CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年12月 | Main | 2008年02月»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2008年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
全国市長会 [2008年01月23日(Wed)]
10:30 公益コミュニティサイトCANPAN 月次報告

11:30 日本歯科医師会 講演の勉強会

13:00 農林水産省 総合食料局 櫻庭英悦 食品産業振興課長

14:00 「明日への遺言」 原プロデューサ

14:50 (財)ブルーシー・アンド・グリーンランド(B&G)財団主催「全国市長会」 講演「日本人と誇り」

17:00 全国市長会 レセプション

18:30 東京財団 奨学事業運営委員会 於:グランドプリンスホテル赤坂 
中国政府 五大腐敗 [2008年01月23日(Wed)]

中国の象徴のひとつとされている「天安門」



「中国政府 五大腐敗」


中国は人口13億1448万人(中国国家統計局2006年)の国。(日本は1億2779万人 2007年12月現在)
北京オリンピックを目前に経済は高度成長を維持。株式市場はバクチ市場となって久しい。

中国人には株高による高度恐怖症はないらしい。学生、タクシーの運転手、はては女中さんに至るまで、あらゆる職種の投資家が株式市況に一喜一憂する。

各都市とも沸騰状態というか、なんとも凄まじいほどの活況を呈している。

日本人はすぐに先行きを心配した議論が好きだが、人口13億人がひしめく中国では、とにかく人を押しのけても前に進まないと遅れをとってしまう。

行くところがどこであろうと、行きつくところまで行くという気概はたいしたものである。ほんの少し、日本人も見習う必要があるかも知れない。


中国の発展の中でも、公的部門の五大腐敗が問題となっている。

日本語では『公的資金の乱用』といった方が正しいかもしれない。これが目を見張るほどのスケールの大きさなのである。勿論、ここには賄賂は含まれていない。

以下は中国政府の公的部門の腐敗(乱用)、五大シンボルといわれるものである。

@公務員に対する福利、補助金、報奨金の乱発 約7000〜8000億元(1元15円として) 10兆5000億円〜12兆円
A公用車の所有基準オーバー 約6兆円
B公費接待
C公務員に対する住宅提供基準の超過
D国内外での視察、休暇にかかる公費 3兆1500億円

ちなみに2006年、公費で米国、欧州、オーストラリア、日本を視察旅行した人数は111万人だった。

何とも凄まじい公私混同である。

防衛省・守屋前事務次官の、ゴルフ数百回の接待など小さい、小さい。

中国共産党中央規律検査委員会、公安省などが、公用車の使用状況について最新調査を行った。

調査は2007年10月末から、500人近くの調査員が交通許可証登録を一切停止する措置をとり、11月30日に終了した。全国31省、自治区と直轄市(北京や重慶など)で公的各種車輌は522万1755台に上り、このうち輸入車は83万4220台であった。

2007年11月30日現在、1台の公用車の予算(保険料、登録料、ガソリン代、修理費を含む、運転手の給料は含まず)は6〜10万元(90万円〜150万円)で、全国総計では4000億元以上、日本円で6兆円にもなると報道されている。

1981年12月の全国の公用車はたったの3万8300台であり、これが26年間で500万台を超えることになったわけである。

日本人と中国人はよく同文同種といわれるが、これは明らかに違う。
日本人の感覚では、これは尋常ではなくやはり異常な事態である。
| 次へ