CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】7月25日(木) [2019年07月25日(Thu)]
【私の毎日】7月25日(木)

7:10 財団着

8:00 樺沢一朗 日本財団常務理事

8:30 南里隆宏 笹川保健財団常務理事
 
9:00 寄稿文奨励金受け渡し

9:25 大野修一 笹川平和財団理事長

10:00 森田勇造 青少年交流協会理事長

11:00 安藤俊英 前外務省アジア大洋州局参事官

11:20 「WORK!DIVERSITYプロジェクト・モデル」事業打合せ

11:45 藤田耕三 国土交通省事務次官

12:00 渡邉秀央 日本ミャンマー協会会長

13:00 ケンブリッジ大学 ジュリア・ガルバーニ様

13:30 柄澤 彰 駐パラオ大使

14:00 辰巳雅世子 笹川平和財団・中東・イスラム事業グループ長

15:00 小泉純一郎 元総理大臣

16:10 フクモト・アベル ペルー日系人協会会長

17:00 河野太郎 外務大臣

18:30 木村知躬 アサガミ(株)会長
「元SMAP3人組」−国際パラリンピック委員会「特別親善大使」− [2019年07月25日(Thu)]
「元SMAP3人組」
―国際パラリンピック委員会「特別親善大使」―


ジャニーズ事務所がテレビ局などに、独立したSMAPの元メンバー3人を出演させないよう圧力をかけたという疑惑を当ブログで取り上げたところ、予想以上の反響があった。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、「独占禁止法違反につながる恐れがある」と注意する事態になったことを受けて書かせていただいた。

ブログの目的は芸能界の体質やテレビ局の姿勢だけを批判することではない。先のブログでも訴えたように、2020年パラリンピック東京大会の成功を熱望しているからこその苦言なのだ。

SMAPの元メンバーである稲垣吾郎さん、草g剛さん、香取慎吾さんの3人は、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)のスペシャルサポーターを務め、パラリンピック東京大会を盛り上げるためのイベントに積極的に参加したりしている。2018年7月、そうした熱意が高く評価され、国際パラリンピック委員会(IPC)が3人を東京2020パラリンピック競技大会に向けた「特別親善大使」に任命しているのに、3人の貢献と実績はあまり知られていない。なぜか。ジャニーズ事務所から独立後、3人の姿はテレビでは見られなくなってしまったからである。

2012年のロンドン五輪以降、「同時に開催されるパラリンピックの成功なくしてオリンピックを含む大会全体の成功はない」と言われるようになった。2020年の東京大会も、パラリンピック各競技の会場が観客で埋め尽くされ、盛り上がってこそ、「東京は成功した」と語り継がれることになる。オリンピックと比べれば、いまひとつ認知度が低いパラリンピックである。その「特別親善大使」のテレビ出演が制限されているとすれば、国益に反することだと言わざるを得ない。

別のアイドルグループの嵐が、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任したと聞いた。特集番組に出演し、大会本番でも競技場などから、オリンピックとパラリンピックの魅力を視聴者に届けるそうだ。

各テレビ局にお伺いする。国際パラリンピック委員会から任命された「特別親善大使」のテレビ出演は、すでに用意されているのでしょうか。
| 次へ