大学陳駿学長夕食会
8月9日(月) [2010年08月09日(Mon)]

中国人民大学で挨拶

8月9日(月)

 07:30 ホテル発

 08:45 中国人民大学「中国地方政府職員防災研修(〜13日)」開講式・挨拶

 12:15 中国人民大学・党書記主催昼食会

 15:30 中国社会科学院「現代日本図書翻訳出版発表会」・挨拶

 18:10 出版関係者研究者と夕食会

 21:30打ち合わせ

 23:30 防災研修受講生に対する卒業証書へのサイン160人分



卒業証書にサイン