CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

« はじめまして | Main | 掲載紙・誌»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「インドネシア出張」―ハンセン病制圧活動― [2017年07月21日(Fri)]
「インドネシア出張」
―ハンセン病制圧活動―


7月23日(日)から8日間、ハンセン病制圧活動のためインドネシアに入ります。

要人面談後は、北スラウェシ州及び北マルク州のモロタイ島、テルナテ島などの僻地で活動して参ります。

マラリア蔓延地域で熱帯特有の病気もあります。私の終生の仕事ですが、同行者の健康が第一なので、最善の注意を払いつつ行って参ります。

帰国は30日です。
「日野原重明先生」―ご逝去― [2017年07月21日(Fri)]
「日野原重明先生」
―ご逝去―


私が日野原先生との面識を得てご指導を賜って約50年になる。報道の通り、先生は7月18日、ご自宅でご家族に看取られながら天国へ召された。

先生との最初の出会いは、笹川良一が箱根で脳血栓で倒れた折、偶然近くで会議に参加されていた先生が駆けつけてくださり治療を受けたのが最初であった。勿論、先生と笹川良一は旧知の間柄であった。

先生は、これからの医療は教育的予防医学が大切で、その活動拠点として『ライフプランニングセンター』の設立を計画され、協力させていただき、活動を開始した。1973年4月の創設以来44年、今も三田の笹川記念会館の11階に、久代登志男先生指導のもと、『人間ドック』は盛況を極めている。

この『人間ドック』なる言葉は日野原先生の造語で、船舶は2〜3年に一度、安全性確認のために地上に引き上げて検査することから、人間も同じように検査すべしと『人間ドック』との造語を作られた。

当時は血圧計も聴診器も医師専用で、看護師は使用を認められていない時代であった。先生はよく「医者が心電図を見ているのは稀なことであり、それよりも、一日何十人もの心電図を計測する検査技師の判断の方が秀れている。さまざまな検査技師の充実も大切なことだ」とおっしゃったり、「成人病との名前はおかしなことだ。これは過度の酒やタバコ、乱れた食生活等、悪い生活習慣の蓄積からなる病気なので『生活習慣病』というべきだ」と関係諸機関を説得され、『生活習慣病』が定着し、『成人病』は死語となった。

先生はジョンズ・ホプキンズ大学医学部の内科教授、ウイリアム・オスラー博士を尊敬されていた。私が30代の頃、先生は優しい眼差しで、医者でもないのに「人生の参考になりますよ」と、オスラー博士講演集『平静の心』日野原重明訳(医学書院出版)をサイン入りで手渡してくださった。私の本棚の中央に、いつも私を戒めるように鎮座している。先生の文化勲章受賞記念パーティーの挨拶でも、私は先生とオスラーの『平静の心』について話しをさせていただいた。

DSC_6799.JPG
『平静の心』

DSC_6797.JPG
優しく美しい文字でサインも


この本は医学書といより人間如何に生きるべきかという哲学書か人生訓の本のようで、「我々の存在は、人生から何かを与えられるためにあるのではなく、自らが出来ることを『人生に』与えるためにあるのだ」との名言もあり、先生は訳者序において「医療の世界に働くものにとってこの本は聖書のような存在で、一般人までがこれを愛読しました」と述べ、「私が今日の仕事に全力投球できる力を与えてくれたのは、この本に示されたオスラーの言葉である」と書かれている。

オスラーは、医師を志す者は医学の勉強だけでなく科学、哲学、文学などの人文教育も大切だと説いています」と言って、正に先生は音楽を愛し、演奏し、人間の命の輪廻をつづった『葉っぱのフレディ』では、脚本だけでなく自ら舞台でも演じられ、詩を書き、著作多数、平和と人類愛の講演、晩年は書道展も開催された。39歳で米国に留学。先進的な臨床学に深く感銘を受けられ、生涯現役臨床医としてウイリアム・オスラー博士の思想と行動を実践された。

ちなみに、オスラー博士は1849年生まれ。1919年没。70年の人生であった。

先生とは独立型のホスピスの建設、ホスピスナース3692名の養成、メメント・モリ(死を想え)の全国講演旅行、それに私の終生の仕事となったハンセン病制圧活動の拠点となった『笹川記念保健協力財団』は、初代東京大学薬学部部長でハンセン病の特効薬・プロミンの合成に成功された石館守三先生、日野原重明先生、笹川良一の三人によって設立されたが、最初の設立資金は若輩の私に提供せよとの命令に従った。

日野原先生は会議の居眠りの名人でもあった。会議の冒頭挨拶後、しばらくして眠りに入られ、会議終了挨拶では、まるで議論を全て聞いておられたように総括され、その名人芸には何時も感心させられたものである。

16.11.25 日野原先生と笹川.jpg
2016年、105歳の誕生日を祝って


石館守三先生、笹川良一、日野原重明先生、奇しくも三人とも7月18日が命日となった。
ご冥福をお祈りします。

「中国の小話」その132― apple の解釈― [2017年07月19日(Wed)]
「中国の小話」その132
― apple の解釈―


中国も日本同様、いや、日本以上に、一日中携帯電話を手放さない若者が増えている。
この現象を揶揄した小話である。

先生の質問:次の英語はどういう意味か、答えてください。
      An apple a day keeps doctors away.

学生の答え:林檎を一日一個食べれば、(健康にいいので)お医者さんにかかる必要がなくなり
      ます。

先生が示した答案
     :全然違うよ。
      一日中iPhoneばかりいじっているのでは、いつまでも博士号を手に入れることが
      できないという意味だ。
「タイ出張」 [2017年07月14日(Fri)]
「タイ出張」


明日の深夜便で、ミャンマー政府と少数民族武装勢力との停戦和平実現のため、いつものように0泊3日で活動してまいります。

帰国は17日朝です。




「ちょっといい話」その83―国連総会議長― [2017年07月14日(Fri)]
「ちょっといい話」その83
―国連総会議長―


海洋問題の深刻さは、静かに、しかし急速に進んでいる。

海洋汚染や酸性化に伴う植物性プランクトンの激減は日本沿岸でも深刻で、30年後には貝類や甲殻類(蝦、蟹など)はいなくなるだろうと推測されている。地球の7割を占める海洋。その三分の二はどの国にも属さない公海であり、現在でも何のルールも存在しないといっても過言ではない。

日本財団は、30年前より発展途上国を中心に海洋の人材養成に尽力してきた。既に140カ国1,200人以の優秀な人材が、持続可能な海洋環境の保全のために活動を続けている。

先般、島嶼国のフィジーとスウェーデンが中心となって、ニューヨークの国連本部で海洋に関するさまざまな会議やイベントが開催された。海洋立国日本がその役割に参画できなかったことは誠に残念であったが、今後は日本の積極的平和外交の中に海洋問題を取り上げてもらいたいものである。

今回の国際海洋記念(6月7日)イベントに、なぜフィジーが中心的な役割を果たしたのか。勿論、島嶼国として海洋は深刻な問題ではあるが、それだけでは小国フィジーが国連を動かすことは出来ない。スウェーデンの協力も大であったが、現在の国連総会議長はフィジーのピーター・トムソン氏で、彼の議長としての努力が大いに助力になったようである。

挨拶したところ、「私は笹川さんのことはよく知っています。昔、駐日大使館に勤務していました。フィジーが台風により大きな被害を受けた時、貴男の父上の良一さんがわざわざ大使館にお見舞いに来てくださり、小切手を頂戴したあの恩義は忘れられません」と語り、「私は亡くなられたカミセセマラ元大統領とは三度ほどゴルフをした間柄で、先般ハンセン病制圧活動でフィジーを訪れた折、カミセセマラ元大統領の娘さんが現大統領の夫人になられており、面会しました。」

1.jpg
フィジーのピーター・トムソン国連総会議長(中)とパラオのレメンゲサウ大統領(右)


パーティーでの簡単な会話だったが、旧知の友人にあったような雰囲気で、改めて父・笹川良一の陰徳と人脈の大切さを教えられた思いであった。
「ベトナム出張」 [2017年07月10日(Mon)]
「ベトナム出張」


先週水曜日、インド出張から戻ったばかりですが、今日から一泊三日でベトナムへ出張します。

ゴー・スアン・リック国防大臣との会談が中心ですが、要人面談、笹川奨学生との会食、国防戦略院との意見交換も予定しています。

ところで、ベトナム共産党の席次は下記の通りで、興味のあるところです。
@ 書記長   グエン・フー・チョン(73歳)
A 書記局常務 ディン・テー・フィン(63歳)
B 国家主席  チャン・ダイ・クアン(60歳)
C 国会議長  グエン・ティ・キム・ガン(60歳 女性)
D 国防大臣  ゴー・スアン・リック(63歳)
E 公安大臣  トー・ラム(59歳)
F 首相    グエン・スアン・ブック(62歳)
お分かりの通り、首相の序列は7番目で、国防大臣が上席とは知りませんでした。

帰国は12日朝です。

「爆発的人気?」―ボートレースと笹川コマーシャル― [2017年07月10日(Mon)]
「爆発的人気?」
―ボートレースと笹川コマーシャル―


近年、ボートレースのコマーシャルの評判がすこぶる良い。特に若い女性に評価が高いそうだ。苦労人であるボートレース振興会の小高幹雄会長が自ら企画するというから驚きだ。

彼の企画の第1弾は、清純なアッキーナこと南明奈を起用したことで好感度を獲得したと思ったら、第2弾はがらっと変わって、迫力満点のボディーを持つ渡辺直美と5人の女性にボートレース6隻の色である白、黒、赤、青、黄、緑色の衣装に仮面をつけて激しいダンスを踊らせ、数ヶ月後には全員の仮面を取らせたアイディア。第3弾は石田純一の娘で抜群のプロポーションの「すみれ」を起用して世界6ヶ国を巡ってのダンス。第4弾はまた渡辺直美を起用してのコマーシャル。

テレビコマーシャルは、年間7,600銘柄も制作されるらしいが、「女性からの好感度の高いコマーシャルでなければだめで、年中だらだら放映していては費用ばかりかさむ。ボートのコマーシャルは短期集中で放映しているが、印象はすこぶる高い」と小高氏は胸を張る。長い付き合いだが、このような隠れた異才があるとは全く知らなかった。立派なことである。

昨今のボートレースの売上げ好調は関係者の一致団結した努力の結果ではあるが、若い女性を中心に、毎月一万人以上増加する「スマホ」による参加は、この秀れたコマーシャルの成果に他ならない。

小高幹雄氏の意表をつくコマーシャルの企画は、専門家もビックリのようである。世界唯一の男女が共に闘うプロスポーツに、若い女性の注目度が上がっていることは心強いことで、公営競技のファンの高齢化の中、ボートレースだけは別格らしい。

ところで、私の父・笹川良一が流した「一日一善」のコマーシャルも当時話題になった。作曲家・山本直純氏の作曲で、笹川良一は勿論、高見山関も出演して賑やかな音楽と映像が毎日何回も流れたもので、コマーシャルの発注者が自ら出演するのは初めてのことであったが、それ以来ピップエレキバンの社長などが続き、今や珍らしくなくなった。

しかし、放映当時は悪評も多かった。A級戦犯(実は単なる容疑者で投獄され、裁判を受けることもなく釈放された。)でギャンブルの胴元が何を言うかということだったらしい。

ところが今の30〜50代世代には懐かしく記憶に残っている人が多く、コマーシャルを製作する専門家からも「あのコマーシャルは歴史に残る名作だった」との評価で、今もそのサイトへの訪問者は多いそうである。当時、青少年であった方々にとって、20年以上前のコマーシャルが今も懐かしく記憶に残っているのは珍しいことで、笹川良一も天国でニャっと笑っているに違いない。

笹川良一が常日頃言っていた「世界は一家、人類は皆兄弟」は、彼の生涯の信条でもあった。

クラシックの合唱というと、多くの方々はベートーベンの交響曲第九番第四楽章を思うであろう。特に年末になると「歓喜の歌」を聞かない日はないといってもいいほどである。この歌詞は、詩人のシラーの作品を土台としてベートーベンが作った作品である。なかにし礼氏の日本語訳によると、歌詞の一行に「我ら兄弟、世界は一つ」とあった。笹川良一とベートーベン、何の関係もないが、偶然のこととはいえ「世界は一家、人類は皆兄弟」と酷似している。当然といえば当然の事で、人類発生に立ち戻れば、こういうことになるのであろう。


「中国の小話」その131―受験生の邪魔をしないでね― [2017年07月03日(Mon)]
「中国の小話」その131
―受験生の邪魔をしないでね―


毎年6月6日、7日は中国の大学入試日。通りに面した試験場となる施設の壁には「車のクラクションは受験生の邪魔になるから、優しい心を持って、なるべく鳴らさないで」という交通警察からの協力を呼びかけるポスターが張り出される。一人っ子世代の将来を決定する大事な入試試験なので、市民たちに理解と協力を求めているのである。

すると、ポータルサイト上に対照的な話がアップされた。

ケース1:
6月7日、8日、9日は大学入試の日。優しい心を持ち、やけに車のクラクションを鳴らさないこと。受験生のじゃまになるから。あなたが頑張って出世すれば、将来のお嫁さんは今、試験場で受験中だよ。
※中国では、出世した中年男性が若い女性を娶ることが多い!


ケース2:
6月7日、8日、9日は大学入試の日。優しい心を持ち、やけに車のクラクションを鳴らさないこと。受験生のじゃまになるから。あなたが頑張って出世すれば、将来のご主人は今、試験場で受験中だよ。
※ケース1に対する女性たちの反発?!
 フランスのマカロン大統領夫人を見よ。
 25歳年上だぞ!

フランスのマカロン大統領夫妻.PNG
フランスのマカロン大統領夫妻


「インド出張」 [2017年06月30日(Fri)]
「インド出張」


日曜日からインドに出張いたします。

インドからハンセン病回復者の乞食をなくすために作った財団、「笹川インドハンセン病財団」(SILF)の理事会に出席。また、要人との面談も予定しています。

帰国は5日です。

「男と女の違い?」―米国30代クーリッジ大統領― [2017年06月30日(Fri)]
「男と女の違い?」
―米国30代クーリッジ大統領―


これは米国30代大統領カルビン・クーリッジの逸話である。
ちなみに心理学では、新しいメスの存在がオスの衝動性を活気付けることを「クーリッジ効果」と言い、立派な学術用語になっている。

**************


ある日、クーリッジ夫人が養鶏場に視察に訪れました。放し飼い農場だったため、雄鶏と雌鶏が盛んにつがっているのを見て、夫人は言いました。
「いったい一日に何回交尾するの?」

担当者は「毎日何十回もです」と答えました。

それを聴いたクーリッジ夫人、「そのことを主人に伝えてあげて」と言い捨てて帰りました。

さて、しばらくしてその農場にクーリッジ大統領が視察に訪れた際、担当者は夫人の言ったことを伝えました。

それを聞いた大統領、「雄鶏は、毎回同じ雌鶏とつがうのかい?」と聞き返しました。

「いえ、毎回ちがう雌鶏とです。」

「なるほど。ぜひその話を妻にしてやってくれ。」

(注)今年1月19日付読売新聞(夕刊)に掲載された日本家族計画協会の調査によると、1カ月以上異性との性的な接触がない既婚者は44.6%と過去最高で、年齢別では40〜44歳の女性既婚者が最も多く、実に65.3%が1カ月以上セックスレスであったそうだ。
理由は、女性は「面倒くさい」、男性は「仕事疲れ」が主な理由。



| 次へ