CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
BLOG 笹川陽平プロフィール 笹川陽平バイオグラフィー

日本財団会長 笹川陽平ブログ

写真:ハンセン病の現場から「アフリカ・ピグミー族」

«チュニジア | Main | 新・松下村塾»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
良品廉価の山崎製パン [2007年01月24日(Wed)]
「良品廉価の山崎製パン」



(山崎製パンHPから)


不二家問題が連日報道されている。

長年、市民に愛されてきたペコチャンも泣いているだろう。
「九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)」とはこのことで、長年積み重ねてきた信用も、一度の失敗で元の木阿弥である。

これは私にとって決して他人事ではない。組織の長として自戒しなければならない。

かつて、世界最大のパン会社で、和菓子や洋菓子など、日常生活に欠かせない食品を製造している山崎製パン株式会社の役員を勤めたことがある。

ある年、クリスマスケーキに必需品のイチゴが急騰した。なんと1個、100円になったのである。私の記憶では、当時40万個の販売予定で大きな赤字が予測されたが、創業者の飯島藤十郎氏の創業理念である「良品廉価」に変更なしと、子息の延浩社長の判断に揺るぎはなかった。

不二家は、イチゴの高騰に悲鳴をあげ、替わりに栗を2個入れた。
素人の私は役員会で「イチゴより栗の方が高いのでは」と、トンチンカンな質問で失笑を誘った。

<イチゴ2個で200円>−<栗2個で20円>=180円。

クリスマスケーキ1個あたり180円の節約となるわけである。

クリスマス商戦の結果を聞いて驚いた。40万個の山崎が完売で、20万個の不二家に売れ残りが出たという。消費者はなんて利口なんだろう。イチゴの間に栗が入ったほうが見かけが良いし、内容も優れていると思ったのは私だけであった。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパー「ダイエー」の中内功社長(当時)が訪ねてきて「山崎パンの商品を店頭に並べたいので紹介の労をとれ」とのことだった。

理由を聞くと、「私は日本各地の店を歩いて、商品の値段と品質をチェックしている。特に牛肉とパンにはことのほか関心がある。小麦粉の値段が上がろうが小豆の値段が上がろうが、山崎パンだけは品質も目方も全く変わらない。

他社のパンは目方が軽くなったり、アンパンのアンが少なくなっている。山崎パンの『良品廉価』に間違いない。日本一品質に厳しい私が惚れたのです。紹介してください。」とのことだった。

山崎製パンは、バブルの時も一切浮利を求めず、今も愚直なほど『良品廉価』にこだわる会社である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
本日、「不二家と主力取引銀行のりそな銀行が、山崎製パンに支援を要請」というニュースを見ました。更に笹川さんのブログを読み、私にとってちょっと軽視気味だった山崎製パンのスゴさを知りました。最近ではニューヨークでも山崎のパンは人気があるらしいですね。
一方、不二家には千歳飴やチョコレート等、不二家ならではの商品があり、こだわりのある会社だと思っていたら大違い。ずさんな管理にもがっかりですが、子供のころから食べていた商品が世の中から消えてしまうことも残念に思います。
山崎製パン同様、不二家の商品も海外で販売しています。是非、山崎製パンの支援で世界でも恥ずかしくない商品を作っていってほしいものですね。
Posted by: chiaki  at 2007年01月30日(Tue) 23:36

笹川会長
  企業倫理が地に落ちているといわれていますが、この山崎パンの逸話は私達を力づける良いお話です。正直者が損をしない社会、誠実な人がいつかは認められる日本になってほしい、そのためにも日本財団の地味な努力に期待します。
NISVA 皆川
Posted by: 皆川眞孝  at 2007年01月24日(Wed) 20:24