CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« 2017年08月 | Main
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
9月6日(水) [2017年09月06日(Wed)]
9月6日(水)

7:00 朝食

9:30 ホテル発

10:00 ロンドン・ヒースロー空港着(空港待機約2時間半)

12:30 ヒースロー発、タイへ
「中国の小話」その136―警察官の優しい気配り?― [2017年09月06日(Wed)]
「中国の小話」その136
―警察官の優しい気配り?―


食肉処理業の男性は、ある日、暇で体を持て余し、闇の売春宿に遊びにいったところ、警察に取り押さえられて罰金を払うことになった。

警察に切られた罰金の通知書には、「罪状:買春、罰金額:3000元」と書かれた。

これを見て、男性は涙を流しながら警察官に懇願した。
「このように書かれると、家に帰って家内に釈明できないので、家庭が破壊してしまう」

男性の再三の懇願に心を動かされた警察官は、罰金の通知書を次のように書き替えた。
「罪状:肉に水を注入、罰金額:3000元」と言った。

人情味豊かな警察官の機知に思わず「有難う!」を。

(注)中国では、豚肉に水を注入し、重さを増して売る悪徳食肉業者が横行して大きな社会問題になり、政府も取り締まりを強化した。


| 次へ