CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
12月25日(金) [2009年12月25日(Fri)]
12月25日(金)

 08:30 書類整理、決裁

 09:10 プライムコーポレーション・武部恭枝代表取締役

 10:00 串本町・田嶋勝正町長

 10:30 海上保安庁・鈴木久泰長官

 11:20 岡崎久彦・元タイ大使

 12:00 日本禁煙学会・作田学理事長

 14:50 日本モーターボート競走会・皆川浩二会長

 15:00 内閣官房総合海洋政策本部・井出憲文事務局長

 17:00 報謝祭

 18:00 日本財団ビル・納会
キューバ・日本外交関係樹立80周年記念 [2009年12月25日(Fri)]


キューバ・日本外交関係樹立80周年記念
スピーチ(要旨)


2009年12月14日
日本財団ビル2階


私はキューバという国に親近感を持っている日本人の一人だと思います。

1998年、世界保健機関(WHO)50周年記念総会で私は当時のフィデル・カストロ国家評議会議長とともにWHOの最高賞であるヘルス・フォー・オール金賞を受賞しました。そのときにカストロ議長とは親しくお話させていただいたことを覚えています。

カストロ議長はWHOの創設に大きなご尽力があっての受賞となったわけですが、キューバは医療のあり方、あるいは医療分野における人材の養成に対しては経済的に困難な状況下においても最重要課題として取り組んでこられました。アフリカ諸国や東チモールの多くの人がキューバで医学を勉強しております。キューバの国際社会における医療分野での協力は高く評価しなければならないと思います。

私はハンセン病の制圧のために世界を駆け回っています。キューバにも行きましたが、ハンセン病の特効薬は辺境のヘルスセンターにも配備されていることを確認してきました。

またキューバの革命家であり、カストロ議長と共に闘った医師でもあったチェ・ゲバラは若い頃にハンセン病の治療もしていたようです。

チェ・ゲバラの著作をもとに映画化された「モーターサイクル・ダイアリーズ」では、チェ・ゲバラが川を渡りハンセン病の村に入るという感動的な場面が映し出されていました。私はチェ・ゲバラが颯爽とオートバイに乗って旅する姿を見て閃きました。そうだハンセン病の制圧はオートバイだ。前輪は病気の制圧、後輪は患者・回復者への差別撤廃運動だと思いました。

私はハンセン病の仕事を長く続けています。昨年6月、私がかねてより国連人権理事会に働きかけてきたハンセン病の患者、回復者、その家族に対する差別を撤廃する決議案を日本政府が提出、議決されました。

その過程で私はジュネーブで発言力のある大使の一人であるキューバのパラシオス大使を訪問し、ハンセン病問題の実情について縷々説明を申し上げたところ、目を潤ませ私たちの提案に協力して下さると約束し、キューバは日本政府提案の共同提案国になったのです。

人権問題で59カ国が共同提案国となり、1カ国の反対もない決議案というのは例のないことでした。エイズの問題でも反対した国があったくらい、人権問題では全会一致はあり得ないことですが、そのような中でキューバのパラシオス大使は大変大きな力を発揮され、大いに感謝しております。

笹川平和財団はキューバとの関係を民間レベルでより幅広く、そして力強い関係にしようと考えております。私も心から賛意を表しますとともに、微力ながら協力したいと思っています。
本日はホセ・フェルナンデス大使閣下からお話しを伺う機会を得ましたことを参加者の皆さまとともに感謝申し上げます。
冬季賞与・挨拶 [2009年12月25日(Fri)]


冬季賞与・挨拶


2009年12月10日
日本財団ビル2階


世の中の情勢を考えますと、賞与が支給できるというのは大変有難いことです。

常々皆さんに伝えていることですが、私は日本財団を明るい職場にしたいと思っています。
先ずは大きな声で挨拶をすることです。朝や帰り、またはエレベーターでも大きな声で挨拶し「明るい職場だな、元気があるな」と思われるように一人ひとりが率先して実行してほしいと思います。

私たちはさらに仕事を発展させようと日々努力しているわけですが、出勤し、何となく一日が過ぎたとか、ルーチンワークで仕事が終わるというのではなく、大いに勉強をしていただきたいと思います。

私たちの仕事は、モノを作ったり、売ったりする仕事ではありません。私たちの仕事の相手は人間です。そのため、幅広い知識や教養が求められ、そのような素養を備えて仕事をすることが肝要になってきます。

多くの感動を呼び、賛同を得ることで日本財団の信頼を勝ち得ていくことが私たちの仕事になってきているわけです。また限られた資金の活用については、最大の効果を発揮するにはどのようにすべきか常に真剣に考えていかなければなりません。

語り場では若い職員から様々な面白いアイデアが提案されております。日本財団は議論だけでなく、行動できる組織です。中には危なげな提案もありますが、先ずは実行いただきたいと思っています。

そして、たとえ望み通りにいかなくても、その失敗から大きな教訓を得ることが大事なのです。また規則の範囲内で仕事をすれば良いということではありません。規則は仕事を上手く実行するための基準であり、規則が実行と合致しなければ規則を変えることです。

私は人間の知恵は無限であると考えています。今年は3連休や5連休が多くありました。世界で最も休暇が多いのは日本かもしれません。私は休暇に反対しているわけではありませんが、休暇の時には心静かに本を紐解く、あるいは次のステップのことを考える時間も作ってほしいものです。

365日、24時間、頭の中でアイデアを発酵させなければ、知恵は出てきません。例えば、プロスポーツ選手、あるいは芸能人は日々、血の滲むような努力を積み重ね、それが成果として人々に感動を与えているのです。私たちもプロ意識を持ち、職場だけでなく大いに勉強し、知恵を絞り、世の中から「日本財団は社会の一歩先を行く」と評価されるようなプログラムを展開していくことが大切です。

知恵を出す習慣、モノを考える習慣を身に付けていただくことで、100人足らずの組織ではありますが、その成果は2倍にも3倍にも、あるいは10倍にもなる可能性があると思っています。
いきいきとした組織として日本財団がこれからの日本の社会のリードオフマンとしての役割を果たしていくことを願っています。
「今年最後のブログ」 [2009年12月25日(Fri)]

飛行機待ちはブログ原稿の執筆時間になりました。


「今年最後のブログ」
―年末ご挨拶―


今年もまた一年があっという間であった。

一年間という感覚を車のスピードでいえば、10代は時速10km、40代は40kmのスピードであるという。今年古稀の私は時速70kmということで、一年間が早いのは当然かもしれない。

今年も20回の海外出張。ヨーロッパ、アフリカ、中近東、アジア、アメリカと、21ヶ国109日間の活動となった。

幸い健康に恵まれ、日本財団、東京財団、笹川平和財団、海洋政策研究財団、笹川記念保健協力財団の職員の献身的なサポートを得て予定通りの目的は達成されたと思うが、アフリカとインドのハンセン病制圧にもう少し時間を費やすことが出来たらよかったとは、個人的な感想である。

「人間らしく生きてほしいから」(海竜社 1500円)、「若者よ、世界に翔け!」(PHP 1300円)が出版された。新年早々には「世界のハンセン病との闘い―不可能を可能に」(明石書店 価格未定)も出版予定である。

拙いブログも多くの読者の激励に支えられて4年が経過。読者ものべ140万人以上が訪問してくださり、私の心の大きな支えとなった。心よりお礼を申し上げたい。

重ねて一年間のご支援に感謝の誠を捧げ、皆様にとってよき新年を迎えられますことを祈念致します。

来年は1月5日より開始します。



ハンセン病の制圧まで残すところ、東チモール、ブラジルの2カ国



「たばこ1箱1000円」を標語に国民的な運動を目指します。



浜名湖競艇場で福祉車両の贈呈式。2万5千台が活躍しています。



ミャンマー僻地ではトラクターに乗って視察しました。
| 次へ