CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« 2017年02月 | Main
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
3月17日(金) [2017年03月17日(Fri)]
3月17日(金)

7:20 財団着
   書類整理、打合せ

9:30 財団発

10:20 成田着

12:00 成田発

18:00 インド・ニューデリー着

19:00 ホテル着
「インド出張」 [2017年03月17日(Fri)]
「インド出張」


今週日曜日にイラン、ミャンマー出張から戻ったばかりですが、今日から今年2度目のインドに出張いたします。

ハンセン病患者・回復者の自立のための活動で、政府要人や保健省関係者と面談し、彼らの生活改善を要望します。

また、オリッサ州のブハネシュワールに入り、患者・回復者を激励し、現状を調査して参ります。

帰国は22日です。
「中国の小話」その117―腐敗幹部の処遇― [2017年03月17日(Fri)]
「中国の小話」その117
―腐敗幹部の処遇―


最近、反腐敗で失脚した多くの共産党幹部は、党籍剥奪の処分を言い渡された。
人民大衆はこの結果に納得がいかない。

大衆の中で最も優秀とされる人物の共産党員が、何故腐敗をするのか。
又、何故、党籍剥奪して人民大衆の中に投げ返すのか。

人民大衆はゴミ箱ではないし、人民大衆に渡しても更正できないだろう。

それより北朝鮮の金 正恩(キム・ジョンウン)に学ぶべきだ。
金 正恩曰く、「我々は誰一人その党籍を剥奪しない。即刻銃殺すればそれで済むだけの話だ。」


| 次へ