CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「熊本城再建に30億円」―日本財団支援策第一弾― [2016年04月22日(Fri)]
「熊本城再建に30億円」
―日本財団支援策第一弾―


4月19日、日本財団は東日本大震災の長期にわたる支援活動から得た知見を生かし、下記の通りの支援策第一弾を発表、実施することにした。

多くのメディアが報道してくださり、特にヤフーニュースではトップとなり、テレビ局の扱いも大きかった。

DSC_7590.jpg


改めて記者会見の発表を再録します。

****************


熊本県を中心に発生した地震で多くの方が亡くなられました。心からお悔やみ申し上げますとともに、行方不明の方が速やかに救助されますことをお祈り申し上げます。また、避難されている方々には心よりお見舞い申し上げます。

日本財団では、4月14日の地震発生後、翌朝ただちに5名の先遣隊と、5頭の災害救助犬を派遣しました。

16日未明には本震が発生し、被害が拡大しています。

日本財団では本日19日午前に理事会を開催し、緊急支援策の第一弾を決定、ここに発表致します。

(1)緊急対策支援(予算3億円)
避難所はじめ、被災地における障がい者や高齢者、乳幼児等、特別な配慮が必要な人たちに対する支援を実施します。特に避難所には老人や障がい者のトイレがありませんので、非常用トイレ1台約30万円を500台、1億5千万円を緊急的に配備します。

(2)100万円を上限としたNPO、ボランティア活動支援(予算10億円)
被災地で活動するNPOやボランティアに対し、原則100万円を上限に活動資金を支援します。この支援は、書類審査だけで迅速に対応することに特徴があり、今後、被災地で受け入れ態勢が整い次第、随時申請を受け付けます。

(3)家屋損壊(全半壊)等に対する見舞金の支給:20億円
報道では熊本県・大分県で全壊、大規模半壊、半壊を合せて3000近い家屋が損壊、今後調査が進めばさらに増えることが見込まれています。
家屋が損壊した世帯に対し、一世帯あたり20万円の見舞金を支給します。また、お亡くなりになられた方、行方不明の方のご遺族やご家族に対しても、一人あたり10万円の弔慰金、見舞金を支給します。

(4)住宅・事業再建資金のための融資制度の創設(予算30億円)
日本財団では東日本大震災の復興支援として、地域の金融機関と連携し、事業再建のための資金を融資する「わがまち基金」を創設して実行してきました。この基金を熊本県・大分県の金融機関と連携し、家屋や事業の再建のために、 無利息・無担保で融資できる制度を創設します。
この融資は利子補給のために使われるもので、仮に10年融資として利息が1%の場合、30億円で300億円の融資枠が提供できます。

(5)熊本城再建のための支援(予算30億円)
熊本県民の誇りである日本三大名城の「熊本城」が損壊しています。
日本財団では東日本大震災でも被害のあった地域の文化や祭りの再生に協力してきました。そして、文化や祭りの再生は、被災者の心の支えになりました。
熊本県民に希望を持ってもらえる支援として、熊本城の再建を呼びかけるために、30億円を用意します。

これらの支援を実行するため、日本財団は熊本県と協議し、県内にNPOやボランティアが合同で使える、拠点となる支援センターの設置も計画しています。

日本財団では2014年3月に、東日本大震災などの災害復興支援の経験から、大規模な災害が発生したときに民の立場で緊急支援を実施できるよう、300億円規模の「災害復興支援特別基金」を設置し、造成しています。

今回の支援もこの基金を使い、迅速かつ効果的な支援活動を実施します。

なお、これらの資金は、全国24カ所のボートレース場から拠出された資金により実施されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月21日(木) [2016年04月21日(Thu)]
4月21日(木)

7:25 財団着

終日 書類整理、打合せ

16:20 佐野慎輔 産経新聞特別記者
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月20日(水) [2016年04月20日(Wed)]
4月20日(水)

7:30 財団着

10:00 毎日新聞 熊本震災支援・取材

11:00 武見敬三 参議院議員

11:30 西本克己 BMC社長(熊本震災支援金 200万円受領)

12:00 松岡正剛 編集工学研究所所長
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ちょっといい話」その65―日本財団の奨学生― [2016年04月20日(Wed)]
「ちょっといい話」その65
―日本財団の奨学生―


日本財団の事業の柱の一つに人材養成のための各種奨学金制度があることは既に記した。

前回は養護施設での生活を余儀なくされた方々で、向学心に燃え、しっかりした将来の目標を持った若者への『夢の奨学金』制度を紹介した。

今回は南米を中心とした日系人の若者への奨学金を紹介したい。

南米を中心にした日系人の若者に、日本人としてのアイデンティティーを持ってもらい、帰国後、日本で勉学した成果を踏まえてそれぞれの母国で活躍願いたいと考え、最長5年間の柔軟なルールで勉学の機会を与えている。

既に帰国して活躍している若者も多く、お互いが連絡を密にするネットワークも存在する。毎年日本財団職員が現地で面接、選考した素晴らしい若者ばかりである。

新入生と卒業生一覧は以下の通り。

新規来日生.png

参加.png
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月19日(火) [2016年04月19日(Tue)]
4月19日(火)

7:25 財団着

9:15 中村健冶 日本科学協会常務理事

10:00 理事会

13:00 チュニジア  カイス・ダラジ大使 

13:30 イネス・マリャリ・フィリピン日系人連合会会長


image4.jpeg
イネス・マリャリ会長(左側A)と猪俣弘典氏(右側)


14:00 熊本地震復興支援 記者会見

DSC_7579.jpg


15:00 伊藤 隆 東京大学名誉教授

17:00 協力援助基金事業打合せ
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月18日(月) [2016年04月18日(Mon)]
4月18日(月)

7:25 財団着

8:00 佐藤可士和 クリエイティブディレクター

9:20  広渡英治 日本吟剣詩舞振興会専務理事

14:30 事業打合せ

15:00 吉村 馨 在ガーナ共和国大使
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ちょっといい話」その64―こどもホスピス開設― [2016年04月18日(Mon)]
「ちょっといい話」その64
―こどもホスピス開設―


4月1日、大阪鶴見区の花博記念公園緑地内に、大阪市から約2,000uを借り受けて「TSURUMIこどもホスピス」が開業した。この通称鶴見緑地内の敷地の手当ては、日本財団・尾形理事長の熱心な説得に大阪市が理解・協力してくれた賜物である。

外観.JPG
「TSURUMIこどもホスピス」の外観


日本財団は「子供の問題」を大きな柱の一として活動している。今回の子供の難病対策を初めとして、特別養子縁組、里親制度の充実、18歳で児童施設からの退室を余儀なくされた方々への住居費、生活費、大学の授業料を卒業まで支援する「夢の奨学金制度」、子どもの家庭養育推進、官民協議会の事務局運営、政府が実施する未来の子供基金による実施等々、多岐にわたる。

既に、全国の難病の子供と家族を支えるための施設11ヶ所の拠点整備と、7年間で23団体55件の支援活動に約16億円を投じてきた。今回の「TSURUMI こどもホスピス」は、日本財団から2.5億円と株式会社ユニクロからの協力金2.5億円で完成した。運営は「一般社団法人 こどもホスピスプロジェクト」の場理事長が自立して運営することになっているが、当分の間の運営費用として、大成建設株式会社から1.5億円のご寄付をいただいた。

「TSURUMI こどもホスピス」は、日本初のコミュニティ型子ども向けホスピスである。国内の成人向けホスピスが末期がん患者などの緩和ケアを主眼とした終末期医療のための施設であるのに対し、「TSURUMI こどもホスピス」は難病児自身の成長を持続的に支援する機能と、家族の看護負担を軽減し、リフレッシュしてもらう「レスパイト(小休止)ケア」の機能を併せ持つ。2,000uの敷地に建設する2階建て延床面積979.11uの施設内には、プレイルーム、リビングやキッチンに加え、宿泊部屋を備えるほか、運営は医療・教育・保育の専門家を中心とした地域ボランティアが主導し、安心・安全が保障された環境で、難病児たちとその家族が心から寛げる“第2の家”といえる空間を提供する。施設の運営費は企業や個人からの寄付金で支えられるため、誰でも無料で利用することができる。

「TSURUMI こどもホスピス」では、施設のことをハウス、施設を利用する難病児とその家族をメンバー、運営に携わるボランティアをキャストと呼び、メンバーに友人のように寄り添い、それぞれに合ったケアプランを立案する。このケアプランは、教育や遊び、社会体験をもとに多角的に考えられ、子どもたちの成長を促すよう計画されている。子どもが未知への興味を示し、新しい可能性を得ることは、本人のみならず家族を含めた周りの人たちにも幸せや希望をもたらし、また、施設の一部を「あそび創造広場」として広く市民に開放することで、難病児と一般の子どもが共に遊び、その家族が日常的に触れ合う地域交流の拠点として機能するとともに、地域全体で難病児とその家族を支える基盤になることを目指している。

子供たちと和やかに2.JPG
難病と闘う家族に、ひと時の安らぎを


このような施設が必要とされる社会的背景には、小児がんなどの難病を患う15歳以下の子どもが約20万人いるという事実がある。医療の進歩にともなって多くの命が救われる一方、完治の難しい病気を抱えたまま生活する子どもの数は年々増加傾向にあり、これらの子どもたちが入院治療を終え退院した後の自宅看護における家族の負担の増大が課題となっている。

日本財団では、こどもホスピスを全国に30施設建設したいと計画している。4月末には全国の拠点となるような「もみじの会」が、世田谷の国立成育医療研究センターに開設される予定である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月17日(日) [2016年04月17日(Sun)]
4月17日(日)

18:00-20:00 「平成28年熊本地震」復興支援対策緊急会議

IMG_1469.JPG
このエントリーをはてなブックマークに追加
4月15日(金)・4月16日(土) [2016年04月16日(Sat)]
4月15日(金)

7:00 朝食

9:00  ホテル発

9:30 空港着

12:20 ワシントンDC発、成田空港へ


4月16日(土)

15:00 ワシントンDCより、成田着
このエントリーをはてなブックマークに追加
「高らかに日本軍歌を歌う」―ミャンマーの国軍― [2016年04月15日(Fri)]
「高らかに日本軍歌を歌う」
―ミャンマーの国軍―


ミャンマーは親日国である。アジアで唯一、戦後、反日教育を行わなかった国ともいわれている。熱心な小乗仏教国で、仏様に帰依して来世を信じ、貧しいながらも仏様や社会活動に対して施しを大切にする国である。アメリカに次いで世界で二番目に寄付の多い国民との報道もあった。

一昨年、ミン・アウン・フライン・ミャンマー国軍司令官来日の折には、超多忙の中、イギリスの植民地からの解放のために戦った30人のミャンマーの志士を指導した鈴木敬司大佐(南機関)の墓参に浜松まで行かれた親日家でもある。

来日以来日本への関心が高く、国軍アカデミー(士官学校)での外国語教育は英語、ロシア語、中国語の3カ国語であったが、急遽日本語を追加され、日本財団に日本語教師の派遣と柔剣道の用具200セットの援助を要請された。柔剣道の説明は省くが、いまや自衛隊でのみ行われているといってもよい心身鍛錬の柔術である。

今年3月、11ヵ月にわたる38名の日本語学科の修了式が行われた。新宿日本語学校のベテラン教師のお陰で短期間に日常会話をマスターし、来日の機会を待望されているという。

ミャンマーでは今も日本軍の軍歌50曲以上がミャンマー語に翻訳されて歌われていると、前政権のオン・ミン畜水産大臣やキン・イー入国管理人口大臣が、夕食の席で懐かしそうに語ってくれたことがあった。今回の日本語学科修了式では日本軍歌を日本語とミャンマー語で歌ったと、出席した森祐次日本財団常務理事が映像を持って帰国し、報告してくれた。是非、下段のYouTubeをクリックしてご覧頂きたい。

修了者の数人は既に日本に派遣されることになっているとのことだが、日本で民主国家における国防のあり方などを学び、ミャンマーの民主的発展に寄与する人材になってくれることを期待している。

ともすれば反日報道の多い昨今、このように懸命に日本語を学び、日本軍歌を歌い、日本を尊敬する方々もいることを読者に知って欲しかった。

※YouTube
日本語、ミャンマー語で日本の軍歌を歌う、国軍アカデミーの卒業生

このエントリーをはてなブックマークに追加