CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年05月 | Main | 2019年07月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】6月24日(月)帰国 [2019年06月24日(Mon)]
【私の毎日】6月24日(月)帰国

6:50 デリーより成田着

9:00 財団着
    書類整理、打合せ

14:50 退室
「海の未来を変える挑戦」―「CHANGE FOR THE BLUE」プロジェクト― [2019年06月24日(Mon)]
「海の未来を変える挑戦」
―「CHANGE FOR THE BLUE」プロジェクト―


温暖化や酸性化、漁業資源の枯渇など海の危機が進行する中、日本財団では2016年にオールジャパンで海を未来に引き継ぐ国民運動「「海と日本プロジェクト」を立ち上げ、昨年11月にはこのうちの「海洋ごみ」対策として「CHANGE FOR THE BLUE」プロジェクトを打ち出し、5月には東大と日本コカ・コーラ株式会社との連携事業をスタートさせた。最終的には自治体や政府、NPO・NGOなど計12のセクターとともに海洋ごみ対策の様々なモデルを作り国内外に発信したいと考えている。

関連する事業費は3年間で約50億円。冒頭から入り組んだ説明で恐縮だが、事業の全体的な広がりは、それだけ海を取り巻く問題が複雑かつ深刻である事実を示している。CHANGE FOR THE BLUEの対象となる海ごみは毎年1000万〜2000万トンが海に流出し、2050年には海に生息する魚の総重量を超えるとの予測もある。

80%がプラスチックごみとされ、海を漂ううち波の力や紫外線で5ミリ以下のマイクロプラスチックになり、食物連鎖を経て最終的に人体にも影響を及ぼすと見られているが、その実態は解明されていない。このため東大との連携事業では3億5000万円の事業費で「海洋ゴミ研究プロジェクト」を立ち上げ、他大学や各研究所、国際機関などとも協力して分野横断的な研究を進め、3年後にはマイクロプラスチックの生体影響評価、削減・管理に関する国内・国際的な枠組み、今後の国際協調とネットワークの形成などを中心に提言をまとめたる予定だ。

また日本コカ・コーラ社とは、北海道、長野・兵庫両県など全国8ヶ所の河川流域約240キロメートルで「陸域から河川への廃棄物流出メカニズムの共同調査」を実施する。同社によると、国内におけるプラスチック資源のリサイクル率は84%、ペットボトルに限ると98%が回収されていると見られるが、未回収の2%の一部が河川や海にごみとして流出している。

4月、神奈川県と東京都を流れる境川流域98.5キロを共同調査の結果、50メートルの範囲でペットボトルが8本以上見つかった流域が全体で25キロを超えた、などのデータが集まりつつあり、今後、流出のメカニズムを解明、プラスチック資源の一層の有効活用に役立てる計画。東大プロジェクトの研究にも活用される。

両プロジェクトとも、東大と日本財団で記者発表し、五神真総長、ホルへ・ガルドゥニョ社長から事業の意味や今後の意気込みを語っていただき、筆者も「健全な海を後世に引き継ぐためにも1000年、2000年後を見据えた取り組みが必要」と訴えた。そうした思いが少し
でも共有されるよう、取り組みを一層強化したいと考えている。

ロゴ 海の未来を変える.png

| 次へ