CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】2月8日(金) [2019年02月08日(Fri)]
2月8日(金)

7:30 財団着

8:00 コミュニケーション部との打合せ

8:30 海洋事業部との打合せ

9:00 公益事業部との打合せ

10:00 武部恭枝 プライムコーポレーション社長

10:30 インド出張打合せ

11:00 「18歳意識調査」勉強会

13:00 スピーチ打合せ

13:30 小木曽麻里 笹川平和財団

18:30 渡邉秀央 日本ミャンマー協会会長 
このエントリーをはてなブックマークに追加
「タイ、バングラディシュ、ミャンマー出張」 [2019年02月08日(Fri)]
「タイ、バングラディシュ、ミャンマー出張」

2月5日に10日間のインド出張より帰国。
2月8日深夜出発。9日タイの地方で少数民族武装勢力と会談。その夕刻にバンコク経由バングラディシュへ移動、同国の政府要人と会談。
12日にはミャンマーのロヒンジャーの脱出先であるコックスバザールで難民キャンプ視察。
13日にはダッカからバンコク経由でヤンゴンから首都ネピドーで政府及び国軍要人と会談。
16日帰国予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加
社会を変えるイノベーションは、“変人”から生まれる。 [2019年02月08日(Fri)]
社会を変えるイノベーションは、
“変人”から生まれる。

(日本財団会長 笹川 陽平 × 藤田 晋)

写真@.jpg

“自分のためではなく、社会の課題を解決し、世の中に変革を起こす事業を生み出したい”人を応援する新番組『10億円会議 supported by 日本財団』が、1月15日(火)より「AbemaTV」でレギュラー放送されました。
番組を制作するにあたりタッグを組んだ、日本財団 笹川陽平会長と当社代表の藤田。笹川会長はどんな想いで10億円の提供を決めたのか、また、番組の狙いなどを対談形式でお話しました。


写真AFinal.jpg



藤田:日本財団のオフィスで笹川会長に初めてお会いした時、奥からゴッドファーザーが現れた、と思いました(笑)会長のことはもちろん存じ上げていましたが、そのくらい存在感のある方だなと。

笹川:僕が藤田さんに持っていた印象は、「変人」ですね(笑)新しいことにチャレンジして革命を起こしていく人は、大抵変人なんですよ。だから褒め言葉だと思ってくださいね。変人にしてはイケメンで立派な人だな、というのが最初の印象ですね。

藤田:変人っぽさを隠そうと必死なんです(笑)

写真B.jpg


笹川:社会を変えていくというのはチャレンジングなこと。だけど、挑戦者が牽引者になって国民を引っ張り、常識を変えるのが本当のイノベーションだと思います。

藤田:まさに「AbemaTV」も変人扱いされていて、誰も真似してこない。年間200億円も投資していると、競合も現れないということを知りました(笑)まさに今、イノベーションを起こしている真っ最中です。

笹川:変人扱いされてるということは評価されてるということですね。皆が「良い」というものは大したことない。自信を持って変人っぷりを発揮してください。「AbemaTV」は、10〜20年後に日本の常識、メディアの常識を塗り替えることになっているはず。

今回の「10億円会議」も、どんな番組に仕上がるか楽しみにしています。これからの若い世代の人が見た時に「我々も何かしなければいけない」という気持ちになってくれたら嬉しいですね。

藤田:今の若い人たちは、日本財団のような支援の方法があることを知らないかもしれない。この番組を企画した時の狙いの一つは、若い世代が多く見ている「AbemaTV」で、分かりやすい形で番組にすることで「自分のアイデアも聞いてもらえるかもしれない」と思ってもらえるといいなと。

笹川:想いは持っているけど、実現させる方法を知らないこともありますよね。学校の先生に相談しても「そんなバカなことやめとけ」と言われるのがオチ。何かしたいと思う人が僕たちにアクセスするツールとして、「AbemaTV」が引き受けてくれたのは本当に有難いこと。イノベーションを起こす一つの大きなきっかけになると思います。

写真C.jpg


藤田:今回の10億円という数字は、テレビ番組としては前代未聞だったようで、結構驚かれますね(笑)

笹川:100億円にするか迷ったくらいですけどね(笑)みんなに反対されて、10億円に落ち着きました。

藤田:この番組をきっかけに、寄付をしたい人も増えるんじゃないかなと思っています。若い活力のある人の為に使って欲しい、とか。

笹川:期待できますよね。1万円以上寄付をしてくれた人には、必ず私から御礼の手紙を送るんですけど、最近は若い人が多いんですよ。社会の為に自分も何かやりたい、という若者がたくさん出てきている。それをさらに活気づける意味で「10億円会議」をきっかけに広がって欲しいですね。

藤田:ただ面白いと思って見るだけじゃなくて、「自分だったらどうするだろう?」と主体的に考える番組にしていきたいですね。

笹川:見てる人に「僕でも世の中の為になるかもしれない」と考える機会をつくれたら、素晴らしい番組になりますね。

写真D.jpg


1月15日(火)23時30分にスタートした新レギュラー番組『10億円会議 supported by 日本財団』では、日本財団が用意した総額10億円の資金をもとに、“自分のためではなく、社会の課題を解決し、世の中に変革を起こす事業を生み出したい”という想いを持つ一般参加者が自らプレゼンテーションを行います。

見事審査員5名全員の心を掴むことができれば、資金獲得の機会を得られることができ、その夢がどのように実現するのかを追うドキュメンタリー番組としてお届けしてまいります。ぜひ、ご覧くださいませ!

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9pGVajpDogBGCf


■募集テーマ例
「人」に関すること
・日本からイジメを無くすために、“イジメはかっこ悪い”という内容の曲をトップアイドルに歌ってもらいたい
・“少子化対策”のために、日本各地のライブハウスで大人の保健授業というイベントを開きたい
・お金に困っている若手のアーティスト、芸術家を支援するために、芸術家とお金持ちの出会いの場を作るべく、フィーリングカップルイベントを開催したい

「モノ」に関すること
・生活の困りごとを抱える高齢者のために、スマートフォンを配って便利な使い方を教えてあげたい
・不自由さを抱える左利きの方のために、3Dプリンタを使って左利き用の商品を沢山作り配りたい
・活躍の場が限られる障害者のために、一流パティシエ監修のショコラティエで働く環境をつくりたい

「街」に関すること
・地域活性化のために、日本各地のご当地アイドルの賞レースA-1グランプリを開催したい
・街に活気を取り戻すために、夜遊びを楽しめる24時間バスを走らせたい
・満員電車を解消するために、新交通システムを開発したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
【私の毎日】2月7日(木) [2019年02月07日(Thu)]
2月7日(木)

7:30 財団着

8:45 久代登志男 日野原記念クリニック所長

10:00 海外協力援助事業打合せ

11:00 広告関連打合せ

12:00 イラン・イスラム革命40周年記念祝賀会 於:大使公邸

14:00 ニッポンドッドコム 取材

15:00 田南立也 日本財団特別顧問

18:00 小高幹雄 ボートレース振興会会長
このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国の小話」その177―お母さんを取り替えてあげようか?― [2019年02月07日(Thu)]
「中国の小話」その177
―お母さんを取り替えてあげようか?―


某成金社長は糟糠の妻と離縁し、現在付き合っている二号さんを娶ろうとした。三歳になった息子が受け入れるかどうか不安があったので、試してこう聞いてみた。

「ね、お母さんは年を取って見栄えがよくないでしょう。若くてきれいなお母さんと取り替えてあげようか?」

息子は頭も挙げずに答えた。

「嫌だよ。お父さんのお母さんはもっと年を取っていて、歯が全部抜けてしまったじゃない。なのに、なんで取り替えないの?!」

父親、「???」
このエントリーをはてなブックマークに追加
【私の毎日】2月6日(水) [2019年02月06日(Wed)]
2月6日(水)

7:20 財団着

8:00 財団職員との懇談会

9:30 バングラデシュ出張打合せ

10:00 ミャンマー薬草センター関連打合せ

11:00 「18歳意識調査」勉強会

18:30 久保雄一 TBS報道局政治部デスク
このエントリーをはてなブックマークに追加
「老妻との二人生活」―結婚49年― [2019年02月06日(Wed)]
「老妻との二人生活」
―結婚49年―


妻もいい年齢になってきた。私が1月8日で満80歳になったのだから当然といえば当然である。彼女が家庭内の実権を確立したのは結婚当初からである。私は仕事以外あまり興味がなかったので、無条件降伏というより自然の成り行きである。

当時私は孤独であり友人もいなかったので、初めて一枚の写真を見せられ、6カ月後に結婚した。私の条件は、@家庭では仕事の話はしない。A仕事のスケジュールは言わない。B何時に帰ろうとも、食事だけは用意しておいてくれ。食べるかどうかは不明だが、うまい、まずいは言わない。この点を条件に一緒になった。小泉純一郎氏はこの話を書いた私の本を読み、「本当かい?」と疑ったものである。

以来49年間、一度も夫婦喧嘩をしたことがない。よく考えてみると、単に喧嘩のネタがなかっただけの話ではある。

最近、秘書の星野さん(彼女も勤務40年になる)が、私の年齢を考慮して海外活動の日程表を親切にFAXしてくれているが、彼女が読んだ形跡はない。昨年の海外出張は29回、135日間であったが、一人でコツコツと旅行準備をしている姿を見ても「どこにお出かけですか?」とも聞かない。海外からヘトヘトになって帰宅しても「あらー!!もうお帰りですか」との言葉には多少むかつくが、自分で撒いた種だから仕方がない。しかし、49年間も結婚当時の約束を守る女房は賢妻なのか愚妻なのか・・・いまだ私には判断がつかない。

息子4人は家を出たので今は二人暮らし。彼女は私が家にいないことを利用して囲碁4段を取得したと思ったら最近はピアノにも夢中。その上、10人の孫の世話をしながら週3回はゴルフ場でご活躍らしい。たまにゴルフに同行するが、かつて教えた妻に今は教えられる立場で、ストレス解消のつもりが逆にストレスが溜まる結果となり「亭主元気で留守がいい」と公言される始末。いつの間にか家内(かない)は家外となり、独自の人生を歩み始めたようだ。

神戸の芦屋育ちの妻は関西人特有の現実主義者で、いわゆる「しまり屋」であり、結婚以来二人だけの外食はない。私の好きな煎餅(せんべい)も、「割セン」といって、本来丸い煎餅なのに焼いている途中で割れてしまったいわゆる不良品を買ってくる。私は見栄っ張りではないが東京生まれ。「つまらぬところでケチるなよ」と文句を言うと、「あら!!割センの方が醤油がしみて美味しいのよ。値段も安いし」と、反省の言葉はない。

私は秋の栗も大好物である。昨秋、帰宅した私に「あなたの好きな栗を買っておいたわよ」とテーブルに出してくれた。よく見ると栗納豆の表示があり、バラバラの形状で完全な栗の形の物は一個もない。多分、屑栗を集めた物だろう。「東京生まれはこういうのは嫌いなんだけど」「この方が味があって美味しいのよ」と蛙の面(つら)になんとかで、反省の色なしどころか買い物上手の雰囲気なのだ。

突然、「アナタ!!このビーフジャーキー食べたの?」「予定より早く帰宅したので酒のつまみに食べたけど不味だった」「あーらいやだ。これゴン太(息子の愛犬)のおやつよ。驚いたわ!!ちゃんと犬用と書いてあるじゃない」「気がつかなかったよ。ところでお前の買ってくれたパスモでは改札が開かなかったよ。6カ月間も使用しないとだめみたいだね」「使わないなら返して。私は使うんだから」
私の在宅時は、こんな会話の毎日です。

中国の聖人・孔子は、論語で「吾 十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従ひて矩(のり)を踰えず(こえず)」とある。孔子は紀元前552年生まれ。当時は人生70年以上は考えられなかったのであろう。現在孔子が健在ならば、80、90、100歳をなんと表現しただろうか?

60歳にして耳順(耳に従う)とあるが、私は晩生(おくて―成長・成熟の遅いこと)なので、80歳にしてやっと耳に従うで、妻がどんなことを話してもただ一方的に聞くだけで、達観の境地というより不関心なのである。

最後に一句
「耐えて来たき そんなお前に耐えてきた」


「妻とは何ぞや」
世界の著名人が発した苦悩の末の言葉とは・・・
(拙書『紳士の品格』」PHP出版)

*夫と妻はコインの両面のようなものだ。向き合えないくせに一緒にいなくちゃいけない。(ヘマント・ジョン)

*ともかく結婚せよ。もし君が良い妻を持てば、幸福になるだろう。もし君が悪い妻を持てば、哲学者になるだろう。(ソクラテス・ちなみに彼は、悪妻・クサンティッペに「何が哲学だ。屁理屈はいい。仕事をしろ!」と言われ、頭が上がらなかった)

*よく結婚生活を長く続ける秘訣を聞かれるのだが、僕らは週に2回レストランに行き、小さなキャンドルライト、ディナー、静かな音楽、そしてダンスを楽しむ。妻は火曜日、僕は金曜日に行くんだ。(ヘンリー・ヤングマン:映画製作者)

*妻と財布を見せびらかす男は、誰かがどちらかを借りにくる危険がある。(ベンジャミン・フランクリン:タコで雷が電気であることを明らかにした物理学者で、政治家としてアメリカの独立に多大な貢献をした。100ドル紙幣に肖像が使われた)

*僕は2人ほど妻を持ったが、どちらも運に恵まれなかった。一人は俺の元を去り、もう一人は俺のところから去ってくれない。(パトリック・マレイ:モンマウス大学世論研究所所長)

*円満な結婚生活を送る二つの秘密。
1.いかなる時も自分が間違っているときは認めなさい。
2.いかなる時も自分が正しい時は黙っていなさい。
(ジョン・ナッシュ・ノーベル経済学賞受賞)

*完璧な妻とは、完璧な夫を期待しない女である。(作者不詳)

【結論】
妻になる以前の女性はいとおしく、寸暇も忘れ難く、離れ難き存在であるが、一度結婚すると、俄然存在感を露(あらわ)にし、嫉妬深く、終局は夫の厳格な管理人となる存在である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【私の毎日】2月5日(火)インドから帰国 [2019年02月05日(Tue)]
2月5日(火)インドから帰国

7:10 成田着

11:00 財団着
    書類整理、打合せ

16:30 退室
このエントリーをはてなブックマークに追加
「中国の小話」その176―どの罪名がいい?― [2019年02月05日(Tue)]
「中国の小話」その176
―どの罪名がいい?―


同窓会の後、某氏は女遊びにいこうと、その手の店に入った。しかし、不運にも反腐敗の取締り隊に遭遇し、留置場で15日間拘留された。

奥様は処罰の通知書を受け取ると激怒し、同窓会を呼び掛けた某氏に電話し、怒りをぶっつけた。某氏はたいそう落ち着いて、こう説明した。

「奥さん、事情を聴いてください。兄貴は昨晩大酒を飲んだにも関わらず、執拗に車を運転して帰宅しようとした。いくら止めても、家内が家で待ってくれているから俺は帰ると、聞いてくれなかった。挙句の果てに、飲酒運転で警察に捕まっちゃった。僕らは色んなコネを使って、やっと罪名を買春に変えたんだ。さもないと、飲酒運転で6か月の実刑と、運転免許の剥奪を食らってしまう。刑務所を出てから、また免許を取らなければならない。どちらの罪名がいいか奥さん、よーくお考えください。」

これを聞いて、奥さんは一転破顔し、「恩に着ますわ。皆さんに深く感謝します。」と礼を言った。

友人とは有難いものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
【私の毎日】2月4日(月)インド・ヴィジャヤワダ→ニューデリー→日本 [2019年02月04日(Mon)]
6:45 ホテル発

7:10 ヴィジャヤワダ空港着

IMG_0257.jpg
ヴィジャヤワダ空港での朝食は、
メイド・イン・インディアのカップヌードル。

9:00 ヴィジャヤワダ発

11:20 ニューデリー着

13:00 平松賢司 駐インド日本大使昼食会

15:30 休憩用ホテルチェックイン

18:40 ニューデリー空港着

20:30 ニューデリー発
このエントリーをはてなブックマークに追加