CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

笹川陽平ブログ(日本財団会長)

leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
及川リウ子
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/17) 松浦四郎
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/16) 菅原繁
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 田中千代美
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 西浦みどり
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 杉 礼三郎
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 佐野兼光
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 奥平真砂子
「結婚45周年」―息子たちの反応― (12/15) 久米 信行
産経新聞【正論】 (12/12) 置田 和永
産経新聞【正論】 (12/11)
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「79歳、息子ができる」―犬の話です― [2017年12月06日(Wed)]
「79歳、息子ができる」
―犬の話です―


かつて我が家には息子四人と二匹の犬、二匹の猫がいた。今は老夫婦二人だけの生活である。近年の核家族化で人が直接、人の死に接する機会はめっきり少なくなった。

何時だったか普段はペットの面倒を見ない息子の一人が、犬の亡骸を抱いて誰にも言われていないのに風呂に入れ、洗い清める姿を見て「あぁ、動物を飼って良かった!」と思ったことがある。たとえ犬であっても、その死にやさしく接した息子の振る舞いを見て、情操教育が役立ったと感じたからである。

その息子が今は4人の幼児を抱え、さらに大型犬を飼い始めた。早朝、犬の散歩の途中に我が家を訪ねてくれるのが日課となり、何よりの楽しみとなった。雨天で来ないときは淋しい気持ちにさえなる。

「ローデシアン・リッジバック」という種類で勇猛な性格、南アフリカに住む狩猟・遊牧民族の猟犬として活躍しているらしい。1870年代以降、ライオンの狩猟補助のためローデシア(今のジンバブエ)で大活躍したところから「ライオンドック」の別名がある。

日本での登録は年間数頭というが、成犬になると体重は40kgを超え、筋骨隆々の体型になるといわれ、背中に生える茶褐色の逆毛「リッジバック」は勇猛の中に気品すら感じさせる。

りりしい後ろ姿.JPG
背中の茶褐色の逆毛「リッジバック」が美しい!


飼い主の息子は、この気高い犬に「ゴン太」なる平凡な名前をつけ、躾のために高額な授業料を払ってサマースクールに入学させた。多分、飼い主に似て、成績不良だったのだろう。現在は毎週2回、近所の訓練所に通い再教育している。

まだ生後4カ月だが、私には何とも愛らしい存在である。5番目の息子として溺愛したいと思う。私にとって「ゴン太」は愛する末っ子である。

unnamed.jpg
至福のひと時

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月5日(火) [2017年12月05日(Tue)]
12月5日(火)

7:00 朝食

9:00 インド全国ハンセン病会議

10:10 会議開会式(スピーチ)

@.JPG
インド全国ハンセン病会議の開会式では
インド恒例、ライトニングのセレモニー


A会議で挨拶(スピーチ).JPG
会議で挨拶(スピーチ)


14:30 関係者との昼食

15:30 会議出席

Bハンセン病回復者、保健省、WHO、NGOなど、様々なセクターの人が会した.JPG
ハンセン病回復者、保健省、WHO、NGOなど、様々なセクターの人が一同に会した


Cハンセン病回復者協会(APAL)各州の州リーダーたちと.JPG
ハンセン病回復者協会(APAL)各州の州リーダーたちと


D旧知のゴパール博士.JPG
旧知のゴパール博士


19:20 アナンダ・アスペン・センターとの夕食会

E.JPG
アナンダ・アスペン・センターの理事でもあり
ササカワ・インド・ハンセン病協会の理事長でもある
ダース氏(筆者右)呼びかけの夕食会
このエントリーをはてなブックマークに追加
12月4日(月) [2017年12月04日(Mon)]
12月4日(月)

10:00 成田着

11:30 成田発

18:00 インド・ニューデリー着

20:00 平松賢司・駐インド特命全権大使夕食会

22:40 ホテル着(チェックイン)
このエントリーをはてなブックマークに追加
「インド出張」 [2017年12月04日(Mon)]
「インド出張」

今日からインドに出張いたします。

インド保健省主催「ハンセン病制圧会議」には、インド全国から関係者が参加。患者を更に激減させるための方策が検討されます。

私は会議で基調講演と要人面談を予定しています。

帰国は8日です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
「12年掛けて大学卒業」―52歳の大学清掃員― [2017年12月04日(Mon)]
「12年掛けて大学卒業」
―52歳の大学清掃員―


私の三男はペンシルベニア大学の建築学科を卒業してアメリカのライセンスを取得した。アメリカで建築家は芸術家である。対する日本では建築技師。単なる技術屋であることに倅は不満らしい。

アメリカの大学の授業料は高く、多くの人は経済的にストレートに卒業できず、休学しては働き、また大学に戻ってくるという。幸いにも倅は二つの奨学金と多大な(?)親父の援助でストレートに卒業できた。ストレートで卒業できた同級生は約3割ほどだったという。奨学金制度が充実しているアメリカの大学でも最近は、家庭が経済的に豊でないと大学進学が難しくなっているようだ。

以下は倅からのメールで知った苦学生の話。感動的な内容なので転載させていただく。

************

コロンビア大学で清掃員をしているガッツ・フィリーパイ(52歳)さんは12年かけて同大学を卒業した。旧ユーゴスラビア出身で、20年前に紛争を逃れてアメリカに移住してきた。当初は金も仕事もなく英語も話せなかった。いくつかの職業を経て、ようやくコロンビア大学の用務員として働くことになった。

コロンビア大学には職員向けの無料講座があり、ガッツさんはまず英語の講座を受け2001年に一般課程に入学。午前中は大学で講義を受け、午後は清掃の仕事、23時に仕事が終わると自習―。そんな生活を12年間続け2012年春、ようやく全単位を取得して卒業と学位を取得したという。

52歳の大学清掃員.png
52歳の大学清掃員


コロンビア大学は名門中の名門。「お金を得るための学問はしたくない。豊かさは私の心の中にあります。ポケットではなくてね」と話すガッツさん。今後も用務員を続けながら大学院で修士、博士号にチャレンジするという。

金、金、金・・。「全ては金次第」といわれるアメリカでの爽やかな苦労話、聞けば聞くほど心が和み、ひたすら感動を覚えています!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
12月1日(金) [2017年12月01日(Fri)]
12月1日(金)

13:00 財団着

13:30 上瀧和則 日本モーターボート選手会会長

17.12.01 選手会より寄付金.JPG
日本モーターボート選手会より
社会貢献ボートレース基金へ1500万円のご寄附をいただきました
選手の皆さん、ありがとうございます


14:00 ミャンマー マ・ディーダ女史(作家・編集者・外科医)

image1.jpeg
マ・ディーダ女史


18:30 ミャンマー ウィン・ミン下院議長一行・歓迎夕食会
このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本の良書、中国へ」―100冊の中国語翻訳図書完成― [2017年12月01日(Fri)]
「日本の良書、中国へ」
―100冊の中国語翻訳図書完成―


5年に一度の中国の党大会も終わり、習近平国家主席が2期目の指導体制を確立した。強固な体制で「内憂」が薄れた分、日中間に温風が通う時代が到来しそうな予感がする。

経済関係にかつてのような勢いはないとは言え、地政学的に離れ難い両国である。時々、間欠泉のように緊張関係が生じるのは止むを得ないが、その折は互いに知恵を絞り、双方が不満であっても妥協する大人の知恵が必要ではないだろうか。

かつて、英国のウィンストン・チャーチル首相は「外交は双方が主張を引き算することが大切だ」と述べている。最近は「ウィン・ウィンの関係」という言葉が良く使われるが、私はチャーチルの言葉の方に説得力を感じる。

尖閣問題を巡る日中間の激しい対立に伴いハイレベルの人的交流が自粛される中、相互理解を促進させるには、相手国に対する互いの理解に違いがあることを知ることも大切である。笹川日中友好基金室では、こんな信念に立ち「本に象徴される知の交流こそ日中両国民の理解と親善に貢献する」と100冊の書籍の翻訳事業に取り組んできた。

中国では近年まで、個人で書籍を書店から購入する習慣はあまりなく、図書館で借りるのが普通だった。しかし最近では、経済成長とともに書店販売も盛んになってきたようで、今回の出版事業には中国の7つの出版社が協力してくれた。予想外の事態で嬉しいことであった。

2009年から始まったこの事業は、2017年までに約2億円を投じて100冊の日本書籍を中国語に翻訳した。現在のところシリーズの総発行部数は約45万冊、協力出版者が主要大学100校に自主的に本を寄贈してくれる、これまた予想外の出来事であった。100冊達成記念式典では中国側関係者も「日中の文化交流史上特筆されるべき出来事だ」と胸を張り、喜びを共有することに成った。

中国側7社は以下の通り。「現代日本紹介図書合同編集委員会」を作り、両国の専門家が選定した図書の版権交渉、翻訳、出版に協力してくれた。
▽社会科学文献出版社
▽世界知識出版社
▽北京大学出版社
▽南京大学出版社
▽上海交通大学出版社
▽三聯出版社
▽新星出版社

以下、翻訳が完成した現代日本紹介書籍のリストを掲載します。

現代日本紹介図書翻訳出版 図書リスト
3.png
4.png

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月30日(木) [2017年11月30日(Thu)]
11月30日(木)

7:20 財団着

9:00 「就労支援フォーラム」打合せ

10:00 堀田宣彌 青山学院大学理事長

17:00 「海と日本プロジェクト」総括会議・懇親会 挨拶
このエントリーをはてなブックマークに追加
11月29日(水) [2017年11月29日(Wed)]
11月29日(水)

7:20 財団着

8:00〜9:30 東京財団CSR委員会

10:30 田中康弘 下関ボートレース企業局理事

12:00 大野修一 笹川平和財団理事長

13:10 金子 務 大阪府立大学名誉教授

14:30 白石 隆 JETROアジア研究所所長
このエントリーをはてなブックマークに追加
「フラリーマン」―働き方改革の欠点― [2017年11月29日(Wed)]
「フラリーマン」
―働き方改革の欠点―


電通やNHKなどで過労死が問題となる中、各企業、団体も“働き方改革”に努力している。

私も日本財団職員が生き生きと働ける職場にすることが務めと考えている。育児休暇でいうと、女性職員は子どもが6歳、小学校入学まで取得可能であり、男性職員も妻の出産直後1〜3ヶ月の育児休暇をとるケースが多い。

日本財団の職員数は約130人。今春には女性職員12人が育児休暇中と、人事担当も驚く数字となった。一時的に組織の負担が大きくなるが、少子化が進む中、国家的見地からすれば有難いことで、これも働きやすい職場の表れと歓迎している。

女性職員の一人は5年間に3人の子宝に恵まれ、最近、職場に復帰、精力的に働いているが、担当常務理事が初めて彼女と面談したのは退任直前であったという“ほほえましい話”もある。現在も午後6時半に事務所を消灯、全員退出とするなど、働き方改革を進めている。

先般のブログでも触れたが、一般サラリーマンは土・日曜に祭日、正月や夏休みを加え、1年の3分の1は休暇を取っている。この時間を如何に過ごすか―。自分自身の健康管理、家族サービスは当然として、教養を身につけるための読書も勤め人には欠かせず、日本財団では一年に30冊の読書を勧めているが、実行できている職員は少ない。

「言うは易く行うは難し」。何事も、考えた通りにはいかない。最近の働き方改革で残業がなくなり、仕事が終わってもそのまま家に帰らず、一杯飲み屋やゲームセンターなどで時間をつぶして帰るサラリーマンが増えているそうだ。「フラリーマン」と呼ぶそうで、NHKの朝のニュース番組で取り上げられて大炎上し、一躍流行語になっているようだ。

「早く帰っても家事の邪魔になる」、「家は子ども中心に回っており居心地が悪い」というのが理由のようで、中には妻から「もう少し遅く帰宅してほしい」と注文が付くケースもあるのだそうだ。

日本財団では現在、スマホや進学塾漬けの子どもたちが、お兄さんやお姉さんボランティアから運動や勉強を教わり、シングルマザーの子どもには、やさしいおばさんが食事を作ってくれる「第三の居場所」作りを進めている。地域社会の良き人間関係を取り戻すのがひとつの狙いだ。

フラリーマンの話を聞くと、何やら家庭で居場所をなくした夫の悲哀を感じないわけではない。彼らのための「第三の居場所」もやがて必要になるのであろうか。

ルールは簡単に作れる。しかし、どのようなルールにも、それに対応できない人もいる。フラリーマンもひょっとすると、そんな存在か?「人生、何事もほどほどがいい」がいいような気もする。


このエントリーをはてなブックマークに追加