CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
12月7日(月) [2009年12月07日(Mon)]

緊急集会で講演 目標は「タバコ1箱1000円」


12月7日(月)

 08:15 書類整理、決裁、打合せ

 10:45 笹川平和財団・関晃典理事長

 11:00 佐藤ゆかり・元衆議院議員

 13:00 緊急集会「たばこ政策の重要課題〜健康増進と価格政策」
      スピーチ「脱たばこ社会」に向けて 於:都市センターホテル

 14:00 韓国 声楽家・金美玉女史

 14:40 競艇振興会・船越眞常務理事

 15:00 日本歯科医師会 
      8020推進財団 会誌「8020」インタビュー
     



韓国のオペラ歌手・金女史(右から2番目)
「世界エイズデーとエリザベス・テーラー」 [2009年12月07日(Mon)]


「世界エイズデーとエリザベス・テーラー」


12月1日は世界エイズデーであった。

日本ではあまり盛り上がらず報道も地味だったが、今日でも世界的課題であることに変わりはない。海外に出ると、政治家、官僚、市民運動家を含め、多くの方々が胸にエイズ撲滅を願うレッド・リボンのバッチをつけている。

2006年8月15日のブログ、アフリカの「レソトとHIVエイズ」で触れたとおり、アフリカでのHIVエイズは大問題で、ウガンダでは最悪時人口の38%がHIVエイズとなり、ムセベニ大統領は「ウガンダの国民がいなくなるのでは」と嘆いた。大統領をはじめとし、関係者は必死の努力で国民への啓蒙活動を展開、8%まで下がったが、それでも驚くべき数字である。

当時、スワジランドは人口の40%、ボツワナは30%、レソトは30%であった。

日本におけるHIVエイズは別表の通りであるが、着実に増加しており、啓蒙活動の一層の重要性を指摘しておきたい。

確か1980年代のはじめと記憶しているが、サンフランシスコ郊外・パラアルトのスタンフォード大学の敷地内に住んでおられたライナス・ポーリング博士(ノーベル平和賞、化学賞受賞者)から「最近伝染力の強い性病が流行りはじめた。シンポジウムを開催するので参加されては」との誘いを受けた。

この病気を公式の場で知った最初の日本人の一人ではないかと思う。その後、日本でもHIVエイズへの関心が高まり、政治家などの訪米でマスコミも大きく報道するようになった。

日本財団では、1988年、アメリカの名女優エリザベス・テーラー(以下「リズ」と略す)や、プロバスケットの名選手マジック・ジョンソン(HIV感染者)を招いて国民への啓蒙キャンペーンを行い、大いに盛り上がったものである。

最近の若者は、特に映画好きな人以外、「リズ」といっても知らない人がほとんどだろう。「熱いトタン屋根の猫」でアカデミー主演女優賞候補となり、「バージニア・ウルフなんかこわくない」、「バタフィールド8」と、アカデミー主演女優賞を二度受賞した世界を代表する美人女優である。

親友ロック・ハドソンのエイズ死を悲しんでアメリカで最初にHIVエイズ撲滅運動の団体を組織し、先頭に立って活動した。日本財団が主催する日本のHIVエイズ啓蒙運動のための協力要請にも喜んで応じてくださり、来日された。

アルコール依存からの肥満を懸命にリハビリで脱却、ダイエットに成功された姿は自信に満ちあふれ、誠に美しかった。拙宅にお招きした折、近所の花屋に予告なしに現れ花束を求めたので、大のリズファンの花屋の主人は「一瞬夢か幻かと手が震え、花束が思うように作れなかった。なぜ事前に知らせてくれなかったか」と、しばらくの間、恨まれることになってしまった。

リズは映画で見るよりもはるかに小柄であるが、バランスのとれたスタイルに世界でもめずらしいバイオレット色の美しい瞳を持ち、大きなサファイア(縦1.5cm、横2cm)を帯留めのように「おでこ」に縛っておいでになった。

話題は、ダイエットのために冷蔵庫に自分の顔写真を貼って懸命に努力したこと、なぜ8度も結婚したのかも話題になった。私は彼女の瞳をみつめながら、この世界稀なる美しい瞳で見詰められ抱き締められたら、きっと頓死するに違いないと、あらぬ妄想に耽りながら話を聞いていた。

ささやかなフランス料理に満足され「このコックを連れて帰りたい」と、渋谷の小川軒の主人を困らせる一幕もあった。日本料理もご賞味願いたいと案内したところ、こちらでも大いに盛り上がり、リズはチャールストンを踊り、笹川記念保健協力財団の紀伊国理事長と一緒に「ラブ・ミー・テンダー」を歌われた。

しかし「天は二物を与えず」とはよくいったもので、彼女の歌う声はガラガラ声でとても上手とはいえず、普段の会話の声と異なり、若干の失望を味わうことになった。多分、リズが人前で歌った唯一の機会ではなかったかと思う。

宿泊先のホテル西洋に迎えに行くと、上機嫌で写真のような状態になった。頬へのキスよりリズの左手の感触が今も忘れられない。にやけた顔ですが、古稀に免じてお許しください。

リズの記者会見の様子はYou Tubeからご覧ください。



大切なHIVエイズの話がそれてしまった。

以下は日本と世界の現状です。


■2008年度HIV感染者(まだエイズを発症していない人)

日本人
男性   7,596名
女性    656名

日本滞在外人 
男性    994名
女性    1,306名

合計  10,552名

■エイズ患者

日本人
男性   3,626名
女性    260名

日本滞在外人 
男性    681名
女性    332名
合計   4,899名

日本の2008年度のHIV感染者10,552名とエイズ患者4,899名の合計は15,451名(厚生省調べ)である。

2008年度現在
世界のHIV感染者 3,340万人
エイズ患者     270万人
合計        3,610万人
| 次へ