CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】1月11日(金) [2019年01月11日(Fri)]
1月11日(金)

12:00 財団着

14:00 経営企画・年度内事業打合せ

14:30 加藤泰彦 三井E&Sホールディングス相談役

16:30 坂東眞理子 社会変革推進機構理事長

18:00 武部恭枝 プライムコーポレーション社長

23:00 羽田空港着、タイへ
「タイ、インドネシア出張」 [2019年01月11日(Fri)]
「タイ、インドネシア出張」


ミャンマーの平和構築活動のため、今日の深夜便でタイ北部に出張します。
いつものように0泊3日で、13日朝、帰国します。

そのまま友人の一周忌に出席し、翌日(14日)午前、ジャカルタ義肢装具士養成学校引渡式典出席の為、インドネシアに出張します。

帰国は16日です。
「18歳意識調査 成人式」―18歳成人後も式は引き続き20歳で― [2019年01月11日(Fri)]
「18歳意識調査 成人式」
―18歳成人後も式は引き続き20歳で―


1月は成人式の季節。民法改正に伴い成人年齢が18歳に引き下げられる2022年以降の成人式をどうするかに関心が高まっている。

第7回目の「18歳意識調査」で、現在の18歳に一足早く意見を聞いた結果、全体の約70%が「公式行事としての成人式は必要」(69.8%)、「成人式には出席したい」(70.6%)とする一方で、4人に3人(74%)は実施時期を引き続き20歳とするよう求めているという結果が出た。

unnamed.png


18歳だと「受験に重なる」(62.8%)、「就職の準備がある」(23.8%)=重複回答=が主な理由。成人式に関する法律の定めはなく、開催は各自治体の判断による。成人式発祥の地とされる埼玉県蕨市や香川県の高松、坂出両市が既に成人年齢が18歳に引き下げられた後も20歳を対象に実施すると発表しているほか、静岡県焼津市のように、成人式の名前を「はたちの集い」に変更して、やはり20歳を対象に行う方針を打ち出している自治体もある。

民法改正に伴い新たに成人となる18歳が現在の成人と同様の“大人扱い”を受けるわけではなく、酒やタバコは22年以降も20歳にならないと認められない。こうした点を受け、「(18歳成人式では)式に合わせに酒を飲んだりタバコを吸ったりできない」と引き続き20歳での成人式を求める意見も38.2%に上っている。

一方で4人に1人(23.9%)は18歳での成人式を希望、その理由として「新たな成人年齢がふさわしい」(62.8%)、「18歳で成人になるのに成人式が違う年齢では混乱する」(39.8%)、「18歳でも成人になったと自覚できる」(30.9%)=重複回答=が並んでいる。

調査結果を見る限り、成人式をどちらで行おうと、それぞれに理があるような気がする。一方で18歳成人を3年後に控え、自治体の議論も今後、本格化する。無責任な言い方になるが、それぞれ地域の特性・事情も絡め、いろんな形の成人式があっていいのではないかと思う。

例年、問題となる荒れる成人式に関しては71.5%が「騒ぐ気持ちが分からない」、87.1%が「騒ぎたくない」としている半面、「自分も騒いでみたい」とする意見も12.9%に上っている。騒いでみたい理由(自由回答)では「もうこれから先、そのような事が出来なくなる年であり節目であるから」(男性)「大人になったら騒げないから」(男性)、「大人になる日でもあるが、子ども最後の日でもあると思うから最後に暴れておきたい」(女性)など、大人への仲間入りを前にした、いささか複雑な気持ちもにじみ出ている。

| 次へ